プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】シアトリカル・プログレの代表バンドANGEの77年作『GUET-APENS』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、シアトリカルなユーロ・ロックの代表的バンド、フランスのANGEによる77年作『GUET-APENS』をピックアップいたしましょう。

ANGEは、69年にドイツ/スイス両国境に近いフランス東部のベルフォートで結成されたプログレ・グループ。72年にアルバム・デビューを果たし、幾度かの活動停止期間を挟みながらも現在でも精力的な活動を続けるベテラン中のベテラン・グループです。

彼らの特徴と言えるのが、何と言ってもヴォーカリストChristian Decampsによるシアトリカルなヴォーカルスタイル。同時期のGENESISからの影響を消化し、そこにフランスらしい耽美で濃厚なロマンティシズムを加えた独自の歌唱は、まさにフランスという国以外からは生まれ得ない魅力を放つ逸品と言えます。

一方演奏陣は、ハードにもマイルドにも自在なフレージングを聴かせるギターとクラシカルなタッチのオルガン/シンセ/メロトロンを駆使したシンフォニック・アンサンブルを得意とし、時にKING CRIMSONにも通じる重厚かつシリアスな表現も交えてドラマティックに進行していきます。

今回ご紹介する77年作『GUET-APENS』は、彼らの最高傑作と言われることも多い一枚。ギタリストの交代を経たものの全体としてはよりドラマティックな表現力を増した演奏と、怪しげな呟きから噛み付くようなシャウトまでフランス語特有の語感をフル活用した渾身のヴォーカル・パフォーマンスが絶妙に噛み合った、非常に完成度の高い作品となっています。

それでは、そんなこの時期のANGEのエッセンスが詰まった14分の大作をお聴きください♪

試聴 Click!

このエキセントリックともアクが強いとも言える超個性派ヴォーカルに最初はギョッとするかもしれませんが、ニュアンスや抑揚の付け方一つ一つにまで耽美で豊潤なロマンティシズムを感じさせるこのヴォーカルはやはりただ者ではありませんよね。詞の内容はわからなくとも、そのストーリー性豊かな作品世界に入り込んでどっぷりと浸る事ができる名作となっています。

ANGEの在庫

  • ANGE / CULINAIRE LINGUS

    01年復活作、爆発的なエネルギーを放つ強力フレンチ・シンフォ!

    70年代から活躍するフランスを代表するグループ、01年の復活作。Decamps兄弟以外には若手ミュージシャンを起用。彼らのエネルギッシュな演奏とデカンの往年時と変わらぬ劇的なヴォーカルが分厚い塊となって聴き手に迫る、現在進行形の強力シンフォニック・ロック。圧巻の名作。

  • ANGE / SOUFFLEURS DE VERS

    フレンチ・シンフォを代表するグループ、07年の傑作

  • ANGE / LE BOIS TRAVAILLE MEME LE DIMANCHE

    2010年作、往年のシンフォ・サウンドとデジタルの無機質さとが融合した透明感溢れる鮮やかなシンフォニック・ロック名品

    なんと結成40周年を迎えたフレンチ・プログレを代表するグループ。2010年作。デジタルな反復リズムや無機的なリズム・ギターによる浮遊感、そして対照的に柔らかく叙情的なキーボード&ストリングス。色とりどりの音が交差するダイナミックで鮮やかで透明感溢れるアンサンブルが印象的。Christian Decampsのシアトリカルなヴォーカルも冴え渡ります。これは素晴らしい作品です。名作。

  • ANGE / EMILE JACOTEY: RESURRECTION: LIVE

    フレンチ・プログレ代表格、75年作『EMILE JACOTEY』をリメイクした14年作『EMILE JACOTEY: RESURRECTION』に伴うツアーを収録したライヴ作

    95年に解散後、息子のKey奏者Tristan Decampsなど若いミュージシャンと共にバンドを再編して99年に復活したフランスを代表するプログレ・バンド。75年の代表作『EMILE JACOTEY』をリメイクした2014年作『EMILE JACOTEY: RESURRECTION』に伴うツアーを収録したライヴ盤。1DVD+2CDの3枚組。

  • ANGE / CARICATURES

    フランスを代表するプログレ・グループ、72年の記念すべきデビュー作

    Christian Decamps、Francis Decampsを中心に結成され、GENESISを髣髴とさせながらも英国勢とはまた違ったダークでアクの強い演劇性を持ったシアトリカル・ロック、そしてフランス産ならではの美意識を武器に名盤を送り出した重要グループ。72年にリリースした記念すべき1stアルバム。重厚なハモンド、感情表現豊かなヴォーカル、聴き手を煽るようなシアトリカルなアンサンブル。アルバム全体を一つのストーリーのように聴かせる構成力とサウンドイメージ作りは新人とは思えない完成度で、風格すら感じます。

  • ANGE / LE CIMETIERE DES ARLEQUINS

    フレンチ・シンフォの名グループ、73年作2nd

  • ANGE / AU-DELA DU DELIRE

    フレンチ・プログレの名バンド、叙情的なシンフォ・アンサンブルとシアトリカルなヴォーカルがドラマティックに絡む74年の傑作3rd!

    Christian Decamps、Francis Decampsを中心に結成され、GENESISを髣髴とさせながらも英国勢とはまた違ったダークでアクの強い演劇性を持ったシアトリカル・ロック、そしてフランス産ならではの美意識を武器に名盤を送り出した重要グループの74年3rd。全体的に重々しいフレーバーを持ったバンド・アンサンブルが耳に残る作風であり、Christian Decampsの強烈な個性と相まって、輪郭の見えにくいのっぺりとした音像が特徴と言えますが、その辺りにもバンドの意図と主張が明確に感じられ、ドラマチックな仕掛けに溢れたシアトリカル・ロックの名盤となっています。

  • ANGE / EMILE JACOTEY

    フレンチ・プログレの名グループ、75年作

    Christian Decamps、Francis Decampsを中心に結成され、GENESISを髣髴とさせながらも英国勢とはまた違ったダークでアクの強い演劇性を持ったシアトリカル・ロック、そしてフランス産ならではの美意識を武器に名盤を送り出した重要グループの75年4th。語り部の老人の伝説をコンセプトに製作された本作は、録音のクリアさもあってか前作から比べてバンドとしてのダイナミズムが増しており、その音楽性も前作の重々しいシアトリアル・ロックから、明快且つ叙情的なシンフォニック・サウンドへの移行が見られます。とは言っても、Christian Decampsのアクの強いボーカルは健在であり、やはり個性的な1枚といえるでしょう。

  • ANGE / PAR LES FILS DE MANDRIN

    フランスを代表するプログレ・グループ、フロントマンDecampsのシアトリカルなヴォイス・パフォーマンスが冴え渡る76年作!

    Christian Decamps、Francis Decampsを中心に結成され、GENESISを髣髴とさせながらも英国勢とはまた違ったダークでアクの強い演劇性を持ったシアトリカル・ロック、そしてフランス産ならではの美意識を武器に名盤を送り出した重要グループの76年5th。彼らの代表作と評されることも多い本作はサーカス団を題材に製作されたコンセプト・アルバムであり、前作に続いてバンドの力強さとキーボードのファンタジックな彩り、そしてChristian Decampsのシアトリカルなボーカルが引っ張る作風。基本となっている音楽性がアクの強いものであるがゆえに、叙情性はより一層引き立ち、素晴らしいコントラストを描きます。

  • ANGE / GUET-APENS

    フレンチ・ロックを代表するグループ、77年リリースの最高傑作!

    フレンチ・ロックを代表するグループ、ANGEの最高傑作と言われる77年作。タイトなリズム隊、重厚なオルガン、溢れるメロトロン、メロディアスなギター、めくるめくドラマティックな曲展開、そして名ヴォーカルChristian Decampsによる感情ほとばしるヴォーカル。ドラマ性が際立つ起伏に富んだ展開は圧巻の一言。フレンチ・ロック屈指の傑作。

  • ANGE / TOME VI

    フレンチ・プログレの重鎮、全盛期と言える77年フランス・ツアーを収録した名ライヴ盤!

    フランスを代表するプログレ・グループ。77年作のライヴ・アルバム。彼らのシアトリカルな作風はライヴでこそ本領を発揮することを示した名ライヴ作。代表曲の連続に興奮を増すオーディエンスにつられ、加速度的にダイナミズムを増幅させる演奏と、聴衆と対峙することでさらにその存在感を際立たせるデカンのヴォーカルがとにかく圧倒的。傑作。

  • ANGE / MOTEURS !

    81年作

  • ANGE / LA GARE DE TRYOYES

    フレンチ・プログレの代表格、83年作

  • ANGE / LES LARMES DU DALAI LAMA

    フレンチ・プログレの代表格、92年作、オリジナル・メンバーでのラスト作にして名作!

    ご存知フレンチ・プログレを代表する名グループ、オリジナル・メンバーでのラスト・アルバムとなった92年作。輝かしく溢れんばかりのロマンを湛えたシンフォニック・ロックを聴かせる傑作で、唯一無二の存在感で耳を釘付けにするシアトリカル・ロックの代名詞的ヴォーカル、デリケートながらもキレのあるハケットばりのギターワーク、エニドにも匹敵する甘く優雅な広がりを持つキーボードなどが織り上げる、ドラマチックすぎるサウンドが感動的に響き渡ります。一部時代らしい軽めの音も混じっていますが、ANGE印の聴き手を飲み込むように濃密なサウンドは70年代より相変わらず。

  • ANGE / A…DIEU

    95年ラストツアーからのライヴ音源、全10曲

  • ANGE / LA VOITURE A EAU

    フレンチ・ロックを代表するグループ、再結成後の99年作

「ANGEの在庫」をもっと見る

フレンチ・プログレの在庫

「フレンチ・プログレの在庫」をもっと見る

NEXT FROM GENESIS: ジェネシスの次に聴くべき往年の名作選の在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事