プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

コンセプト・アルバム&ロック・オペラ名作選

ロック・オペラと言えば?

「やっぱりザ・フーの『トミー』にキマリ!」
「いやいや、プリティ・シングス『S.F.ソロウ』の方が先に録音されてたってことを忘れちゃいけないね。」
「それを言ったら、ビートルズ『サージェント・ペパーズ〜』でしょ!」
「いや、あれには統一したストーリーがない。ロック・オペラじゃなくてコンセプト・アルバムだよ。」
「僕は、ムーディー・ブルースの『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』が好きだね...フッフン」

などなど、ロック・ファンにとって話が尽きないコンセプト・アルバム&ロック・オペラ。

あるテーマにもとづいて全体が構成されたものがコンセプト・アルバムで、その中で、よりしっかりとしたストーリーを持ち、アルバム全体を通してキャラクターの悲喜こもごもが描かれたものがロック・オペラ。

『サージェント・ペパーズ』に端を発してコンセプト・アルバムがブームとなり、よりストーリー性を高めたロック・オペラ『トミー』がブレイク。そして、ピンク・フロイドやジェネシスなどプログレ・アーティストを中心に、壮大なストーリーを持つ作品が続々とリリースされました。

ロック史に残る傑作からプログレ〜ちょっとディープなコンセプト作まで、ロック界きってのストーリー・テラー達によるワクワク感いっぱいの名作達をご紹介いたしましょう☆

BEATLES

試聴 Click!

架空のバンドのショウというテーマで制作されたロック史上に残るコンセプト・アルバムの大傑作。曲間なく流れるようにダイナミックに展開する構成はワクワク感いっぱいで、これぞコンセプト・アルバムの魅力!

WHO

試聴 Click!

ロック・オペラと言えば、やはりこの作品『トミー』。ピート・タウンゼントのストーリーテラー&コンポーザーとしての才能、バンドの演奏力とが最高次元で融合したマジカルな傑作。

PRETTY THINGS

試聴 Click!

『トミー』に先駆けて録音された、ロック史上初のロック・オペラ作品。サイケ〜ハード・ロック前夜の空気感がつまった混沌としたサウンド・メイキングがカッコ良い。

KINKS

試聴 Click!

ロック界随一のストーリーテラー、レイ・デイヴィス率いるキンクスによる最高傑作。英国の詩人ディラン・トマス『ミルクの森で』をモチーフにしたコンセプト作。英国の長閑な田園風景とそこに暮らす人々の日常が目に浮かびます。

MOODY BLUES

試聴 Click!

ロック史上初のフル・オーケストラとの共演盤で、ある男の一日を音楽で描いたコンセプト作品。『Sgt.Peppes〜』と同年にリリースされた作品で、プログレッシヴ・ロックの輝かしい第一歩としても評価される名作。大ヒットしたこの曲を紹介。

SMALL FACES

試聴 Click!

スティーヴ・マリオットとロニー・レイン率いる名グループ。『Sgt.Peppers〜』影響下に制作されたコンセプト作。スティーヴのR&B色、ロニーの英国臭を軸に、サイケな色彩に覆われたサウンドはワクワク感たっぷり。

PINK FLOYD

試聴 Click!

まずは英プログレ5大バンドの中から3作品を紹介。社会との疎外感や人を隔てる壁をテーマにしたコンセプト・アルバム『ザ・ウォール』より。孤高のロック・スター”ピンク”の人生を圧倒的な歌詞表現とサウンドで描ききった傑作!

GENESIS

試聴 Click!

ピーター・ガブリエル期GENESISの集大成となった傑作。マンハッタンを舞台に繰り広げられる、プエルトリコ人のラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバム。シアトリカルなヴォーカル、「静」と「動」の対比鮮やかなアンサンブル。これぞジェネシス!

EL&P

試聴 Click!

アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクター「タルカス」をコンセプトにした大作。攻撃的なモーグ・シンセ、怒涛の変拍子によるテンションみなぎる英プログレの名作。

CAMEL

試聴 Click!

英プログレから2作品をピックアップ。まずは、イギリスの叙情派プログレの筆頭格キャメルの代表作『スノー・グース』!ポール・ギャリコの小説「白雁」をモチーフにしたコンセプト作ですね。映像喚起的なサウンドは、ただただファンタスティック!

JETHRO TULL

試聴 Click!

8歳の天才少年が書いた詩に曲をつけたという設定のコンセプト作で、AB面45分あわせて一曲という大作。実際はイアン・アンダーソン作詞なのですが、少年が表彰されている新聞記事まででっち上げてジャケットにしてしまう徹底ぶりとブラック・ユーモアがたまりませんね☆

FAIRPORT CONVENTION

試聴 Click!

変わり種で英フォークから1枚選盤。英国トラッドとロックを見事に融合させた英フォーク・ロックを代表するグループですね。殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作がこの『ババコーム・リー』。

APHRODITE'S CHILD

試聴 Click!

ユーロ・ロックも3作品をご紹介。あのヴァンゲリス在籍のギリシアのグループによる、黙示録をテーマとした一大コンセプト作。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、民族音楽が渾然一体となっためくるめくサウンド・スケープは圧巻です!

GONG

試聴 Click!

デヴィッド・アレン率いる仏ジャズ・ロックの名グループ。“海賊ラジオ局のテレパシー放送”という設定の『ラジオ・グノーム・インヴィシブル』シリーズ3部作の完結編!サイケでスペーシーなテイストとスリリングなジャズ・ロック・アンサンブルは、唯一無比!

I GIGANTI

試聴 Click!

イタリアのグループ。ビート・バンドからプログレへと飛躍した作品で、マフィアと犯罪をコンセプトにしたトータル・アルバム。イタリアらしい詩情、シアトリカルな曲展開が胸に迫るドラマティックな名作。

TRUBROT

試聴 Click!

北欧はアイスランドのグループ。アイスランドの20世紀のアルバムで5位に選ばれたとか。曲間なく流れるような構成が素晴らしいロック・オペラ。フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったアンサンブルはかなりの完成度!

SMOKE RISE

試聴 Click!

アメリカ初のロック・オペラと言われる作品なのに、ほぼ無名。でも、CS&Nばりの豊かなハーモニーと、英キャパビリティ・ブラウンあたりに通じるニッチ・ポップ度がある逸品なのです。

Facebookコメント

在庫一覧

  • APHRODITE'S CHILD / 666

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

    72年作の3rdである本作は、黙示録をテーマとした一大コンセプト作品。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、民族音楽などが渾然一体となっためくるめくサウンド、叙情と狂気を同時に孕んだ圧倒的な表現力は、これぞプログレッシヴ・ロック!VANGELIS率いるAPHRODITE'S CHILDが70年代に世に送り出した一大傑作。

  • BEATLES / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND

    67年発表、架空のバンドによるショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム!

    67年作。架空のバンドのショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム。ジャケットのイメージ通りのカラフルなサウンドは英国中に広がり、60年代後半を華やかに彩った英サイケ・ポップ・ムーブメントへと発展。ロックが真に芸術へと到達した金字塔。

    • 094638241928APPLE

      初回限定3ツ折パッケージ仕様、09年デジタル・リマスター、初回限定CD-EXTRA付

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      若干カビあり

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

    • POCD9006

      定価1408

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      カビあり、帯に若干ケースツメ跡あり

    • 8829302DERAM

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TARKUS

    ELPを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

    • VICP60740

      デジタル・リマスター、定価1995

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      ケースツメ跡あり

    • VICP60634

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2520

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      盤キズ多めにあり、解説に折れあり

    • VICP23103

      デジタル・リマスター、定価2300

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      小さいカビあり・ケースツメ跡あり

    • VICP64235

      紙ジャケット仕様、K2HD MASTERING、解説・歌詞・対訳は元から無し、定価1500

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無

  • FAIRPORT CONVENTION / BABBACOMBE LEE

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th、19世紀に起きた殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th。Sandy Denny、Richard Thompsonが抜け、4人編成となった時期の作品。殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作。重い題材を扱っていながら、カントリー・ロックの影響も感じさせる親しみやすい楽曲群で構成。フィドル奏者Dave Mattacksが主導権を握り、男所帯ならではの温もりを感じさせるフォーク・ロックに仕上がっています。伸びやかなヴォーカル、表情豊かにスイングするフィドルを中心として、哀感を漂わせるアコーステイッック・ギター、幽玄なダルシマー、整然としたリズム隊などが一丸となり締まった演奏を展開。心浮き立つような軽快なアンサンブルを奏でており、素朴な男声コーラスと溶け合う様は心地よくリラックスさせてくれます。ピリピリした緊張感を持っていた「LIEGE & LIEF」「FULL HOUSE」の時期とは異なる、朗らかな魅力に溢れるこの時期のフェアポートも良いです。

  • GONG / YOU

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの74年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第3弾であり、3部作の完結編に位置づけられる本作は、サイケデリック・スペース・ロックバンドとしてのGONGの集大成的な一枚であり、バンドの代表作との評価も高い名盤。特に、執拗な反復の上でDidier Malherbeのサックスが響き、Steve Hillageのサイケデリックなギターが空間を支配する様は圧巻です。

  • I GIGANTI / TERRA IN BOCCA

    イタリアン・ロック、マフィアと犯罪をコンセプトにしたトータル・アルバム、71年作

    元々はビート・ロックグループとしてその歩みを始めたグループが突如としてプログレッシブな音楽性を押し出した作風へと変貌した71年作。AREAのAres Tavorazzi、LATTE E MIELEのMarcello Dellacasa、IL VOLOのVince Temperaといったプログレッシブ・ロック人脈を動員したその内容は、マフィアと犯罪をコンセプトにしたトータル・アルバムとなっており、大曲2曲構成でスケールの大きなプログレッシブ・ロックを聴かせています。音楽的にはフォーキーで叙情的且つ、彼らの原点を感じさせるポップな聴きやすさのあるメロディーを用いてオルガンやピアノ、メロトロンが響くイタリアン・ロックという趣。またそのコンセプト性もあってか非常にストーリーを持って展開する演劇的な側面も伺えるなど、イタリアン・ロックの奥深さに触れる1枚となっています。

  • JETHRO TULL / THICK AS A BRICK

    72年発表、44分の大曲一曲のみが収録された前代未聞の内容ながら、見事バンド初の全米1位に輝いた傑作コンセプト・アルバム

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い72年作。8歳の天才詩人「ジェラルド」の社会風刺詩を用いてバンドが曲を作り上げたという架空のコンセプトのもと、ジャケットアートまでコンセプチュアルに作られ、大曲1曲のみで構成されたトータル・アルバムの傑作です。全米1位に輝き、世界的な成功を収めたブリティッシュ・ロック史に残る名盤。

  • KINKS / VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY

    イギリスの田舎生活と古き良き時代への敬意を表して製作されたコンセプト・アルバム、愛すべき68年作!

    バンドのリーダーでありソングライターであるRAY DAVIESが、イギリスの田舎生活と古き良き時代に対する敬意を表して製作したコンセプト・アルバム。RAYはヒット・シングル志向から、より個人的でノスタルジーを感じさせる方向へと作風を変え、2年をかけて本作をレコーディング。スタジオ第6作にして、詩人DYLAN THOMASの作品にインスパイアされた一大コンセプト・アルバムであり、古き佳き英国への郷愁が描かれた秀逸なストーリーは勿論、フォーキーで牧歌的なサウンドに乗った才気迸るメロディ群は、キンクス最高傑作との名声に相応しいものとなりました。

    • VICP2094

      デジタル・リマスター、定価2000

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      小さいカビあり

  • MOODY BLUES / DAYS OF FUTURE PASSED

    67年発表、オーケストラやメロトロンが彩る一大コンセプト・アルバム、世界的なヒットとなった代表曲「サテンの夜」収録

    活動開始は64年までさかのぼりビート系グループとしてデビュー、シングル・ヒットに恵まれながらも徐々に作風が変化し、プログレッシブ・ロックへのアプローチを開始。後に全盛を築くこととなるプログレッシブ・ロックバンドがデビューすらしていない時期からオーケストラとの競演や実験性に富んだ作品を生み出し、黎明期を作り上げたイギリスのバンドの67年2nd。本作で彼らは70年代を待つことなく、オーケストラとの競演を果たし、1日の時間軸を音楽で表現する、というコンセプト性の高いトータルアルバムを作り上げてしまいました。名曲の誉れ高い「サテンの夜」を収録した彼らの代表作の1つです。

  • PRETTY THINGS / S.F.SORROW

    68年リリース、ザ・フー「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔!

    68年作の4th。ザ・フーの「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔。レイト60sの波を受けて、逆回転などのテープ処理を用いたサイケデリックな装いが前面に出ていますが、トウィンクのフリーキーなドラムなど、かなりアンダーグランド臭漂う混沌としたサウンドが持ち味。サイケ・ポップ的なカラフル感よりも骨太なロック感が印象的です。演奏のダイナミズムなど、バンドとしての技術とスケールの大きさを感じさせます。傑作。

    • VICP62644

      紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック7曲、定価2520

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      紙ジャケに黄ばみあり

  • SMALL FACES / OGDENS NUT GONE FLAKE

    数々の名作が生まれた68年産英サイケ・ポップの中でも突出したクオリティを誇る名作!

    サイケデリック・カルチャーが世を席巻した67年の翌年68年にリリースされた、SMALL FACESのコンセプチュアル・サイケデリック・アルバム。コックニー(=ロンドンの下町イースト・エンドに住む労働者階級)の伝統や仲間意識、地域の暗号を秘めた諧謔精神溢れる、生粋のイースト・エンド・モッズとしてのプライドに満ちた大傑作!後半、7曲目から12曲目はコックニーに伝わる「月の出る夜に、月を捕まえようと旅に出た男、ハピネス・タン」の物語を中心に据え、モッズ・バンドの枠を超えた芸術性と、黄色い声の鳴り止まないアイドル人気とが両立した、稀有な季節に描かれた作品と言えるでしょう。アイデアそのものは、STEVE MARRIOTとRONNIE LANEのゴールデン・ソングライティング・コンビがドラッグだか酒だかをキメながらの馬鹿話の中でコックニーの伝承を歌にして遊んでいたのが、事の発端だとか。ブリティッシュ・トラッドからカントリー、ヴォードヴィルにまで意欲的に取り組んだイミディエイト時代、彼らのルーツが存分につまった後期SFの代表的傑作です!

  • THE WHO / TOMMY

    69年作、ロック・オペラを代表する傑作!

    69年5月にリリースされた、彼らの通算5作目、初の2枚組コンセプト・アルバム。リーダーであるPete Townshendの幼少期の辛い記憶をインスピレーションの源泉としたこの大作は、不倫した父親を母親に殺され、ショックで盲目になってしまったTOMMY少年が主人公。PETE自身、今まで全く知識のなかったオペラを勉強して、その構成を学んだというこの作品は、ロックンロール、資源の開発問題、宗教団体、ドラッグ問題、子供への虐待、セックスと言った今日の社会でもより一層深刻化しているテーマを取り扱っており、「一個人の体験が大きな精神的意味を持ち得る」「目醒めたもの」を制作したいというPETEの強い意思が感じられる作品となっています。「個の魂の救済」を根幹に据えた、歴史的傑作です。

    • UICY20005

      SHM-CD、マスター:1996年リミックス、定価1851

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

  • TRUBROT / UNDIR AHRIFUM and LIFUN

    アイスランドのグループ、哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな楽曲が持ち味、70年作2nd/71年3rdを収録

    アイスランドのグループ。70年作の2nd「Undir Ahrifum」と71年作の3rd「Lifun」とをカップリングした2in1CD。1stから女性Voが脱け、フラワー・ムーヴメント的な要素は無くなり、ハードさがグッと増しました。哀愁のメロディーと重厚なハモンドをフューチャーしたメロディアスな大曲「Feel Me」が聴き所。3rdアルバムは、曲間が無く流れるようなロック・オペラ。フォーク・ロック、ハード・ロック、ジャズ、クラシックが混然一体となったアンサンブルはかなりの完成度。彼らの最高傑作。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!