プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【今週のカケレコ】7/4~7/8:今週は新譜が続々入荷♪フィンランド、南米、韓国、そして日本から!

今週は、各国から続々新品CDが届いています。フィンランド、南米、韓国、そして日本からも!
注目作が盛りだくさんですので、ぜひお聴き逃しなく~☆

まずはフィンランドのレーベルSVARTから!

JUPU GROUP/UMPEEN KASVOIVAT POLUT

75年に唯一作を残したフィンランドのバンドによる22年復活作!テクニカルなジャズ・ロックとクラシカルな弦楽の合わせ技にキャッチーな疾走感までも加味し、GGやFOCUSばりの驚愕プログレに仕立てた傑作!全プログレ・ファンにおすすめっ!

試聴 Click!

VESA AALTONEN PROG BAND / STUDIO LIVE

TASAVALLAN PRESIDENTTIのドラマーが、在籍バンドの楽曲を再演した22年スタジオ・ライヴ!重くタイトなドラミングと芳醇なオルガンが味わえる「Tell Me More」、オリジナルよりも骨太に迫力を増した「Lounge」などTASAVALLAN時代のナンバーが出色です。

試聴 Click!

SVARTレーベルの作品をチェック!

南米から届いたのは‥‥

MERET / CEREMONIAS

南米らしい熱量を感じさせながらも、P.F.Mを想起させるクラシカルなエレガンスが全編を覆うドラマチックでどこまでも気高いシンフォニック・ロックが感動的。このアルゼンチン新鋭、堪りません!

試聴 Click!

INVISIBLE / EN VIVO TEATRO COLISEO 1975

アルゼンチン・ロック界の英雄L.A.Spinettaが率いたバンドの75年未発表ライヴ!フォーク・ロック/ブルース・ロック/ジャズ・ロック/サイケの要素を融合させ、南米らしいメロウネスたっぷりに聴かせるクリエイティヴな演奏、そして独特の鼻に抜ける甘い歌声、素晴らしいです。

南米プログレの作品をチェック!

そして日本の5人組プログレ・バンド、待望の22年作が入荷!

TEE / TOTAL EDGE EFFECT

このサウンドが日本から生まれるとは…。フルートとギターを中心に紡がれるどこまでもファンタジックでエレガントなサウンドは、CAMELやスペインのGOTIC、豪SEBASTIAN HARDIEあたりがお好きなら激オススメ。というか、もう全美旋律プログレ・ファン必聴レベル!  

試聴 Click!


カケレコスタッフの日々是ロック:7/5 要注目の国産シンフォTEE『TOTAL EDGE EFFECT』から、各国のおすすめCAMEL系シンフォを探求♪

【関連記事】

カケレコスタッフの日々是ロック:7/5 要注目の国産シンフォTEE『TOTAL EDGE EFFECT』から、各国のおすすめCAMEL系シンフォを探求♪

新品CDをメインに、日替わりでスタッフがおすすめの作品をピックアップ!

韓国のリイシュー・レーベルBIG PINKからも紙ジャケットリイシューの5タイトルが届いてますよ~。

MORNING / MORNING

バーズが好き? そんで、デイヴ・メイスンやイアン・マシューズあたりのアメリカ憧憬の英フォーク・ロックが好き? でしたら、このアメリカのグループMORNINGは必殺ですぜ!美メロの金太郎!

試聴 Click!


カケレコスタッフの日々是ロック:7/6 美メロ&ハーモニーの米フォーク・ロックを探求!

【関連記事】

カケレコスタッフの日々是ロック:7/6 美メロ&ハーモニーの米フォーク・ロックを探求!

新品CDをメインに、日替わりでスタッフがおすすめの作品をピックアップ!

STUD / SEPTEMBER

ブルースやカントリーなどの米国音楽に憧れても、隠し切れない英国的陰影とジェントルな格調高さ…そこがたまらなく良いんです。元ANIMALS~FAMILYのJohn Weiderによるヴァイオリンも瑞々しい、極上のブリティッシュ・ロック。

試聴 Click!

BIG PINKレーベルの作品をチェック!

今後入荷予定の新品タイトルは?

今後入荷予定の新品タイトルはこちら!
※輸送状況などにより、入荷日が前後する可能性がございます。ご了承ください。

【アルゼンチン】
BLACK EXPRESSION / MUNDO REAL
VIRGEM / INDIO EN VIVO RADIO UNIVERSIDAD DE SANTA FE

【ノルウェーのNORSKE ALBUMKLASSIKEREレーベル】
KERRS PINK / KERRS PINK (NACD263)
VANESSA / BLACK AND WHITE (NACD264)
AUNT MARY / JANUS (NACD262)
POPOL VUH (POPOL ACE) / POPOL VUH (POPOL ACE) (NACD228)

ただいまのNORSKE ALBUMKLASSIKEREレーベルの作品をチェック!

それでは良い週末をお過ごしください!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TEE / TOTAL EDGE EFFECT

    22年作4th、ズバリすべての美旋律プログレ・ファンに聴いて欲しいジャパニーズ・シンフォの新たな傑作!

    05年の結成以来、関東を中心に活動する日本の5人組プログレ・バンド、22年4thアルバム。ドラムス/パーカッション、ベース/フレットレス・ベース、ギター、ピアノ/シンセ、フルート/ピッコロという編成で、ギタリスト米田克己は米老舗アヴァン・プログレ・バンドFRENCH TVのメンバーとしても活躍中。CAMELや、それを受け継ぐスペインのGOTIC、オーストラリアのSEBASTIAN HARDIEらが持つ、リリカルな軽やかさと溢れんばかりの叙情美を受け継いだ絶品インスト・プログレを楽しませてくれます。ズシっと重めに刻むタイトなリズム・セクションが持つ緊張感と、ひたすら美麗な旋律を紡ぐフルート、フルートに気品高い佇まいで寄り添うピアノ、A.Latimer+S.Hackettと言える優美さの中にエキセントリックなセンスを隠し持ったギターらのファンタジック&エレガントなプレイが一体となり、どこまでも流麗でありながら同時にアグレッシヴな強度の高さも感じさせる演奏がただただ素晴らしいです。上記したグループのファンのみならず、すべての美旋律プログレ・ファンに聴いて欲しいジャパニーズ・プログレの新たな傑作!

  • MORNING / MORNING

    美メロの金太郎飴!実にメロディアスな米フォーク・ロックの逸品、70年作

    アメリカのフォーク・ロック・グループ、70年作。メンバーのうち3人がメインでソングライターを担当していますが(1曲のみさらに別のメンバーが作曲)、どのソングライターもメロディ・センス抜群で驚きます。本当に素晴らしいメロディばかりで、流れるような美メロの金太郎飴状態。メロディを彩る哀愁いっぱいの豊かな3声ハーモニーも絶品。リリカルなピアノ、ハートウォーミングなオルガン、ふくよかでタイトなドラムなど、アンサンブルも実にメロディアス。アメリカのグループですが、アメリカへの憧憬を感じさせるイギリスのSSWに近い雰囲気。Ian MattewsやDave Masonを彷彿とさせます。これは素晴らしいグループです。おすすめ!

  • STUD / SEPTEMBER

    72年作、英国的なメロディーと哀愁漂うヴァイオリンの響きが美しいブリティッシュ・ロック

    ロリー・ギャラガーが率いたTASTEの元リズム隊Richard McCrackenとJohn Wilson、元ANIMALS〜FAMILYのJohn Weider、元BLOSSOM TOESのJim Creganの4人によるブリティッシュ・ロック・バンド、72年リリースの3rdアルバム。フォーク・ロックの瑞々しさとブルース・ロックのコク、パブ・ロック的軽快さが一体となった哀愁いっぱいのサウンドを、John Weiderによるヴァイオリンが格調高く彩る、極上のブリティッシュ・ロックを奏でます。John Weiderはリリカルなピアノにも色を出しており、マルチ奏者ぶりを発揮。いかにも英国的な陰影のあるメロディーも魅力の好盤です。

  • JUPU GROUP / UMPEEN KASVOIVAT POLUT

    75年に唯一作を残したフィンランドのジャズ・ロック/アヴァン・プログレ・バンドによる22年2nd、圧倒的にテクニカルで最高にキャッチー、全プログレ・ファンにオススメの大傑作!

    75年に唯一作『AHMOO』を残したフィンランドのジャズ・ロック/アヴァン・プログレ・グループによる、47年越しとなる22年2ndアルバム!元々テクニカルなジャズ・ロックに弦楽が織り成すクラシカルなエッセンスを注入したスタイルが個性的でしたが、本作ではそこにキャッチーな疾走感も加わっていて、曲によってFOCUSやGGやYESまでを彷彿させる驚愕のサウンドを繰り広げています。1曲目からもうノックアウト。タイトで緊張感たっぷりに刻むジャズ・ロック調のドラムに乗って、ヴァイオリン/ピアノ/ギター/ベースが眩暈がするほど緻密なGGばりのアンサンブルで突き進みます。終盤ではJan Akkermanを思わせるハード・ロック魂を秘めたテクニカルなギターが主役となり、FOCUSに通じるエッセンスも放出。ここまでプログレッシヴでありながらキャッチーでもあるサウンド、そうはありません。2曲目では神秘的な女性ヴォーカルをフィーチャー、ギターメインのハード・ロック調のアンサンブルとの対比が見事で、演奏面では初期GGのハード・ロック調ナンバーを想起。凄まじくカッコいいです。クラシカルな弦楽と密やかな女性ヴォーカルが調和する北欧然とした3曲目を経て、1曲目に通じるキャッチーで疾走感ある4曲目へ。ヴァイオリンとギターがユニゾンするキャッチーなリフをテーマにしつつ、中盤のソロ回しは黄金期YESを思い出さずにはいられないテクニックと疾走感で駆け抜けていてもう唖然としてしまいます。いやはやこの作品はちょっと並ではありませんよ。全プログレ・ファンに聴いて欲しい大傑作!!

  • MERET / CEREMONIAS

    アルゼンチンの新鋭グループによる22年1st、P.F.Mを想起させるクラシカルなエレガンスが全編を覆うドラマチックでどこまでも気高いシンフォニック・ロックが感動的。

    ヴァイオリン奏者を擁するアルゼンチンの新鋭シンフォ・グループによる22年デビュー作。南米らしい熱量を感じさせながらも、P.F.Mを想起させるクラシカルなエレガンスが全編を覆うドラマチックでどこまでも気高いシンフォニック・ロックが感動的です。ファンファーレのようなシンセと哀愁を帯びたヴァイオリンが掛け合う冒頭はまさにP.F.M。情感をたっぷり込めたスペイン語ヴォーカルにアコギがリリカルに寄り添う南米らしいセンチメンタルな歌のパートを堪能すると、突如ヘヴィなリフを繰り出すギターとエネルギッシュに舞うヴァイオリンにRick Wakemanばりのシンセも被さってきて、一気にテンションが上がります。この1曲目の構成は本当に見事。クラシカルなピアノ伴奏に乗って素朴に歌い上げるヴォーカルにグッとくる2曲目も素晴らしいし、CAMELにヴァイオリンをフィーチャーしたようなインストを聴かせる3曲目も完成度高いです。P.F.Mファンには特にオススメしたいアルゼンチンの注目新鋭!

  • INVISIBLE / EN VIVO TEATRO COLISEO 1975

    アルゼンチン・ロック界の英雄L. A. Spinettaが70年代中期に率いたプログレ・バンド、75年の未発表ライヴ音源を収録した22年リリース作!

    アルゼンチン・ロック界の英雄Luis Alberto Spinettaが70年代中期に率いたプログレ・バンドによる、75年の未発表ライヴ音源を収録した22年リリース作。Spinettaをフロントマンとするギター・トリオ編成で、フォーク・ロック/ブルース・ロック/ジャズ・ロック/サイケの要素を融合させ、南米らしいメロウネスたっぷりに聴かせるサウンドは数多のアルゼンチン・ロックの中にあってもさすが独特。音数多く畳みかけるテクニカルなリズム隊に感性の赴くままソリッドなギターサウンドを乗せるアンサンブルも素晴らしいですが、持ち味の鼻に抜ける甘い声質で切々と歌うSpinettaのヴォーカルにも思わず酔いしれます。Spinetta史上最もプログレを追求したサウンドを聴かせたINVISIBLE時代ならではの、クリエイティヴなパフォーマンスが堪能できる好ライヴ音源です。アルバム未収録曲2曲もプレイ!

  • VESA AALTONEN PROG BAND / STUDIO LIVE

    フィンランド、TASAVALLAN PRESIDENTTIのドラマーによるリーダー・バンド、自身が在籍したバンドの楽曲を新解釈で再演した22年スタジオ・ライヴ作、ザッパ「Peaches en Regalia」もプレイ!

    WIGWAMと並ぶフィンランド・プログレの雄TASAVALLAN PRESIDENTTIや鬼才Pekka PhojoLaが率いたThe Groupでドラマーとして活躍したVesa Aaltonenによるリーダー・グループ、スタジオ・ライヴ録音された22年1stアルバム。盟友Jukka Tolonenはベースで3曲に参加。TASAVALLAN PRESIDENTTI、MADE IN SWEDEN、THE GROUPなど自身が参加したグループの再演集となっていますが、聴き所は最も気合が入っている印象のTASAVALLAN PRESIDENTTIのナンバー。重くタイトなドラミングと芳醇なオルガンが味わえる2nd収録「Tell Me More」、オリジナルよりも骨太に迫力を増した3rd冒頭曲の「Lounge」、重いドラムと軽妙な軽妙なアルト・サックスの対比が良い「Milky Way Moses」など往年の名曲が新解釈で蘇っていて感動します。そしてラストで登場するのはFrank Zappaの人気曲「Peaches en Regalia」!フィンランド・プログレ・ファンなら歓喜の一枚でしょう。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。