プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代の新鋭プログレ・バンド選

『狂気』や『ウォール』が持つ、時代を超越したスタイリッシュなサウンド・プロダクションと普遍的なメッセージ性。 そんなピンク・フロイドのDNAを受け継いだグループが、00年代に入って続々と登場してきています。 ポスト・ロックを通過し、PCでのデジタル・レコーディングに慣れた00年代デビューのミュージシャンにとって、ピンク・フロイドのサウンドは、変わらぬ輝きとともに、今まで以上に身近なものなのかもしれません。 世界各国から芽吹くフロイドのDNA、どうぞお楽しみください!

MILLENIUM

試聴 Click!

ほぼすべての作曲を担い、コンセプト・メイキングも行うKey奏者/コンポーザーは、現代のロジャー・ウォーターズと言っても過言ではないかも!?ポーランド屈指のプログレ新鋭バンドによる2枚組の11年作で、ジャケットからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。

WAVE

試聴 Click!

この新鋭、フロイド・タイプの多いポーランドにあっても実力は屈指と言えるかな?淡いトーンで交差する2本のギターと陰鬱にたなびくシンセが描き出す、フロイド『ザ・ウォール』への憧憬を感じさせる劇的かつ深遠な音世界にどうぞ酔いしれてください…。

AIRBAG

試聴 Click!

09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界。幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

ANUBIS

試聴 Click!

04年に結成されたオーストラリア注目の新鋭による2014年3rd。ピンク・フロイドに影響を受けた、というか、ネオ・プログレとともにポスト・ロックに影響を受けた結果として、フロイドに近づいた、というような印象。卓越したメロディ・センス、美麗な歌声、そして、ヘヴィでいて透明感ある広がりも聴かせる幻想的なアンサンブルが素晴らしい快作。

A SECRET RIVER

試聴 Click!

ずばり「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」。モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というようなスウェーデン新鋭、2014年デビュー作!

BLURRED VISION

試聴 Click!

イラン生まれのカナダ人なんですが、エキゾチックな顔立ちからは想像できない美声で、ピンク・フロイドを敬愛する空間的なサウンドとメッセージ性は特筆もの。彼らが憧れるロジャー・ウォーターズからもお墨付きをもらったらしい注目のバンド!

STEEO

試聴 Click!

なんとイタリアにもフロイドの遺伝子を受け継いだグループが居ました!『狂気』〜『ウォール』をよりメロディアスにしたような2010年デビュー作。ARTI E MESTIERIのリーダー&キーボード奏者Beppe Crovellaがプロデュースしていて、彼の弾くメロトロンやハモンド・オルガンも聴き所です。

FLUIDO ROSA

試聴 Click!

イタリアのグループ、16年デビュー作。「FLUIDO(流体)」「ROSA=ピンク」というバンド名がまんまですが、やはりフロイド・トリビュート・バンドとしての活動歴を持ち、フロイド影響下のスケール溢れる中にも柔らかな陰影を秘めたメロディアスさが持ち味。そこに乗る伊ヴォーカルの「歌」もさすが絶品です。

MALUS ANTLER

試聴 Click!

イタリア出身、17年デビュー作。ピンク・フロイドとキャメルが合わさったような浮遊感とまろやかな優美さが同居するサウンドをベースに、ひらひらと舞うような優雅なクラリネットが活躍するアンサンブルはイタリア新鋭の中で一際異彩を放ちます。ずばり一筋縄ではいかないナイスバンド!

LEBOWSKI

試聴 Click!

10年にデビューしたポーランドの新鋭、2作目のライヴ盤。拍手がなければライヴとは思えない緻密で静謐な音世界。この世界観、フロイドファンにもきっと響くことでしょう。

FIZBERS

試聴 Click!

なんと弱冠17歳のメンバー3人が結成したポーランドの新鋭プログレ・バンド!フロイド影響下のダークな静謐感と哀愁のメロディが印象的な、メランコリックかつエモーショナルなプログレッシヴ・ロック。

PROAGE

試聴 Click!

ポーランドの新鋭、2017年デビュー作。フロイド憧憬のメランコリックなサウンドを、モダンなヘヴィネスとポーランドらしい荒涼感で包み込んだ力作!

LIGHT DAMAGE

試聴 Click!

ジェネシスやピンク・フロイドのカヴァー・バンドとして05年に結成されたルクセンブルグの新鋭プログレ・バンド。2015年デビュー作。感情を包み込むように歌い上げる伸びやかなヴォーカルと夢想的にたゆたうような流麗なメロディが特筆で、フロイドにヨーロッパ的な美意識を加えた感じ。

ECHO

試聴 Click!

『おせっかい』あたりのピンク・フロイドへの憧憬に満ちたルーマニアの新鋭バンド。2013年作2nd。スペーシーに鳴り響くオルガンやシンセ、ギルモアばりのロング・トーンのメロウなリード・ギターが良い感じ。エキゾチックなヴォーカルもはまってます。

JUKE

試聴 Click!

ピンク・フロイドを筆頭に、ドアーズ、キング・クリムゾン、ゴング、そして、レディオヘッドに影響を受けたフランスの新鋭。サウンドを聴いて、なるほど納得。

Facebookコメント

在庫一覧

  • AIRBAG / GREATEST SHOW ON EARTH

    ノルウェーの新鋭ロックバンド、ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界が心地よい13年作3rd

    90年代に結成され、09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。デビュー作からピンク・フロイドやポーキュパイン・ツリーに通ずる映像喚起的かつメランコリックなサウンドが持ち味でしたが、本作でも広がり豊かで幻想的なサウンドが際立っています。エッジが立ったトーンながら残像のように揺れるギター、空間をダイナミックに広げるキーボード。たゆたうギターとキーボードと対照的に、重心を低くたもつタイトなリズム隊。そして、エモーショナルかつ陰影たっぷりのヴォーカル。音が現れては虚空へと消えていくような儚さとともに、ロック的ダイナミズムももったアンサンブルは、『狂気』以降のピンク・フロイドのファンにはたまらないでしょう。幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

  • ANUBIS / HITCHHIKING TO BYZANTIUM

    オーストラリア出身のプログレ・グループ、美麗なメロディとアンサンブルに溢れた2014年作3rd、これは注目!

    2004年に結成されたオーストラリアのプログレ・グループ、2014年作の3rd。透明感あるトーンでリリカルに紡がれるエレキのアルペジオ、柔らかく幻想的にたなびくキーボード、伸びやかなハイトーンでしっとりと歌い上げるヴォーカル。オープニング・ナンバーの映像喚起的なイントロから期待が高まります。ヘヴィなギターが入ってモダンな音像になっても透明感あるメランコリーを失わないところは、北欧プログレ新鋭勢にも通じていますが、エモーショナルで叙情美に溢れたヴォーカル&メロディは英国に近い印象。ギターがゆったりとメロディアスなリードを奏でるところは、やはり同郷のセバスチャン・ハーディーが頭に浮かびます。それにしても、「歌心」は特筆もの。アルバムのどこを切り取っても心揺さぶるメロディと切々とした歌声とクリアでドラマティックなアンサンブルが溢れてきます。これは注目の名盤!

  • FIZBERS / FIRST MIND

    弱冠17歳のメンバーらによるポーランド産プログレ・トリオ17年デビュー作、フロイド影響下のダークな静謐感と哀愁のメロディが印象的なメランコリックかつエモーショナルなプログレッシヴ・ロック

    ギタリスト、ベース/ヴォーカル、ドラム/キーボードという3人による、ポーランドはクラクフ出身の新鋭プログレ・トリオ17年デビュー作。メンバー3人は弱冠17歳!ピンク・フロイドの影響を感じさせる闇の中のような静謐感と哀愁のメロディが印象的なメランコリックかつエモーショナルなプログレッシヴ・ロックを演奏します。アンサンブルを牽引するギターは、フリップ調の鋭いトーンでの緊張感あるプレイを軸としつつ、きめ細かく織り上げるようなプレイも聴かせるポスト・ロック的センスも持ち合わせる実力派。サウンドに深みを加えるゲスト奏者によるヴァイオリンの旋律も美しい。英語で歌うヴォーカルは素朴ながら言い知れない哀感を漂わせた声質を持ち、線の細さがセンチメンタルな印象へと繋がっていて実にいい感じです。ポーランド特有のダークな質感の中に浮かび上がるセンチメンタルな歌心が静かな感動をもたらす力作です。

  • FLUIDO ROSA / LE VIE DEI SOGNI

    GOBLIN REBIRTHのkey奏者Danilo Cherniと男性シンガーGabriele Marcianoを中心とするグループの16年デビュー作、フロイド影響下のメロディアスなプログレ

    イタリア出身、GOBLIN REBIRTHのkey奏者Danilo Cherniと男性シンガーGabriele Marcianoを中心とするグループの16年デビュー作。FLOYDにかけた「FLUIDO(流体)」と「ROSA=ピンク」というバンド名が示す通り、デビュー以前のフロイド・トリビュート・バンドとしての活動歴が反映された、フロイドの影響下にあるスケール溢れる中にも柔らかな陰影を秘めたメロディアスなプログレ。ギルモア調のブルージーなギターソロがフィーチャーされたり『狂気』を思わせる女性スキャットが出てきたり影響は濃厚ですが、イタリア語による叙情的なヴォーカルが歌うメロディには外に向かって広がっていくような開放的な響きがあり、爽やかな聴き心地が印象的です。楽曲的にもプログレらしい複雑な構築性よりはサビでドラマティックに盛り上がる正統派の楽曲が中心で、イタリアらしく熱く叙情的に歌い上げるヴォーカルにはやはりグッと来ずにはいられません。フロイド愛に溢れたサウンドの中にもイタリアン・ロックの魅力である「歌」をしっかりと堪能させてくれる力作です。

  • LEBOWSKI / PLAYS LEBOWSKI

    ポーランド出身、2010年のデビュー作で完成度の高いシンフォニック・ロックを聴かせた注目グループによる、待望の2作目となるライヴ・アルバム!

    ポーランド出身、2010年のデビュー作で完成度の高いシンフォニック・ロックを聴かせた注目グループによる待望の2作目となるライヴ・アルバム。前作「CINEMATIC」から2曲+新曲8曲を演奏。無駄なく鳴らされるタイトなリズム・セクションを土台に、東欧らしいうっすらと翳りのあるシンセサイザーと気品あるクリアなピアノ、クリーントーンによる浮遊感あるプレイとザクッとリフを刻むヘヴィなプレイを弾き分けるギターらがメランコリックかつスタイリッシュに紡ぐ哀感溢れるシンフォニック・ロックは、間違いなく前作と変わらぬ感動をもたらしてくれます。スペイシーな感覚も含む浮遊感ある音像は系統で言えばピンク・フロイドに近いですが、ギターが随所でオリエンタルなフレーズを織り交ぜていたり、曲によってモノローグ調のヴォーカルが入ったりと、〜タイプと一言では言えないオリジナリティが光ります。ゲストミュージシャンによる哀愁たっぷりのフリューゲルホルンも、彼らの音楽性に最高にマッチしていてただただ絶品です。曲の終わりに拍手が入ることで初めてライヴ録音と意識しますが、演奏の緻密さや静謐な空気感はスタジオ録音とも遜色ない完成度の高さ。7年ぶりの作品であることを感じさせない、前作での感動を変わらず味わわせてくれるライヴ名品となっています。オススメ!

  • MILLENIUM / PUZZLES

    現代ポーランドを代表するシンフォ・グループ、11年発表の2枚組コンセプト・アルバム傑作

    99年結成のポーランド屈指のプログレ新鋭バンド。前作から3年ぶりとなった2011年作の8thアルバムで初の2枚組。憂いあるメロディと空間的で映像喚起的なアレンジとが完璧に融合したスタイリッシュなプログレを前作で極めた彼らが挑んだのが、アルバム2枚に渡って描く壮大なるストーリー。アダムとイブを主人公に、男女間の複雑な関係性をパズルのピースに見立てて描いたコンセプト・アルバムに仕上がっています。ジャケット・イメージからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。これは傑作です。

  • PROAGE / DIFFERENT STATE OF REALITY

    ポーランド新鋭17年作、フロイド憧憬のメランコリックなサウンドをモダンなヘヴィネスとポーランドらしい荒涼感で包み込んだ力作

    ポーランドの新鋭プログレ・バンドによる17年デビュー作。ピンク・フロイド的な浮遊感と透明感あるメランコリーに、現代のバンドらしい叩きつけるようなヘヴィネスを加えた、硬軟自在のギターワークを軸に展開するプログレッシヴ・ロックを演奏。キーボードは控えめながらも哀感を帯びたオルガンをメインにヴィンテージな味わいを加味していて、ギターだけではややヘヴィに寄っていきそうなアンサンブルを絶妙にコントロールしています。男性的な低めのトーンの朗々としたヴォーカルも魅力で、メランコリックな叙情パートでは悩ましげな表情を滲ませる表現力ある歌唱で、クリムゾン的ヘヴィネスが現れる激しいパートでは声を歪ませ迫力ある歌唱を聴かせており特筆。フロイド憧憬を核に持ちつつ、モダンなヘヴィネスと荒涼感で包み込んだ、実にポーランド産らしいサウンドを聴かせる力作です。

  • WAVE / BETWEEN

    2人のギタリストを擁するフロイド憧憬のポーランド新鋭、前作を気に入ったなら間違いない深遠かつドラマチックな世界観が素晴らしい力作

    ポーランドの新鋭プログレ・グループ、17年にリリースしたデビュー作に続く18年の2nd。基本的には前作の延長線上にある、ピンク・フロイドへのリスペクトに溢れるメランコリックかつ静謐な世界観が美しいメロディアス・プログレ。エコーがかった淡いトーンで交差する2本のギターと陰鬱にたなびくシンセ、清らかなピアノらが描き出す深遠かつドラマチックなサウンドは、相変わらず息を飲むような美しさです。前作で聴かれた浮遊感に満ちた幻想的な世界観はやや後退したように感じられ、都会的な洗練性が強まった印象があり、「狂気」と「ウォール」を想起させた前作からすると、「ウォール」色がより前面に出ていると言えるでしょう。メランコリックなパートをより物悲しく彩るゲストのヴァイオリンも効いています。まだ2作品のみながら、フロイド憧憬の新鋭としての実力はトップクラスに位置するもの。前作を気に入ったなら、今回もまず間違いない力作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!