プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「平成のプログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは!いよいよ平成も残りわずかとなりましたね・・・。

4月が終わりに向かうにつれて、徐々に寂しい気持ちが募る今日この頃です。

今週は、「「平成のプログレ」というテーマで、1989年から今年2019年に至るまでに世界各地で生まれた、平成を象徴する!?プログレの傑作たちを紹介してまいりました。

どうぞご覧ください!

Facebook

4月22日(月):ANEKDOTEN / VEMOD

まずご紹介する作品は90年代以降のプログレ・シーンを創り上げたといって過言ではない北欧のモンスター・グループ、ANEKDOTENの93年デビュー作『VEMOD』です。

70年代後半、KING CRIMSONやYESといった有名バンドの相次ぐ分裂や解散、またパンク・ロックの台頭などによってそれまでの勢いをぴたりと失ってしまったプログレ・シーン。
80年代にはMARILLIONに代表されるポンプ・ロックという新たなスタイルも誕生しますが、「プログレ復興」の域にまでは達することができませんでした。

そんな中で、70年代のKING CRIMSONを彷彿とさせる重厚かつ叙情的な「原点回帰」的プログレ・サウンドを引っ提げて登場したのが彼らANEKDOTEN。

ヘヴィに歪ませたギターやベース、叩きつけるようなドラムが生み出す肉感的な凶暴性と、憂いあるヴォーカルやメロトロンが紡ぎ出す狂おしいばかりの叙情性。

それらが自然に融け合いダイナミックな緩急と共に突き進んでいくサウンドは、往年のプログレ・ファンのみならず新たな世代の人々にも衝撃を与え、ヨーロッパから南米まで世界中に「プログレ復活の兆し」を作り出しました。

今現在カケレコが取り扱っているような世界の若きプログレ・バンド達は、ANEKDOTENなくしては生まれなかったかもしれない…そう言っても過言ではない偉大なるグループですね。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

4月23日(火):MOON SAFARI / LOVER’S END

本日は、昨日に続きスウェーデン出身のグループ、MOON SAFARIの3rdアルバム『Lover’s end』をピックアップします!

03年に結成されたMOON SAFARIは、THE FLOWER KINGSのキーボーディストとして不動の地位を築いていたThomas Bodinに認められ、彼プロデュースのもとデビュー。

05年1st、08年2ndとTFKからの影響も取り入れながらも独自の温かみあるメロディアスなシンフォニック・ロック作品をリリースし、徐々に評価を高めていきます。

そんな彼らが一気にブレイクを果たしたのがこの2010年の3rd『Lover’s End』でした。

それは「プログレ=難解で複雑な音楽」というイメージを一瞬にして氷解させてしまうほどの、煌めくように美しくキャッチ―なメロディ、どこまでも瑞々しくファンタスティックに紡がれる演奏、そして爽やかコーラスで彩られたメロディアス・プログレの決定版。

魔法のようなメロディメイクとドラマ性溢れる構成で聴かせる2曲目「A Kid Called Panic」はプログレを超えた普遍的な魅力を持つ名曲。従来のシンフォニックな色合いを愛らしいポップ・チューンへと落とし込んだ「Heartland」等も素晴らしいですねぇ。

2010年代のプログレを代表する作品と言っても過言ではないはず!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

4月24日(水):FLOWER KINGS / BANKS OF EDEN

今日取り上げるのは、現プログレ・シーンを代表するミュージシャン、ロイネ・ストルトが率いるTHE FLOWER KINGS(以下TFK)。作品は迷いましたが、12年作『Banks Of Eden』をご紹介いたしましょう。

70年代スウェーデンの名バンドKAIPAのギタリストとして活躍したロイネ・ストルトが、94年の4thソロ『THE FLOWER KING』の制作とツアーに起用したミュージシャン達をメンバーに結成したのがTFK。

いつもCDの収録可能時間を目いっぱいに使った壮大でドラマチックなシンフォ絵巻を届けてくれる彼らには熱狂的なファンが世界中におり、90年代以降のプログレ・シーンで最も成功したバンドの一つと言えます。

さて11枚目となる12年作『Banks Of Eden』は、従来作にあったゴリゴリとヘヴィな表現を控え、全編で北欧シンフォ本来の透明度が高く繊細なファンタジーを大切にした、温かみあるサウンドを聴かせてくれる素晴らしい作品。

冒頭25分の大作を筆頭に、TFK本来の圧倒的なスケール感とKAIPAの瑞々しい叙情美が理想的に合わさった作風と言えるかも。

ハードエッジな演奏を織り交ぜた初期TFKもカッコいいですが、本作は70sプログレ・ファンの方にアピールする要素が多い作品となっていると思います。

昨年ロイネのソロは出ましたが、そろそろTFKの新作も出ないかなぁ…。(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れる新世代プログレ・セレクション☆

【関連記事】

フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れる新世代プログレ・セレクション☆

00年代以降のシンフォニック・ロックでは影響下にないバンドのほうが少ないと思えるほど、後進への絶大な影響力を誇るフラワー・キングス。今回は、TFKに影響を受けつつ独自の完成度高いサウンドを練り上げている作品の数々を取り上げてみたいと思います!

4月25日(木):MARILLION / BRAVE

今日取り上げるのは、英国のプログレッシブ・ロック・バンド、マリリオンの94年作『ブレイヴ』です。

83年に『独り芝居の道化師』でデビューを果たした彼ら。

プログレッシブ・ロックが衰退していた80年代において、ネオプログレッシヴ・ロックの代表格として英国やヨーロッパで人気を博しました。

今作『ブレイヴ』は、2代目ヴォーカリスト、スティーヴ・ホガース加入後の作品で、高速道路脇で発見された記憶喪失の少女をモチーフにした、コンセプト・アルバムとなっています。

現代社会の争いや汚染、孤独や虚無を綴った、そう、「平成」という時代の闇にも通じる歌詞が、メランコリックなメロディに乗って情感豊かに歌われていきます。

霧に包まれるようなミステリアスなシンセサイザー、躍動感あるドラムにメロウな泣きのギターが巧みに配置され、ドラマティックに展開するそのサウンドは、リスナーを捉えて離さず、聴き終えた後に一本の映画を観たような感覚になります。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


「そしてロックで泣け!」第十九回 マリリオンの「ビューティフル」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第十九回 マリリオンの「ビューティフル」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

【関連記事】

マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

10月20日にクラブチッタ川崎でおこなわれた、マリリオンの来日公演1日目にいってまいりました!

4月26日(金):DISCUS / DISCUS

最後にご紹介するのはインドネシアのプログレ・バンド、DISCUSが1999年にリリースしたデビュー・アルバム『DISCUS(1st)』です。

現代のプログレ・シーンにおいて今や「アジア代表」を冠すると言っても過言ではなくなったインドネシアですが、そのシーンを生み出す発端となったのがリーダーのIwan Hasanを中心に96年に結成された彼らDISCUS。

その作風は本当に驚異的で、ジャズにメタルに現代音楽、それからインドネシアならではの民族音楽などが融合し目まぐるしく姿を変えるテクニカルかつハイセンスなもの。
「辺境」なんて言葉で言い表すにはあまりにも高度な構築性と技巧性には度肝を抜くこと間違いなしです。

DISCUS自体は現在解散してしまっていますが、インドネシアのプログレ・シーンはまだまだ衰え知らず。
引き続き次の元号でも注目なのはもちろん、インドネシア以外のまだ見ぬ地域からの驚くべきプログレ・シーンの誕生も期待したいところです!

(余談:本当は「平成」なので日本のプログレも紹介しないとなあ…と思っていたのですが、悩みすぎて作品を一つに絞れませんでした。皆様の思う「これが平成のプログレだ!」という作品がありましたら是非教えてください。それでは、次の元号でお会いしましょう!)(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

【関連記事】

メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

新鋭プログレ・グループにより00年代にリリースされた作品の中から、メロトロン溢れる作品をセレクト!

【関連ジュークボックス】

クリムゾンのDNAを継ぐ新鋭グループ名作選

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

ANEKDOTENの在庫

  • ANEKDOTEN / WAKING THE DEAD: LIVE IN JAPAN 2005

    2005年来日公演を収録

    伝説の2005年来日公演が収録されたライヴ・バンド「アネクドテン」を堪能できる究極の1枚。

  • ANEKDOTEN / A TIME OF DAY

    90年代以降の北欧を代表するプログレ・バンド、06年作

    07年作の5thアルバム。肉感的で力強いバンド・アンサンブルとクールでメランコリックなメロディとの鮮やかな対比。ヴォーカル・メロディの感情の起伏に呼応するように、時に静謐に、時に劇的に鳴り響くメロトロン。クール&ドラマティックなサウンドは相変わらずの圧倒的な存在感。基本のサウンドは前作「GRAVITY」の延長線上にありますが、より突き抜けたメロウネスや一体感抜群のソリッドなアンサンブルなど、サウンドの強度はグンと増しています。現在進行形ANEKDOTENの魅力が詰まった傑作デジパック仕様。

  • ANEKDOTEN / CHAPTERS

    北欧プログレの雄、未発表曲を含む19曲収録ベスト、09年リリース

    多くのファンが待ち望んだ北欧の雄、アネクドテンのバンド初となるベストアルバム衝撃のデビュー作「暗鬱」から「タイム・オブ・デイ」までの中から選ばれた代表作に加え、未発表曲「ホエン・アイ・ターン」を収録した究極のベスト内容

  • ANEKDOTEN / UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE

    ご存じ北欧プログレの雄8年ぶりの2015年作6th、ギターがサイケデリックにうなり、メロトロンが溢れる渾身の傑作!

    言わずと知れた90年代のプログレシーンの幕を開けた北欧プログレの雄。前作から8年ぶりとなる2015年作6th。イントロから強烈にウネリをあげるサイケデリック&ヘヴィなギター、沈み込むような重たさで聴き手を飲み込むように畳み掛けるリズム隊、そして、荘厳に鳴り響くメロトロン。透明感ある歌声の中に寂寥感がにじむヴォーカル、フックに富んだ北欧ならではのメランコリーたっぷりのメロディもまた絶品です。名サックス奏者Theo Travis、元OPETHのKey奏者Per Wiberg、元ALL ABOUT EVEのギタリストMarty Willson-Piperのゲスト参加も特筆で、特にTheo Travisのサックス&フルートが醸す幻想性は初期クリムゾンを彷彿させます。「さすが」と唸る渾身の傑作。

  • ANEKDOTEN / NUCLEUS

    95年作、凶暴かつメランコリックな、前作と並ぶ90年代北欧プログレ屈指の傑作!

    95年の2nd。名作1st以上に凶暴かつメランコリックな傑作。「太陽と戦慄」期クリムゾンに比肩するほどにテンション溢れる鋼鉄のアンサンブルと、対照的にクールで透明感溢れる叙情性。メロトロンも相変わらず全編にフィーチャーされています。それにしてももの凄い切迫感。90年代プログレを代表する作品。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲。

  • ANEKDOTEN / LIVE EP

    96年のライヴ音源を収録

「ANEKDOTENの在庫」をもっと見る

MOON SAFARIの在庫

  • MOON SAFARI / GETTYSBURG ADDRESS

    震えずにはいられない。ファンタスティックな演奏と至福のメロディ&ハーモニーにより会場全体が幸福に包まれた傑作ライヴ!

    2010年作の3rd『Lover’s End』でブレイクを果たしたスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。2011年5月にアメリカはペンシルヴァニアで行われた公演を収録したライヴ・アルバム。オープニング・ナンバーは、彼らのテーマ・ソングと言える、2ndアルバム収録の名曲「Moonwalk」!ツイン・キーボード編成で、伸びやかに広がるキーボード、美しいフレーズがこぼれ落ちるようなピアノを中心に、ギターがスタジオ作品以上に伸びやかにメロディを奏でます。インスト・ナンバーからの幕開け、という構成が実に素晴らしく、いつまでも浸っていたい、そんなファンタスティックなアンサンブルが会場を幸福感いっぱいの空気で包み込みます。会場からの温かな拍手とともに、2曲目でいよいよヴォーカル&ハーモニーが登場!曲は、「Lover’s End Pt.1」!オープニングのインストから流れるようで、ヴォーカル&ハーモニーが一層鮮やかに響きます。それにしても、コーラス・ワークの素晴らしいこと!全員にヴォーカルのクレジットがありますが、スタジオと変わらない豊かなコーラスは絶品の一言。間髪入れずに「A Kid Called Panic」へ。ここでもコーラスは完璧。魔法のような歌の力は言わずもがな、インスト・パートのダイナミックさとドラマティックさをスタジオ盤以上に感じます。至福のサウンド。基本的に原曲に忠実なアレンジなのですが、やはりライヴならではの空気感が印象的。人柄が滲むバンドの温かな雰囲気と、それに呼応して観客の胸に切々とわき起こる感動、そして思わずこぼれる笑顔が目に浮かび、聴いているだけのこちらもまるでその場所にいるかのように幸せな空気に包まれます。今最も美しいメロディとアンサンブルを聴かせる、と言っても過言ではないグループが、感動を生む瞬間をまさにとらえたライヴ・アルバムの傑作。これは、震えます。

「MOON SAFARIの在庫」をもっと見る

FLOWER KINGSの在庫

  • FLOWER KINGS / ADAM AND EVE

    ロイネ・ストルト率いるスウェーデンの大御所シンフォ・グループ、04年作

  • FLOWER KINGS / BANKS OF EDEN

    北欧プログレの重鎮グループ12年作、北欧然とした幻想性も帯びた傑作

    北欧プログレ界を牽引する重鎮バンドFLOWER KINGSの12年作。今作も北欧らしいひんやりとした叙情を漂わせながらも、時にメロウに時に爽やかに吹き抜ける流麗なメロディが美しい楽曲が揃いますが、それぞれの曲展開の中には新たな要素がいくつも感じ取れます。冒頭の25分超の大曲は、緊張感みなぎる展開というよりは全体にリラックスした印象が強く、各楽器が幻想的に交錯する美的なアンサンブルを楽しめる一曲となっています。その後の6〜7分台の楽曲では、これまでの彼らにはあまりないロック的な骨太さを強調したゴツゴツとしたアンサンブルが聴かれるなど、その音楽性はますます広がってきている印象を受けます。しかしそのすべてがやはりFLOWER KINGS以外ではありえないと思わせる点がこのグループの凄みでしょう。大仰に展開せずじっくりと情感豊かなアンサンブルを聴かせる貫禄たっぷりの充実作となっています。

  • FLOWER KINGS / WAITING FOR MIRACLES

    現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき、Roine Stolt率いる人気グループ、6年ぶりとなる19年作!

    ご存じ現プログレ・シーンの王者と呼ぶべき人気グループによる6年ぶりとなる19年作。2015年にキーボードのTomas BodinとドラムのFelix Lehrmannが脱退して以来初のスタジオ作となっており、新メンバーにはZach Kamins(key/g)とMirkko DeMaio(dr)を迎えています。特筆はキーボードの活躍。冒頭からピアノとメロトロンがリリカルに舞うインスト小曲で幕を開けると、力強く溢れ出すヴィンテージ・トーンのオルガンでTFKサウンドに厚みをもたらします。前任者T.BodinよりはKAIPAのkey奏者Hans Lundinに近い柔らかくも芯のあるタッチのプレイが印象的です。メロトロンも随所で北欧プログレらしい透明感を描き出していて、全体のサウンド的にもKAIPA的なファンタスティックさが従来よりも強めかもしれません。もちろんRoine Stoltによるエモーションをたっぷり湛えた入魂のギター、Hasse Frobergの熱く歌い上げるハスキー・ヴォーカル、ズシリとパワフルに迫るリズム・セクションと、TFK印の風格に満ちた演奏は健在。キーボードのカラーの変化を原動力にして軽やかなファンタジーが全編を覆うさすがの力作です!

  • FLOWER KINGS / BACK IN THE WORLD OF ADVENTURES

    ロイネ・ストルト率いる北欧の大御所バンド、バンド名義で発表された95年作、ファンタジックすぎる傑作!

    元カイパのギタリスト、ロイネ・ストルトのソロ・プロジェクトとして発表された前作から、ロイネの弟マイケル(ベース)と以後フラワー・キングスのサウンドの中核を担うことになるキーボーディスト、トーマス・ボーディンが加わり、バンド名義となって発表された95年作。後に彼らの持ち味となるハード・エッジな楽曲を含みつつも、カイパを初めとする北欧プログレの伝統を正統的に受け継いだ、ファンタジックに高揚するアンサンブルと陽光降り注ぐような柔らかなメロディラインが最高のコンビネーションで聴かせる極上のシンフォニック・ロックを展開。北欧らしい透明感に満ちたサウンドの中でも、とりわけ随所に登場する煌びやかなアコースティック・ギターの音色が印象的で、幽玄なるキーボードとともに聴き手を幻想の世界へいざなう役割を担います。こうして改めて彼らのサウンドを聴くと、キャッチーかつドラマティックなメロディ・ラインや、キーボード、アコギなどの透明度の高い音使いに、MOON SAFARIなどの後進に与えた影響の大きさを実感します。北欧プログレに望まれるあらゆる要素を一つも残さず持ち合わせた、これぞまさに現代プログレ史上の名作というべき一枚です。

  • FLOWER KINGS / RETROPOLIS

    元KAIPAのギタリストROINE STOLT率いるスウェーデンのシンフォ・バンド、96年の傑作コンセプトアルバム!

    現代北欧プログレを代表するバンドによる96年発表の3rd。ファンタジックで雄大な音の広がりとダイナミズムたっぷりのアンサンブルはデビュー作から変わらず健在ですが、本作ではシンフォニック・ロックというよりはプログレッシヴ・ロック的な骨太さがより強調された演奏が特徴的。シンフォニックで荘厳なシーンとハードタッチなサウンドで突き進むシーンとを巧みに配して劇的に進行していくアンサンブルが見事に決まっています。コンセプト作ならではと言うべき、起伏豊かなドラマ性を湛えたストーリーテリングもまた素晴らしいもので、これこそあらゆるプログレ・ファンに聴いていただきたいと思えるシンフォニック・ロックの傑作です。

  • FLOWER KINGS / SCANNING THE GREENHOUSE

    北欧シーンを代表するプログレ・グループ、98年リリース、初のベスト盤

  • FLOWER KINGS / ALIVE ON PLANET EARTH

    「LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」のカバーを含む99年ライヴ作

「FLOWER KINGSの在庫」をもっと見る

MARILLIONの在庫

「MARILLIONの在庫」をもっと見る

DISCUSの在庫

  • DISCUS / 1st

    インドネシア出身、驚異的なテクニックと見事なアレンジ・センス、辺境シーン屈指の名バンド!

    インドネシア出身のプログレ・グループ。ヴァイオリン奏者、フルート&サックス奏者、透明感ある女性Voを含む8人組。99年作の1st。ロック、ジャズ、クラシック、フォーク、現代音楽、民族音楽、ヘヴィー・メタルなどの多様な音楽を吸収し、見事な構築力でもって、1音1音が瑞々しく躍動する真のプログレッシヴ・ミュージックへと昇華させています。破壊的なパートから静謐なパートまで、そのアレンジ・センスはただものではありません。テクニカルなフレーズを流れるように聴かせるギターを筆頭に、全メンバーとも驚くほどのハイ・テクニックとハイ・センス。恐るべしインドネシア。凄いグループです。

「DISCUSの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。