プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

00年代の北欧スウェーデン産プログレ新鋭特集!

北欧ロックの魅力って?カケレコが考える北欧ロックの魅力とは、英米音楽と自国の音楽を巧みに混ぜ合わせて、キャッチーな音楽を作り上げる折衷センス。しかもそれがびっくりするぐらいハイセンスなこと!

KAIPAやWIGWAMやSAMLAなど70年代のグループは、英米ロックやジャズのエッセンスを軸に、北欧トラッドやダンス・ミュージックの持つリリシズムやファンタジーを加えて、熟練プログレ・リスナーを驚かせる音楽を生み出しました。

00年代以降のグループにもそんな折衷センスは脈々と受け継がれ、70年代プログレのエッセンスを、90年代のグランジ〜ポスト・ロックまで飲み込んだモダンな感覚でアレンジしたサウンドは、00年代以降のプログレ・シーンの健在を高らかに宣言しました。

北欧の青空のような突き抜けるダイナミズム、白夜のような幻想美、そして現代的な音響感覚。そんな彼らのハイ・センスな名作を巡る旅へといざ出発!

MOON SAFARI

試聴 Click!

2010年の全プログレの中でナンバーワンの傑作と言っても過言ではありません。アルバムのどこを切っても止めどなく溢れるファンタスティックなメロディと豊かなハーモニー。北欧らしい透明感に包まれた詩情豊かなアンサンブル。これ以上はありえない極上のメロディ。

GUNGFLY

試聴 Click!

BEARDFISHとBIG BIG TRAINで活躍するマルチ奏者によるソロユニット。キャッチーかつ北欧らしいメランコリックさが滲むメロディーと、GG影響下の転調を繰り返す複雑なインストを組み合わせたメロディアス・プログレが極上!

INTROITUS

試聴 Click!

Key奏者と女性Voの夫妻を中心に、その子供達も参加するBenderファミリーを中心とする新鋭バンド、2014年作の3rd。北欧らしいヒンヤリと透明感あるシンフォニック・サウンドに、女性ヴォーカルとメランコリックなメロディが美しく映える北欧シンフォの快作!

HIDDEN LANDS

試聴 Click!

アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊密なテンションと北欧の情景美を想起させる透明感が融合、唯一無二のサウンドを繰り広げる実力派。北欧らしい神秘的なイメージが次々と描き出される名品!

CROSS

試聴 Click!

優美で表情豊かなキーボード、マイルドなトーンで紡ぐメロディアスなギター、翳りあるシアトリカルなヴォーカル。終始靄に包まれたような幻想的なサウンドが印象的です。どこを切っても北欧らしい叙情美が溢れ出すスウェーデン・シンフォ良作!

BRYGHTEYE BRYSON

試聴 Click!

ANGLAGARDでも活躍するkey奏者在籍のシンフォ・バンド!キーボード主体の幻想的なサウンドメイクにキャッチ―でドラマチックなメロディが映える!エレクトロやメタル要素のない純然たるシンフォニック・ロックを聴かせる快作です。

GOSTA BERLINGS SAGA

試聴 Click!

北欧きっての実力派新鋭が放った18年作なのですが、これは凄い。暴力的なまでに硬質なエレクトロニクスがうねりまくる、アーティスティックにしてどこまでも破壊的なサウンドに飲み込まれます。どんな思考回路からこのサウンドが生まれるんだろう…。

KLOTET

試聴 Click!

KEBNEKAISEやSAMLAなどの遺伝子を受け継いだグループも紹介。粒立ちの良いトーンのギター、変拍子バリバリで先の読めないスピーディーな展開、変幻自在のテクニック、溢れるセンスとユーモア。痛快ですね☆

A SECRET RIVER

試聴 Click!

ずばり「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」。モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というような2014年デビュー作!

CARPTREE

試聴 Click!

90年代に結成され、01年にデビューしたスウェーデンのグループ。70年代プログレの遺伝子を受け継ぎ、現代的なセンスで一層ドラマティックに聴かせる新鋭。2010年作。メロトロンを喚起させる沈み込むように重くそしてメランコリックなキーボードが特筆。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BRIGHTEYE BRISON / V

    現ANGLAGARDでもあるキーボーディストLinus Kase在籍のスウェーデン新鋭、キーボードを軸とするスケール大きく終始ファンタジックなサウンドを奏でる19年作、オススメ!

    YESやGENESISから影響を受けたスウェーデン新鋭で、現ANGLAGARDでもあるキーボーディストLinus Kase在籍グループによる、8年ぶりとなった19年作。12分、17分、37分という大作3曲の構成からワクワクしますが、内容も素晴らしい!広がりあるメロトロン、色彩に富んだシンセなどキーボードをメインにした柔らかな質感を大切にしたシンフォニック・ロックとなっており、北欧のバンドに多いエレクトロ要素やメタル要素はほとんどなく、終始ファンタジックで幻想的なサウンドメイクで長尺曲を駆け抜けます。一方ヴォーカル・メロディは同郷ザ・フラワー・キングのようなスタイリッシュさを持っているのにも注目。ファンタジックな音だけで構築された純然なシンフォニック・ロックとして貴重なバンドでしょう。これはオススメ! 試聴は下記ページで可能です! https://brighteyebrison.bandcamp.com/

  • CROSS / WAKE UP CALL

    スウェーデン、アルバムのどこを切っても北欧らしい叙情美が溢れ出す逸品

    スウェーデンのグループ、2012年作。柔らかく広がる優美なフレーズから弦楽器のようなスリリングなフレーズまで表情豊かなキーボード、マイルドなトーンでメロディアスなフレーズを紡ぐエレクトリック・ギター、翳りのあるシアトリカルなヴォーカル。ヌケの良さはなく、全体的にモヤに包まれたような幻想的なサウンドが印象的です。スティーヴ・ハケットを彷彿させる繊細に紡がれるアコギ・アルペジオによる「静」のパートを織り交ぜた構築美も聴き所。ジェネシスからの影響を感じさせる北欧シンフォの逸品。

  • GOSTA BERLINGS SAGA / ET EX

    スウェーデンの新鋭プログレ・グループ、エレクトロニクスを大胆に導入した強烈にアーティスティックで深遠な18年作!

    00年結成、近年は元ANGLAGARDのMattias OlssonとのユニットNECROMONKEYでも活動するkey奏者David Lundbergを中心とするスウェーデンのプログレ・グループ、18年作。前作までのKING CRIMSONや同郷TRETTIOARIGA KRIGETより影響を受けたギター主体の轟音ヘヴィ・プログレを随所で炸裂させつつも、硬質な響きのエレクトロニクスを多用した作風へと舵を切っているのが本作の特徴。シーケンサーによる無機的な反復フレーズにシンセやメロトロンがシンフォニックに覆いかぶさっていくサウンドが衝撃的ですが、はっとするような美しい展開が不意に訪れたりと、暗鬱な中にも一筋の光が指すような崇高なドラマ性があり、静かに感動を呼び起こします。合間には従来通りの重厚なギタープレイで襲い掛かるへヴィ・プログレから、屈折しまくりの前衛キーボード・オーケストレーション曲、クラシック・ギター小曲などが挟まっていて、エレクトロニックなサウンドと強烈な対比をなしています。全体としては、北欧の雄ISILDUR'S BANEをよりへヴィに生々しくしたような印象もあり。一体どういう思考回路でこんな音楽が生まれるのか聞いてみたくなる、アーティスティックで大胆不敵な傑作です。

  • GUNGFLY / ON HER JOURNEY TO THE SUN

    スウェーデン出身、BEARDFISH/BIG BIG TRAIN在籍のマルチ奏者Rikard Sjoblomによるソロ・ユニット17年作、GG影響下の緻密な演奏と流れるように美しいメロディーで聴かせる力作

    スウェーデン出身、元々はBEARDFISHを率いるキーボーディスト/ヴォーカリストで、現在は英国のBIG BIG TRAINのメンバーとしても活躍しているマルチ・ミュージシャンRikard Sjoblomのソロ・ユニット、17年作。デビュー作から聴かせていたキャッチーながらも北欧らしいメランコリックさが滲む珠玉のメロディーと、BEARDFISHの音楽性を受け継ぐ70年代プログレ・テイスト特にGENTLE GIANT影響下の転調を繰り返す複雑なインストパートを組み合わせたメロディアス・プログレ。70年代テイスト満点の薫り高きハモンド&メロトロン、クリーントーンとクランチサウンドを駆使しリリカルかつ芳醇に紡ぎ出されるギタープレイ、どれを取っても絶品です。バンド編成での曲と全楽器を自身で演奏した曲で構成されますが、驚くべきはバンド演奏曲と全く遜色ない緻密に器楽が絡み合うテクニカルな自演曲。多重録音とは思えない呼吸を感じる演奏に、マルチプレイヤーとしての技量の高さが存分に発揮されています。一方バンド演奏曲で聴かれる、疾走感よりは変拍子特有の引っ掛かりを持つリズム・セクションはなるほど古巣BEARDFISHのメンバーが担当しており納得。プログレ然とした緻密な演奏と流れるように美しいメロディーが共存した力作に仕上がっています!

  • HIDDEN LANDS / HALCYON

    スウェーデン新鋭17年作、アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊張感と北欧の神秘的な情景美をイメージさせる透明感が融合した、キーボード主体のシンフォ力作!

    2012年に結成され同年にデビューしたスウェーデンの新鋭シンフォ・バンド、17年作3rd。アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊張感を持ちつつも、ゴリゴリとしたヘヴィネスは控えめでより軽やかで開放的なサウンドが持ち味。彼方まで広がっていくような美しいトーンのシンセ、ヴィンテージ質感のオルガン、清廉な響きのピアノ、そして鉄琴をシミュレートしたようなキーボードが緻密に重なり合う、鍵盤楽器を主体とするアンサンブルが新鮮です。時々リズム隊とギターがメタリックにうねり出し展開に起伏を与えていますが、基本的には北欧の神秘的な森や湖をイメージさせるような透明感溢れる音像が実に素晴らしい。M7などアングラガルドとジェネシスが出会ったかのようなスリリングなシンフォ・チューンもカッコいいです。北欧らしいイメージが次々と溢れ出してくる映像喚起的なサウンドを描き出す名品!

  • INTROITUS / ANIMA

    スウェーデン出身、父・母・息子・娘のBender一家4人を中心とするシンフォニック・ロック新鋭、2014年作3rd、澄み切った女性ヴォーカルが美しい北欧らしい逸品

    キーボード奏者でコンポーザーのMats Benderを中心に、妻のAnna Jobs Bender(リードVo)、息子のMattias Bender(ドラム&バッキングVo)、娘のJohanna Bender(バッキングVo)を配した、Benderファミリーを中心とするスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。2014年作の3rd。北欧らしい叙情がこぼれる澄み切ったトーンのピアノ、そして、厳粛にたなびくキーボードをバックに、高らかに鳴り響くムーグ・シンセのリード。そんなシンフォニックなキーボード・ワークを軸に、モダンなトーンのギターがヘヴィネスや明瞭さを加えるアンサンブルが持ち味。クリアなハイトーンの伸びやかな女性ヴォーカルも絶品です。北欧らしいヒンヤリと透明感あるシンフォニック・サウンドに、女性ヴォーカルとメランコリックなメロディが美しく映える北欧シンフォの快作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!