プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「イギリスのアメリカ」なフォーク・ロック特集

こんにちは。スタッフみなとです。

5月も終盤、新緑のまぶしい季節ですね。

今日は、風が気持ち良いこの季節に聴きたい、「イギリスのアメリカ」なフォーク・ロックをピックアップいたしました。

どのグループも、アメリカに憧れつつも滲み出る、英国特有の繊細なサウンドがたまりません。

SOUTHERN COMFORT/STIR DON’T SHAKE

MATTHEWS SOUTHERN COMFORTからリーダーのIan Matthewsが抜け、残りのメンバーで結成されたグループ、72年最終作。

彼らの「ヤンキー・レディ」のなんと英国的なこと!米フォーク・ロックへの憧れがひしひしと感じられるのに、繊細で少し陰影のあるサウンドは「イギリスのアメリカ」としか言えない出来上がりです。

試聴 Click!


「音楽歳時記」 第四十一回  6月6日 カエルの日  文・深民淳

【関連記事】

「音楽歳時記」 第四十一回 6月6日 カエルの日 文・深民淳

音楽ライター/ディレクター深民淳によるコラム「音楽歳時記」。季節の移り変わりに合わせて作品をセレクト。毎月更新です。

TRANQUILITY/TRANQUILITY

ドノヴァンのマネージャー、Ashley Kozakによって結成されたバンド、72年1st。

BEE GEESのような爽やかなコーラスが全編に響き渡ってとても気持ちが良いです。

アコースティック・ギターやピアノ、軽やかなドラムのアンサンブルで、CS&Nなどのウエストコースト・ロックに影響されたフォーク・ロック・サウンドを展開。

試聴 Click!

フォーマリー・ファット・ハリー / フォーマリー・ファット・ハリー

ウッドストックにも参加したカントリー・ジョー&フィッシュのベースBruch Bartholが英国に渡り、英国人とともに結成したグループ、71年唯一作。

米ルーツ憧憬のアーシーさと英国的陰影や木漏れ日感が絶妙にブレンドしています。

試聴 Click!

テネント-モリソン / テネント-モリソン

レイドバックした土臭い楽曲から英国的なメロディーを持つメロウな楽曲まで、最上級の「イギリスのアメリカ」サウンドがここに。

対称的な2人のヴォーカルによるハーモニーも心に染みます。

試聴 Click!

HUNT & TURNER / MAGIC LANDSCAPE

英国フォーク・デュオ。72年作。牧歌的なメロディ、人懐っこいハーモニーなど、アメリカン・フォークからの影響を軸に、ジャケットのイメージ通りの陰りを閉じ込めたサウンドはいかにも英国フォーク。

試聴 Click!

エース/ファイヴ・エー・サイド

元ウォーム・ダストのポール・キャラック、元アクション~マイティ・ベイビーのバム・キングらによる5人組のファースト。

英国人によるアメリカ西海岸サウンドへの憧れを露にした1枚で、シングル・カットされた「ハウ・ロング」は全米チャートで3位となる大ヒットを記録!

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです。


「アメリカ愛の強い英バンドランキング」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「アメリカ愛の強い英バンドランキング」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

アメリカに憧れながらも、音にイギリスの哀愁が滲み出てしまう、そんな愛すべき作品をピックアップしてまいります。


ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ~バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン等~

【関連記事】

ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ~バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン等~

ギターに注目して、英国フォークを聴いてまいります。

SOUTHERN COMFORTの在庫

  • SOUTHERN COMFORT / FROG CITY

    MATTHEWS SOUTHERN COMFORTの残党たちによるグループ、71年作

    MATTHEWS SOUTHERN COMFORTの残党たちによるグループ、71年作。アメリカのフォーク・ロックに影響を受けたサウンドで、スティール・ギターやコーラスが気持ちよく響く上にいなたい素朴なボーカルが乗っかり、心地よさ満点です。イーグルスやCSN&Yのような華やかさは少ないながら、英国情緒をにじませた味わい深いサウンドです。

  • SOUTHERN COMFORT / STIR DON’T SHAKE

    MATTHEWS SOUTHERN COMFORTの残党たちによるグループ、72年作。

    MATTHEWS SOUTHERN COMFORTからリーダーのIan Matthewsが抜け、残りのメンバーで結成されたグループ、72年最終作。彼らの「ヤンキー・レディ」のなんと英国的なこと!ペダル・スティール・ギターやバンジョーの柔らかな響きを生かしたアンサンブルからは、米フォーク・ロックへの憧れがひしひしと感じられるのに、きちんとまとまったバンド・アンサンブル、品の良く流麗なピアノなど繊細で少し陰影のあるサウンドは「イギリスのアメリカ」としか言えない出来上がりです。

「SOUTHERN COMFORTの在庫」をもっと見る

TRANQUILITYの在庫

  • TRANQUILITY / TRANQUILITY

    BEE GEESのようなコーラスが特徴の米憧憬英国フォーク・ロック、72年デビュー作

    ドノヴァンのマネージャー、Ashley Kozakによって結成されたバンド、72年1st。BEE GEESのような爽やかなコーラスが全編に響き渡ってとても気持ちが良いです。アコースティック・ギターやピアノ、軽やかなドラムのアンサンブルで、CS&Nなどのウエストコースト・ロックに影響されたフォーク・ロック・サウンドを展開。2ndのようなビートリッシュなメロディは今作ではまだ聴けないものの、ほんのりと英国の陰影をにじませた米憧憬フォーク・ロックとしては申し分ない作品です。この程良く影のある爽やかさは、夏の午後にかけっ放しにするのにぴったりです。CRESSIDAのKevin McCarthy、JONESYのBernard Hagley、FUZZY DUCKのPaul Francisなどがメンバーです。

  • TRANQUILITY / SILVER

    英プログレッシブ・フォーク・ポップ、71年作。

    英プログレッシブ・ポップ・フォーク・バンド、72年2nd。まるでCS&NやBEE GEESのような青々としたコーラス・ワークが爽やかで、全編に渡って心地良いハーモニーを聴かせてくれます。アコギとスライド・ギターが美しい西海岸風サウンドや、ポール・マッカートニー直系のスイートなメロディにぐっときていると、いつの間にやらエレピやクラビネット、メロトロンが入り乱れるプログレッシブな展開に!フォーク・ロックじゃなかったの!?と思ってメンバーを調べてみたら、中心人物TERRY SHADDICKは後にオリビア・ニュートン・ジョンやアメリカに楽曲提供するポップ職人でした!何でもこのバンド、DONOVANのマネージャーが、英国フォークとポップ、ロックを融合させたくて企画し、TERRY SHADDICKはそのために引き抜かれたんだとか。何はともあれ、ニッチ・ポップ好き、それからもちろんフォーク・ロック好きにも聴いていただきたい作品です!

「TRANQUILITYの在庫」をもっと見る

TENNENT & MORRISONの在庫

  • TENNENT & MORRISON / TENNENT AND MORRISON

    「イギリスのアメリカ」名作、72年発表、ジャケはヒプノシス

    72年作。アクが強く渋い歌声のJohn TennentとSSW然とした優しい歌声が魅力のDavid Morrisonによるデュオ。レイドバックした土臭い楽曲から英国的なメロディーを持つメロウな楽曲まで、最上級の「イギリスのアメリカ」サウンドを聴くことができます。対称的な2人のヴォーカルによるハーモニーも心に染みます。Eanie Grahamなどと並ぶ名作。ジャケットはヒプノシス。

「TENNENT & MORRISONの在庫」をもっと見る

ACEの在庫

  • ACE / FIVE-A-SIDE

    ポール・キャラック在籍、全米シングルチャート3位という華々しい記録を持つ英国のパブ・ロック・バンド、74年作

    元ウォーム・ダストのポール・キャラック、元アクション〜マイティ・ベイビーのバム・キングらによる5人組のファースト。英国人によるアメリカ西海岸サウンドへの憧れを露にした1枚で、シングル・カットされた「ハウ・ロング」は全米チャートで3位となる大ヒットを記録!

「ACEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。