プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

CSN&Yから辿る哀愁いっぱいフォーク・ロック選

スタッフ増田です。

ここ最近、各国フォーク&フォーク・ロックの中古CDが大量入荷中!

というわけで、今回は新品&中古あわせて、CSN&Yを起点に様々な哀愁のフォーク・ロック作品をピックアップいたしました。

まずはこちらの傑作から。

CSN&Y/DEJA VU

元バーズのデイヴィッド・クロスビー、元バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス、元ホリーズのグラハム・ナッシュが結成したスーパー・グループCS&Nにニール・ヤングが加わり、CSN&Yとなって制作された70年作。

4人の卓越したコーラス・ハーモニー、爽やかながらも緊張感あふれるギター・アンサンブル。個々の才能がぶつかりあって生み出された米フォーク・ロック屈指の名作です。

試聴 Click!

サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド/サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド

そんなCSN&Yに並ぶ米フォーク・ロック界のスーパー・グループといえば・・・そう、クリス・ヒルマン、リッチー・フューレイ、J.D.サウザーの3人によるこちらのグループ!

何といってもこのキャッチー過ぎるメロディが秀逸。もう一曲目の「Fallin In Love」を聴いて心踊らないフォーク・ロック・ファンは居ないでしょう。

試聴 Click!

TWO FRIENDS/TWO FRIENDS

モータウン傘下のレーベルから、こんなにも美麗なフォーク・ロックがリリースされていたとは。

ウェストコースト・ロック憧憬の英SSWイアン・マシューズを彷彿させる繊細な歌声、豊かな三声ハーモニー。

これはCSN&Yのファンにはたまらない哀愁の逸品です・・・!

試聴 Click!

SONG/SONG ALBUM

ミレニアムでお馴染みのKeith Olsen&Curt Boetcherのコンビがプロデュースを務める、サンフランシスコ出身グループの70年唯一作。

サウンドこそCSN&Yを思わせる爽やかな西海岸フォーク・ロックなのですが、このバンドならではの隠し味となっているのが、数曲で聴けるビートルズ直系のメロディ。

ヴォーカルの歌い方までジョン・レノンをかなり意識していて、思わずニヤリ。

試聴 Click!

さて、ここまでは米国のグループ。次はカナダのフォーク・ロックをご紹介いたしましょう。

CHRISTOPHER KEARNEY/PEMMICAN STASH

憂いあるヴォーカル、芳醇なコーラスワークに、コクたっぷりのエレキやルーツ色醸し出すマンドリン。

CSNにニール・ヤングではなくライ・クーダーが入っていたら?って感じのカナディアン・スワンプ/SSWの逸品!

試聴 Click!

AIRBORNE/SONGS FOR A CITY

こちらはCSN&Yにシュガーベイブ時代の山下達郎が加わった感じ?

メロウに洗練されつつ、郷愁を誘うサウンドが素晴らしい77年の唯一作です。

試聴 Click!

TAPESTRY/DOWN BY MAPLE RIVER

このネルシャツ、カッコいいなぁ、欲しいなぁ、というのは置いておいて、このカナダの夫婦フォーク・ロック・デュオもオススメ。

ニール・ヤング直系の鋭角的なエレキに、CSN&Yばりの3声コーラス。これはウェストコースト・ロック・ファンにはたまりません。

試聴 Click!

お次は英国から、米国CSN&Yへの憧憬溢れるグループをご紹介!

HELP YOURSELF/STRANGE AFFAIR and RETURN OF KEN WHALEY and HAPPY DAYS

英フォーク・ロック・グループ、72年作2nd&73年作4thの2枚組。

グループを率いるマルコム・モーリーの優れた作曲センスはもちろん、2ndでは木漏れ日フォークの名作でお馴染みのアーニー・グレアムも参加!

2人の名ソングライターによって紡ぎ出される哀愁のメロディに涙・・・。

試聴 Click!

GOSPEL OAK/GOSPEL OAK

Buffalo Springfieldや初期はっぴいえんどを彷彿とさせるメロウなファズ・ギター&ペダル・スティール、ブルージーなハーモニカ。

マイルドな歌声のヴォーカルと英国的な哀愁に溢れたメロディ、そしてCSN&Yからの影響を感じさせる豊かなハーモニー!

マイナーですが、楽曲も安定感ある演奏もGOOD。フォーク・ロック好きはぜひチェックすべき隠れた好グループです!

試聴 Click!

SHAPE OF THE RAIN/RILEY RILEY WOOD AND WAGGETT

キレのあるツイン・リードと高らかな歌声。ウィッシュボーン・アッシュとCS&Nが出会ったような、極上の英国フォーク・ロックだなあ。

幻のネオン・レーベルのカタログの一つで、ジャケはキーフ!

試聴 Click!

最後はユーロから、哀愁溢れるフォーク・ロックをお届けします!

YVES & SERGE & VICTOR/CAGIBI

フ、フランスのCSN&Y!?

繊細で黄昏色のフォーキー・ロックからサイケなファズ・ギター飛び出す曲まで、どの曲も歌心溢れるメロディが絶品。

試聴 Click!

TILBURI/AL FIN !

最後はフォーク・ロック from スペイン!

ウェストコースト・テイストのフォーク・ロックを軸としつつ、エキゾチズム香る歌メロに情熱的なヴォーカル&コーラス、フラメンコチックに掻き鳴らされるギターなど、「スペインらしさ」が滲むサウンドが実にGOODです。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CSN&Y / DEJA VU

    70年リリース、60年代のラヴ&ピースの終焉から「個」の時代へと移り変わった70年代の幕を開ける傑作

    元バーズのデイヴィッド・クロスビー、元バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス、元ホリーズのグラハム・ナッシュが結成したスーパー・グループCS&Nにニール・ヤングが加わり、CSN&Yとなって制作された70年作。美しい3声ハーモニーが多数のフォロワーを生んだ69年デビュー作の魅力はそのままに、ヤングが加わったことで、4人の才能がぶつかり合った緊張感がみなぎっています。オープニングはスティルス作の「Carry On」。4人の卓越したコーラス、そこに鋭角に切れ込むエレキ・ギター。美しくも張り詰めた空気感はこの4人ならではの魅力に溢れています。2曲目はナッシュ作で、一転して、他の米国出身の3人とは違う、ただひとり英国出身者ならではの牧歌的なメロディとハーモニーが印象的。デッドのジェリー・ガルシアのスティール・ギターも特筆です。3曲目は、クロスビー作で、ヘビーに絡み合うエレキと気迫溢れるヴォーカルによる緊張感と浮遊感が拮抗した歌世界はこの人ならでは。そして、前半の極めつけがヤングの代表曲と言える「Helpless」。曲のシンプルさが繊細なヴォーカルを際立たせ、不安や孤独が胸に迫ってくる名曲です。その後もジョニ・ミッチェル作の「Woodstock」やナッシュの優美な「Our House」など名曲目白押し。60年代のラヴ&ピースの終焉から「個」の時代へと移り変わった70年代の幕を開けた、4人の「個」がぶつかりあう米フォーク・ロック屈指の傑作。

  • HELP YOURSELF / STRANGE AFFAIR and RETURN OF KEN WHALEY and HAPPY DAYS

    英国シンガーソングライター二傑Malcolm MorleyとErnie Grahamが在籍、72年作2nd&73年作4th+4thの付録作品「HAPPY DAYS」を収録

    隠れた名メロディ・メイカーMalcolm Morley率いる英フォーク・ロック・グループ。Ernie Grahamが参加した唯一の作品72年作2ndと、73年作4th、4thの付録とした付いた「Happy Days」をカップリングした2枚組。とにかく聴き所は、優れたシンガーソングライターの2人、Malcolm MorleyとErnie Grahamが在籍した2ndでしょう。1stでの米フォーク・ロックへの憧れは薄まり、一気に英国叙情が増しました。2人が持つ叙情性がぶつかり合って出来た繊細で憂いのあるメロディの素晴らしさときたら、もうとんでもないことになっていて、涙無しでは聴けません。リリカルな英フォーク・ロックとしては最高峰に位置すると言っても過言では無い隠れた傑作でしょう。枯れたフォーク・ロックを聴かせる4thもまた哀愁のメロディが胸を打つ名作。メロディアスなフォーク・ロックやSSWのファンはマスト!

  • SHAPE OF THE RAIN / RILEY RILEY WOOD AND WAGGETT

    NEONレーベルのカタログの一つである71年の唯一作、英国フォーク・ロックの逸品

    少ないながらも名作の宝庫として愛されるネオン・レーベルのカタログの一つ、71年の唯一作。60年代末のサイケ・ポップの残り香とCSN&Yやバーズなどの米西海岸のフォーク・ロックへの憧憬とがブレンドされ、英国的な叙情性でラッピングされたメロディ・ライン、繊細なハイ・トーンが魅力のヴォーカル、そして、卓越した三声コーラス。エッジの立ったカッティングと流麗なアルペジオとメロウなオブリガードが織りなすツイン・ギターのリズムは、ウィッシュボーン・アッシュを彷彿させます。アコースティックなバラードは、アメリカのビッグ・スターも頭に浮かびました。ポップな中に英国的な哀愁がたっぷりつまった、これぞ英国フォーク・ロックと言える一品です。ジャケットはキーフ!

  • CHRISTOPHER KEARNEY / PEMMICAN STASH

    カナダのSSW、73年作2nd、カナディアン・スワンプ/SSWの名作

    カナダのSSW、73年作の2nd。土臭さとともにヌケの良い爽やかさもあるアコギのバッキング、ちょっぴりライ・クーダーを彷彿させる浮遊感あるメロディアスなエレキ、タイトでふくよかなリズム隊、憂いある芳醇な歌声とCSN&Yばりの豊かなコーラス・ワーク。マンドリンによるカントリー・フレイヴァーや黄昏のオルガンによるルーラル・フレイヴァー、煌びやかなピアノによるSSWフレイヴァーなどアレンジも特筆です。ルーツ系のフォーク・ロックやスワンプ・ロックのファンなら間違いなくグッとくる佳曲ぞろい。期待させるジャケ通りの名作です。

  • TAPESTRY / DOWN BY MAPLE RIVER

    ずばりニール・ヤングやCSN&Yのファンは必聴と言えるカナダのフォーク・ロック・デュオ、72年唯一作

    カナダはモントリオール出身の夫婦フォーク・ロック・デュオ。72年にポリドールよりリリースされた唯一作。オープニングからハートウォームなペダル・スティールにジョージ・ハリソンばりのスライド・ギターが流れ、ちょっぴり高音寄りのジェントルな男性ヴォーカルとエモーショナルでうららかな女性ヴォーカルが幻想的なメロディを歌いだす。木漏れ日感とともに、ニール・ヤング『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』あたりの静謐さや郷愁もあって絶品。2曲のこの鋭角なトーンのエレキ、ずばりニール・ヤング直系!2人による3声ハーモニーはCSN&Yばり。これはニール・ヤングやCSN&Yやバーズなどウェストコーストのフォーク・ロックのファンはたまらないでしょう。ジャケの雰囲気にピンときたフォーク・ロック・ファンは必聴!

  • AIRBORNE / SONGS FOR A CITY

    洗練された作曲センスとハーモニーが光るカナダ産メロウ・フォーキー、77年の名作!

    カナダの5人組メロウ・フォーキー・グループ、77年の唯一作。流れるように爽やかなアコギ・ストローク、メロウで洗練されたエレピや管楽器、そして、やわらかにたゆたうようなリード・ヴォーカルと卓越した三声ハーモニー。全員ベルボトム・ジーンズのメンバー写真からは想像できない、洗練されたメロウネスを聴かせます。ただ、都会的な感じはあまりなく、郷愁を誘うところが持ち味。CSN&Yにシュガーベイブ時代の山下達郎が加わった感じ、と言えば分かりやすいでしょうか。これは素晴らしいグループ。オススメです!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。