プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック:6/30 FLOWER KINGS『RETROPOLIS』から出発して、プログレ新鋭の注目コンセプト・アルバムを探求!

こんにちは。

この「日々是ロック」コーナーは、直近で入荷した注目のタイトルや売れ筋の人気タイトルの新品CDをメインに、日替わりでスタッフがおすすめの作品をピックアップしてまいります。

今日は、入荷したばかりの、ロイネ・ストルト本人による最新リマスターが施されたフラワー・キングスの名盤『RETROPOLIS』から出発して、注目すべき新鋭プログレのコンセプト・アルバムを見てまいりたいと思います!

FLOWER KINGS/RETROPOLIS

北欧のみならず、全世界のプログレ・シーンで中核を担うレジェンド・バンドによる初期の名作ですね。

00sの作風にも繋がっていくエッジの効いたヘヴィなサウンドと従来の優美なシンフォニック・ロックとが劇的に交差するサウンドが至上。

起伏豊かなドラマ性を湛えたストーリーテリングもまた素晴らしいもので、90年代を代表するプログレ・コンセプト作と言えるでしょう!

試聴 Click!

今やユーロ屈指のプログレ産地となったポーランドから厳選した2タイトルをピックアップしましょう。
まずは重厚な歴史的コンセプトで素晴らしい3部作をリリースしたポーランドの若き才人、その第1部をご紹介!

ヴォイチェク・チュライ/灰の中の閃光

注目バンドWALFADでも活躍するポーランドの若き才人が放った19年作。

第一次大戦後に彼の出身地シレジア地方で起きた「シレジア蜂起」を題材にしたコンセプト作となっています。

格調高く彩るヴァイオリンやピアノとエモーショナルに絡み合うギター&シンセの対比が美しい感動的な一枚で、ムーグを弾くのはなんとポーランド・プログレのレジェンド、SBBのJozef Skrzek!

試聴 Click!

TRK PROJECT (RYSZARD KRAMARSKI PROJECT)/BOOKS THAT END IN TEARS

現ポーランド・シンフォ・シーンを牽引するバンドMILLENIUMのリーダーであるキーボーディストのプロジェクト!

こちらは『1984』や『蠅の王』といった不朽の文学作品をテーマに採り、フロイド憧憬のメランコリックかつ劇的なタッチで丹念に描く21年作となります。

相変わらずリック・ライト譲りの美しくも陰鬱に広がるシンセのプレイには息をのむしかありません…。

試聴 Click!

イタリアにはこの美しきチェンバー・ロックのコンセプト・アルバム名作がありました。

SKE/1000 AUTUNNI

イタリアン・チェンバー注目のグループYUGENのKey奏者による11年リーダー作。

不穏さとシュールさを併せ持った室内楽器の響き、心を揺さぶる幻想的なキーボード、ヘヴィなロック・ダイナミズム、淡き幼少期を思い起こさせるような子供の声のSE…。

「一日千秋」という日本語の持つ美しさと儚さを見事に描いた叙情派チェンバー・ロックの逸品です。

試聴 Click!

我らが日本にも驚くべき完成度のプログレ・コンセプト作が登場しています!

PTF/GENESIS OF THE STARS

日本のヴァイオリン・プログレ・グループが放った21年作。

ハードSFの金字塔『星を継ぐもの』を題材に、凛と気品溢れる表情の中にパッションを秘めた圧倒的技巧のヴァイオリンが疾走する興奮のインスト・プログレを展開!

これはUKやLOST WORLD BANDのファンには是非おすすめ!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品が見つかれば幸いです。

こちらも合わせてご覧ください!


文学作品をテーマとする世界のプログレ・コンセプト・アルバム特集!

【関連記事】

文学作品をテーマとする世界のプログレ・コンセプト・アルバム特集!

世界各国より文学作品をテーマに制作されたプログレ・コンセプト・アルバムの名作をご紹介してまいりましょう!


聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

日々是ロック

  • FLOWER KINGS / RETROPOLIS

    元KAIPAのギタリストROINE STOLT率いるスウェーデンのシンフォ・バンド、96年の傑作コンセプトアルバム!

    現代北欧プログレを代表するバンドによる96年発表の3rd。ファンタジックで雄大な音の広がりとダイナミズムたっぷりのアンサンブルはデビュー作から変わらず健在ですが、本作ではシンフォニック・ロックというよりはプログレッシヴ・ロック的な骨太さがより強調された演奏が特徴的。シンフォニックで荘厳なシーンとハードタッチなサウンドで突き進むシーンとを巧みに配して劇的に進行していくアンサンブルが見事に決まっています。コンセプト作ならではと言うべき、起伏豊かなドラマ性を湛えたストーリーテリングもまた素晴らしいもので、これこそあらゆるプログレ・ファンに聴いていただきたいと思えるシンフォニック・ロックの傑作です。

  • WOJCIECH CIURAJ / ISKRY W POPIELE

    [カケレコ国内盤リリース中] ポーランド、WALFADの中心メンバーとしても活躍するギタリスト/ヴォーカリスト、「シレジア蜂起」三部作の第1弾となる19年2ndソロ、SBBのJozef Skrzek参加!

    ポーランドの新鋭プログレ・バンドWALFADの中心メンバーとしても活躍中のギタリスト/ヴォーカリストによる19年2ndソロで、第一次大戦後に彼の出身地シレジア地方で起きた「シレジア蜂起」を題材にしたコンセプト・アルバム。これは傑作!ギターとムーグシンセがエモーショナルに絡み、ヴァイオリンやピアノが格調高く彩る、優雅でドラマチックなメロディアス・シンフォニック・ロックを聴かせてくれます。このムーグのプレイ、どこかで聴いたことがあると思ったら、なんとSBBのJozef Skrzek!SBBでも聴かせた太くスペイシーなトーンでスリリングに疾走するシンセプレイを数曲で披露します。ギルモア調の泣きはそのままに倍の音数にしたようなテクニカルで表現力の高いギターも、シンセに負けじと躍動。弦楽も伴ってドラマチックに高まるサウンドに感動が込み上げます。またしっとり落ち着いたピアノを基調にしたヴォーカル・パートも実に味わい深く、切なさも帯びつつ朗々と歌い上げるポーランド語ヴォーカルが素晴らしいです。ポーランド・プログレらしい静謐で陰影ある音使いを織り交ぜつつ、メロディアスで開放感あるサウンドに仕上げた名品。ズバリおすすめ!
    2019年10月14日「ProgTokyo 2019」に出演した彼へのインタビュー記事はこちら

  • TRK PROJECT (RYSZARD KRAMARSKI PROJECT) / BOOKS THAT END IN TEARS

    ポーランド・シンフォの雄MILLENIUMのkey奏者によるプロジェクト、各曲でオーウェル『1984』/ゴールディング『蠅の王』/カフカ『審判』などを題材にした21年作5th!

    現ポーランドを代表するシンフォ・グループMILLENIUMを率いるキーボード奏者によるソロ・プロジェクト、21年作5th。毎回文学作品をテーマにしたコンセプト・アルバムを送り出している彼らですが、今回はそれぞれ異なる文学作品をテーマにした10分超の全4曲を収録。従来通りPINK FLOYD的メランコリーを下敷きにしたドラマチックなサウンドメイクで原作の物語を浮かび上がらせます。ギルモア調の一音一音に感情がこもった泣きのギターとリック・ライト彷彿のうっすら陰鬱に広がるシンセ&格調高いピアノが劇的に交差するゴールディング『蠅の王』を題材とする1曲目、フロイド「Brain Damage」あたりが浮かぶ淡く幻想的な音世界に酔いしれるオーウェル『1984』を描いた3曲目などが聴き所。原作を知っているほどにイマジネーションいっぱいに作品世界が広がっていく充実の一枚です。

    • LM197CDDGLYNX

      デジパック仕様、2枚組、disc1に女性ヴォーカルverを、disc2に男性ヴォーカルverを収録

    • LM212CDDGLYNX

      デジパック仕様、男性vo/女性voに分かれていたオリジナル版から、男女デュエットvoに変更し、ボーナス・トラック1曲を追加した2022年バージョン!

      レーベル管理上、デジパックに若干の角つぶれ・圧痕・小さい破れなどがある場合がございます。ご了承ください。

  • PTF / GENESIS OF THE STARS

    日本の新鋭ヴァイオリン・プログレ・バンド、ハードSFの金字塔『星を継ぐもの』をコンセプトにした21年作4th、U.K.ファンやロシアのLOST WORLDファンは是非!

    09年に結成された日本のヴァイオリン・プログレ・バンド、ハードSFの金字塔『星を継ぐもの』をコンセプトにした21年作4thアルバム。凛とした気品溢れる表情の中にパッションを秘めた圧倒的技巧のヴァイオリンを軸に駆け抜ける、美しく壮大なインスト・プログレを紡ぎます。注目はやはり過去作に増して冴え渡るヴァイオリンのプレイ。クラシックの素養を生かした湖面を舞うように美麗なプレイに息をのむと、一転激しいリズム・セクションがタイトになだれ込み、それを合図にヴァイオリンも速弾きを交えてハードに疾走する、その切り替わりがとにかく見事。緩急自在なパフォーマンスはEddie Jobsonやロシア新鋭LOST WORLD BANDのAndrii Didorenkoにも比肩します。ヴァイオリンに負けじと力強く鳴るオルガン、クリアな響きのピアノを自在に操るキーボードワークも特筆。さらに印象的なのがアナログ・シンセの活躍で、独特のうねりと広がりを持つサウンドが壮大な宇宙空間のイメージを聴き手に想起させます。これはU.K.ファンやLOST WORLD BANDのファンに一押ししたいヴァイオリン・プログレ傑作!(バンドのセルフライナーノーツ動画あります)

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。