プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

世界の「サージェント・ペパーズ」フォロワー探求ナビ~ユーロ産サイケ・ポップ・セレクション

ビートルズの最高傑作と言えば? 一番好きなアルバムは?

となると、なかなか一つに絞れませんが、ロックの進化において最も影響を与えた作品と言えば『サージェント・ペパーズ~』でオーケーではないでしょうか。

『サージェント・ペパーズ~』影響下で、60年代末には英国で数多くのサイケ・ポップが生まれました。
そちらは、このジュークボックスをご覧頂くとして、

今回は、ユーロを周遊しながら、まばゆいサイケ・ポップを探求してまいりましょう。

では、出発!

まずは北欧周遊から!ということで、デンマーク!

FLOOR/1ST FLOOR

ポール・マッカートニー、ゾンビーズのコリン・ブランストーン、ホリーズのグレアム・ナッシュがトリオを組んで、ジョージ・マーティンがプロデュースしたようなグループをデンマークで発見っ!

試聴 Click!

お次はスウェーデン!

TAGES/STUDIO

ホリーズやゾンビーズの甘さ、キンクスの哀愁、ジェフ・リンに通じるクラシカルな気品をブレンドしちゃったようなスウェーデンの『サージェント・ペパーズ』と言える名作!ジャケがもっとカラフルだったならなぁ。

試聴 Click!

北欧を後に、ドイツへ出発!
クラウト・ロックのイメージが強いですが、サイケ・ポップもあったんです!

BRAVE NEW WORLD/OH ! CALCUTTA !

卑猥なマネキン・ジャケにして、この気品と実験精神に満ちたサイケ・ポップ!ジャーマンならではの幻想美もあって、こんなマジカル・ミステリーなサイケ・ポップがドイツにもあったのね!

試聴 Click!

お次は、西洋音楽の発祥地、イタリアへ出発!
70年代には、イギリスにも負けないプログレ大国の地位を築きますが、60年代末はやはり英ビート/サイケ影響下のサウンドが渦巻いていて、ワクワクする作品も多いですよ~。

LE ORME/AD GLORIAM

イタリアにももちろん『サージェント・ペパーズ』の波が押し寄せていますが、この作品なんか、ジャケのカラフル度世界一!?音も『オデッセイ&オラクル』のように品があってマジカル☆

試聴 Click!

LE ORMEつながりで、LE ORMEのプロデューサーとして知られるGian Piero Reverberiが全曲を作曲している作品をピックアップ。

UNDERGROUND SET/UNDERGROUND SET

イタリアの70年代初期にこんなサイケでグルーヴィーですこぶるキャッチーな盤があったとは!ファズ・ギターとオルガンが渦巻いてるけど、混沌としてなくて洗練されてて、センス抜群!

試聴 Click!

ちょっと76年のイタリアに寄り道。
『サージェント・ペパーズ』影響下ではないけど、マジカル・ミステリーな作品☆

MANDILLO/MANDILLO

76年のイタリアの地でこんなにもポップでルーラルな愛すべき作品が生まれていたとはオドロキ!スタックリッジやクラトゥやアンソニー・フィリップスあたりのファンは是非に!

試聴 Click!

お次はなんと東欧はハンガリーへ出発!
そ、そんなところにもサイケ・ポップがあるの?
あるんです!

OMEGA/OMEGA RED STAR FROM HUNGARY

ディープに英サイケを探求したって? なら、これはどうだ!ちょっと反則技だけど、ハンガリーのグループがDECCAスタジオで録音し英のみでリリースされた作品!レイト60sファン必聴ですよ!

試聴 Click!

お次はスペインへひとっ飛び!

こちらの『サージェント・ペパーズ』エラな60年代末の作品ではありませんが、ビートルズ・カヴァーとして秀逸すぎで、「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」なんて原曲を越えてる!?と言っても過言ではないほどのまばゆさなのでピックアップ!

PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT/WE ARE DIGGING THE BEATLES

これは痺れました!スペイン・ジャズ・ロックの重鎮たちが72年に産み落とした全曲ビートルズのカバー・アルバム。イージーリスニングな感じは微塵もなく強烈な躍動感とキラメキ!カケレコが自信を持ってオススメします!!

試聴 Click!

番外編としてユーロを後に南米へ立ち寄っちゃいましょう。
アルゼンチンにサイケ・ポップのファンにオススメの良いのがあるんです。

ALMENDRA/ALMENDRA

一度見たら忘れない「悲哀まみれ」のジャケもさることながら、スピネッタの鼻にかかった甘い歌声が堪能できる名作ですよね。もうあの歌声が聴けないのかと思うと・・。(涙)

試聴 Click!

ラストはチリのビートルズ!

BEAT 4/HABIA UNA VEZ…

チリのビートルズとも言われる国民的グループだって?サージェント・ペパーズ・シンドロームにどっぷりつかったサイケな68年作だって?う~む、このオープニング曲でのファズ・ギター炸裂の混沌ときらめくハーモニーとの見事な対比。プリティ・シングス『SFソロウ』のファンは是非!

試聴 Click!

いかがでしたか?

カケレコは、「世界のロックをつなぐ」をテーマに、英米ロックのファンに向けて、ユーロ・ロックのレコメンド盤をピックアップして紹介しております。

ジュークボックスやリストを豊富にご用意しておりますので、是非、探求してみてくださいね。

関連カテゴリー

ユーロ産サイケ・ポップ

  • PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT / WE ARE DIGGING THE BEATLES

    [カケレコ国内盤リリース中] 後にスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作

    後にBARCELONA TRACTION〜MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと70年代初期のスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンを代表するグループMAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。72年作の全曲ビートルズ・カバー・アルバム。もう、このレビュー書きながら、興奮しています!2曲目の「Strawberry Fields Forever」で泣きそうです。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。このキラメキが伝わるでしょうか。カケレコが自信を持ってオススメする大傑作!ビートルズ・ファンもサイケ・ポップ・ファンもニッチ・ポップ・ファンもジャズ・ロック・ファンもカンタベリー・ファンも全員必聴!

  • ALMENDRA / ALMENDRA

    アルゼンチン、Luis Alberto Spinetta率いる南米メロウ・サイケ・バンド、とめどなく哀愁が溢れ出す69年デビュー作

    LUIS ALBERTO SPINETTA率いるアルゼンチンのサイケ・グループ。69年1st。これはサイケ・ポップ/フォーク・ファン必聴でしょう。叙情的なメロディー、美しいハーモニー・ワーク、リリカルなオルガンなど、イギリスのCOMPLEXを思わせます。ヘタヘタなフルートなど、夢うつつ、アシッドな感覚もあり。好グループです、おすすめ!

  • BRAVE NEW WORLD / OH ! CALCUTTA !

    ジャーマン・サイケの印象を覆す、上質なサイケ・ポップ作、70年発表

    72年にドイツVERTIGOからリリースされた傑作2nd『IMPRESSIONS ON READING ALDOUS HUXLEY』で知られるジャーマン・サイケ・グループ。Dicky Tarrach(ex.RATTLES)、Herb Geller(ex.CLIFFORD BROWN GROUP)といった多国籍なメンバー構成。本作は、70年にPOLYDORからリリースされた彼らのデビュー作。実験的でアヴァンギャルドな印象の強い2ndからも随所で垣間見ることのできる、彼らの非凡な「ポップ・センス」が全面に押し出されたサイケ・ポップ作。華やかなホーン・アレンジ、美しいハーモニー、奇跡的なメロディ、そしてジャーマンならではの悪戯っぽい実験/ユーモアと、凝った音響処理。時代的にはちょっと前後しますが、「英米のサイケ・ポップなんかに負けらんねえぞ」といった挑発的な姿勢が、サウンドにもジャケットにも顕れているような気がします。ジャーマン・サイケの印象を覆すとも言える、ハイクオリティなサイケ「ポップ」作。

  • UNDERGROUND SET / UNDERGROUND SET

    ファズ・ギターとオルガンをフィーチャーしたすこぶるキャッチーなサイケ・ポップ!イタリアもあなどれません!

    NUOVA IDEAの変名グループで、PSYCHEGROUND GROUPの名でも活動していたグループ。70年に本国イタリアをはじめ、イギリス、ドイツ、フランスでもリリースされた唯一作。LE ORMEのプロデューサーとして知られるGian Piero Reverberiが全曲を作曲しているのが特筆。キャッチーなメロディでリードするファズ・ギター、そこにサイケデリックな色彩を添えるグルーヴィーなオルガン、タイトで軽快なドラムとよく動くメロディアスなベース。オール・インストですが、グルーヴィーなナンバーから哀愁を放つメロディアスなナンバーまで、メインのメロディとアンサンブルがすこぶるキャッチー!サイケデリックですが、混沌とした感じはなく、音は洗練されています。これはご機嫌な一枚。サイケ・ポップのファンは是非!

NEXT FROM BEATLES: ビートルズ・ファンにおすすめのとっておきのグループ達の在庫

辺境ビートの在庫

「辺境ビートの在庫」をもっと見る

その他ユーロ・辺境ロックの在庫

KAVERET / POOGY TALES and POOGY IN PITA and CROWDED IN THE AIR の商品詳細へ

KAVERET/POOGY TALES and POOGY IN PITA and CROWDED IN THE AIR

CD14376/14419/14541(HED ARZI

評価:40 2件のレビュー

5290円
5090円 (税込5599)

220円お得!

在庫あり

「その他ユーロ・辺境ロックの在庫」をもっと見る

ユーロ/辺境サイケの在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。