プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

1970年名盤特集<米国編>

スタッフ佐藤です。

今年2020年で、1970年代の始まりから半世紀を迎えました。

そんなわけで、ちょうど50年前の1970年に発表された作品をご紹介している「1970年名盤特集」。
英国編、ユーロ編と来て、いよいよ今回は米国編です。

1970年にリリースされた主要な作品を見てまいりたいと思います!

SIMON & GARFUNKEL/BRIDGE OVER TROUBLED WATER

アメリカ音楽史に残るドラマチックな名曲「明日に架ける橋」を冒頭に収録した、彼らのラストアルバムにして最大のヒットとなったアルバム。あまりにも有名過ぎて今更という方もあるかもしれませんが、いろんな音楽を聴いて再びここに戻ってくる。と妙に心安らぐそんな素敵なアルバムだと思います…。

試聴 Click!

CHICAGO/CHICAGO

ブラス・ロックと言えばシカゴ。その代名詞的名曲がこの2nd収録の「25 Or 6 To 4(長い夜)」。バンド名とは裏腹に活動拠点はLA。ジャズ~ソウル色濃厚なブラスとウェストコースト・ロックとの豊かなブレンド。この骨太さと清涼感の同居には痺れますね!

試聴 Click!

JAMES TAYLOR/SWEET BABY JAMES

夢と理想を掲げ闘った激動の60年代が失望とともに終わろうとしていた時、人々の心にスッと染みこんだ飾らない内省の歌声。シンガーソングライター時代の到来を告げた、永遠に色褪せることのない名盤。

試聴 Click!

SANTANA/ABRAXAS

彼らを一躍人気バンドに押し上げた、フリートウッド・マックのカバー「Black Magic Woman」を収録した2ndアルバムが70年作です。ラテン由来の哀愁と情熱を帯びた官能的なギターがたまりません。

試聴 Click!

NEIL YOUNG / AFTER THE GOLD RUSH

内省的なメロディがひたすら胸に迫る佳曲揃いの代表作ですね。特に、素朴な弾き語り「Tell Me Why」、リリカルなピアノをバックに切々と歌われるタイトル曲、CS&N的なハーモニーが美しい「Only Love Can Break Your Heart」、そしてS.スティルスとの緊張感みなぎるギターバトルに息をのむ「Southern Man」と、前半の充実度と言ったらすさまじいものがあります。

試聴 Click!

CSN&Y / DEJA VU

フォーキーな牧歌性とロックの骨太さがバランスするスティルスのナンバー、英国人らしい格調高くポップな作風で聴かせるナッシュのナンバー、重々しく緊張感のあるクロスビーのナンバー、繊細さと哀愁が滲むヤングのナンバー。4人の「個」が奇跡的な均衡の中で結晶となった大傑作!それにしても、同年に上記アルバムと本作を作ってしまったニール・ヤングのクリエイティビティはある種恐ろしいものがありますね。

試聴 Click!

CARPENTERS / CLOSE TO YOU

バカラック作曲の「Close To You(遙かなる影)」、ロジャー・ニコルズ作曲の「We’ve Only Just Begun(愛のプレリュード)」という2つの人気曲を収録した、2人の出世作といえる70年2nd!

試聴 Click!

LEON RUSSELL / LEON RUSSELL

そのカーペンターズにもカバーされた稀代の名曲「A Song For You」から始まるのが本作ですね。フィル・スペクターを支えた腕利きセッション・ピアニストにして、クラプトンやジョージ・ハリスンをも魅了したLAスワンプ・シーンの顔役!

試聴 Click!

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL / PENDULUM

西海岸出身バンドながらも、カントリー、ブルース、ヒルビリーなど南部的アプローチを大きく取り入れた泥臭く骨太なロック・サウンドを鳴らし、絶大な人気を誇ったのが彼ら。注目はやはり誰もが一度は耳にしたことがあるだろう代表曲「雨を見たかい」でしょう。フォガティの味のあるハスキーボイス、沁みるなぁ。

試聴 Click!

MOUNTAIN / CLIMBING!

クリームを手掛けた功績も偉大なフェリックス・パパラルディ、そしてアメリカきっての剛腕ギタリスト=レスリー・ウェストを擁する、米ハード・ロックの代名詞的存在ですよね。 「Mississippi Queen」「Theme from an Imaginary Western」収録の記念すべき1st!

試聴 Click!

ZAPPA & THE MOTHERS OF INVENTION / WEASELS RIPPED MY FLESHFRANK

オリジナル・マザーズでの最終作。67年~69年の未発表スタジオ/ライヴ音源を再構成したもので、奇声満載、狂気ムンムンのフリー・ジャズ・ロックを繰り広げるザッパの奇才ぶりが凝縮された一枚となっています。インパクト抜群のネオン・パーク・ジャケにも注目!

試聴 Click!

BEACH BOYS / SUNFLOWER

初期のサーフィン・サウンドももちろん最高に気持ちいいし、ブライアン・ウィルソンの才気爆発の「ペット・サウンズ」は大傑作だけど、メンバーが一丸となって作り上げた感じがするこのアルバムが一番好きだったりします。ブライアンの「This Whole World」、デニスの「Forever」、ブルースの「Deirdre」、アルの「At My Window」など各曲の完成度も素晴らしいし、何といってもジャケがいい!

試聴 Click!

さすが、ロック黄金期だけあって、世紀の名盤ぞろいでしたね!まだまだあるはずですが、とりあえずはここまで。
英国編&ユーロ編はこちら!


1970年名盤特集<英国編>

【関連記事】

1970年名盤特集<英国編>

1970年からちょうど50年!半世紀前にはどんな名盤が生まれていたのでしょうか?まずは英国からピックアップ。


1970年名盤特集<ユーロ編>

【関連記事】

1970年名盤特集<ユーロ編>

1970年からちょうど50年!半世紀前にはどんな名盤が生まれていたのでしょうか?今回はユーロからピックアップ。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SANTANA / ABRAXAS

    ブレイクのきっかけとなった「ブラック・マジック・ウーマン」収録、70年リリースの傑作2nd

  • CSN&Y / DEJA VU

    70年リリース、60年代のラヴ&ピースの終焉から「個」の時代へと移り変わった70年代の幕を開ける傑作

    元バーズのデイヴィッド・クロスビー、元バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス、元ホリーズのグラハム・ナッシュが結成したスーパー・グループCS&Nにニール・ヤングが加わり、CSN&Yとなって制作された70年作。美しい3声ハーモニーが多数のフォロワーを生んだ69年デビュー作の魅力はそのままに、ヤングが加わったことで、4人の才能がぶつかり合った緊張感がみなぎっています。オープニングはスティルス作の「Carry On」。4人の卓越したコーラス、そこに鋭角に切れ込むエレキ・ギター。美しくも張り詰めた空気感はこの4人ならではの魅力に溢れています。2曲目はナッシュ作で、一転して、他の米国出身の3人とは違う、ただひとり英国出身者ならではの牧歌的なメロディとハーモニーが印象的。デッドのジェリー・ガルシアのスティール・ギターも特筆です。3曲目は、クロスビー作で、ヘビーに絡み合うエレキと気迫溢れるヴォーカルによる緊張感と浮遊感が拮抗した歌世界はこの人ならでは。そして、前半の極めつけがヤングの代表曲と言える「Helpless」。曲のシンプルさが繊細なヴォーカルを際立たせ、不安や孤独が胸に迫ってくる名曲です。その後もジョニ・ミッチェル作の「Woodstock」やナッシュの優美な「Our House」など名曲目白押し。60年代のラヴ&ピースの終焉から「個」の時代へと移り変わった70年代の幕を開けた、4人の「個」がぶつかりあう米フォーク・ロック屈指の傑作。

  • JAMES TAYLOR / SWEET BABY JAMES

    シンガーソングライター時代の到来を告げた70年作

    狂騒と革命の60年代の果て、内省の70年代、即ちシンガー・ソングライターの時代を、静かなアコースティック・ギターを爪弾きながら、高らかに告げた金字塔的大名作。プロデューサーにPeter & GordonのPeter Asher。コンビ解散後はBEATLESのアップル・レーベルで新人発掘の仕事を始め、初めて契約を交わしたのがJamesだったのです。結果としては、7曲目に収録されている「FIRE AND RAIN」のヒットをきっかけに彼を一躍スターダムへと導くのですが。特筆すべきことは彼の作品世界が、ボーイ・ミーツ・ガールでもなく、直接反戦を問うプロテスト・ソングでもなくて、個人の何気ない日々の生活感情を吐露した、個々の内面描写に、その表現欲求を照射していたこと。ごく個人的な感情ほど多くの人々の胸を打つという、新しい形のシンガー・ソングライター像を、優れたギターの表現力を通して描き出していたことが重要なのです。個人心象に長けた歌には、必然的にNYMN(聖歌)のような救済が含まれ、柔らかいカントリーのフレイヴァーを基調にブルース、R&B、黒人霊歌、ブルーグラスといったアメリカン・ルーツ・ミュージックと絡ませながら、巧みなバランス感覚と都会的センスによって息づいています。大切な時間に、そっと耳を傾けたい。そんな一枚です。

  • CHICAGO / CHICAGO

    代表曲「長い夜」収録、70年作2nd

  • FRANK ZAPPA & THE MOTHERS OF INVENTION / WEASELS RIPPED MY FLESH

    70年発表、フリージャズ/アヴァンギャルド志向の傑作、ラスト付近の畳み掛けが圧巻!

    70年作。オリジナル・マザーズでの最終作。67年〜69年の未発表スタジオ/ライヴ音源を再構成したもので、全体にアヴァンギャルド/フリー・ジャズ色を強く持つ作品。

    • VACK1211

      紙ジャケット仕様、93年FZ承認マスター、内袋・ステッカー付仕様、定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、紙ジャケに若干側面部に色褪せあり

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。