プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ロック魂あふれる世界の熱唱系ヴォーカル大集合!

スタッフ佐藤です。

ロック好きなら、なんだかんだでロック魂みなぎる熱い歌唱を聴かせてくれるとグッと来ちゃいますよね。

というわけで、ヴォーカルが熱い(暑苦しいのも含む)アルバムを世界各国から集めてみましたよ。

なお、ハードロックは基本ヴォーカルが熱いので、今回は非ハード・ロック系の作品から選んでおります。

PATTO/HOLD YOUR FIRE

英ロックの熱唱ヴォーカル代表は、マイク・パトゥ。相棒オリー・ハルソールのスリリングな速弾きギターも流石ですが、独特の絞り出すように発声する熱い歌唱がやっぱり最高。

試聴 Click!

ファミリー/バンドスタンド

こちらも英国の熱唱系名シンガーですね。元々クリーンな方の声をわざと歪ませるようにして出すダミ声ヴォーカルがバンド最大の個性となっています。さらに弦楽器やシンセの豊潤なアレンジも見事だし、クリムゾン加入直前のジョン・ウェットンのベースもゴリゴリと絶好調。名盤!

試聴 Click!

DADA/DADA

このパワフルな姉御ヴォーカルは、後継バンドVINEGER JOEで若きロバート・パーマーとツイン・ヴォーカルを披露するElkie Brooks!ホーン・セクションがむせぶ骨太グルーヴィ―な演奏と相性抜群すぎでしょ…。

試聴 Click!

PAOLO RUSTICHELLI & CARLO BORDINI/OPERA PRIMA

今や映画音楽の大家として知られるPAOLO RUSTICHELLIが在籍していたイタリアのシンフォ・デュオによる唯一作。オルガン、ピアノ、シンセ、メロトロンが分厚く重れられた怒涛のキーボード・シンフォである1曲目(インスト)が圧巻!このままの感じで行くのかと思いきや、2曲目ではPAOLOのずっこけヘタウマヴォーカルが炸裂!キーボードは素晴らしいけど、ヴォーカルは別の人に任せた方が良かったかもね…。でも何度も聴いてるとクセになってくるんだこれが。

試聴 Click!

RICCARDO COCCIANTE/CERVO A PRIMAVERA

熱唱系イタリアン・ヴォーカルの筆頭と言えばこの方でしょう。これぞイタリア!と言いたくなる、熱くドラマチックに歌いこむスタイルを特徴とします。訴えかけてくるような説得力あるヴォーカルがグッと胸に迫るんですよね~。

試聴 Click!

TRIANA/EL PATIO

情熱ほとばしるフラメンコ・ギター、ダイナミックうねるスペイシーなキーボード、そしてJesus De La Rosaによる哀愁が零れ落ちるスペイン語ヴォーカル!熱くも切ない、スパニッシュ・シンフォ不朽の名作。

試聴 Click!

NIEMEN/DZIWNY JEST TEN SWIAT

「ポーランド・ロックの父」とも云われるヴォーカリスト/オルガニストのデビュー作は、IDLE RACEやTHE MOVEあたりも引き合いに出したいサイケ・ポップの逸品!NIEMENの少しハスキーで独特の憂いを湛えた声質と、それを生かした熱唱スタイルのヴォーカルはすでにほとんど完成形でお見事です。

試聴 Click!

BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)/NOVA SYNTEZA 2

シンフォ、ジャズ、ブルースを飲み込んだテクニカルなバンド演奏と重厚なブラス隊とが丁々発止でぶつかりあうこの熱気たるや、マハビシュヌやアレアに比肩するかも。そこに演歌を思わせる気合いの入ったチェコ語の熱唱ヴォーカルが乗ってさらにエネルギーが増幅。

試聴 Click!

FANTASY/FANTASY

この女性ヴォーカル、ほとんど無名だけど、ジャニスやグレイス・スリックにシアトリカルな表現力を加えたような凄い実力派じゃないっ!変幻自在なヴォーカルを多彩なアプローチで引き立てる演奏陣もかなりいいし、これは米アート・ロックの隠れた名作!

試聴 Click!

パヴロフス・ドッグ/禁じられた掟

「やりすぎたゲディ・リー」って感じの超個性派ヴォーカルに耳を釘付けにされる、ご存じ米プログレ代表格。メロトロンが吹きすさぶ哀愁たっぷりのアンサンブルに嗚咽のように絞りだすようなハイトーンが素晴らしくマッチ!

試聴 Click!

AGUATURBIA/COMPLETE TRACKS

南米からは「チリのJEFFERSON AIRPLANE」なんて言われてるらしいこのバンド!ジェファーソンに比べてファジー&ブルージーなテイストが強い演奏をバックにして、ほとんどGrace Slickな力強さと可憐さを備えた女性ヴォーカルがノリノリで「監獄ロック」歌ってます。こんな感じでスペイン語でやってくれても面白かったろうなぁ。

試聴 Click!


【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!


特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【ユーロ・辺境編】

【関連記事】

特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【ユーロ・辺境編】

ユーロ・辺境国のプログレ名男性ヴォーカルをピックアップ!


特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

【関連記事】

特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

各国を代表するプログレ系女性ヴォーカリストを一挙にピックアップ☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PATTO / HOLD YOUR FIRE

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd。前作で既に確立していた、オリー・ハルソールの職人芸的なドライヴィング・ギターとマイク・パトゥの熱唱ヴォーカルというスタイルに更に磨きがかかった名作。もうスピーカーから汗がピシピシ飛び散ってます。ライヴはさそがし凄かったんだろうな、と思わせるブリティッシュ・ハードの名作。

  • TRIANA / EL PATIO

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

    スパニッシュ・ロックを代表するグループである彼らが75年にリリースした記念すべき1stアルバム。哀愁のフラメンコ・ギターに導かれるキーボード&ピアノのドラマティックな響きと、それに続く熱情的なヴォーカル。めくるめくダイナミックなバンド・アンサンブル。とにかくこれでもかと聴き手の感情を揺さぶる展開はただただ圧倒的。スパニッシュ・シンフォ屈指の傑作。

  • PAOLO RUSTICHELLI & CARLO BORDINI / OPERA PRIMA

    これでもかとドラマチックな構築美が素晴らしいイタリアン・キーボード・シンフォの傑作、73年唯一作

    RUSTICHELLI(キーボード)、BORDINI(ドラム)のデュオによる唯一の作品。73年作。特筆すべきはRUSTICHELLIのキーボード・ワークで、オルガン、メロトロン、シンセ、ピアノにより幾重にも重ねられた重厚なサウンドが圧巻。各パートが複雑に絡みながらも、まるでオーケストラのように一部のすきもなく有機的に結びついています。その構築美は、数あるイタリアン・シンフォニック・ロックの中でも最高峰。いかにもイタリア的なヴォーカル・パートの叙情性もまた素晴らしい傑作です。

  • FAMILY / BANDSTAND

    ジョン・ウェットン在籍、72年作7th

    ROGER CHAPMANのアクの強いヴォーカル、骨太なアンサンブル、英国的な薫りを放つフルート&弦楽器というスタイルで、ジェスロ・タルと並び、英国激渋ハード・ロックの好グループ。72年作の7thアルバム。JOHN WETTON参加後2作目。WETTONはリード・ヴォーカルこそ取っていませんが、ベースでは前作以上の存在感シンセやピアノなど、鍵盤楽器の比重が増し、音楽性の幅は格段に増しています。本作を最後にWETTONは脱退。

  • DADA / DADA

    エルキー・ブルックス在籍、VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!

    VINEGAR JOEの前身バンド、粘っこいブルース・ロックがいなたさ抜群の傑作70年作!ファンキーなウネリのあるバンド・サウンドに、クールなフィメール・ソウル・ヴォーカルを披露するのは、バンドのギタリストPETE GAGEの奥さんであるELKIE BROOKS!そして躍動感溢れる、ブラス・セクションと、畳み掛けるよなキーボード・オルガンにブリブリのベース・ラインと、楽曲のどこをどのように切っても最高のファンキー・ブルース・ブラス・ロックを大展開!このバンド、後にROBERT PALMERが加わり、あのVINEGAR JOEが誕生するわけですが、既にこの時点で、他の追随を許さない独自の力強いサウンドを構築していることは、特筆すべきことでしょう!STONESのカヴァー、「THE LAST TIME」もかなーりカッコイイですよ!

  • AGUATURBIA / COMPLETE TRACKS

    「チリのJEFFERSON AIRPLANE」の異名をとる女性Voブルージー・サイケ・ロック、69年作と70年作を収録

    チリの4人組サイケデリック・ロック・バンド、AGUATURBIAの2作品(69年1st、70年2nd)を収めた2in1。“チリのJEFFERSON AIRPLANE”と呼ばれるのも納得、力強くも可憐な女性ヴォーカルはGrace Slickのそれそのもの。バックはジェファーソンに比べてファジー&ブルージーなテイストが強めです。南米で夢憧れた花のシスコ・サウンド、演奏レベルも意外や高くかなり痺れます!

  • NIEMEN / DZIWNY JEST TEN SWIAT

    ポーランドを代表するヴォーカリスト/キーボーディスト、67年の記念すべきデビュー作

    「ポーランド・ロックの父」とも云われるヴォーカリスト/キーボーディスト、67年リリースの記念すべき1stアルバム。バックバンドはAKWARELEが務めています。軽快なギターがリードするガレージ風ポップあり、メロディアスなソフトロックあり、クラシカルな泣きのバラードあり、哀愁いっぱいのシャンソン風ナンバーありと、68年というロック/ポップスが多様な広がりを見せた時代を感じさせる様々な要素が含まれたサウンドを展開。そんな中ブレることなく一貫して素晴らしいのがNiemenのヴォーカルで、少しハスキーで独特の憂いを湛えた声質を生かしドラマチックに歌いこむスタイルはすでに完成形に近く、ジャズ・ロック/プログレ期と言える70年代の活躍を十分に予感させます。彼のヴォーカルを気品高く彩る管弦アレンジも見事です。垢抜け具合はさすがに足りないものの、IDLE RACEやTHE MOVEあたりも引き合いに出したい優れた60sユーロ・ポップスの逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事