プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

陰影のあるソウルフルなヴォーカルが光る英スワンプ・ロックを探求!

KEEF HARTLEY BANDのギタリスト/ヴォーカリストとして活躍したミラー・アンダーソン。ギタリストとしても素晴らしいですが、ヴォーカルも逸品ですよね。今日はミラー・アンダーソンのように、エネルギッシュながら陰影あるソウルフルなヴォーカルを聴かせるブリティッシュ・スワンプ・ロックをご紹介します。

MILLER ANDERSON / BRIGHT CITY

クラプトンやジョージやデイヴ・メイスンあたりと比べても遜色無い英スワンプ・ミュージシャンとして推したいのがこの方。ソウルフルな力強さの中に悲哀が滲む歌声がまた泣かせるし、KHBで鳴らしたギターの腕前もさすが。まさにいぶし銀の輝きを放つ大名盤です。

試聴 Click!

HEMLOCK/HEMLOCK

続いてミラー・アンダーソンが率いるグループ、73年唯一作。マイナーながら、芳醇なメロディが溢れる英スワンプの名作!

試聴 Click!

GARY WRIGHT’S WONDERWHEEL / RING OF CHANGES

スプーキー・トゥースのオリジナル・メンバーでKey奏者のゲイリー・ライトによるソロ作。3rdとして録音されつつもお蔵入りになった幻の一枚で、なんと友人のジョージ・ハリスンも参加!エネルギッシュでいて陰影のあるソウルフルなヴォーカル、叙情的なメロディ、タメの効いたグルーヴィーなアンサンブルが魅力的なスワンプ・ロックです。

試聴 Click!

GARY FARR / ADDRESSED TO THE CENSORS OF LOVE

英スワンプ・ロック/フォーク・ロックの傑作『STRANGE FRUIT』の次作はマッスルショールズ録音だって?!本場にいながら滲み出る英国叙情にグッとくるなぁ。

試聴 Click!

ブリティッシュ・スワンプのさらなる探求はコチラから!


夢のコラボ!?豪華ゲスト・ミュージシャンが参加している作品をピックアップ!

【関連記事】

夢のコラボ!?豪華ゲスト・ミュージシャンが参加している作品をピックアップ!

誰もが知っている、あのミュージシャンがゲスト参加!?そんな豪華な作品を色々なジャンルから集めました。

ブリティッシュ・スワンプ・ロックの在庫

「ブリティッシュ・スワンプ・ロックの在庫」をもっと見る

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • HEMLOCK / HEMLOCK

    元キーフ・ハートレー・バンドのミラー・アンダーソンらが結成、極上英ブルース・ロック73年唯一作!

    元KEEF HARTLEY BANDのミラー・アンダーソン、元FAT MATTRESSのジム・リヴァートン、名オルガン奏者ミック・ウィーヴァー等を中心に結成されたグループ。73年作の唯一作。ミラー・アンダーソンのソウルフルなヴォーカルが冴え渡る骨太な英スワンプ・ロック。タメの効いたアンサンブルからドライヴ感溢れるスピーディーなアンサンブルまで、バンドとしての一体感はかなりのもの。なんともコントラストの鋭い洗練された、ブルース・ロックです。

  • GARY FARR / ADDRESSED TO THE CENSORS OF LOVE

    古くはキャリア最初期のキース・エマーソンが在籍したT-BONESを率いた英SSW、マッスルショールズ録音の73年3rd

    古くはキャリア最初期のキース・エマーソンが在籍したT-BONESを率いた英SSW、ゲイリー・ファーの73年作。前作英スワンプ・ロック/フォーク・ロックの傑作『STRANGE FRUIT』では、Richard ThompsonとMIGHTY BABYのメンバーがバックを務めていました。今作はなんと本場マッスルショールズに出向いての録音。プロデュースはジェリー・ウェクスラー、バックはロジャー・ホーキンス、ピート・カーなどマッスルショールズお馴染みの面々が努めています。オープニングからグルヴィーに疾走するスワンプ・ロック。骨太な演奏をバックに一段と熱を帯び、力強くソウルフルに響くゲイリー・ファーのヴォーカルにこちらも熱くなります。かと思うとT3では陰影あるメロディがグッとくるフォーク・ロック。本場にありながら英国的叙情性が滲み出る英スワンプ・ロック/フォーク・ロックの傑作です!

  • GARY WRIGHT’S WONDERWHEEL / RING OF CHANGES

    元スプーキー・トゥースのKey奏者/Vo、幻の3rdアルバム、親交の深かったジョージ・ハリスンがゲスト参加

    言わずと知れたスプーキー・トゥースのオリジナル・メンバーでKey奏者/Vo。70年作の1stソロ『Extraction』、71年作の2ndソロ『Footprint』に続く3rdアルバムとして録音されながら、なぜかお蔵入りとなった幻のアルバム。特筆はジョージ・ハリスンが参加していること。ジョージの代表作『オール・シングス・マスト・パス』にゲイリーが参加して以来、つきあいがある2人で数曲でジョージのギターを聴くことが出来ます。ジャケットはラーガ調ですが、エキゾチズムはなく、エネルギッシュでいて陰影のあるソウルフルなヴォーカル、叙情的なメロディ、タメの効いたグルーヴィーなアンサンブルが魅力的なスワンプ・ロックが特長。英米スワンプのファンにはたまらない逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。