プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「除湿アルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。6月も後半となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

新潟、山形の付近で地震がありましたが、お近くの方は大丈夫でしょうか。

ご無事を、心より願っております。

今週は、「除湿アルバム」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

湿度が多い時期ですので、少しでも快適になっていただければと思います。

Facebook

6月17日(月):LYNYRD SKYNYRD / PRONOUNCED LEH-NERD SKIN-NERD

最初の作品は、サザン・ロックの雄レーナード・スキナードの73年デビュー作「(Pronounced ‘Lĕh-‘nérd ‘Skin-‘nérd)」をチョイス。

3本のギターが豪快に絡み合う1曲目「I Ain’t The One」から、湿度0%のサザン・ロックをガツンとかましてくれます。まさにアメリカ南部に広がる砂と岩の荒原が思い浮かぶようですね。

そんな王道サザン・ロックの合間に聴かせる叙情的な「Tuesday’s Gone」がまた良くて、プロデュースも務めるアル・クーパー(クレジットはRoosevelt Gook)が奏でるドラマチックなメロトロンがいい味出し過ぎ。プログレ好きとしてもこれは堪りません。

ゴキゲンなサザン・ロック・アルバムである一方、聴き込むごとにその懐の深さと滲み出るような味わいが実感できる愛すべき一枚です。(佐藤)

試聴 Click!

試聴 Click!

CD詳細ページへ


サザン・ロック特集

【関連記事】

サザン・ロック特集

ジョージア、アラバマ、テネシー、テキサス、フロリダ、オクラホマ、アーカンソー州といったアメリカ南部生まれのミュージシャンによる、ハードでいてヌケがよく、哀愁いっぱいのサザン・ロックをご紹介。

6月18日(火):THE BYRDS / BALLADS OF EASY RIDER

本日ご紹介する「除湿アルバム」はTHE BYRDSの69年作『BALLADS OF EASY RIDER』。

65年にディランのカヴァー「Mr.Tambourine Man」で大ヒットを記録。サイケな作風を経て、68年には名盤『ロデオの恋人』でカントリー・ロックという新たな音楽性を打ち出したTHE BYRDS。

彼らをカントリー・ロックに導いた風雲児グラム・パーソンズは『ロデオの恋人』制作後にバンドを脱退してしまうものの、残された彼らはその後もアメリカの広大な大地に根付いたコクたっぷりのルーツ・テイストを追求していきます。

特に映画『イージー・ライダー』のテーマソングを収録した本作は、ジャケット通りの荒野と青空が目に浮かぶような乾いたサウンド溢れる名作。

「Jesus Is Just Alright」など古き良きゴスペルや賛美歌のカヴァーも取り入れながら洒脱で繊細に、かつ哀愁たっぷりに繰り広げられるカントリー・ロックの世界に浸っていれば、気分は一気にアメリカンに。

じめじめした湿気もどこかへ行ってしまいそうな、味わい深さいっぱいの一枚です。(増田)

試聴 Click!


バーズ『ロデオの恋人』から辿る、カントリー・ロック名盤特集。

【関連記事】

バーズ『ロデオの恋人』から辿る、カントリー・ロック名盤特集。

バーズ『ロデオの恋人』を起点に、カケレコ棚からカントリー・ロックの名盤を探ってまいります。

6月19日(水):RY COODER / CHICKEN SKIN MUSIC

今日は、ライ・クーダーの『チキン・スキン・ミュージック』です。

アメリカのルーツ・ミュージック探求者にして、スライド・ギターの名手、ライ・クーダー。ローリング・ストーンズ『レット・イット・ブリード』への参加でも知られていますね。

こちらは初セルフ・プロデュースによる76年作。ブルースやフォークを消化しつくしたライは、今作でメキシコ音楽やハワイアンに接近しました。

ゆるやかなグルーヴが心地よいドラム、芳醇なマンドリンやボトルネック・ギター、哀愁のホーン、そして、ライ・クーダーのリラックスしながらもコクの深いギター。

アメリカ大陸の、乾いた風に吹かれるようなアルバムです。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

6月20日(木):LITTLE FEAT / LITTLE FEAT

今日のアルバムはリトル・フィートの記念すべき1st『Little Feat』にいたしましょう!

アメリカの古き良きルーツ・ミュージックへの敬愛が滲む、芳醇かつ実直なサウンドにはいつ聴いても胸を打たれます。

「Truck Stop Girl」あたりのピアノが効いた哀愁あるナンバーも素敵ですが、スライドの名手ローウェル・ジョージと共に、昨日ご紹介したライ・クーダーもゲストとして味のあるギターを提供する「44 Blues/How Many More Years」(ハウリン・ウルフのカバー)に、濃密で旨味たっぷりなのにしつこくない、リトル・フィートというバンドの「バランスの良さ」を感じます。

全体としては、西海岸らしい爽やかさも含んだ適度な乾き具合がとても心地いい作品です。(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


リトル・フィート食わず嫌いを克服する3枚3曲!

【関連記事】

リトル・フィート食わず嫌いを克服する3枚3曲!

ブリティッシュ・ロック・リスナーにおくる「リトル・フィート食わず嫌いを克服する3枚3曲」をリスナー様より寄稿いただきました!

6月21日(金):MILTON CHESLEY CARROLL / MILTON CHESLEY CARROLL

最終日の今日は、少しマイナーな作品をご紹介。テキサスの田舎町、ワクサハチ出身のSSW、ミルトン・チェズレイ・キャロルです。

昨年やっとCD化された(!)今作は、「除湿」効果があるかは不明ですが、カントリー・タッチのスティール・ギターやドブロが、軽やかで乾いた、非常に心地よい音を聴かせてくれます。

また、少し掠れたアクの少ないテナーボイスが味わい深く、オリジナル曲は勿論、エルトン・ジョンやジェシ・ウィンチェスターなどカバー曲も抜群のセンスでテキサス風に演奏しております。

ジェイムス・テイラー作「Highway Song」なんて、ミルトンバージョンの方がいいんじゃないだろうか…と思ってしまう程です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


カントリー・ミュージック好きに聴いて欲しいロックのアルバム50選

【関連記事】

カントリー・ミュージック好きに聴いて欲しいロックのアルバム50選

米音楽サイトROLLING STONEが選んだカントリー・ミュージック好きに聴いて欲しいロックのアルバム50作


ニール・ヤング『ハーヴェスト』から辿る、哀愁漂うフォーク・ロック特集

【関連記事】

ニール・ヤング『ハーヴェスト』から辿る、哀愁漂うフォーク・ロック特集

ニール・ヤング『ハーヴェスト』から出発し、どこかうら寂しく哀愁漂うフォーク・ロックをピックアップいたしました。秋の深まる季節にぴったりの作品ばかりです。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

LYNYRD SKYNYRDの在庫

「LYNYRD SKYNYRDの在庫」をもっと見る

BYRDSの在庫

  • BYRDS / LIVE AT THE FILLMORE FEBRUARY 1969

    69年のフィルモア・ウェスト公演を収録、全16曲

  • BYRDS / COMPLETE COLUMBIA ALBUMS COLLECTION

    11タイトル収録。

    • 88697873802SONY

      11タイトル13枚組ボックスセット、各CDはペーパーケース仕様、ブックレット付き仕様

      盤質:傷あり

      状態:良好

      ペーパーケースに小さい破れあり、ボックスに若干スレあり

  • BYRDS / MR.TAMBOURINE MAN

    全米No.1に輝いたディランカバー「ミスター・タンブリン・マン」を引っ提げての65年デビュー作!

    65年の記念すべきデビュー作。ビートを効かし、マジカルな12弦ギターのアルペジオと豊かなコーラス・ワークで彩ったディランのカバー「ミスター・タンブリン・マン」は全米1位の大ヒット。独自のフォーク・ロック・スタイルは、ビートルズにも影響を与えるなど、その後のミュージック・シーンに大きな影響を及ぼします。Gene Clarkによるビートリッシュな楽曲も魅力的。90年代ギター・ポップにも通ずる歴史的傑作。

  • BYRDS / FIFTH DIMENSION

    ロック色を強めた66年作3rd

  • BYRDS / GREATEST HITS

    67年リリースの11曲収録ベスト

  • BYRDS / YOUNGER THAN YESTERDAY

    67年の4th、3人のソングライターが紡ぐ名曲満載の傑作!

    アメリカを代表するフォーク・ロック・グループ。バーズ版『ラバーソウル』『リボルバー』とでも言えそうな67年の4thアルバム。デイヴィッド・クロスビー、クリス・ヒルマンのソングライティングの才能が花開き、ロジャー・マッギンとの3人で勢いに溢れた名曲を連発。オープニングを飾る代表曲「So You Want To Be A Rock N Roll Star」から次々と魅力的なメロディが続きます。バーズの最高傑作と評すファンも多い名作。

  • BYRDS / (UNTITLED)/(UNISSUED)

    70年作

  • BYRDS / BEST OF

    全16曲

  • BYRDS / BIG ARTIST: MR.TAMBOURINE MAN

    全14曲コンピ

  • BYRDS / ORIGINAL ALBUM CLASSICS

    65/65/66/67/68年作。

「BYRDSの在庫」をもっと見る

RY COODERの在庫

  • RY COODER / RY COODER

    え、当時23歳?この渋みある歌唱とスライド・ギターのコクたるや!アメリカン・ルーツ・ロックのスルメ名作といえる70年デビュー作!

    スライド・ギターの名手として知られ、あのデュアン・オールマンやリトル・フィートのローウェル・ジョージにまで影響を与えたと言われる名ギタリスト。セッション・ギタリストとして確固たる地位を確立した後の70年にリリースした1stソロ作。プロデュースは、ヴァン・ダイク・パークスで、渋みあるルーツ・ロックを土台に、流麗なストリングスが彩るサウンドは、かなり個性的。同じ年に英国でリリースされたジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』でのフィル・スペクターとのコンビを彷彿とさせます。この当時23歳だったとは思えない、人生の悲哀が滲み出ているような渋みある歌声とギターには驚かされるばかり。ザ・バンドにも比肩する芳醇なサウンドが堪能できます。いくぶん地味ではありますが、その分、聴けば聴くほどに旨味が出てくるルーツ・ロック/スワンプ・ロックのスルメ名作!

  • RY COODER / CHICKEN SKIN MUSIC

    76年作の最高傑作と評される5thアルバム、米ルーツ・ミュージックとワールド・ミュージックが融合した米ロック屈指の傑作

    LA出身のギタリスト。タージ・マハールとのライジング・サンズで活動したり、ストーンズ『レット・イット・ブリード』に参加した後、70年にソロ・デビュー。前作『PARADISE AND LUNCH』と並び、彼の最高傑作と評される76年作の5th。初のセルフ・プロデュース作で、ドラムのジム・ケルトナーなど気心知れたミュージシャンが参加。米ルーツ・ミュージックとメキシカンやカリビアンなどワールド・ミュージックをブレンドした前作の延長線上にあるサウンドで、テキサスのメキシコ系音楽であるテックス・メックスやハワイアンが郷愁を誘う佳曲ぞろい。ゆるやかなグルーヴが心地よいドラム、芳醇なマンドリンやボトルネック・ギター、哀愁のホーン、たおやかに舞うようなタッチの中にブルースなどルーツに根ざしたコクが滲むライならではのエレキ。自国のルーツ音楽をものにした上での、ワールド・ミュージックとそれを奏でる民族達への愛情溢れる眼差し。ふくよかすぎる愛すべき米ロック傑作。ジョン・レノンでお馴染みの「Stand By Me」、泣けます。

  • RY COODER / JAZZ

    78年作

「RY COODERの在庫」をもっと見る

LITTLE FEATの在庫

  • LITTLE FEAT / LITTLE FEAT LIVE! PRICELESS COLLECTION

    ライヴ音源、10曲収録。

  • LITTLE FEAT / RED GUMBO: THE COMPLETE WARNER BROS. YEARS

    71年-90年までの12作品を収録!

  • LITTLE FEAT / LITTLE FEAT

    初期マザーズのメンバーによって結成された、米ルーツ・ロックの祖、記念すべき71年デビュー作

    ZAPPAのバック・バンドのメンバーによって結成された、米ルーツ・ロックの祖、記念すべき71年デビュー作。制作中に左手に大怪我をしたLowell Georgeが、Ry Cooderとボトルネック・ギターでやり合う、エネルギッシュなHowlin’ Wolf原曲の「44Blues〜How Many More Years」名演は聴きどころ。プロデューサーはLowell Georgeの友人であるRuss Titelman。後のニューオリンズ・サウンドへと繋がる、多様な引き出しを秘めた、彼らの処女作品です。

  • LITTLE FEAT / SAILIN’ SHOES

    ローウェル・ジョージを中心に初期マザーズのメンバーらが結成したルーツ・ロック・バンド、72年作

  • LITTLE FEAT / DIXIE CHICKEN

    バンドの評価を不動のものとした73年リリース3rd、これぞ名盤!

    70年代のアメリカ西海岸を代表するロック・バンド、LITTLE FEATが73年に発表した3rd。前作『SAILIN’ SHOES』発表後に訪れた解散の危機を乗り越え、新メンバーを加え6人組となって制作された作品。Lowell Georgeはかねてよりニューオリンズ・サウンドへと傾倒していただけに、ニューオリンズ出身の新メンバーを迎えて制作した本作は彼の制作意欲が一気に開花した作品ともいえる。初期の一連の作品がそうであるように、本作もまた、Lowell Georgeの綴るリリックの、渋く味わい深い世界感を堪能できる。

  • LITTLE FEAT / WAITING FOR COLUMBUS

    78年発表、米ロック史に残る傑作ライヴ・アルバム!

    • WPCR11285/6

      15曲収録ボーナスディスクとの2枚組デラックス・エディション、スリップケース付き、デジタル・リマスター、定価3780

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      ケース不良、帯無、ケースにヒビあり

「LITTLE FEATの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。