プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

1970年名盤特集<英国編>

こんにちは。スタッフ増田です。

ついに2020年が幕を開けましたね!とうとう1970年代から半世紀・・・時間の経過に驚きつつ、色褪せることを知らないロックの素晴らしさには感嘆するばかりです。

という事で2020年の幕開けを記念し、ちょうど50年前の1970年に生まれた名盤をざっと振り返ってみたいと思います。とにかく名盤が盛り沢山なので、本日は英国編をお届け!

ピンク・フロイド/原子心母

69年に登場したクリムゾンの『宮殿』に続き、人々を震撼させたプログレ・アルバムと言えば『原子心母』。オーケストラを導入した23分の組曲や印象的なジャケによって、それまでのポピュラー・ミュージックとは異なるプログレッシヴ・ロックの芸術的な作品観を定着させた歴史的一枚です。

試聴 Click!

キング・クリムゾン/ポセイドンのめざめ

衝撃のデビュー作に続きリリースされた2nd。メンバーの大幅な交代を経て制作されつつ、その内容は前作に負けず劣らず。キース・ティペットのピアノやゴードン・ハスケルの素朴なヴォーカルなど、前作にないバリエーション豊かな表現も加わった名盤。

試聴 Click!

ジェントル・ジャイアント/ジェントル・ジャイアント

英国五大プログレに次ぐ重要グループのデビュー作!予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。プログレ界屈指の超絶技巧集団として君臨していく彼らですが、本作では英国然とした叙情的なパートも多く含まれており聴きやすいです。

試聴 Click!

CURVED AIR/AIR CONDITIONING

デビューといったらルネッサンスと並び英国女性ヴォーカル・プログレを代表するこちらのバンド(来日間近!)も!表現力豊かなヴォーカルの素晴らしさはもちろん、ロックにヴァイオリンを本格的に導入した初めてのグループでもあるんですよね。

試聴 Click!

ソフト・マシーン/3RD

69年がプログレ誕生の年なら、1970年はジャズ・ロック飛躍の年。それを代表するのが、英国ジャズ・ロックの代表作にして「カンタベリー・ロック」というジャンルを確立させたと言っても過言ではないこちらの名作!

試聴 Click!

EGG/EGG

カンタベリーといえば、名キーボーディストDave Stewartが率いたEGGが1970年にデビューしていますね。若き才気ほとばしるアグレッシヴなオルガン・プレイが堪能できる1st!

試聴 Click!

NUCLEUS(IAN CARR NUCLEUS)/ELASTIC ROCK

イアン・カー、クリス・スペディングらを擁する、こちらの英ジャズ・ロックの代表的バンドも70年にデビュー。ジャズの緊張感とロックのダイナミズムを掛け合わせ、英国叙情で包み込んだサウンドは、これぞブリティッシュ・ジャズ・ロック!

試聴 Click!

ディープ・パープル/イン・ロック

次はハード・ロックを見てみましょう。初期はサイケ/アート系バンドだったパープルがヴォーカリストのI.ギランを迎え、英ハード・ロック代名詞としての第一歩を踏み出した伝説の70年作!1曲目1音目からこの衝撃!これぞハード・ロック!

試聴 Click!

ブラック・サバス/パラノイド

元祖ヘヴィ・メタルの筆頭、ブラック・サバスもこの年に登場。レイト60sのサイケデリック・ムーヴメント時から地下で渦巻くアングラ臭をプンプンさせながら、ツェッペリンも凌駕するスピード感で聴き手をなぎ倒すように突き進む!この映像、凄まじすぎ・・・。

試聴 Click!

レッド・ツェッペリン/レッド・ツェッペリンIII

69年の1st、2ndに続きリリースされたレッド・ツェッペリンの3rdアルバム。過去作に比べアコースティックな楽曲が多くを締め当時は賛否両論だったものの、ただハードなだけではないツェッペリンの多彩で複雑な音楽性がよく表れた名作ですね。

試聴 Click!

ウィッシュボーン・アッシュ/光なき世界

ハードロックの魅力の一つ、ツイン・リード・ギター。その元祖と言える彼らも1970年デビュー。この曲の後半が凄くって、大嵐がやってきたかのように荒れ狂うドラムに乗って、二人のギタリストがせめぎ合う興奮の展開にもう痺れっぱなし!

試聴 Click!

CRESSIDA/CRESSIDA

70年といえば、忘れちゃいけないのがVertigoレーベル産三大オルガン・ロック!まずはCRESSIDAのデビュー作。繊細なメロディ、哀愁たっぷりのオルガンのトーン。これぞ英国オルガン・ロックですよ。

試聴 Click!

AFFINITY/AFFINITY

キーフによるこれぞブリティッシュな香りムンムンのジャケがやばすぎですが、サウンドもまさにそのまま!淡いトーンのオルガン、ジャジーなフルート、陰影のある女性ヴォーカルがたまらないVertigo屈指の名作っ!

試聴 Click!

STILL LIFE/STILL LIFE

お花を全面にあしらった可憐なアートワークかと思いきや・・・ジャケを開くとしゃれこうべが登場してゾクッとする、という趣向。この一筋縄ではいかなさがVertigo流!

試聴 Click!

QUATERMASS/QUATERMASS

ついでに、オルガンやキーボードが大活躍するこちらの70年名盤もご紹介!実はこのバンド、各メンバーがBRAND X、ROXY MUSIC、GILLANなど名だたるバンドに加入することになる、言わば逆スーパー・バンドだったんですね。

試聴 Click!

まだまだ紹介し足りないですが、今回はこの辺で!


1970年名盤特集<ユーロ編>

【関連記事】

1970年名盤特集<ユーロ編>

1970年からちょうど50年!半世紀前にはどんな名盤が生まれていたのでしょうか?今回はユーロからピックアップ。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KING CRIMSON / IN THE WAKE OF POSEIDON

    衝撃のデビュー作「クリムゾン・キングの宮殿」の構成を踏襲した70年2nd、前作に匹敵する重厚さドラマ性に加えジャズ系ミュージシャンを起用し新機軸も打ち出した一枚

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの70年2nd。Ian McDonaldが脱退、レコーディングには参加しているもののMichael Gilesも脱退を表明し、ボーカリストとしてのみの参加であるGreg LakeはEmerson Lake & Palmer結成へと動き始め、Keith Tippett、Mel Collinsといった新メンバーを加えるなどバンド内が慌しい状況であったにもかかわらず、その内容はデビュー作に負けず劣らずな名盤となっています。過渡期と言うこともあり正当な評価を仰げない不遇もあった本作ですが、その音楽性は前デビュー作の内容を下地にしながらも、よりバリエーションに富んだ作風となり、Keith TippettのピアノやGordon Haskelの素朴なボーカルなど、バンドに新たな表情が生まれた傑作です。

  • AFFINITY / AFFINITY

    VERTIGOレーベルよりデビューした英オルガン・ロックを代表するグループ、70年唯一作

    VERTIGOレーベル発のブリティッシュ・ロックを代表するグループの70年唯一作。KEEFの手によるジャケットアートがよく知られているその内容は、特徴的なハスキー・ボイスの持ち主であるフィンランド出身のLinda Hoyleをフューチャーしたジャズ・ロック寄りのブリティッシュ・ロックであり、ハモンド・オルガンの渋い弾き倒しを中心に英国然としたアンサンブルを聴かせます。また、バンド以外にもLED ZEPPELINのJohn Paul Jonesによりアレンジされたブラス・セクションのダイナミックな響きが大きくその存在感を示す楽曲など、当時のブリティッシュ・ロックならではのアプローチが素晴らしい傑作と言えるでしょう。

    • AIRAC1646/7

      紙ジャケット・スリップケース付き仕様、2枚組、Blu-SpecCD、11年24bitデジタル・リマスター、ミニチュア・スリーヴ・英文ブックレット・オリジナル・ピンナップ封入、定価3,500

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      スリップケースに若干スレ・若干汚れあり

  • QUATERMASS / QUATERMASS

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

    後にSUN TREADERを経てBRAND Xへと加入することとなるPete Robinson、HARD STUFF、ROXY MUSICなどで活躍するJohn Gustafson、STRAPPS、GILLANへと参加するMick Underwoodによるキーボード・トリオ。Harvestレーベルからの70年作。その内容はハード・ロックを基本にクラシックやジャズなどの手法も使い分けるPete Robinsonのオルガンをメインに据えたヘヴィー・ロックの名作であり、オルガンのほかにピアノやハープシコードなどで巧みに表情を変え、楽曲によってはストリングスも導入したシンフォニック・ロック的な音楽性も聴かせます。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN III

    70年発表、従来の延長にあるハード・ロック・ナンバーとアコースティックな楽曲とが巧みに配された、バンドの持つ豊かな音楽性を示す名作

    70年3rd。オープニングを飾る代表曲「移民の歌」から圧倒的なテンション。うねりを挙げるリズムとスリリングなギター・リフが互いのエネルギーをぶつけ合いながら強靱な渦を巻き起こし、聴き手を飲み込むサウンドの強度は圧巻の一言。シャウトだけで、その演奏に対抗するロバート・プラントのヴォーカルも凄みを増しています。対照的にアコースティックな旧B面も本作の魅力。フォーク、トラッドの要素を大胆に取り入れ、ペイジの幻想的なアコギが冴える美しい楽曲を多数収録しています。「混沌、まどろみ」という英国的な風情を醸し出すペダル・スティールの浮遊感も特筆。従来のブルースに根ざしたヘヴィ・ロックを土台に、メンバーの持つ幅広い素養が発揮されはじめた音楽性豊かな名作です。

  • EGG / EGG

    Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

    Steve Hillageも在籍していたバンドURIELを母体として発足、名キーボーディストDave Stewartが率いたイギリスのプログレバンドの70年デビュー作。その内容はキーボードトリオ編成による、Dave Stewartのプレイが大きくフューチャーされた個性的なオルガンロックを基本に、サイケデリックな質感を併せ持つアートロック作品となっています。実験的要素も強く出ていますが、複雑に練り上げられた楽曲群はやりすぎなほどの変拍子の嵐であり、音楽的なポテンシャルの高さはかなりのものです。後のNATINAL HEALTHやHATFIELD AND THE NORTHなどに通じるサウンドメイクも見られ、また、それらのバンドにはないDave Stewartのアグレッシブなプレイが堪能できる作品。4楽章からなる20分超えの大曲も収録したオルガンロックの傑作です。

  • PINK FLOYD / ATOM HEART MOTHER

    70年作、プログレと言えばこのジャケ!A面の大作、B面の小曲集ともに美しく気品ある名曲で固められた傑作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの70年5th。ヒプノシスによる衝撃的なジャケットアートが有名な本作は、非常に英国然としたブラス・セクションやクワイアが印象的な23分を超える表題曲「原子心母」を中心に、これまでの前衛、アンダーグラウンドな雰囲気を和らげ、商業的にも成功を収めた作品。とは言え全盛期のようなRoger Waters一色なプロダクションではなくメンバーそれぞれがアイディアを出し合い製作されていることから、トータル感ではなくヴァラエティーで聞かせるアルバムとなっています。

  • CURVED AIR / AIR CONDITIONING

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

    英国出身、女性ヴォーカルSonja KristinaとヴァイオリニストDarryl Wayを擁するロック・グループによる70年作1st。ロックに弦楽器であるヴァイオリンを全面的に採用した初めてのグループ。本作は初期に残した3枚の中で最もヴァイオリンが活躍、クラシカル・ロック度が高い内容です。オープニング曲「It Happened Today」は焦燥感を掻き立てるギター・リフに妖しくも艶やかな女性ヴォーカルが映えるパワフルな導入から、一転清楚なヴァイオリン・パートへと変貌するドラマティックなナンバー。「Vivaldi」では超絶テクを披露するクラシカルなヴァイオリンが時に優雅に、時にノイジーに弾きまくり、目まぐるしく表情を変えるスリリングなインストゥルメンタルを展開。上記2曲を始め「完全に溶け合わないからこそ」の破天荒なクラシカル・ロックが楽しめる楽曲が目白押しです。初期衝動がこれでもか、と伝わるインパクト抜群の一枚。

  • CRESSIDA / CRESSIDA

    70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st、次作と並び英国オルガン・ロックの傑作と言える一枚

    70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st。叙情性溢れるメロディーと憂いのあるオルガン、クラシックやジャズの要素を取り入れたプログレッシヴなアンサンブルというスタイルは、いかにも英国70sロックの真骨頂。美しいメロディーを持った佳曲揃いの傑作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。