プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

クリムゾンのDNAを継ぐ新鋭グループ名作選

荘厳なメロトロンと破壊的アンサンブル、新時代を切り開くクリムゾン・フォロワー達が一挙集結!

キング・クリムゾンが衝撃のデビュー作で「プログレッシヴ・ロック」の幕を開けたのが1969年。そこから24年が経過した1993年に、北欧はスウェーデンにて、アネクドテンが『暗鬱』にて彗星のごとくデビューしました。『宮殿』や『レッド』を現代に蘇らせたような彼らのサウンドが世界中のプログレを愛するバンド達の情熱に火を付けたのか、世界のいたるところからクリムゾンのDNAを継ぐ新鋭プログレ・バンドが続々と登場。往年を凌ぐような勢いで、魅力的な作品が次から次へと生まれています。

クリムゾンが持っていた「硬質なヘヴィネス」と「優美な幻想性」とがブレンドした荘厳さ、ジャズやクラシック由来の圧倒的な器楽性、そして、前身をやめない溢れる実験精神。さらに、彼らの代名詞と言える洪水のように溢れるメロトロン。そんなクリムゾンのDNAを受け継ぎつつ、90年代以降のヘヴィ・ロックやポスト・ロックなども飲み込んだ、モダンな感性もみなぎらせた新世代クリムゾン・フォロワーをここに特集いたしましょう。

高き理想に挑む彼らが、70年代の往年のプログレに接した時の興奮を鮮やかに蘇らせてくれるはずです!

ANEKDOTEN

試聴 Click!

90年代の北欧のみならず新世代プログレ・シーンの幕を開けた衝撃のデビュー作!初期クリムゾン直系の溢れんばかりのメロトロンと叙情美、そしてグランジを通過した肉感的ヘヴィネス!テンションみなぎる大傑作!

ANGLAGARD

試聴 Click!

アネクドテンと並ぶ北欧シンフォの雄、実に18年ぶりの2012年作!北欧ならではの幻想性と神秘性、そして、クリムゾン『レッド』のDNAを受け継いだ荘厳さと実験精神との完璧な融合。ずばり、00年代以降のプログレの金字塔!

AFTER CRYING

試聴 Click!

東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ、96年6th。室内楽的な管弦楽器や壮大なオーケストラはそのままに、凶暴性や現代的なヘヴィネスを加えた圧倒的なダイナミズムを聴かせる作品。鋭利な攻撃性と瑞々しさが共存したサウンド。

L'OEIL DU SOURD

試聴 Click!

フランス出身09年デビュー作。「太陽と戦慄」期を彷彿とさせる攻撃性を軸に、HATFIELDS & THE NORTHに通ずる緻密さ、フランス的な芸術性や演劇性を融合させたサウンドは、かなりの完成度。14分を超えるこの楽曲でも伺えるとおり、構成力も見事。

NOT A GOOD SIGN

試聴 Click!

現代アヴァン・プログレ最高峰バンドと言えるイタリアYUGENの中心メンバー2人による70年代プログレへのオマージュ。まるで『レッド』期のクリムゾンに、ソフツ『6』時代のカール・ジェンキンスが加入した感じ!?

BIG BIG TRAIN

試聴 Click!

イギリス出身07年作。叙情性溢れるメロトロン、ヘヴィかつメロウなギター、肉感的でダイナミックなリズム隊、伸びやかで美しいヴォーカル・メロディ。メロトロンが洪水のように溢れ、サックスが暴れるダイナミズムと美しさは、クリムゾンに匹敵。

BIRDS & BUILDINGS

試聴 Click!

クリムゾンとマグマのDNAを継ぐ米プログレ・バンドDELUGE GRANDERのKey奏者を中心とする別働隊グループ。人気だった08年デビュー作に続く2013年作2nd。クリムゾンのヘヴィネスとダイナミズム、マグマの疾走感とテンション、ジェントル・ジャイアントのクラシカルな気品を併せ持つ大傑作!

PLATURNO

試聴 Click!

チリ出身、2NDより。『太陽と戦慄』期のクリムゾンを彷彿とさせる、硬質で破壊的なアンサンブルに、ポリリズムによる浮遊感のあるパートなどを織り交ぜたサウンド。鋭角なリフ、アヴァンギャルドなロング・トーンなど、ギターはロバート・フリップからの影響大。

DELUGE GRANDER

試聴 Click!

アメリカ出身、09年作2nd。KING CRIMSON系のヘヴィネスとGENTLE GIANT系の偏執的な曲展開で聴き手を引き込む8分台の大作。メロトロンが大きく幅を利かせて、アルバム全体が退廃感とダークネスに彩られています。

DAWN

試聴 Click!

70年代の英プログレへの憧憬に満ちた07年のデビュー作『Loneliness』が高く評価され、カンサスのオープニング・アクトにも起用されたスイスの実力派新鋭グループによる14年作2nd。溢れんばかりのメロトロンと優美なメロディを奏でるムーグ・シンセ!ここぞでは、ギターが轟いて狂おしいハード・シンフォを聴かせるし、これはクリムゾンやジェネシスのファンは必聴!

THIEVES'KITCHEN

試聴 Click!

現代英国を代表するシンフォ・バンドの一つ、5作目となる13年作。前作より加入したスウェーデンのANGLAGARDのkey奏者に加え、同バンドよりフルート奏者、チェロ奏者が参加しているのが特筆。英プログレ本来のリリカルな格調高さに、ANGLAGARD組がもたらす北欧的幻想性&透明感が加わったこのサウンドはまさに唯一無二。

SEVEN IMPALE

試聴 Click!

ノルウェー西岸の北海に面する街、ベルゲンで2010年に結成。サックス奏者、Key奏者を含む6人組バンドによる2014年デビュー作。初期クリムゾンやヴァンダー・グラーフ・ジェネレーターのDNAを受け継いだヘヴィ&メランコリックな名作。

DEFORMICA

試聴 Click!

アルゼンチンの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。クリムゾン『レッド』ばりのテンションみなぎるアグレッシヴな変拍子パートから、スッとヘヴィさが消えて叙情的なパートへ。フリップ直系の硬軟自在のツインギターが素晴らしいアルゼンチン産ヘヴィ・インスト・プログレ!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AFTER CRYING / 6

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ、96年リリース、90年代シンフォを代表する傑作!

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ。96年の6th。室内楽的な管弦楽器や壮大なオーケストラはそのままに、クリムゾンばりの凶暴性や現代的なヘヴィネスを加えた圧倒的なダイナミズムを聴かせる作品。鋭利な攻撃性とオーケストラの瑞々しさが、これほど違和感無く共存したサウンドは、他に聴いたことがありません。90年代以降の数あるシンフォニック・ロックの名作の中でも、群を抜く傑作。AFTER CRYING恐るべし!

  • ANEKDOTEN / VEMOD

    93年リリース1st、90年代プログレッシヴ・ロックを代表するモンスター・アルバム!

    スウェーデン出身プログレッシヴ・ロック、93年デビュー作。90年代以降の北欧プログレを代表するグループであり、中期KING CRIMSONの影響を現代的なヘヴィネスと融合しています。メカニカルにリフをユニゾンするギター、ベース、ドラムによるヘヴィ・サウンドと、悲愴感を漂わせるメロトロンとチェロの旋律が溶け合う凶暴でありながら、アコースティックな質感も残したアンサンブル。憂いを含んだヴォーカルも魅力的。静と動の対比が鮮やかな楽曲構成も素晴らしくクリムゾン・フォロワーとしてのみならず、現在の北欧プログレ・シーンに大きな影響を与えたアルバムです。

  • L'OEIL DU SOURD / UN ?

    フランスより強力なプログレ/ジャズ・ロック・グループが登場!クリムゾンやカンタベリーのファンは要チェック!

    女性ヴォーカル、ヴァイオリン、サックスをフィーチャーしたフランスの新鋭プログレ・グループ。09年デビュー作。クリムゾンやカンタベリー・ミュージックを中心に70年代プログレやジャズ・ロックからの影響を強く感じますが、懐古趣味的な印象はまったくありません。往年の名グループの遺伝子を受け継いだ、文字通りに「プログレッシヴ」なサウンドがここにあります。「太陽と戦慄」期のクリムゾンやHENRY COWあたりの攻撃性を軸に、HATFIELDS & THE NORTHに通ずる繊細さと緻密さ、フランス的な芸術性や演劇性を融合させたサウンドは、かなりの完成度!時にミニマルなフレーズを奏で、時にささくれだったリズムギターで牙をむくギター、シャープ&タイトな強靱なリズム隊、フリーキーに暴れ回るヴァイオリン&サックス、時に荘厳なメロトロン、時にアヴァンギャルドなシンセで楽曲を飛躍させるキーボード、フランス語で歌う存在感抜群のシアトリカルな女性ヴォーカル。各パートの演奏力、アンサンブルの強度ともに抜群です。14分を越える「ODS」など、構成も文句無し。これは強力なグループが登場しました!圧巻の名作。かなりおすすめです!

  • PLATURNO / INSANO

    『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿させるチリ産プログレ、2010年作

    チリ出身のグループ、2010年作2nd。『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿とさせる、硬質で破壊的なアンサンブルを中心に、ポリリズムによる浮遊感のあるパートなどを織り交ぜたサウンドが持ち味。鋭角なリフ、アヴァンギャルドなロング・トーンなど、ギターはロバート・フリップからの影響大。演奏力も抜群。クリムゾンのファンは是非!

  • SEVEN IMPALE / CITY OF THE SUN

    クリムゾンやVDGGのDNAを継ぐノルウェーの新鋭、サックスがウネリを上げる2014年デビュー作!

    ノルウェー西岸の北海に面する街、ベルゲンで2010年に結成されたグループで、サックス奏者、Key奏者を含む6人組。低く唸るザクリと歪んだギターとオルガン、そして、そこに荒々しく炸裂するアグレッシヴなサックス!初期クリムゾンやヴァンダー・グラーフ・ジェネレーターのDNAを受け継いだヘヴィ・プログレを基調にしつつ、より鋭角なモダンなヘヴィネスを時に注入したり、ギターがミニマルなアルペジオや浮遊感たっぷりのジャジーなフレーズをさらりと挿入するなどポスト・ロック〜ジャム・バンド的感覚も入れ込んだり、くっきりと色鮮やかなスケールの大きなサウンドを聴かせています。ゴング『ユー』からサイケ色を抜いて、モダンな感覚で仕立てあげた感じ?とも言えるでしょう。ソリッドに畳み掛けるパートのエネルギーは凄まじく、クリムゾン・ファンは必聴。透明感ある歌声のヴォーカルとメランコリックなメロディも北欧的で絶品。これは素晴らしい新鋭です!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!