プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

来日記念!CURVED AIR特集

スタッフ増田です。

来月2月8日(土)&9日(日)にCLUB CITTA川崎にて行われる、英国女性ヴォーカル・プログレの重鎮バンドCURVED AIRの来日公演。

2009年以来11年ぶりの来日であり、結成50周年という節目でもある期待の公演に備え、彼女たちの経歴&名作を振り返ってまいりましょう!


女性ヴォーカリストをフィーチャーしたプログレ・バンドの筆頭格として、RENAISSANCEと双璧を成すCURVED AIR。

その特徴と言えば、ソーニャ・クリスティーナの気品と透明感に満ちつつどこか演劇的な独特の歌声、そして同じく気品に溢れた優雅なヴァイオリンの音色。

ロックにヴァイオリンを本格導入した最初のバンドと言われるCURVED AIRは、王立音楽院の学生であったキーボディストのフランシス・モンクマンと王立音楽大学でヴァイオリンを学んでいたダリル・ウェイ、ベーシストのロブ・マーティン、ドラマーのフロリアン・ピルキントン・ミクサによって1969年に結成されました。

翌年に女性ヴォーカリストのソーニャ・クリスティーナが加入すると、SISYPHUSと名乗っていたバンド名をCURVED AIRと改め本格的に活動を開始。ちなみにバンド名はモンクマンが大ファンだったテリー・ライリーの69年作『A RAINBOW IN CURVED AIR』にちなんで名付けられたそうです。

AIR CONDITIONING(1st/1970)

ヴァイオリン入りというユニークなバンド編成もあり、結成してまもなく業界で注目を集め始めたCURVED AIR。彼らは英国のバンドとしては初めて米大手ワーナー・ブラザーズと契約し、1970年にデビュー作『AIR CONDITIONING』をリリースします。

本格的なクラシックの素養を持ったモンクマンのピアノやウェイのヴァイオリン、ノイジーに歪んだギターに妖しくも艶やかな女性ヴォーカル。強烈な個性が交わらず実験的にぶつかり合うサウンドは後の作品と比べると粗削りで破天荒ながら、デビュー作としてのインパクトは大。超絶ヴァイオリン炸裂する「Vivaldi」をはじめ、バンドの初期衝動溢れる演奏が楽しめる内容となっています。

ちなみにオリジナルのUK盤はレコード全面に模様が描かれた、世界初の「ピクチャーディスク」仕様。ジャケはなく透明な袋に収められており、ターンテーブル上でレコードを回転させるとサイケデリックな視覚画像が浮かび上がるという、この時代らしい工夫を凝らしたビジュアルも興味深いです。

試聴 Click!

SECOND ALBUM(2nd/1971)

エキセントリックな実験性が抑えられ、バンドとしての一体感が増したのが翌年リリースの『SECOND ALBUM』。A面はウェイが、B面はモンクマンが作曲を担当しており、ウェイ作曲の「Back Street Luv」は全英4位のシングル・ヒットも飛ばしました。

淡くソフトなサイケデリアに包まれたアンサンブルに透明感あるソーニャのヴォーカルが溶け合うサウンドは、荒々しかった前作に比べると格段に繊細で幻想的。ロック界でいち早くVCS3シンセサイザーを導入したモンクマンの実験性も程よいアクセントになっており、他にはないCURVED AIRとしての作風が確立した作品と言えるでしょう。

それにしても、美しい幻想性と壮大なダイナミズムが融合した「Piece Of Mind」はシンフォニック・ロック最初期の名曲ですね!

試聴 Click!

PHANTASMAGORIA(3rd/1972)

翌年の3rd『PHANTASMAGORIA』は前作のファンタジック路線をさらに推し進めた、最高傑作との誉れ高い名品。

持ち前の繊細でデリケートな質感は継承しつつ、フルートやトランペットなどの管楽器奏者を多数ゲストに迎え、より多彩かつ気品に満ち溢れた珠玉のシンフォ・サウンドを展開しています。

しかしながら当時のバンド内では、ウェイとモンクマンの志す音楽性の違いが徐々に顕著に。本作リリースの後モンクマン、ウェイといった主要メンバーが次々と脱退し、バンドは分解状態となってしまいます。

試聴 Click!

AIR CUT(4th/1973)

危機的状況のCURVED AIRを救ったのが、ヴァイオリニストにしてキーボードも弾きこなす当時18歳の奇才ミュージシャン、エディ・ジョブソン。
ソーニャ、3rdから加入したベーシストのマイク・ウェッジウッドにジョブソンら新メンバーを加えた新生CURVED AIRは、73年に4thアルバム『AIR CUT』を発表します。

ウェイとモンクマンという二人の要を失ったことでサウンドが一変してしまうのではという世間の懸念に反し、本作で提示されたのは過去作にも劣らぬ「CURVED AIRらしさ満点」のサウンド。

クラシカルな格調高さとロックのドライヴ感が融合したダイナミックな演奏に、生き生きとしたソーニャの歌声。名曲「Metamorphosis」を筆頭に、ジョブソンの作曲者としての才気も発揮された充実の一作となっています。

今回の来日公演では、本作『AIR CUT』の完全再現が披露されるそう。本作で活躍したウェッジウッドやギタリストのカービー・グレゴリーもゲストで登場するということで、47年の時を経て本作がどのように蘇るのか実に楽しみです。

試聴 Click!

本作リリースの後バンドは一時解散状態になり、ジョブソンはブライアン・イーノの後任としてROXY MUSICに加入。翌74年にオリジナル・メンバーのモンクマン、ウェイらが復帰して再結成し、同ラインナップでのツアーの模様を収めた『LIVE』を発表。
その後はPOLICEで名を馳せるドラマー、スチュワート・コープランドが加わり75年作5th『MIDNIGHT WIRE』、76年作6th『AIRBORNE』を発表しますが、76年末にはまたしても解散を迎えます。

数多くのメンバー変遷を経つつも、一貫してバンドを支え続けたのがソーニャ・クリスティーナ。1990年の一時的な再結成、そして08年に再始動してから現在に至るまで、中心的存在としてCURVED AIRを率い続けているから見事です。鮮やかなヴォーカルやヴァイオリンが彩る、気品と躍動感たっぷりの英国クラシカル・ロック・サウンドを是非体感してみて下さい。

■来日公演情報
CLUB CITTA’ PRESENTS
Curved Air (カーヴド・エア)
Air Cut Live 2020 〜It Happened Tonight〜
〜結成50周年記念 特別公演〜 50th Anniversary Japan Tour

日程:2020年2月8日(土),9日(日)
会場:CLUB CITTA’/川崎
https://clubcitta.co.jp/001/curvedair-2020/

関連記事はこちら!


1970年名盤特集<英国編>

【関連記事】

1970年名盤特集<英国編>

1970年からちょうど50年!半世紀前にはどんな名盤が生まれていたのでしょうか?まずは英国からピックアップ。

CURVED AIRの在庫

  • CURVED AIR / PHANTASMAGORIA

    ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、72年3rd

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループによる72年3rd。グループの名曲「マリー・アントワネット」や「オーバー・アンド・アバーブ」を収録した最高傑作と名高い本作は、これまでのCURVED AIRの集大成といえるバラエティーに富んだ作風となっており、Sonja Kristinaの魅力が詰まったメロディアスな楽曲からFrancis Monkmanの趣向を感じる実験色、Darryl Wayのクラシカルな彩りが渾然一体となって迫る名盤です。本作を最後にグループは事実上解散し、Darryl Way、Francis Monkman不在のまま後に再編されます。

  • CURVED AIR / RETROSPECTIVE: ANTHOLOGY 1970-2009

    英国プログレを代表するバンドの一つ、70年〜09年までのベスト、全25曲

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループ。70年のデビューから復活後の09年の音源までをまとめた2枚組ベスト。

  • CURVED AIR / CURVED AIR FAMILY ALBUM

    英国プログレを代表するバンドの一つ、未発表曲やメンバーのソロ作品からの楽曲を収録したコンピレーション

    紅一点ヴォーカリスト擁する英プログレ・グループ、レアトラックや各メンバーのソロ作品からの楽曲を収録したコンピレーション。Darryl Way、Sonja KristinaをはじめMike Wedgwood、Stewart Copelandといった過去メンバー、Robert NortonやChris Harrisなど現行メンバーのソロも収録した、まさにタイトル通り「歴代CURVED AIRファミリー」を包括した逸品です。

  • CURVED AIR / AIR CONDITIONING

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

    英国出身、女性ヴォーカルSonja KristinaとヴァイオリニストDarryl Wayを擁するロック・グループによる70年作1st。ロックに弦楽器であるヴァイオリンを全面的に採用した初めてのグループ。本作は初期に残した3枚の中で最もヴァイオリンが活躍、クラシカル・ロック度が高い内容です。オープニング曲「It Happened Today」は焦燥感を掻き立てるギター・リフに妖しくも艶やかな女性ヴォーカルが映えるパワフルな導入から、一転清楚なヴァイオリン・パートへと変貌するドラマティックなナンバー。「Vivaldi」では超絶テクを披露するクラシカルなヴァイオリンが時に優雅に、時にノイジーに弾きまくり、目まぐるしく表情を変えるスリリングなインストゥルメンタルを展開。上記2曲を始め「完全に溶け合わないからこそ」の破天荒なクラシカル・ロックが楽しめる楽曲が目白押しです。初期衝動がこれでもか、と伝わるインパクト抜群の一枚。

  • CURVED AIR / SECOND ALBUM

    天才ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、71年リリースの2nd

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループによる71年2nd。前デビューアルバムではダイナミックで力強いロックを奏でていましたが、本作ではデリケートでファンタジック、アコースティックなアンサンブルが映えるフォーク・ロック路線の作風へと変化しています。Francis Monkmanは前作でのラウドなギターをほとんど封印しVCSシンセサイザーの演奏に注力。アレンジも良く練られており、実験要素の強かった前作には無かった統一感が生まれています。

  • CURVED AIR / AIR CUT

    エディ・ジョブソン参加の73年作、英プログレを代表すると言ってもいい傑作!

    73年作4thアルバム。ダリル・ウェイに代わりエディ・ジョブソンが加入。ヴァイオリンにキーボードにピアノに才気溢れるフレーズを連発しています。作曲者としても並々ならぬ才能で、彼が作曲した「METAMORPHOSIS」はクラシックの格調高さとロックのダイナミズムが融合したアルバムのハイライトとなる名曲。本作から加入のカービー・グレゴリーの貢献度も高く、彼のドライヴ感溢れるハードなギターもバンド・アンサンブルでは欠かせません。前作からメンバーも大きく代わっていますし、純粋に比較することはできませんが、テンション溢れるブリティッシュ・プログレとしての完成度では本作が最高傑作と言えるでしょう。

  • CURVED AIR / CURVED AIR LIVE

    74年ライヴ作

  • CURVED AIR / LIVE

    超絶ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、75年の傑作ライヴ盤

    女性ボーカリストSonja Kristina、名ヴァイオリン奏者Darryl Wayを擁したイギリスのプログレ・バンド、74年のイギリス公演を収録した75年ライブ作。その内容は彼らの代表曲が贅沢に並べられた、プログレ史に残る名ライブ盤となっています。スタジオ作では非常に繊細で丁寧に音を紡いでいくグループであり、スタジオバンドのような印象のある彼らですが、本ライブ盤で聴けるのはSonja Kristinaのヒステリックなほどにパワフルな歌声、Darryl Wayの鋭い切れ味とドライブ感のあるヴァイオリン、そしてバンド陣全体の一糸乱れぬテクニカルなプレイの応酬です。やはりスタジオ作とのギャップに驚いてしまいますが、ワイルドで骨のあるバンドの本来の姿が記録された名盤と言えます。

「CURVED AIRの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。