プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコ店長の「日々是ロック」 4/3 アルゼンチンのアヴァン新鋭FACTOR BURZACOやドイツ叙情派シンフォAMENOPHISの2014年作など

こんにちは、カケレコ店長の田中です。

入荷したCD、売れたCDの中から店長オススメの作品をピックアップするこちらのコーナー「日々是ロック」。

試聴用の動画とともに、関連する特集記事やジュークボックス・コンテンツやニッチな中古リストをご紹介してまいります。

今週は世界各国から入荷が届いて、新譜、売り切れていた人気旧譜ともに在庫豊富。

試聴しながら、みなさまにとってぴったりの一枚をお探しください。

それでは、一枚目は、近年、続々と好グループが輩出されているチェンバー・ロック/アヴァン・ロックの中で、南米代表と言える名グループによる2014年新譜からまいりましょう。

FACTOR BURZACO/3

アルゼンチンが誇る新鋭チェンバー・ロック・バンドと言えば?SLAPP HAPPYやCOSのファンにはたまらない女性ヴォーカルのコケティッシュ声炸裂!

試聴 Click!

「アヴァン/レコメン」中古CDリスト

FACTOR BURZACOの作品をリリースしたALTROCKレーベルから、もう一枚、人気作をピックアップ!

INNER EAR BRIGADE/RAINBRO

小山田圭吾がギターで参加した最近のYMOに、70年代当時のハットフィールドのメンバーが飛び入り参加!と言えば、この素晴らしさが伝わるでしょうか!?

試聴 Click!

注目のALTROCKレーベルの在庫をカケレコ人気順に表示いたしましょう。チェックどうぞ!

「ALTROCKレーベル」在庫CDリスト

ALTROCKレーベル所属の筆頭格と言えばYUGENですが、その新鋭ともコラボするなど、今でも精力的なベテランの最新ライヴ盤がこちら。イタリアにおけるチェンバー・ロックの源流ですね。

PICCHIO DAL POZZO/LIVE (CONCERTO A LA CLAQUE CLUB GENOVA)

カンタベリーと地中海のエッセンスがブレンドした芳醇なイタリアン・ジャズ・ロックの名バンドPICCHIO DAL POZZOの地元ジェノヴァでの2010ライヴ!

試聴 Click!

「ユーロ・ジャズ・ロック」中古CDリスト

チェンバー・ロック系のレーベルと言えば、ALTROCKとともにフランスのSOLEIL ZEHULレーベルも注目ですね。

CORIMA/QUETZALCOATL

英語ではなく、まるでコバイアのような異言語で歌っていますし、まさか00年代のアメリカにこんなバンドが出てくるとは!マグマや吉田達也のファン、COSなどベルギーのジャズ・ロックのファンは必聴!

試聴 Click!


SOLEIL ZEUHLレーベル特集~マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系作品セレクション

【関連記事】

SOLEIL ZEUHLレーベル特集~マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系作品セレクション

マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系の新旧作品をリリースするフランスのSOLEIL ZEHULレーベルのカタログから注目の作品をピックアップ。

「ZEUHL系」中古CDリスト

アヴァン系/ジャズ・ロック系の新鋭プログレで、カケレコ一押しなのが、フランスのこのバンド!

L’OEIL DU SOURD/UN ?

レビュワー5人が満点評価!クリムゾンやカンタベリーのファンは必聴の新鋭グループをフランスで発見!!

試聴 Click!

さぁ、ここからはユーロ・ロックの人気リイシュー盤をピックアップしてまいりましょう。

まずはイタリア!

MANDILLO/MANDILLO

76年のイタリアの地でこんなにもポップでルーラルな愛すべき作品が生まれていたとはオドロキ!スタックリッジやクラトゥやアンソニー・フィリップスあたりのファンは是非に!

試聴 Click!


プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

【関連記事】

プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

「イタリアン・ロック?プログレ聴かないしな~。」 そんなあなたにオススメしたい『プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!』


世界の「サージェント・ペパーズ」フォロワー探求ナビ~ユーロ産サイケ・ポップ・セレクション

【関連記事】

世界の「サージェント・ペパーズ」フォロワー探求ナビ~ユーロ産サイケ・ポップ・セレクション

ビートルズの最高傑作と言えば? 一番好きなアルバムは?となると、なかなか一つに絞れませんが、ロックの進化において最も影響を与えた作品と言えば『サージェント・ペパーズ~』でオーケーではないでしょうか。『サージェント・ペパーズ~』影響下に生まれたユーロ産サイケ・ポップをご紹介!

イタリアからもう一枚、紙ジャケで新たにリイシュー!

CAPSICUM RED/APPUNTI PER UN IDEA FISSA

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」のロック・ヴァージョン!これぞイタリアン・ロックですね!

試聴 Click!

CAPSICUM REDの作品をリリースしたBLA BLAレーベルのもう一つの人気作品と言えばOSAGE TRIBE。特集しておりますので、あわせてご覧ください。


【ユーロロック周遊日記】OSAGE TRIBE『ARROW HEAD』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】OSAGE TRIBE『ARROW HEAD』

イタリアのOSAGE TRIBEの72年唯一作『ARROW HEAD』をピックアップ!

イタリアのプログレを中古でお探し? P.F.M.やBANCOなど定番からディープな作品まで、在庫豊富にございますよ~。中古リストを人気順でどうぞ!

「イタリアン・プログレ」中古CDリスト

さぁ、ドイツからもピックアップしてまいりましょう。ドイツと言えば、ANYONE’S DAUGHTERやNOVALISなど叙情派シンフォが魅力ですが、このグループも魅力的ですよ~。

ベテランとは思えないフレッシュな復活作も近年続々とリリースされて嬉しい限りですが、その中でもハイクオリティと言える作品ですね!

AMENOPHIS/TIME

巧みなリズム・チェンジによって場面を切り替えながら、映像喚起的にストーリーを紡ぐアンサンブルはずばりキャメル『スノーグース』直系!80年代に叙情派シンフォ名作を残したグループによる復活の2014年作!

試聴 Click!

80年代の名作も同時に入荷しております。

AMENOPHIS/AMENOPHIS

80年代のドイツに、こんなにもジェネシスやキャメルへの愛情に満ちた作品が生まれていたんですね。時代を考えると自主制作なのは仕方がないけど、泣きの美メロに溢れた叙情派シンフォの名品ですよ、これ!

試聴 Click!

我らがニッポンの名作リイシュー盤もピックアップいたしましょう。

SOUNDTRACK (HELPFUL SOUL)/A THOUSAND AND ONE NIGHT 千夜一夜物語

手塚治虫氏による劇場用アニメ映画「千夜一夜物語」のサウンドトラック。演奏は日本を代表するブルースロックバンド=ヘルプフル・ソウル、音楽監督はレジェンド冨田勲氏!

試聴 Click!


日本の「ニューロック」特集!

【関連記事】

日本の「ニューロック」特集!

GSの商業主義から脱却し、英米のサイケ/アート・ロックに影響を受けた「カウンター・カルチャー」のロック・ミュージックを指向した気骨ある若者たちの記録

カケレコには、実は日本の70sロックの中古在庫も豊富なのです。最近、買取でたくさん良質なリイシュー盤が入りましたよ~。チェックどうぞ!

「ジャパニーズ・ロック」中古CDリスト

さぁ、ここからは英米のロック・リイシュー盤をピックアップいたしましょう。

TIM HART/TIM HART

トラッド・フレイヴァーを加えた10ccといった感じ!? スティーライ・スパンのオリジナル・メンバーによるニッチ・ポップ度高しな佳作!

試聴 Click!

カケレコが地道に品揃えに力を入れているのがイギリスのSSWやルーツ・ロック。中古も豊富ですよ~。

「英SSW/フォーク・ロック」中古CDリスト

アメリカのハード・ロックからピックアップいたしましょう。

HAMMER/HAMMER

ツェッペリンにキース・エマーソンがゲスト参加したみたいなグループがアメリカにいるって!?

試聴 Click!

「北米ハード・ロック」中古CDリスト

BULL ANGUS/BULL ANGUS

もう閉店してるのに居座り続ける八重樫さん…「店長!動物ジャケの続きだけどさ、僕はね、牛ジャケと言えば『原子心母』より、こっちを選ぶけどね…フッフン!」

試聴 Click!

ここからは、ルーツ・フレイヴァー溢れる濃厚なロック・ミュージックをピックアップいたしましょう。スワンプ系もカケレコの得意ジャンル!

CLIMAX BLUES BAND/TIGHTLY KNIT

痛快なジャケはこれぞヒプノシス!シカゴ・ブルースを土台に、英国らしい哀愁やリリシズムを加えたスケールの大きなブリティッシュ・ロックを確立したいぶし銀の名作!

試聴 Click!


CLIMAX BLUES BAND特集!~ 「MEET THE SONGS」 第3回

【関連記事】

CLIMAX BLUES BAND特集!~ 「MEET THE SONGS」 第3回

「MEET THE SONGS」 第3回 CLIMAX BLUES BAND

カケレコは、ハーヴェストやヴァーティゴなどレーベル毎にリイシュー盤をチェックできちゃいます。

「HARVEST」中古CDリスト

ヒプノシスやキーフなど、ジャケット・アーティスト毎に在庫を絞ることもできますよ~。

SALLOOM SINCLAIR & THE MOTHER BEAR/SALLOOM SINCLAIR AND THE MOTHER BEAR

英国のブライアン・オーガー&ザ・トリニティに「俺たちが本場だ!」と言わんばかりの熱気で、ジェファーソン・エアプレインと比べると知名度は雲泥だけど、クオリティでは遜色なし!これはサイケ・ファン必聴ですよ~☆

試聴 Click!


MEET THE SONGS 第84回 SALLOOM SINCLAIR & THE MOTHER BEAR

【関連記事】

MEET THE SONGS 第84回 SALLOOM SINCLAIR & THE MOTHER BEAR

男性SSWのRoger Salloomとジャニスばりの女性ヴォーカルRobin Sinclairの2人を中心とするSALLOOM SINCLAIR & THE MOTHER BEARをピックアップ

BRETHREN/MOMENT OF TRUTH

DボウイやディランやJレノンやPサイモンやTラングレンなど数多くのトップ・アーティストを支えた名セッション・マン達によるバンド!グルーヴィーかつメロウで艶やかなスワンプ・ロックはさすがのスケール!

試聴 Click!

「米SSW/スワンプ」中古CDリスト

JOHN KURTZ/REUNION

ジェシ・ウィンチェスター、ケニー・ロギンス、ジェシ・コリン・ヤングなど名ソングライターが曲を提供し、バックもウェストコーストの名手ばかり。そりゃエネルギッシュで哀愁いっぱいのスワンプ名作にきまってます!

試聴 Click!

いかがでしたか?
みなさまにとってぴったりの一枚が見つかれば幸いです。

関連カテゴリー

日々是ロック

  • L’OEIL DU SOURD / UN ?

    フランスより強力なプログレ/ジャズ・ロック・グループが登場!クリムゾンやカンタベリーのファンは要チェック!

    女性ヴォーカル、ヴァイオリン、サックスをフィーチャーしたフランスの新鋭プログレ・グループ。09年デビュー作。クリムゾンやカンタベリー・ミュージックを中心に70年代プログレやジャズ・ロックからの影響を強く感じますが、懐古趣味的な印象はまったくありません。往年の名グループの遺伝子を受け継いだ、文字通りに「プログレッシヴ」なサウンドがここにあります。「太陽と戦慄」期のクリムゾンやHENRY COWあたりの攻撃性を軸に、HATFIELDS & THE NORTHに通ずる繊細さと緻密さ、フランス的な芸術性や演劇性を融合させたサウンドは、かなりの完成度!時にミニマルなフレーズを奏で、時にささくれだったリズムギターで牙をむくギター、シャープ&タイトな強靱なリズム隊、フリーキーに暴れ回るヴァイオリン&サックス、時に荘厳なメロトロン、時にアヴァンギャルドなシンセで楽曲を飛躍させるキーボード、フランス語で歌う存在感抜群のシアトリカルな女性ヴォーカル。各パートの演奏力、アンサンブルの強度ともに抜群です。14分を越える「ODS」など、構成も文句無し。これは強力なグループが登場しました!圧巻の名作。かなりおすすめです!

  • SOUNDTRACK (HELPFUL SOUL) / A THOUSAND AND ONE NIGHT 千夜一夜物語

    「千夜一夜物語」のサントラ、HELPFUL SOULをフィーチャー

    手塚治虫による劇場用アニメ映画「千夜一夜物語」のサウンド・トラック。冨田勲が音楽監督。日本のブルース・ロック・グループHELPFUL SOULが参加。

  • INNER EAR BRIGADE / RAINBRO

    12年デビュー作、カンタベリー meets ポスト・ロック!これは強力な米プログレ/レコメン新鋭!

    カリフォルニアの新鋭ジャズ・ロック/プログレ・グループ、2012年作。オープニング・ナンバーの気持ちよさときたら!たゆたうようなカンタベリー・フレイヴァーな女性ヴォーカル、そのバックで軽快にリズムを刻むエレクトリック・ギター、ダンサンブルと言えるようなリズム隊。そんな気持ち良いサウンドにサックスが強烈なブローをお見舞いし、ゴングばりの変態ジャズ・ロックへと突入。カンタベリーやレコメンを軸に、ポスト・ロックの浮遊感やヌケの良さを加えたサウンドは実に痛快!小山田圭吾がギターで参加した最近のYMOに、70年代当時のハットフィールドのメンバーが飛び入り参加!と言えば、この素晴らしさが伝わるでしょうか。これは、名作!

  • AMENOPHIS / AMENOPHIS

    83年作、キャメルやジェネシスのファンは必聴と言えるジャーマン・シンフォの名作

    78年に結成されたドイツのプログレ・バンドによる83年のデビュー作。スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのメロディアスなフレーズ、ゴリゴリと高速ピッキングで畳みかけるフレーズ、さらにフラメンコ・ギターまでこなすテクニック抜群のギター。そして、いかにもジャーマンらしい古色蒼然とした味わいのキーボード、涼やかなフルート、線の細いセンチメンタルなヴォーカル。自主制作ということもあって、音質はクリアではありませんし、多少バタバタとしたところもありますが、それがまたこのグループの持つメランコリックな質感を引き立てている印象。キャメルやジェネシスのファンは間違いなくグッとくるでしょう。泣きの美メロとドラマティックなアンサンブルに溢れた叙情派シンフォの名品です。

  • AMENOPHIS / TIME

    80年代に叙情派シンフォの名作を残したドイツのグループ、26年ぶりの2014年作、これが美旋律に溢れたジャーマン・シンフォ名品!

    78年に結成され、80年代に叙情派シンフォの名作を残したドイツのプログレ・バンド。26年ぶりとなる2014年作。伸びやかに歌い上げるギターと柔らかなトーンのリリカルなムーグによるメロディアスなリード、そして、まるでオーケストラのように壮麗に鳴りひびくストリングス。巧みなリズム・チェンジによって場面を切り替えながら、映像喚起的にストーリーを紡ぐアンサンブルはずばりキャメル『スノーグース』直系。躍動感あるリズムに乗って次々と溢れ出るファンタスティックなメロディの数々に、シンフォニック・ロックのファンは歓喜間違いなしと断言いたします。オール・インストでもまったく物足りなさはないと思いますが、ヴォーカル曲もあって、ゲルマンらしい叙情に満ちたエモーショナルな歌声がまた絶品。アコギのパートも霧に包まれたように幻想的で良いし、ピアノが転がるとバロック音楽の香りに包まれて感動的だし、これぞジャーマン・シンフォと言えるとめどない美旋律に溢れています。サウンドは明瞭ですが、ベテランらしくヴィンテージな温かみに溢れていてサウンド・プロダクションも出色。これはシンフォ・ファン必聴の名品!

  • BRETHREN / MOMENT OF TRUTH

    数多くのトップ・アーティストを支えた名セッションマン達によるスワンプ・ロック・バンド、さすがと唸る71年作2nd

    トッド・ラングレンやアーネット・ピーコックなどの作品に参加したギタリストTom Cosgrove、デヴィッド・ボウイの作品やツアーへの参加で知られるKey奏者Mike Garson、アル・クーパーやボブ・ディランの作品に参加したベースStu Woods、ジョン・レノンやポール・サイモンはじめ数多くのトップアーティストを支えた名ドラマーRick Marottaによって結成されたスーパー・グループ。71年にニューヨークはエレクトリック・レディ・スタジオで録音された2nd。グルーヴィーかつメロウな艶やかなスワンプ・ロックはさすがのスケール。さらりとジャジーなピアノを挿入したり、ドラムがファンキーに暴れたり、洗練されたアレンジも聴き所。

  • FACTOR BURZACO / 3

    アルゼンチンが誇る新鋭チェンバー・ロック・バンド、SLAPP HAPPYやCOSのファンにはたまらない女性ヴォーカルのコケティッシュ声炸裂の2014年傑作

    アルゼンチンはブエノス・アイレス出身で、クリムゾンやジェントル・ジャイアントやヘンリー・カウとともに、ドビュッシーやルチアーノ・ベリオやリゲティ・ジェルジュに親しんだコンポーザーのAbel Gilbert(1960年生まれ)率いるチェンバー・ロック・バンド。2014年作の3rd。女性ヴォーカルのCarolina Restucciaも特筆で、ダグマー・クラウゼ(SLAPP HAPPY)やパスカル・ソン(COS)を彷彿させる狂気とコケティッシュさを内包した歌声が強烈。クリムゾンのジェイミー・ミューア的な奔放なパーカッションにCarolinaの奔放なヴォーカルが乗るチェンバー・ミュージック、そして、管弦楽器とシャープなエレキ・ギターがまばゆいトーンでエキセントリックなアンサンブルを奏でるチェンバー・ロック、さらにニューウェイヴとゴシックを行ったり来たりするようなアヴァン・ポップも交えながらイマジネーション豊かに展開していきます。ユニヴェル・ゼロばりの器楽的な技巧を持ちつつ、強迫的にはならず、どこかカンタベリーにも通じるようなユーモラスさがあるサウンドが持ち味です。数多く好グループが出てきている2010年代以降のチェンバー・ロック・シーンの中でも屈指と言える強度と奔放さを持った名バンドによる傑作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。