プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【新品棚お散歩隊】カケレコが自信を持ってオススメする「カケレコ国内盤」をカケレコオリジナル帯と一緒にご紹介! ~その2~

  

ひとつのキーワードを頼りに新品棚前を散歩し、メジャー盤、ニッチ盤を問わず、独断と多少の偏見まじりで新品タイトルをご紹介させていただいている新品棚お散歩隊。今回はカケレコが自信を持ってオススメする「カケレコ国内盤」のピックアップ第二弾!

なかなかお見せすることができていなかった「カケレコ国内盤限定の帯」も一緒にご紹介させていただきます!
(スマートフォン等でご覧の方は帯の画像をタップで拡大してご覧いただけます)

実際の商品にはおすすめタイトルへのカケハシとなるオリジナル解説も付属いたします!こちらも一見の価値ありなハズ!

 

■カルファゲン / ドラゴン・アイランド組曲

ウクライナ出身、英国を拠点に活動する1981年生まれのキーボーディスト、Antony Kaluginによるプロジェクトが2019年にリリースした10th。

「ジキル博士とハイド氏」「宝島」などで知られる英作家R.L.スティーブンソンの詩を題材にしたコンセプト・アルバム。前作でTHE FLOWER KINGSに匹敵する途方もなく壮大でエネルギッシュなサウンドを提示した彼らですが、本作はずばり「THE FLOWER KINGS + GRYPHON」!

前作を引き継いでスケール大きくダイナミックな構成で描かれるシンフォニック・ロックに、民族エッセンス豊かな管弦楽器が色彩を加える、匂い立つように芳醇な演奏のなんと素晴らしいこと。従来作にあったゴリゴリとヘヴィなパートはほぼ登場せず、終始優美な音だけで構築された、まるで丹念に作り込まれた手工芸品のように柔らかく優しい輝きを放つサウンドがただただ感動的に響きます。繊細なタッチながらも熱い叙情美をまとったプレイが胸に残るギターと、ファンタジックかつスリリングにフレーズを繰り出すシンセが一体となって駆け抜けるスタイルは、初期ジェネシスすら彷彿させる完成度。

前作が彼らの完成形かと思いきや、また一段上のステージへと歩みを進めたと言える驚きの一枚。これはシンフォ・ファンにはとにかく聴いていただきたい!

試聴 Click!



【タイトル追加】ウクライナ出身の才人Antony Kalugin率いる注目グループ、KARFAGENを大特集!

【関連記事】

【タイトル追加】ウクライナ出身の才人Antony Kalugin率いる注目グループ、KARFAGENを大特集!

ウクライナ出身のコンポーザー&ミュージシャンAntony Kaluginによるソロ・プロジェクトKARFAGENを特集!

 
 

■パサヘーロ・ルミノーソ / くじらの心

2014年デビュー、アルゼンチンはブエノスアイレス出身、ピアノを中心にエレピ、オルガン、シンセを操るキーボーディストとギタリストを擁する4人組ジャズ・ロック/フュージョン・グループによる17年作3rd。

南米らしい甘美な陰影を持った美しいメロディを印象的に聴かせる、ロマンチックな表情のジャズ・ロックには前2作を経てさらに磨きがかかっている印象。ピアノやギターは流麗なタッチでソロを応酬させるジャズ本来のクールな佇まいを見せるのに対して、可憐な音色が耳を引くエレピが浮遊感あるファンタジックで柔らかな聴き心地をもたらしていて、少しフィル・ミラーを思わせるギターも相まってハットフィールドやナショナル・ヘルスなどのカンタベリー・ロック・バンドに通じる得も言われぬ芳醇さを生み出しているのが素晴らしい。お約束と言えるバンドネオンの哀愁の音色も必殺です。

近年のジャズ・ロック・バンドには珍しく比較的ロック寄りのノリとダイナミズムを持つドラムも特筆で、アンサンブルを力強い躍動感で牽引します。ジャズとロックを最高のバランス感覚で組み合わせた、これぞジャズ・ロック!と呼びたい快作。

試聴 Click!



【KAKERECO DISC GUIDE Vol.43】甘く涼風吹き抜ける絶品ジャズ・ロック!PASAJERO LUMINOSOの17年作『EL CORAZON DE LAS BALLENAS』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.43】甘く涼風吹き抜ける絶品ジャズ・ロック!PASAJERO LUMINOSOの17年作『EL CORAZON DE LAS BALLENAS』

KAKERECO DISC GUIDE、今回はカンタベリー・ロックにも通ずるアルゼンチン出身の要注目ジャズ・ロック・グループ、PASAJERO LUMINOSOの3rdをピックアップ!

 
 

■ヴィトラル / 星々の神話

ブラジリアン・シンフォの歴史に輝く83年の名盤で知られるBACAMARTEのフルート奏者Marcus Moura、90年代以降のブラジルを代表するシンフォ・バンドQUATERNA REQUIEMのドラマーClaudio Dantasらが結成したバンドによる2017年デビュー作。

フルートとギターがリードするCAMEL直系のメロディアスなシンフォニック・ロックに、BACAMARTEやQUATERNA REQUIEに通じるクラシック音楽/バロック音楽の典雅さ格調高さを加えた、構築性に富んだ壮大過ぎるサウンドが圧巻!

リリカルで少し陰影がかかった美しい音色のフルート、アンディ・ラティマーを受け継ぐ一音一音から叙情が零れ落ちるようなエモーショナルなギターが紡ぐCAMEL愛たっぷりのアンサンブルと、バックで響く分厚いシンセ、オルガン、ピアノなどのキーボード群が演出するバロック音楽の厳粛な音世界が重なり合う音楽性に、シンフォ・ファンならば興奮しっぱなしでしょう。特筆は何と言っても52分に及ぶ大作組曲。キーボードもアンサンブルに加わり、テクニカルな疾走パート、芳醇に広がるシンフォ・パート、典雅な味わいの中世音楽パートを行き来しながら巧みに描き出されるスケール溢れるシンフォ絵巻があまりに素晴らしい。

BACAMARTE、QUATERNA REQUIEM両バンドのファンは勿論、初期CAMELファンにも是非オススメしたい一枚!

試聴 Click!



【KAKERECO DISC GUIDE Vol.47】キャメル meets 重厚なバロック音楽!?ブラジルの注目シンフォVITRAL『ENTRE AS ESTRELAS』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.47】キャメル meets 重厚なバロック音楽!?ブラジルの注目シンフォVITRAL『ENTRE AS ESTRELAS』

あの名バンドのフルート奏者が在籍!注目のブラジル産バンドVITRALのデビュー作をピックアップ☆

 
 

■キャスト / ヴィダ

90年代はじめのデビュー以降コンスタントに作品をリリースし続けているメキシコが誇るシンフォニック・ロック・バンド。前作から早くも1年で届けられた2015年作。

特筆は、近年のニュー・トロルスのライヴへの参加や、管弦楽器隊によるプログレ・トリビュート・バンドGNU QUARTETでの活躍で知られるヴァイオリン奏者Roberto Izzoがコンスタントなメンバーとして参加していること。ゲストとして、他のGNU QUARTETの管弦楽器奏者も参加していて、瑞々しく艶やかなトーンのストリングスが躍動するクリアで明朗なサウンドが印象的。ソロとしても活躍している若き男性ヴォーカリストBobby VidalesによるカナダのRUSHを彷彿させるハイ・トーンの歌声もそんなサウンドに見事にマッチしています。

ジェネシスのDNAが息づく多彩なキーボードによるヴィンテージな色合い、ザクザクとメタリックなリフや流麗な速弾きで硬質なダイナミズムを生むギターのアクセントも良いし、圧倒的に目の覚めるようなアンサンブル!今までの作品以上に「プログレ・ハード」と言えるキャッチーさと突き抜けるような明快さを軸に、管弦楽器による美麗さが加わっていて、そこに持ち前のテクニカルなエッジも効いていて、これはずばりシンフォニック・ロックのファンは必聴でしょう。

試聴 Click!



メキシコが誇るシンフォ・バンドCAST特集!

【関連記事】

メキシコが誇るシンフォ・バンドCAST特集!

90年代以降のプログレ・バンドではフラワー・キングスと双璧と言っても過言ではないバンドへと成長した、プログレ辺境の地メキシコの雄、CASTを大特集!

 
 

■ケンティッシュ・スパイアーズ / 密かなる企て

2018年デビュー、90s英プログレ・バンドCYAN~FYREWORKSで活動したメンバーを中心に結成されたグループによる19年作2nd。

カンタベリー・ロックを継承するサウンドを自認する通り、CARAVANらカンタベリー・ロックをベースにした愛すべきサウンドを聴かせてくれた前作と同じく、70年代的ヴィンテージ・テイストたっぷりのプログレ/ジャズ・ロックを芳醇に鳴らします。

味わい深く鳴るハモンド、ファンタジックに舞うムーグ、カンタベリー・テイストの叙情的なサックスらが紡ぐジャジーかつポップなアンサンブルと、力強く厳かに歌い上げる女性ヴォーカルのコンビネーションは相変わらず絶品。組曲も含む構築的な楽曲をCARAVAN的な軽やかさで駆け抜けるスタイルが魅力的な好盤です!

試聴 Click!



【KAKERECO DISC GUIDE Vol.45】スモーキーな紅一点ボーカルと、軽やかで緻密なアンサンブル!KENTISH SPIRES『LAST HARVEST』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.45】スモーキーな紅一点ボーカルと、軽やかで緻密なアンサンブル!KENTISH SPIRES『LAST HARVEST』

ヴィンテージ・スタイルを取り入れた絶品歌ものプログレ、KENTISH SPIRESの『LAST HARVEST』をピックアップいたします。

 
 

 
前回ご紹介させていただいたカケレコ国内盤はこちらから!


【新品棚お散歩隊】カケレコが自信を持ってオススメする「カケレコ国内盤」をカケレコオリジナル帯と一緒にご紹介!

【関連記事】

【新品棚お散歩隊】カケレコが自信を持ってオススメする「カケレコ国内盤」をカケレコオリジナル帯と一緒にご紹介!

ひとつのキーワードを頼りに新品棚前を散歩し、メジャー盤、ニッチ盤を問わず、独断と多少の偏見まじりで新品タイトルをご紹介させていただいている新品棚お散歩隊。今回はカケレコが自信を持ってオススメする「カケレコ国内盤」をピックアップ!なかなかお見せすることができていなかった「カケレコ国内盤限定の帯」もご紹介させていただきます!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。