プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

英スワンプ・ロック選 〜 米ルーツ・ミュージックの芳醇さ meets 英国叙情

BOB DYLANとTHE BANDが人知れず録りため連日のギグ音源は、アセテート盤としてイギリスの音楽業界にも、瞬く間に知れ渡って行きました。その音源に最も衝撃を受けた者の一人に、本当はもっとブルースにのめり込みたくてウズウズしていた、当時CREAMに在籍中のERIC CLAPTONがいました。そして彼は、THE BANDの「MUSIC FROM BIG PINK」に、いよいよ本格的に打ちのめされたのでした。一方その頃、いち早く英国のサイケ・ブームにすっかり嫌気がさしていたTRAFFICのDAVE MASONは、GRAM PERSONSの紹介で、DELANEY & BONNIEと言う夫婦デュオを紹介されます。この夫婦と一緒に制作されたMASONのソロ作に、CLAPTONとGEORGE HARRISONは衝撃を受けます…。

ERIC CLAPTON

試聴 Click!

SSWおよびシンガーとしてのデビュー作と言える70年作より、レオン・ラッセルの流麗なピアノが光る「Let It Rain」をピックアップ!英スワンプ・ロックの幕を開けた名作ですね。

DELANEY & BONNIE

試聴 Click!

ブルースにのめり込みたくてウズウズしていたCLAPTONがようやく彼ら夫婦と、やりたい音楽が思う存分に出来て、嬉しくてしょうがない感じが伝ってくる演奏。CLAPTON、良かったね!

GEORGE HARRISON

試聴 Click!

BEATLES解散後にリリースされた1stソロから。ミュージシャンとして脂が乗り切った状態のまま、クラプトン、リンゴ、デイヴ・メイスン等才能溢れる友人達と一気に作り上げたジョージ渾身の傑作!

DAVE MASON

試聴 Click!

いち早く英国のサイケ・ブームにすっかり嫌気がさしていたDAVEが作り上げた、英スワンプの先駆的作品。CLAPTONもGEORGEもかなり衝撃を受けたようです。

DEREK AND THE DOMINOS

試聴 Click!

CLAPTONがDELANEY AND BONNIE夫婦と共に結成したスワンプ・ロック・グループの不朽の金字塔的名曲!CLAPTONが親友のGEORGE HARRISONの妻、PATRICIA BOYDとの禁断の恋を綴った私的な告白でもあります…。

ROLLING STONES

試聴 Click!

ストーンズ流スワンプ・ロックの名作。それにしてもこの米南部サウンドへのこだわりようは尋常ではありません。強靭な黒人音楽への限りない憧憬は、他の追随を許しませんね。

ALVIN LEE & MYLON LeFEVRE

試聴 Click!

Ten Years Afterを解散させた、Alvin Leeが、スワンプ・ロッカー、Mylon LeFevreとのデュオ名義発表した南部探求作。後期Trafficがサポートに入り、味わい深いサウンドに、Hari Georgesonという名でGeorge Harrisonがスライド・ギター!

ANDWELLA

試聴 Click!

いぶし銀のSSW、Dave Lewis率いるグループ。71年作3rdより。英国らしい憂いと土臭さとのバランスが絶妙なメロディとヴォーカル。哀愁たっぷりのオルガン。名バラードですね。

MILLER ANDERSON

試聴 Click!

71年作。ここではいぶし銀のスワンプ・ロック楽曲をご紹介。グルーヴィな女性ヴォーカルをバックにソウルフルなシャウトを聴かせるヴォーカル、ブルージーなギター・ソロが素晴らしい。Mick Weaverによるオルガンも味わい深いフレーズで好サポート。

RO RO

試聴 Click!

Alan Ross、Warwick Roseの頭の名前を並べてグループ名にしたという話もユニークな、彼らの唯一作!英国カントリー・スワンプの芳醇な香りを放ちながらも、ルーツに流され過ぎずに後にAORへと取り組んでゆく姿もほんの少し予感させる作品。

VINEGAR JOE

試聴 Click!

紅一点エルキー・ブルックスと、あのロバート・パーマーのダブル・ヴォーカルが熱気ムンムンの英スワンプ・ロック・バンドと言えば?

ASHMAN REYNOLDS

試聴 Click!

これぞ豪奢なLAスワンプに対する英国いぶし銀ミュージシャンからの回答!米南部への憧れに満ちたアーシー&グルーヴィーさの隙間から滴り落ちる英国的叙情。いや〜、グッときます。

HIGHWAY

試聴 Click!

1stも英スワンプの名作でしたが、この2ndは前作以上に圧倒的なスケールとコクで凄いことになってます。ロッド・スチュワートとジョージ・ハリソンとニッキー・ホプキンスが一緒にやったら?って感じ!!

HENRY McCULLOUGH

試聴 Click!

リーダーは、ウィングスで「My Love」の名ソロを残した名ギタリストで、バックは、グリース・バンド + フランキー・ミラー・バンド!そりゃ、英スワンプ屈指の大傑作になるにきまってるでしょ!

COAST ROAD DRIVE

試聴 Click!

デラムからリリースで、ニッキー・ホプキンスやミック・ウィーヴァーやヘンリー・ローサーも参加した英スワンプの逸品なのに、このマイナーっぷりときたら(涙)。最高の「イギリスのアメリカ」ですよ!

GLENCOE

試聴 Click!

GREATEST SHOW ON EARTHやSKIP BIFFERTYやFIVE DAY RAINのメンバーが結成って、英ロック裏街道の名手達によるいぶし銀スーパー・グループ!!

BROWN'S HOME BREW

試聴 Click!

英SSWのJoe Brownと、彼の奥方で女性ヴォーカルのVicki Brownを中心とするグループ、74年作2nd。キャロル・キングとザ・バンドのロビー・ロバートソンが組んだらこんなサウンドになるかも!?そんな想像も楽しい英スワンプ・ロックの逸品!

Facebookコメント

在庫一覧

  • COAST ROAD DRIVE / DELICIOUS AND REFRESHING

    74年にデラムからリリースされた唯一作、英スワンプの名作、ニッキー・ホプキンスも参加

    英国の4人組スワンプ・ロック・グループ。デラムから74年にリリースされた唯一作。米ルーツ・ロック憧憬のスワンプ・ロックですが、そこかしこから英国的な哀愁や陰影が滲むサウンドはこれぞ「イギリスのアメリカ」。ヴォーカル&ギターが2人居る編成で、2本のギターが軽快にからみあうバッキング、豊かなハーモニーが魅力的。ギターが特筆で、シングル・コイルのヌケの良いトーンとタイム感抜群のフレージングは、第二期ジェフ・ベック・グループでのベックのギターを彷彿させます。コシのあるソウルフル&エモーショナルなヴォーカルも絶品で、3声ハーモニーもバッチリ。楽曲も魅力的だし、さらに、Keyにはニッキー・ホプキンスやミック・ウィーヴァーが参加で、トランペットではヘンリー・ローサーも参加とこれでなぜ売れなかったのでしょう。3曲目のバラードもアメリカのジェリー・ウィリアムスみたいで最高だしなぁ。スワンプ・ロックのファンは必聴と言える名作!

  • DELANEY & BONNIE AND FRIENDS / ON TOUR WITH ERIC CLAPTON

    この夫婦が居なければ、デレク&ザ・ドミノス『レイラ』もジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』もデイヴ・メイスン『アローン・トゥゲザー』も生まれていなかった!70年にリリースされた歴史的一枚!

    エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、デイヴ・メイスンを夢中にさせ、アメリカ南部音楽へと向かわせたのがこの夫婦デュオ!ブラインド・フェイスを辞めてまで、クラプトンはこの夫婦のサポート・ギタリストとしてツアーに同行。その70年にリリースされた音源が、英米スワンプ・ロックの最重要な一枚と言えるこの作品。リズム隊は、カール・レイドル(ベース)、ジム・ゴードン(ドラム)という後にデレクとなるメンバー。リタ・クーリッジやデイヴ・メイスンも参加。1曲目から強烈なグルーヴで熱くメロウなシャウトを炸裂させ、クラプトンのギターも炸裂!スワンプ・ロック・ムーヴメントの起点となったロック史上に残る傑作。

  • ERIC CLAPTON / ERIC CLAPTON

    70年リリースの1stソロ、ブリティッシュ・スワンプ・ロックを確立した名作

    ヤードバーズ、ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイスでは、基本的な役割はギタリスト。70年リリースの本作1stソロは、ギターよりも歌に比重が置かれた、SSWおよびシンガーとしてのデビュー作と言えます。サウンドは、ブルース色は薄く、デラニー&ボニーとの出会い、ジョージ、デイヴ・メイスン等との親交から生まれた土臭くメロウなスワンプ・ロック。60s&70sポップ/ロックが好きだけど、クラプトンは聴かない、って意外と多いように感じます(僕も長く聴かず嫌いでした)。ブルースのイメージではなく、ビートルズ「ホワイト・アルバム」に参加したギタリスト、というイメージで聴くと、すんなり音に入り込め、すぐに愛聴盤になりました。レオン・ラッセルの流麗なピアノが光る「Let It Rain」など、どの曲もキャッチーなメロディが魅力的。この後、本作に参加したジム・ゴードン(Dr)、カール・レイドル(b)等とデレク&ザ・ドミノスを結成して「いとしのレイラ」をリリースします。英スワンプ・ロックの幕を開けた名作。

    • UICY6185

      定価1760

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無、若干カビあり、ケースツメ跡あり

  • HENRY McCULLOUGH / MIND YOUR OWN BUSINESS

    ウィングスでお馴染みの名ギタリスト、ジョージ・ハリスンのDARK HORSEよりリリースされた75年作1stソロ、英スワンプ/パブ・ロック屈指の大傑作!

    ジョー・コッカーのサポートとしてウッドストックにも参加したグリース・バンドや、ポールのウィングス(「My Love」の名ソロ!)への参加でロック・ファンにお馴染みの名ギタリスト、75年にダークホースよりリリースされた1stソロ。バックにはグリース・バンドのメンバー全員をはじめ、いぶし銀のKey奏者ミック・ウィーヴァーやフランキー・ミラー(最終曲のみ)が参加。オープニング・ナンバーから、タイト&ルーズなリズム隊、ルーラルなリズム・ギター、コロコロと転がるピアノがグッとくるアーシー&グルーヴィーな英スワンプが炸裂!鼻にかかったゆる〜いヴォーカルも味わい深くなんとも最高!同郷でバンドも一緒にやっていたアーニー・グレアムも彷彿させます。キレ味鋭くもリリカルなオブリガード、尖ったトーンながら柔らかにたゆたうソロもまた絶品。2曲目以降も、むせぶハモンドに「My Love」を彷彿させる繊細なトーンのギターがエモーションを放つメロウなバラード、ピースフルかつ英国的陰影もたっぷりなレゲエ・ロック、ご機嫌にドライヴするパブ・ロック、フィドルが郷愁を誘うカントリー・ロックなど、ルーツ・フレイヴァーと英国ならではの叙情が溢れる佳曲がずらり。英スワンプ、パブ・ロックのファンは心揺さぶられること間違いなしな大傑作!

  • HIGHWAY / SMOKING AT THE EDGE

    前作以上に圧倒的なスケールとコクで聴き手に迫る英スワンプ・ロック屈指の傑作、74年作2nd

    これぞいぶし銀のブリティッシュ・スワンプの名バンド、74年作2nd。1stもグッとくる名作でしたが、この2ndも良いです。名盤臭ぷんぷんのジャケの通り。スモール・フェイセズやロッド・スチュワートやミック・ジャガーとも交流がある女性シンガー、P.P.Arnoldがゲスト参加していて、男女ダブル・ヴォーカルが炸裂するオープニング・ナンバーのスケールなんて、凄いことになってます。ジョージ・ハリスンばりのスライド・ギターが入るイントロから悶絶必至ですが、サビへ向けての「間」を活かしながら沸々と盛り上がる感じなんかフリーやフェイセズもびっくりです。ニッキー・ホプキンスばりのリリカルなピアノが冴える2曲目のバラードもセンチメンタルすぎるし、3曲目のフリーばりにタメの効いたグルーヴもカッコいいし、このグループのコクたるや凄まじい。英ロックの旨味がつまりまくった英スワンプの名作。オススメです。

  • RO RO / MEET AT THE WATER

    72年唯一作、アルバムのどこを切っても英国叙情がこぼれ落ちるブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作

    英スワンプ・ロック・デュオ。リーガル・ゾノフォンより72年にリリースされた唯一作。米ロック憧憬サウンドが基本ですが、米ロックのような粘りはなく、叙情的で流れるようなリズムはいかにもブリティッシュ。ピアノにも憂いと陰影が溢れてますし、ちょっと線が細く、高音のいっぱいいっぱいさに哀愁が滲み出るヴォーカル、流麗なストリングスもブリティッシュならではの味わい。なんとも煮え切らない感じがたまりません。アルバムのどこを切っても英国叙情がこぼれ落ちるブリティッシュ・スワンプの愛すべき名作。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!