プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2012@日比谷野音ライヴレポート

こんにちは、カケハシ・レコードの佐藤です。

8月25日に日比谷野外音楽堂にて開催された「PROGRESSIVE ROCK FESTIVAL 2012」に行ってまいりました。

今年の参加バンドは、今回初来日となるバークレイ・ジェームス・ハーヴェスト(BARCLAY JAMES HARVEST)、2度目の来日ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター(VAN DER GRAAF GENERATOR)、同じく2度目となったイタリア出身のプログレ・バンド、ゴブリン(GOBLIN)の3バンド。

個人的にはプログレ・バンドのライヴを観るのは初めてということもあり、胸をときめかせつつ開始20分ほど前に座席に到着しました。

夕方5時過ぎの日比谷、非常に暑い中で私も皆さんも滝のように汗を流しておりましたが、それ以上に観客の期待感からくる熱気で会場中が覆われていたように感じました。

そんな中予定通り5時15分に開演。フェスのオープニングを飾るのは初来日ということもあり、観客からの期待を一身に受けたB.J.H!71年作『ONCE AGAIN』からの一曲「BALL AND CHAIN」でスタートです。

リーズの代名詞たる名曲「CHILD OF UNIVERS」を経て、日が暮れかかった夏の夕方にピッタリの爽やかなアコースティック・ナンバー「HYMN FOR THE CHILDREN」をプレイ。間奏のリーズによるリコーダー演奏も見事に決まっておりました?。「SHE SAID」「MOCKING BIRD」など70年代前期の叙情的な名曲のオンパレードで大興奮していると、最後は71年作『AND OTHER…』の最後を飾る「THE POET~AFTER THE DAY」というあまりに劇的な締め。

これ以上ないというほど充実の選曲です。そして何より全編にわたって泣きまくるリーズのギターの素晴らしいこと!往年と少しも変わらないエモーショナルなギター・プレイにただただ感動でした。

ベース/ヴォーカルを担当していたクレイグ・フレッチャーの好サポートもあり、リーズも伸び伸びとプレイできていたように感じます。45分程度と短い出演ではありましたが、その中で爽やかさとドラマティックさが同居したB.J.Hらしさを存分に堪能できるステージとなっていました。

続いてはVDGG。私としては今回最も楽しみにしていたのが彼らです。ピアノ、オルガン、ドラムが向い合って三角形に配置されたステージ。メンバーがまだ登場していないステージ上のそのセットを見ただけでも何か息を呑ませるものがあります。

不穏なオルガンのフレーズが鳴り響き、ハミルが第一声を発すると会場の空気が一気に緊張に包まれます。暴風雨のように吹き荒れるヒューのオルガン、そして猛烈な手数による鬼気迫るドラミングを聴かせるガイ。60代半ばの人間が3人で出している音とはちょっと信じられない演奏に、会場中が圧倒されます。

ハミルがフロントに立ち、歌詞を片手にシアトリカルなヴォーカル・パフォーマンスを披露する場面も非常に印象的でした。ここでの絶唱と呼ぶにふさわしい、ハミルのヴォーカルの凄まじさたるや!

「LIFETIME」「BUNSHO」など、08年作、11年作からのナンバーで構成されたセットリストでしたが、70年代のナンバーをやって欲しいなんていう野暮なことを言う人はおそらく一人もいなかったはず。それほどに凄まじいステージングです。

そんなことを思っていると、ハミルがおもむろにピアノを鳴らし、始まったのが71年作『PAWN HEARTS』収録の「MAN-ERG」!一斉に沸き起こる歓声。ピアノを伴ってのハミルの歌唱は、叙情ナンバーでもやはり素晴らしく映えます。来てよかった~と思わせてくれたまさに至福の一時です。

70年代の若かりし頃の彼らといささかも変わらぬ、狂気とバイオレンス、そして崇高なまでの美しさに満ちた最高のステージを見せてくれました。ハミルの魂の歌唱に鳥肌立ちっぱなしの1時間。演奏終了後はもちろんスタンディングオベーションでの大歓声。

さてそんな中、会場を大いに沸かせてくれたのがトリを務めたGOBLIN。オープニングからメタルバンドを見に来たのかと錯覚するほどのヘヴィーな演奏で観客の度肝を抜いてみせます。

オリジナルスタジオ作の『ROLLER』『IL FANTASTICO VIAGGIO DEL BAGAROZZO MARK 』からの楽曲に加え、『ゾンビ』『サスペリア』『フェノミナ』などサントラ作品からの恐怖ナンバーも多数披露。荘厳なチャーチ・オルガンの響きに、無機的なシンセのパターン、映画のワンシーンを思い出させるおどろおどろしいSE、そして照明効果でステージが真っ赤に染まる演出など、ヘヴィーな演奏の中にも背筋をゾクリとさせるホラー感覚が満載で、実にGOBLINらしいステージングとなっていました。

一方ノリの良いロック調のナンバーでは、手拍子が沸き起こり会場の一体感はここで最高潮に。エンターテイメントとして抜群に優れたステージを楽しませてくれました。ミステリアスな印象を強く持つ70年代のスタジオ作品/サントラ作品でしか彼らを知らなかった方にとっては、驚くべき迫力みなぎるライヴだったことと思います。

他バンドと違い単独公演がなかった分、たっぷりと一時間半ほどにわたって演奏してくれたGOBLIN。「住んでしまいたいくらいに日本好きだ」という本人たちの談のとおり、オリジナル・キーボーディストのクラウディオ・シモネッティを筆頭にとても楽しそうに演奏していたのが印象的でした。

終了後、帰途に着くなかでもリーズのギター、ハミルの絶唱、シモネッティのスリリングなシンセサウンドが頭の中をグルグルと渦巻いておりました。今後しばらくはこの3バンドが頭を離れることは無さそうです。

「第10回までやって10周年のサプライズをやろうと思っている」とまでおっしゃったMCの岩本さん。プログレ・ファンにとっては今後も毎年楽しみにできる夏の行事の一つとなりそうですね。

以下、当日のセットリストになります。

BARCLAY JAMES HARVEST
1.BALL AND CHAIN
2.CHILD OF UNIVERSE
3.HYMN FOR THE CHILDREN
4.SHE SAID
5.MOCKING BIRD
6.THE POET ? AFTER THE DAY

VAN DER GRAAF GENERATOR
1.INTERFERENCE PATTERNS
2.SCORCHED EARTH
3.BUNSHO
4.THE SLEEPWALKERS
5.MAN-ERG

GOBLIN
1.MAGIC THRILLER
2.MAD PUPPET
3.DR.FRANKENSTEIN
4.ROLLER
5.E SUONO ROCK
6.NON HO SUONO ? DEATH FARM
7.L’ALBA DEI MORTI VIVENTI
8.ZOMBI
9.SUSPERIA
10.TENEBRE
11.PHENOMENA
12.PROFONDO ROSSO

BARCLAY JAMES HARVESTの在庫

  • BARCLAY JAMES HARVEST / BEST OF BARCLAY JAMES HARVEST – CENTENARY COLLECTION

    キャメル、ムーディーズに並ぶ英国叙情派プログレの筆頭グループ、20曲入りベスト

  • BARCLAY JAMES HARVEST / BARCLAY JAMES HARVEST

    CAMELと並ぶ英国叙情派プログレの最高峰、英国の田園地帯を想起させるリリカルなメロディが素晴らしい1st

    70年にHarvestレーベルより発表した1stアルバム。彼らといえば、メロトロンが洪水のように流れる叙情的かつ荘厳なサウンドがトレードマークですが、本作では、まだ初々しさも残る牧歌的な英国ポップを聴かせてくれています。決して個性的ではありませんが、スタックリッジ「山高帽の男」などにも似た英国の田園を想わせる親しみ安いメロディーが素晴らしい好盤です。いや〜、素晴らしい。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / SAME and ONCE AGAIN

    叙情派英国プログレの筆頭バンド、70年作1st/71年作2nd

  • BARCLAY JAMES HARVEST / AND OTHER SHORT STORIES

    英国叙情溢れるメロディ+メロトロンの洪水!初期の集大成と言える71年3rd、名作

    71年発表の第三作「And Other Short Stories」。劇的なチェロの調べで幕を開ける本作は、アコースティックなサウンドを主体にさまざまな曲想の作品が並んでいます。 前二作での試みは着実に結果を生み、オーケストラを完全に楽器の一つとして使いこなしたシンフォニックなアレンジは、これまでで最高。 タイトル通り、比較的短い曲を集めており、曲数も今までで最も多いです。 オーケストラ・アレンジはMARTYN FORDに交代。 プロデュースはウォーリー・アレンとグループ。 管弦によるアレンジ含め、アコースティックな音を活かしたフォーク風のファンタジックな楽曲で充実した作品。 オーケストラはアレンジの手段として的確かつ集中的に使用されるようなっており、 特に最終曲はすばらしいでき映え。 また、メンバーのStuart Woolly WolstenholmeやLes Holroydの作品がいかにもこのグループらしい優美なメロディック・サウンドであるのに対して、リーズは積極的に様々な方向へとアプローチしてそれぞれに質の高い作品を生んでいます。 それでいながら全体に散漫な印象を与えないのは、アコースティックな美しさを強調した幻想的なサウンドという通奏低音があるせいでしょうか。 どこを取っても美しいメロディとパストラルなアンサンブル。 オーケストラ嫌いの方でも、このアルバムのサウンドの湛える淡い情感には魅せられることでしょう!

  • BARCLAY JAMES HARVEST / ONCE AGAIN

    英国叙情溢れるメロディ+メロトロンの洪水!71年作2nd

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディー・メイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループの71年作2nd。初期の傑作とされる本作は非常に繊細で優しげなサウンドが心地良い名作であり、特にメロトロンを中心に幻想的に聴かせる手法など、前作からよりファンタジックな叙情を感じさせるサウンドへと変化。一方で後にTHE ENIDを率いるRobert John Godfreyのアレンジによるオーケストラはダイナミックにシンフォニックな彩りを放っており、彼らの個性が花開いた1枚となっています。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / BABY JAMES HARVEST

    2nd、3rdの延長線上にあるリリカルかつドラマチックな72年4thアルバム

    72年にHarvestより発表された4thアルバム。傑作2nd、3rdの延長線上にある、叙情的かつ重厚なサウンドが素晴らしい名作。「Moonwater」は、よりクラシック然としたサウンドが素晴らしい名曲。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / EVERYONE IS EVERYBODY ELSE

    英国叙情溢れるドラマティックなプログレ系ナンバーと、米西海岸サウンドへの憧憬に満ちた爽やかなフォーク・ロック・ナンバーが収録された74年リリースの名作

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディー・メイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループの74年作5th。HARVESTレーベルを離れPOLYDORへ移籍第1弾となる本作は、バンドの個性でもあったオーケストラとの融合を封印し、バンド・サウンドを押し出した作風。シンセサイザーがクラシカルに彩るプログレッシブ・ロック作品となっており、オーケストラを伴わないバンド体勢の彼らの最高傑作と評される1枚です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / OCTOBERON

    英叙情派プログレの代表格バンド、76年発表の8th

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディーメイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループによる76年作8th。HARVESTレーベルを離れPOLYDORへ移籍後は生オーケストラを封印しシンセサイザーによってシンフォニックなドラマ性を演出するアプローチを取った彼らですが、本作では再びオーケストラを起用、加えて混声合唱も導入したスケール大きく神秘的な音作りを行なっています。持ち前のポップ・フィーリングは相変わらずのクオリティを誇りますが、楽曲の展開などには非常にプログレッシブ・ロック然とした雄大な流れが伺える名作です。

    • ECLEC32570ESOTERIC

      2CD+DVDの3枚組デジパック仕様、CD1には24bitリマスター・オリジナル・ステレオ・ミックス、CD2にはニュー・ステレオ・ミックス、DVDには5.1chサラウンドミックス/96khz 24bit ニュー・ステレオ・ミックス/96khz 24bit オリジナル・アルバム・ミックス+77年のTV放送用ライヴ映像を収録、ボーナス・トラック7曲

      レーベル管理上、デジパック側面部に折れ跡がついている場合がございます。ご了承ください。

      2990円

      1495円
      (税込1615円)

      1614円お得!


      CD詳細ページへ

    • UICY93046

      廃盤希少、紙ジャケット仕様、03年リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価2141

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

    • 8219302POLYDOR

      西ドイツ盤

      盤質:無傷/小傷

      状態:並

      カビあり

      590円

      472円
      (税込510円)

      127円お得!


      CD詳細ページへ

  • BARCLAY JAMES HARVEST / GONE TO EARTH

    「Hymn」「Poor Mans Moody Blues」「Sea Of Tranquility」などの70s後期の代表曲を収録した77年作

    英国叙情派プログレ屈指の名バンド。77年に発表された通算10枚目で、ジャケットのイメージどおりの陰影豊かな叙情と幻想性に満ちた佳曲がつまった名盤であり代表作。オープニングを飾る代表曲のひとつ「Hymn」から彼ららしい優美で穏やかで詩情豊かな音世界が広がります。アコースティックで柔らかな冒頭からキーボード、そしてストリングスと被さってきて壮大にフィナーレを迎える展開が実に感動的です。ある評論家が彼らのことを「Poor Man’s Moody Blues」と揶揄したことに反発して作った楽曲も粋で、ムーディーズの代表曲「サテンの夜」に似せつつもバークレイならではの美しさがつまった名曲に仕上げていてあっぱれ。その他の曲もアコースティックな温かみとメロトロンやオーケストラの壮大さ、英国ならではのメロディがとけあった佳曲が続きます。英国叙情派プログレの傑作です。

    • ECLEC32544ESOTERIC

      2CD+1DVDの3枚組、デジパック仕様、Disc1にはオリジナルのステレオ・ミックス音源、Disc2には新規ステレオ・ミックス音源を収録し、さらにボーナス・トラックとしてアルバム録音時の未発表曲やシングル曲6曲を収録。すべてオリジナル・マスター・テープからの新規デジタル・リマスター。DVDには、アルバム全曲の5.1サラウンド・ミックスを収録

      デジパック側面に折れがある場合がございます。ご了承ください。

    • 0653982POLYDOR

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲

      盤質:傷あり

      状態:良好

      若干経年変化があります

    • 0653982POLYDOR

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

  • BARCLAY JAMES HARVEST / EYES OF THE UNIVERSE

    79年リリース、大ヒットを記録した壮大なシンフォ・プログレの名作

    Woolly Wolstenholme脱退後の初のアルバム。79年作。重厚かつドラマティックなアンサンブルと、これでもかと叙情性溢れるメロディによる壮大なシンフォニック・ロック。ドイツでプラチナ・ディスクを獲得するなど、大ヒットを記録した名作。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / TURN OF THE TIDE

    81年作

  • BARCLAY JAMES HARVEST / A CONCERT FOR THE PEOPLE (BERLIN)

    東西分裂時のベルリンの壁の前で行われた伝説の80年ライヴを収録

    82年リリースのライヴ・アルバム。1980年、まだ東西分裂時のベルリンの壁の前で行われた伝説のライヴを収録。「Mockingbird」「Child of the Universe」など、選曲、演奏ともにベスト。同日のライヴより未発表曲3曲を追加収録。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / RING OF CHANGES

    変わらぬ英国叙情に溢れた佳曲揃いの83年12thアルバム

    英国が誇る叙情派グループ。83年作の12作目。ジョン・リーズとレス・ハルロイドがほぼ半々で作曲しており、変わらぬ英国叙情に溢れたジョンのリリカルな楽曲と清涼感ある洗練されたポップ・フィーリングを聴かせるレスの楽曲とが絶妙なコントラストを描いています。『神話の中の亡霊』が好みであれば、叙情美に溢れた本作もまた大切な一枚になるはず。美しい名品です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / VICTIMS OF CIRCUMSTANCE

    84年作

  • BARCLAY JAMES HARVEST / GLASNOST

    88年東ベルリンでのライヴを収録、全12曲

    英叙情派プログレを代表するバンドの一つ、ジョン・リーズ、レス・ホルロイド、メル・プリチャードの3人編成で、87年東ベルリンで行われたライヴを収録。87年作『FACE TO FACE』収録曲を始め、「MEDICINE MAN」や「MOCKINGBIRD」などバンドの代表曲も演奏。バンド本来の英国叙情に満ちたサウンドはそのままにライヴならではダイナミズムが演奏に加わっており、彼らのライヴバンドとしての実力がよく伝わってくるライヴ作となっています。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / CAUGHT IN THE LIGHT

    英国叙情派プログレを代表する名グループ、円熟の美旋律を響かせる93年作20th

    英国叙情派プログレを代表する名グループ。93年作。しっとりとメロディアスなギター、幻想的にたなびくキーボード、優しく紡がれる英国らしい叙情的なメロディと親しみやすいヴォーカル。変わらぬ美旋律を飾らず誠実に響かせる職人芸の名品です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / LIVE AT THE TOWN AND COUNTRY CLUB

    92年、ロンドンでの結成25周年記念ライヴの模様を収録

  • BARCLAY JAMES HARVEST / XII

    英叙情派プログレの筆頭バンド、78年作

    78年発表の12枚目。より洗練を極めたクラシカルで美しいポップ・ナンバーが揃った名盤

「BARCLAY JAMES HARVESTの在庫」をもっと見る

VAN DER GRAAF GENERATORの在庫

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / A GROUNDING IN NUMBERS

    11年作

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / DO NOT DISTURB

    ピーター・ハミル、ヒュー・バントン、ガイ・エヴァンスのトリオ編成で録音された2016年作13thアルバム

    ピーター・ハミル率いる英国プログレ屈指の名バンドによる2016年作13thアルバム。メンバーは、ピーター・ハミルの他、オリジナル・メンバーであるヒュー・バントン(Key)、ガイ・エヴァンス(Dr)というトリオ編成。前につんのめるようなテンションいっぱいのリズムを土台にハモンド・オルガンが分厚いトーンで荘厳に鳴り、歪んだギターがうねるアンサンブル、そしてハミルの存在感抜群のヴォーカル!円熟を増したVDGGサウンドに痺れるさすがの逸品です。ピアノをフィーチャーしたリリカルな楽曲の「孤高」っぷりにはやはり感涙。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / LIVE AT ROCKPALAST – LEVERKUSEN 2005

    ブリティッシュ・プログレの名バンド、復活後05年のスタジオ・ライヴ音源&映像を収録した2018年リリース作

    稀代のヴォーカリストPeter Hammillを擁するブリティッシュ・プログレ・バンド、78年の解散から26年を経た04年に再始動した彼らが翌05年に出演した、ドイツの音楽番組ROCKPALASTでのパフォーマンスを収録。1曲目『GODBLUFF』収録の「Undercover Man」から、生々しくも叙情あふれる音世界が一気に広がるVDGGならではのサウンドに圧倒されます。静謐なリリシズムを湛えたフルート&フリーキーかつ哀愁みなぎるサックス、醒めたトーンの中に静かな情熱を秘めたオルガン、相変わらず途方もなくダイナミックなドラム、そして圧倒的な表現力で威風堂々と歌い上げるヴォーカル。往年と変わらずエネルギーをみなぎらせたパフォーマンスは実に感動的。「Lemmings」「Darkness」「Man Erg」「Killer」「Wonderling」など代表的なナンバーのオンパレードで興奮が途切れる暇がありません。VDGGファンへの至上の贈り物と言える名演!

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / AEROSOL GREY MACHINE

    サイケ/アートロック色を持つ69年デビュー作

    ピーター・ハミル率いる英国プログレッシヴ・ロック屈指の名バンド。69年の記念すべき1stアルバム。幻想的なハモンド・オルガンやハープシコード、メロウなアコギのストローク、そして、ピーター・ハミルのエモーショナルなハイ・トーンの歌声と「狂気」と「叙情」が同居する孤高のメロディ・ライン。69年という「プログレッシヴ・ロック」前夜の空気感を見事に収めたアート・ロック・サウンドが実に魅力的です。後の強烈なプログレ作品と比べられ、インパクトで劣る分、過小評価されていますが、もしこの一枚のみで解散していたとしたら、逆にブリティッシュ・ロックの名作としてもっともっと評価されていたことでしょう。ずばり名作です。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / H TO HE WHO AM THE ONLY ONE

    70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム

    非凡なる才能を持ったボーカリストPeter Hammillを擁し、難解な哲学詩と前衛的なアプローチ、初期のKING CRIMSONに負けず劣らずのへヴィネスと神秘性を兼ね備えたイギリスのプログレッシブ・ロックバンドの70年3rd。KING CRIMSONからRobert Frippがゲスト参加した本作は、次作以降飛躍していく彼らの勢いを感じさせる重要作であり、ロックのダイナミズムとアヴァンギャルド性が同居した傑作となっています。Peter Hammillの描く世界観も非常に内省的なものやダークな色合いを放っており、彼らの個性が一気に花開いた個性的な1枚です。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / LEAST WE CAN DO IS WAVE TO EACH OTHER

    70年作、カリスマ・レーベル移籍第一弾、通算2枚目の出世作、冒頭3曲の流れは圧巻!

    非凡なる才能を持ったボーカリストPeter Hammillを擁し、難解な哲学詩と前衛的なアプローチ、初期のKING CRIMSONに負けず劣らずのへヴィネスと神秘性を兼ね備えたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。カリスマ・レーベルに移籍しての第一弾で、個性を確立した出世作。1曲目と2曲目の対比がとにかく見事。1曲目「Darkness」での狂気が渦巻くヘヴィ・ロックから一転して、壊れ落ちそうな繊細&リリカルな2曲目「Refugees」。強烈なインパクトで聴き手に襲いかかる名作。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / GODBLUFF

    再結成後の第1弾となった75年リリースの通算5作目、ハミルのヴォーカルが壮絶な「ARROW」は必聴!

    カリスマ移籍後3枚の傑作アルバムを発表して72年に解散。その後、ソロ・アルバムをはさみ75年に再結成。本作は、その再結成第一弾作品。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / STILL LIFE

    76年リリース、「PAWN HEARTS」と共に彼らの代表作とされる一枚

    再結成第2作。テンション溢れるバンド・アンサンブル、鬼気迫るヴォーカル、流麗なメロディーとどれをとっても第一級の名盤。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / WORLD RECORD

    ハミルによるエレキギターが前面にフィーチャーされた76年作、崇高な名曲「WONDERING」収録

    76年作の7thアルバム、再結成後では3作目にあたる作品。ハミルのヴォーカルも唯一無比。涙無しでは聴けないドラマティックな「WONDERING」は、全音楽ファン必聴の大名曲

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / VITAL: LIVE

    78年1月26日、ライヴ・アット・マーキー・クラブ、元STRING DRIVEN THINGのvln奏者Graham Smith在籍時の6人編成

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / AN INTRODUCTION

    9曲収録ベスト

「VAN DER GRAAF GENERATORの在庫」をもっと見る

GOBLINの在庫

  • GOBLIN / PROFONDO ROSSO

    GOBLINのデビュー作となったダリオ・アルジェント監督『サスペリア PART2』のサントラ盤、75年作

    ゴブリンの記念すべきデビュー・アルバムと75年作で、ダリオ・アルジェント監督の映画『赤い深淵 サルペリア2』のサウンドトラック。オープニングを飾るタイトル・トラックは、同時期にヒットしていたマイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」を彷彿させるミニマルなキーボード・フレーズを軸に、イタリアらしいそそり立つように荘厳なハモンド・オルガンとシャープなドラムが冴え渡る代表曲。イタリアのヒット・チャートで52週間に渡りチャート・インを続け、イタリアだけで300万枚を売り上げた名作。

  • GOBLIN / ROLLER

    D.アルジェント監督作品のサントラ演奏で世界的に知られるイタリアン・ロック・グループ、76年2nd

    イタリアン・シンフォニック・ロックの代表格バンドの76年2nd。デビュー作「Profondo Rosso」での成功を足がかりにした、いわゆる「サントラではない」Goblinのオリジナルアルバムデビュー作である本作は、彼らが恐怖映画のサントラの枠にとらわれずに普遍的なロックの名盤を作り上げた、奇跡の1枚です。前作からドラマーが交代、キーボーディストの新加入、とマイナーチェンジを行い、Goblinの歴史上最強のラインナップで作り上げられた作品ですが、もちろんGoblin節とも言える緊張感溢れるバンドサウンドと恐怖のメロディーラインは健在であり、イタリアンロックの名盤ということが出来るでしょう。

  • GOBLIN / SUSPIRIA

    ダリオ・アルジェント監督による傑作ホラームービーのサントラアルバム、77年リリース

  • GOBLIN / IL FANTASTICO VIAGGIO DEL BAGAROZZO MARK

    D.アルジェント作品のサントラ演奏で世界的に知られるイタリアン・ロック・グループ、78年4th

    イタリアン・シンフォニック・ロックの代表格バンドの78年4th。それまでインスト路線を貫いてきたわけですが、本作では初めてボーカルナンバーも配置され、およそGoblinのイメージとは遠い、とてもファンタジックなコンセプトアルバムとなっています。「Goblin=サスペリア」、「Goblin=サントラ」というのはもはや常識なわけですが、数は少ないながらサントラではない、いわゆる「オリジナルアルバム」も残しており、その貴重な1枚が本作と言うわけです。ビシバシにキメるリズム隊、そして、恐怖ではなく優美なファンタジーを描かせても超一流の表現が出来てしまう、引き出しが多すぎるClaudio Simonettiのキーボードがやはり圧巻。ボーカルを取り入れたことに対する賛否両論は、それだけバンドとしてのまとまりに隙が無いことの、なによりの証です。テクニカルさを駆使したシンフォニックロックとして最高の出来であり、Goblinの新たな一面を垣間見ることの出来る名盤。

  • GOBLIN / ZOMBI

    名匠ダリオ・アルジェント監督による同名映画のサントラ盤、78年作

「GOBLINの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。