プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代の新鋭プログレ・バンド選

『狂気』や『ウォール』が持つ、時代を超越したスタイリッシュなサウンド・プロダクションと普遍的なメッセージ性。 そんなピンク・フロイドのDNAを受け継いだグループが、00年代に入って続々と登場してきています。 ポスト・ロックを通過し、PCでのデジタル・レコーディングに慣れた00年代デビューのミュージシャンにとって、ピンク・フロイドのサウンドは、変わらぬ輝きとともに、今まで以上に身近なものなのかもしれません。 世界各国から芽吹くフロイドのDNA、どうぞお楽しみください!

MILLENIUM

試聴 Click!

ほぼすべての作曲を担い、コンセプト・メイキングも行うKey奏者/コンポーザーは、現代のロジャー・ウォーターズと言っても過言ではないかも!?ポーランド屈指のプログレ新鋭バンドによる2枚組の11年作で、ジャケットからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。

AIRBAG

試聴 Click!

09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界。幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

ANUBIS

試聴 Click!

04年に結成されたオーストラリア注目の新鋭による2014年3rd。ピンク・フロイドに影響を受けた、というか、ネオ・プログレとともにポスト・ロックに影響を受けた結果として、フロイドに近づいた、というような印象。卓越したメロディ・センス、美麗な歌声、そして、ヘヴィでいて透明感ある広がりも聴かせる幻想的なアンサンブルが素晴らしい快作。

A SECRET RIVER

試聴 Click!

ずばり「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」。モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というようなスウェーデン新鋭、2014年デビュー作!

BLURRED VISION

試聴 Click!

イラン生まれのカナダ人なんですが、エキゾチックな顔立ちからは想像できない美声で、ピンク・フロイドを敬愛する空間的なサウンドとメッセージ性は特筆もの。彼らが憧れるロジャー・ウォーターズからもお墨付きをもらったらしい注目のバンド!

STEEO

試聴 Click!

なんとイタリアにもフロイドの遺伝子を受け継いだグループが居ました!『狂気』〜『ウォール』をよりメロディアスにしたような2010年デビュー作。ARTI E MESTIERIのリーダー&キーボード奏者Beppe Crovellaがプロデュースしていて、彼の弾くメロトロンやハモンド・オルガンも聴き所です。

LIGHT DAMAGE

試聴 Click!

ジェネシスやピンク・フロイドのカヴァー・バンドとして05年に結成されたルクセンブルグの新鋭プログレ・バンド。2015年デビュー作。感情を包み込むように歌い上げる伸びやかなヴォーカルと夢想的にたゆたうような流麗なメロディが特筆で、フロイドにヨーロッパ的な美意識を加えた感じ。

ECHO

試聴 Click!

『おせっかい』あたりのピンク・フロイドへの憧憬に満ちたルーマニアの新鋭バンド。2013年作2nd。スペーシーに鳴り響くオルガンやシンセ、ギルモアばりのロング・トーンのメロウなリード・ギターが良い感じ。エキゾチックなヴォーカルもはまってます。

JUKE

試聴 Click!

ピンク・フロイドを筆頭に、ドアーズ、キング・クリムゾン、ゴング、そして、レディオヘッドに影響を受けたフランスの新鋭。サウンドを聴いて、なるほど納得。 http://bit.ly/1SNY46r

Facebookコメント

在庫一覧

  • A SECRET RIVER / COLOURS OF SOLITUDE

    「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」といった感じのスウェーデンの新鋭、2014年デビュー作

    スウェーデン出身、Key奏者を含む4人組バンド、2014年のデビュー作。ゆったりとメランコリックに奏でられるギターのアルペジオと北欧らしい透明感のあるリリカルなピアノ、そして、包み込むように歌う翳りあるヴォーカルとハーモニー。そんなピンク・フロイドに通じる映像喚起的なサウンド・プロダクションと叙情美が印象的なヴォーカル・パートから、インスト・パートでは一気にジェネシス的なヴィンテージな幻想美が溢れ出すのが持ち味で、繊細なタッチでまるでさえずるようなギターのリードと、そこにユニゾンであわせるハモンド・オルガンやムーグ・シンセがハートフルな音像を描きます。美しくクリアなヴォーカルとメロディも特筆で、モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というような感じ。派手さはありませんが、たしかな歌心とアンサンブルのセンスを持った実力派。好盤です。

  • AIRBAG / GREATEST SHOW ON EARTH

    ノルウェーの新鋭ロックバンド、ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界が心地よい13年作3rd

    90年代に結成され、09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。デビュー作からピンク・フロイドやポーキュパイン・ツリーに通ずる映像喚起的かつメランコリックなサウンドが持ち味でしたが、本作でも広がり豊かで幻想的なサウンドが際立っています。エッジが立ったトーンながら残像のように揺れるギター、空間をダイナミックに広げるキーボード。たゆたうギターとキーボードと対照的に、重心を低くたもつタイトなリズム隊。そして、エモーショナルかつ陰影たっぷりのヴォーカル。音が現れては虚空へと消えていくような儚さとともに、ロック的ダイナミズムももったアンサンブルは、『狂気』以降のピンク・フロイドのファンにはたまらないでしょう。幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

  • ANUBIS / HITCHHIKING TO BYZANTIUM

    オーストラリア出身のプログレ・グループ、美麗なメロディとアンサンブルに溢れた2014年作3rd、これは注目!

    2004年に結成されたオーストラリアのプログレ・グループ、2014年作の3rd。透明感あるトーンでリリカルに紡がれるエレキのアルペジオ、柔らかく幻想的にたなびくキーボード、伸びやかなハイトーンでしっとりと歌い上げるヴォーカル。オープニング・ナンバーの映像喚起的なイントロから期待が高まります。ヘヴィなギターが入ってモダンな音像になっても透明感あるメランコリーを失わないところは、北欧プログレ新鋭勢にも通じていますが、エモーショナルで叙情美に溢れたヴォーカル&メロディは英国に近い印象。ギターがゆったりとメロディアスなリードを奏でるところは、やはり同郷のセバスチャン・ハーディーが頭に浮かびます。それにしても、「歌心」は特筆もの。アルバムのどこを切り取っても心揺さぶるメロディと切々とした歌声とクリアでドラマティックなアンサンブルが溢れてきます。これは注目の名盤!

  • ECHO / COMING HOME

    『おせっかい』あたりのピンク・フロイドへの憧憬に満ちたルーマニアのプログレ・バンド、2013年作2nd

    ルーマニアはブカレスト出身、80年代末に学生バンドとして活動していたバンドが時を経て00年代に入り活動再開。2010年の1stに続く2013年作2nd。サウンドは、ピンク・フロイドへの憧憬が滲むサイケデリック&スペーシーなプログレ。繊細なタッチでたゆたうように紡がれるオブリガード、歌うように伸びやかに奏でられるデイヴ・ギルモアばりのリード、沈殿していくようなファズたっぷりのバッキングともに魅力的なエレキ・ギター、スペーシーに鳴り響くオルガンやシンセ、そして、辺境っぽいエキゾチズムのあるヴォーカル&メロディ。神秘性のあるアコースティック・ギターのアルペジオ、ジャジーなタッチのアコースティック・ピアノなど、アコースティックな味付けも印象的です。

  • JUKE / CHIMERA'S TALE

    ピンク・フロイドやドアーズに影響を受けたフランスのプログレ新鋭、芸術度とサイケ/スペーシー度の高い充実の2014年デビュー作

    フランス中部はトゥールで2011年に結成されたプログレ・バンド。2014年のデビュー作。バンド・インフォによると、ピンク・フロイドを筆頭に、ドアーズ、キング・クリムゾン、ゴング、そして、レディオヘッドに影響を受けているようですが、なるほど納得。ピンク・フロイド的なクール&メロウなメロディ、ほの暗さとアーティスティックな感じがちょっぴりジム・モリソンを思わせるヴォーカル、そして、浮遊感あるギターのアルペジオとユラユラとたゆたうキーボードを中心とするサイケデリック&スペーシーな感覚を持ったアンサンブルが印象的です。デイヴ・ギルモアばりのロング・トーンの伸びやかなギター・ソロも特筆。英詩なので、フランスっぽさはあまり感じませんが、静謐に奏でられるピアノにあわせて、ヴォーカルがしっとりと歌い上げるパートはフランスらしい芸術性が感じられます。これは名作です。

  • MILLENIUM / PUZZLES

    現代ポーランドを代表するシンフォ・グループ、11年発表の2枚組コンセプト・アルバム傑作

    99年結成のポーランド屈指のプログレ新鋭バンド。前作から3年ぶりとなった2011年作の8thアルバムで初の2枚組。憂いあるメロディと空間的で映像喚起的なアレンジとが完璧に融合したスタイリッシュなプログレを前作で極めた彼らが挑んだのが、アルバム2枚に渡って描く壮大なるストーリー。アダムとイブを主人公に、男女間の複雑な関係性をパズルのピースに見立てて描いたコンセプト・アルバムに仕上がっています。ジャケット・イメージからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。これは傑作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!