プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ハイウェイを駆けぬけろ!豪快アメリカン・ハード・ロック選

スタッフ増田です。

近頃、アメリカン・ハード・ロックの隠れた名作が続々と再入荷中!暖かくなってきた事だし、週末は豪快なアメリカン・ハードを聴いてドライブでもいかがでしょう?

今回はカケレコ棚から、アメリカならではのパワーみなぎるハード・ロック作品を厳選してご紹介いたします!

MOUNTAIN/FLOWERS OF EVIL

まずは米国ハード・ロックの旗手、MOUNTAINから。

打ち鳴らされるカウベル、力強く叩きつけるようなリフ、そして男臭さいっぱいのレスリー・ウエストのヴォーカル。これぞアメリカン・ハードですね。

試聴 Click!

TRUTH & JANEY/ERUPTS !

76年に録音されたライヴ・アルバムなのですが、それにしても凄い音圧!

超重量級のリズム隊、強烈に歪んだファズ・ギター、エネルギッシュなシャウト・ヴォーカルが一体となって終始ヘヴィ&エキセントリックに畳みかける米ハード名作!

試聴 Click!

NAZCA LINE/OUTER SPACE CONNECTION

パワフルかつ疾走感あるリフに絞り出すようなヴォーカルが乗っかる、ストレートなサウンドが何とも気持ちいい。

レコード蒐集家HANS POKORA氏の著書にも掲載され、激レア盤としてマニア垂涎の一枚として知られるオハイオ産ハード・ロック79年作!

試聴 Click!

STEPSON/STEPSON

アメリカ最初のプログレ・バンドと云われるTOUCHのメンバーが結成したハード・ロック・グループ、74年作。

鋭角なフレーズで畳み掛けるギターにふくよかなオルガン、エネルギッシュにシャウトする存在感抜群のヴォーカルが一体となったパワフル&スリリングなアンサンブルが堪りませんっ!

試聴 Click!

ODA/ODA

なんとバンド名はメンバーである日系人兄弟オダさんのファーストネームから取られたという(レビュワー様の情報より)4人組グループ、70年のデビュー作。

LED ZEPPELINのスピード感のみを抽出したようなスピーディー&アグレッシヴ&切れ味抜群のアンサンブルは元祖HR/HM!

試聴 Click!

BADGE & COMPANY/BADGE AND COMPANY

男臭さ満点、オクラホマのブルース・ハード・トリオによる77年の唯一作。

トリオですがバッキバキに歪んだ2本のギターが録音されているのが特徴で、リズム隊と共に前のめりに突っ込んでいくギターは気持ち良さそうったらありません!

試聴 Click!

PRODIGAL SONS/PRODIGAL SONS

マイナーな米ハード・グループの72年作ですが、この1曲目、タメと疾走感とのダイナミズムが最高!

ちょっぴりブラック・サバスを彷彿とさせるギター・サウンド&ヘタウマなヴォーカルもいいですねえ。

試聴 Click!

THUNDERHEAD/THUNDERHEAD

ジョニー・ウィンターもその腕前を認め自身のアルバムに起用したギタリストPat Rushがツインリードの片翼を担うグループ、75年唯一作。

ソリッドなツイン・ギター・リフが炸裂するサウンドは、ハード・ロック・ファンなら心鷲掴みにされる事必至!

試聴 Click!

サザン・ハードはまだまだこちらでもご紹介しておりますよ!


レーベル・マークは南軍旗!『CROSSROAD PRODUCTIONS』のサザン・ロック・リイシュー作品をご紹介!

【関連記事】

レーベル・マークは南軍旗!『CROSSROAD PRODUCTIONS』のサザン・ロック・リイシュー作品をご紹介!

サザン・ロック奥の細道を歩き続けるCROSSROAD PRODUCTIONSのリイシュー作をピックアップ!

YESTERDAY’S CHILDREN/YESTERDAY’S CHILDREN

最後はこちらの69年作でお別れいたしましょう。

CREAMの如き引きずるようなサイケ&ブルージーさ、ツェッペリンばりのハードなエッジ、さらにガレージ・ロックの荒々しさや奔放さを兼ね備えたファズ・ギターを中心に、リズム隊は上半身裸で汗を飛び散らせながら(←たぶん)疾走を続け、ヴォーカルがエネルギッシュに絞り出すようにシャウトを炸裂させる!

ギターもリズム隊もヴォーカルもとにかく爆音の痛快ヘヴィ・ハード・ロック!!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


ツェッペリン旋風の中から生まれた1971年のアメリカン・ハード・ロック名作特集!

【関連記事】

ツェッペリン旋風の中から生まれた1971年のアメリカン・ハード・ロック名作特集!

アメリカらしいキャッチーなメロディを持つハード・ロックももちろん魅力的ですが、コアなブリティッシュ・ハード・ロックのファンを唸らせるディープな名作もアメリカに数多く残されています。ツェッペリン旋風の中から生まれた1971年のアメリカン・ハード・ロックを特集いたしましょう。


SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

【関連記事】

SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

「元祖ヘヴィ・メタル」SIR LORD BALTIMOREを起点に、壊れたジェットコースターのように暴走する世界のハード・ロックを集めました。

「アメリカン・ハード・ロック」の在庫をもっと見る

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BADGE & COMPANY / BADGE AND COMPANY

    オクラホマ出身ブルース・ハード・トリオ、切れのあるギタープレイが素晴らしい77年唯一作!

    オクラホマ出身のブルース・ハード・トリオ。オリジナルは激レアとして知られる77年の唯一作。前のめりに突っ込むリズム隊、バキバキに歪んだスリリングに畳みかけるギターによるアンサンブルは、圧倒的なスピードとエネルギーアンサンブルの切れ味はかなりキてます。トリオですが、ギターが2本録音されていて、そのアグレッシヴな絡みはかなりの格好良さ。ギターは本当に気持ちよさそうです。

  • ODA / ODA

    70年リリース、スピーディー&アグレッシヴな米ハード・ロック、元祖HR/HM!

    カリフォルニアのハード・ロック・グループ、ツイン・ギター編成の4人組。70年のデビュー作。リフ&リードともにスピード感いっぱいのギター、手数多く前のめりなリズム隊、ハイ・トーンのシャウト・ヴォーカルが一体となり、アグレッシヴに疾走するハード・ロック。LED ZEPPELINのスピード感のみを抽出したようなスピーディー&アグレッシヴ&切れ味抜群のアンサンブルは元祖HR/HM!

  • PRODIGAL SONS / PRODIGAL SONS

    豪快なアメリカン・ハード・ロック、72年作、タメと疾走感とのダイナミズムが抜群!

    アメリカン・ハード・グループ、72年作。バカスカと手数多いリズム隊、豪快なリズム・ギター、タメの効いた歌心いっぱいのリード・ギター。荒々しいヴォーカルと男臭いハーモニーも印象的。1曲目『Water Song』は抜群のタメと疾走感とのダイナミズムが聴き手を一気に飲み込むエネルギッシュな名曲。

  • THUNDERHEAD / THUNDERHEAD

    75年唯一作、ストレートでアグレッシヴでソリッドな米ハード・ロックの好盤

    米ハード・ロック・グループ、75年の唯一作。疾走感いっぱいのアグレッシヴなリズム、バキバキとエッジの立ったスリリングなギター、太くエネルギッシュなシャウト・ヴォーカルによるソリッドなハード・ロック。ブルースがベースにありますが、スピード感重視のストレートなアンサンブルが持ち味。ツイン・ギターによるキメのハモリ・リードもグッときます。

  • TRUTH & JANEY / ERUPTS !

    圧倒的な音圧でなぎ倒すアメリカのハード・ロック・トリオ、76年に録音されたライヴ・アルバム、全13曲

    アメリカのハード・ロック・トリオ。76年に録音されたライヴ・アルバム。それにしても凄い音圧!超重量級のリズム隊、強烈に歪んだファズ・ギター、エネルギッシュなシャウト・ヴォーカル。アメリカのグループによくある哀愁のフォーク・ロック風味はまるで無く、終始ヘヴィにエキセントリックに畳みかけます。熱気溢れるヘヴィ・ロックの名作。

  • NAZCA LINE / OUTER SPACE CONNECTION

    ハンス・ポコラ本にも掲載されているマニア垂涎の米ハード・ロック作、79年作

    オハイオ出身、ツイン・ギター編成の5人組ハード・ロック・グループ。HANS POKORA本にも掲載され、激レア盤としてマニア垂涎の一枚として知られる79年作。疾走感のあるギター・リフを基本に、絞り出すようなシャウト・ヴォーカルが乗っかるストレートなハード・ロック。

  • YESTERDAY’S CHILDREN / YESTERDAY’S CHILDREN

    69年作、エッジの立ったファズ・ギターとエネルギッシュなハイ・トーン・シャウトが炸裂する米国産ハード・ロック!

    米北東部はコネチカット出身で66年に結成されたグループ。69年の唯一作。ギターもリズム隊もヴォーカルもとにかく爆音!クリームばりの引きずるようなサイケ&ブルージーさとともに、ツェッペリンばりのハードなエッジ、さらにガレージ・ロックの荒々しさや奔放さがあるファズ・ギターを中心に、リズム隊は上半身裸で汗を飛び散らせながら(←たぶん)疾走を続け、ヴォーカルがエネルギッシュに絞り出すようにハイ・トーンのシャウトを炸裂させる!ガレージ〜ブルース・ロックを土台に、ハード・ロックの時代に合わせ、アンプのゲインとプレゼンスをフルにして突っ走った、という感じの痛快なヘヴィ・ロック快作!

  • MOUNTAIN / FLOWERS OF EVIL

    米ハード代表格、71年作

    アメリカン・ブルース・ハード・ロックの重鎮、マウンテンの2nd。レスリー・ウェストのギターが冴え渡る名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。