プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

U.K.『U.K.(憂国の四士)』から出発する、ホールズワースを受け継ぐギターが楽しめるプログレ探求♪

スタッフ佐藤です。

ジョン・ウェットン、ビル・ブルフォード、エディ・ジョブソン、そしてアラン・ホールズワース。英国プログレ界のレジェンドたちによるスーパー・グループと言ったらU.K.ですよね。

各ミュージシャンが互いを食わんばかりに、クリエイティヴかつ緊張感みなぎるプレイをぶつけ合う壮絶な一枚が1st『U.K.(憂国の四士)』。

中でもアラン・ホールズワースによるサックスのプレイに着想を得たというギタープレイは、レガートを多用したまさに管楽器のような滑らかさを持つ極めて個性的なものです。

そんなわけで、今回はアラン・ホールズワースからの影響を感じさせるギターが楽しめる作品を探求したいと思います。

U.K./U.K.(憂国の四士)

まるでイエスの壮大なファンタジーとキング・クリムゾンのダークな緊張感を合わせた感じ!?ポップさとドラマチックさ、技巧と躍動感が結晶化した70年代後期を代表するプログレ傑作!

試聴 Click!

「現代のホールズワース」と呼ぶべき技巧派ギタリストと言えば、UKZでも活躍したこの人でしょう!

ALEX MACHACEK/JEFF SIPE/MATTHEW GARRISON/IMPROVISION

ホールズワース影響下ギタリストの筆頭格と言えるのが、UKZでもプレイしたオーストリア出身のこの方。本作ではウネウネ度はさほど高くないですが、いかにもホールズワースっぽいフレーズを流麗かつテクニカルに弾きまくる痛快ジャズ・ロック/フュージョン作です!

試聴 Click!

ラストは、先日リリースされたポーランド新鋭による期待のデビュー作をチョイス。この1曲目を聴いてください!

ROMAN ODOJ/FIASKO

ポーランドの新人グループなのですが、この一曲目で目の醒めるようなホールズワース・タッチの超絶ソロを披露していて驚き!ほかにもS.ロザリー調のエモーショナルな泣きまでも自在に弾きこなす実力派なんですよね。00sのMARILLIONがお好きならこのポーランド新鋭はイチオシです♪

試聴 Click!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第十五回 悪いひとじゃないんだけどねぇ……(遠い目)  ――  ビル・ブルフォードへのラブレターを『シームズ・ライク・ア・ライフタイム・アゴー 1977-1980』BOXに添えて 文・市川哲史

【関連記事】

「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第十五回 悪いひとじゃないんだけどねぇ……(遠い目)  ―― ビル・ブルフォードへのラブレターを『シームズ・ライク・ア・ライフタイム・アゴー 1977-1980』BOXに添えて 文・市川哲史

2016年末、話題のプログレ本『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』を出版した、あの市川哲史氏がカケレコでコラムを執筆!その名も「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」!!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • U.K. / U.K.

    英国プログレのトップ・ミュージシャンたちが集結したスーパーグループ、クリムゾンの緊密なテンションとイエスの雄大なファンタジーを合わせたような78年発表1st!

    KING CRIMSONで製作を共にしたJohn WettonとBill Brufordが、インプロヴィゼーション主体のキーボード・ロックグループを画策し、ROXY MUSICでの交流からEddie Jobson、そしてJohn Wettonのソロ作に参加したAllan Holdsworthを迎えて結成されたスーパー・バンドの78年デビュー作。プログレッシブ・ロックが確実に衰退していく中でリリースされた傑作であり、John Wettonのポップ志向とBill Brufordのジャズ・ロック的な躍動感、Allan Holdsworthの技巧とEddie Jobsonの奔放できらびやかなサウンドが結集した作品であり、プログレッシブ・ロック復興を賭けた傑作です。

  • ALEX MACHACEK/JEFF SIPE/MATTHEW GARRISON / IMPROVISION

    オーストリア出身、エディ・ジョブソンのUKZで活躍するホールズワース系超絶技巧ギタリスト、07年作

  • ROMAN ODOJ / FIASKO

    ポーランド新鋭による20年デビュー作、実力派ギタリストが牽引する00’MARILLION調のダークな哀愁が滲むメロディアス・ロック

    ギタリストRoman Odojが率いる、ポーランドの新鋭バンドによる2020年デビュー作。近年のMARILLIONに通じるエレクトロニクスも交えたダークな哀愁が包み込むメロディアス・ロックを展開します。ビシビシとタイトに叩くドラム、縦横無尽な音運びがカッコいいベース、疾走感あるシンセとジャジーに刻むエレピが特徴のキーボード、そして演奏をリードするテクニカルで音数多いギターらによる息の合った緻密なアンサンブルが印象的。特に主役のRoman Odojによるギターは、ホールズワースをリスペクトした超絶ソロからS.ロザリーばりのエモーショナルな泣きまでを自在に弾きこなす圧巻のプレイに驚かされます。エレクトロな音作りから浮かび上がる70年代風の哀愁を秘めたメロディもグッドです。デビュー作ながら、すべてのピースがカッチリと嵌っているかのように完成されたメロディアス・ロックが心地よい快作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。