プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

春の日差しを浴びながら聴きたい、うららかな女性シンガー作品をピックアップ。

こんにちは。スタッフみなとです。

感染症の影響で、落ち着かない日々が続きますね。

それでなくても、冬の疲れがたまっていたり、季節の変わり目で何となくだるい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日はそんな方のために、元気や勇気が出るような、うららかな女性シンガーをピックアップいたしました。

よろしければお聴きください。

米国

ALICIA MAY/SKINNYDIPPING IN THE FLOWERS

軽やかなアコギと澄んだボーカルが、春の日差しのようです!

アルバムにはミスティックなピアノ弾き語り、ストリングスが深遠に響くアシッド・フォーク風の楽曲も収録されており、女性SSW好きを唸らせてくれる名品です。

試聴 Click!

CHUCK & MARY PERRIN/LIFE IS A STREAM

アコースティック・ギターをベースにしたサウンドに、ピアノやストリングスが加わって、静かに胸打つメロディ。

そこに瑞々しい2人のボーカルが乗っかり、至福の心地良さ…。

心がすみずみまで洗われるような、優しく美しい響きに包まれる作品です。

試聴 Click!

PAMELA POLLAND/PAMELA POLLAND

ザ・バーズやジェシ・エド・デイヴィスの「タルサ・カントリー」の作者としても知られるカリフォルニアのSSW、72年作。

ジャケット一杯の微笑みが素敵ですよね。

自信に満ちた優しいボーカルを聴いていると、何だか勇気が出てきます。

試聴 Click!

KAREN BETH/NEW MOON RISING

初期2作はアシッド・フォーク風のサウンドでしたが、こちらの75年作はジョン・サイモンプロデュースをプロデューサーに迎えた味わい深いSSW作品となっています。

少しくぐもった声と、軽やかなサウンドがとても心地よいです。

試聴 Click!

GLENDA GRIFFITH/GLENDA GRIFFITH

ドン・ヘンリーと恋仲にあった女性SSWによる77年の名作。プロデュースはドン・ヘンリー自身が担当し、キャロル・キングをはじめ、ウェストコースト・オールスターと言えるゲストも豪華です。

このオープニング曲が本当に良い曲で、聴いていると心が温かくなってきます。

試聴 Click!

英国

PAULINE FILBY/SHOW ME A RAINBOW

ちょっぴり霧がかったようなハイ・トーンと優雅な歌いまわしが魅力のヴォーカル、そして、美しく流麗なメロディ。

Gordon Giltrapが参加しているのも特筆で、気品あるギターと静かに鳴らされるクラシカルな管弦楽器によるアンサンブルも絶品です。

試聴 Click!

ASLAN/PAWS FOR THOUGHT

英国北東部はレスターシャー出身クリスチャン・フォーク・グループ。

爽やかなアコギ、澄み切った女性ボーカルがとにかく美しくて、汚れた心が隅々まで洗われてゆきます。

試聴 Click!


クリスチャン・フォーク特集!

【関連記事】

クリスチャン・フォーク特集!

キリスト教の信仰をテーマにしたフォーク・ミュージック「クリスチャン・フォーク」を特集!

FAIRPORT CONVENTION/UNHALFBRICKING

フェアポート・コンヴェンションの69年作より、「Si Tu Dois Partir」。

ボブ・ディランの「If You Gotta Go, Go Now」をフランス語で歌っています。

これを聴いていると、むやみに元気が出て、何とでもなるような気がしてきます。

実際は別れを歌った曲のようですが。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお役に立てれば何よりです。


リンダ・ロンシュタットの次に聴きたいアルバム特集

【関連記事】

リンダ・ロンシュタットの次に聴きたいアルバム特集

リンダ・ロンシュタットの次に聴きたい女性シンガーの特集です。


アン・ブリッグスから辿る、清冽な女性シンガー特集

【関連記事】

アン・ブリッグスから辿る、清冽な女性シンガー特集

心身を浄化してくれるような、清らかな歌声の女性シンガーをピックアップしました


珠玉の女性ヴォーカルが味わえる英フォーク作品をピックアップ。

【関連記事】

珠玉の女性ヴォーカルが味わえる英フォーク作品をピックアップ。

女性ボーカルが楽しめる英国のフォーク作品を探求いたします。

PAMELA POLLANDの在庫

  • PAMELA POLLAND / PAMELA POLLAND

    ソフト・サイケ・デュオ、ジェントル・ソウルの元メンバー、72年作

    ソフト・サイケ・デュオ、ジェントル・ソウルで一枚だけ作品を残し、またバーズ「タルサ・カウンティ」の作者としても知られる米カリフォルニアのSSW、72年1st。リンダ・ロンシュタットをパワフルにしたようなしなやかな美しい歌声が素晴らしく、ときにこぶしを効かせてエモーショナルに、ソウルフルに歌っています。シンプルで胸に迫る楽曲がピアノを基調としたバンド・サウンドによって大らかに響き渡ります。

「PAMELA POLLANDの在庫」をもっと見る

KAREN BETHの在庫

  • KAREN BETH / NEW MOON RISING

    米女性SSW、ベアズヴィル録音/ジョン・サイモン制作の75年作。ジョン・ホール、ハーヴェイ・ブルックスらが演奏で参加。

「KAREN BETHの在庫」をもっと見る

GLENDA GRIFFITHの在庫

  • GLENDA GRIFFITH / GLENDA GRIFFITH

    ウェストコースト・オールスターと言える陣容で制作された77年の唯一作、プロデュースはドン・ヘンリー!

    ウェストコースト・ロックのファンにはお馴染みの77年唯一作。何と言っても参加メンバーが豪華!プロデュースは、イーグルスのドン・ヘンリーと、ドンとはバンドSHILOHで一緒だった名プロデューサーのジム・エド・ノーマンの2人。演奏では、ダニー・コーチマー(g)、ドン・フェルダー(g)、ジョー・ウォルシュ(g)、キャロル・キング(key)、ティモシー・B・シュミット(b)、ドン・ヘンリー(dr)、ラス・カンケル(dr)、カーラ・ボノフ(back vo)、J.D.サウザー(back vo)他、錚々たるメンバーで、ウェストコースト・オールスターと言える陣容。この頃、グレンダ・グリフィスとドン・ヘンリーは恋人関係にあったようで、メンバーを見ればドンの愛情が分かりますね。2曲のオリジナルの他は、ダニー・オキーフを中心に、キャロル・キングなどが曲を提供している他、ジェシ・ウィンチェスターのカヴァーも収録。オリジナル曲の1曲は、キャロル・キングのピアノをバックに歌うなど聴きどころ満載。米ロックファンからCD化が長らく待望された傑作。

「GLENDA GRIFFITHの在庫」をもっと見る

ASLANの在庫

  • ASLAN / PAWS FOR THOUGHT

    レスターシャー出身、男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ、美しい歌声とハーモニーに心あらわれる76年の名作

    英国北東部はレスターシャー出身の男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ。76年のデビュー作。3人の女性ヴォーカルが一曲の中で交互にリードを取り、コーラスを付け、そしてさらに男性ヴォーカルも次々にコーラスをつけていく。女性ヴォーカルのファンはただただ至福。清楚な歌声、凛とした歌声、ちょっぴり鼻にかかった親しみやすい歌声。どの歌声も絶品。アコギのバッキングに歌声が美しく交差する流麗な曲もいいし、混声ヴォーカルにオートハープが寄り添うトラッド・ソングもいいし、どの曲も音の瑞々しさと透明感に心あらわれます。野辺の花のような英マイナー・フォーク屈指の名品。

  • ASLAN / SECOND HELPINGS

    男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ、美しい歌声とハーモニーに心あらわれる77年の名作2nd

    英国北東部はレスターシャー出身の男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ。前年のデビュー作に続く77年作2nd。PROFILEからリリースされた原盤は激レア。オープニング・ナンバーから、ピースフルな雰囲気に包まれたアコギのストロークと長閑なドラム、心あらわれる清楚な女性ヴォーカル、ジェントルな男性ヴォーカルが良いなぁ。2曲目のリードを取る女性ヴォーカルはサイケな感じがあって、小川のせせらぎのような優しくフォーキーなアンサンブルとの対比が見事で、まるでジェファーソン・エアプレインのグレイス・スリックのバックをキンクスがつとめた感じで最高だし、3曲目の女性ヴォーカルは凛としていて、厳かなトラッド・フォークで空気が引き締まるし、冒頭の3曲でフィメール・ヴォーカルのファンは卒倒ものでしょう。オートハープやリコーダーによる幻想的でいて親しみやすいアレンジも見事だし、これは英マイナー・フォーク屈指の名品です。

「ASLANの在庫」をもっと見る

FAIRPORT CONVENTIONの在庫

  • FAIRPORT CONVENTION / WISHFULNESS WALTZ

    95〜97年のライヴ音源集、全16曲

  • FAIRPORT CONVENTION / FULL HOUSE

    彼らの作品中でも屈指の人気と完成度を誇る英エレクトリック・トラッドの傑作、70年作

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる70年5th。名盤となった前作「Liege & Lief」をリリースした後、Sandy DennyとAshley Hutchingsが脱退、Dave Peggが加入して男性グループへとシフトした作品ですが、その内容はグループのフロントであったSandy Dennyの脱退を全く感じさせないブリティッシュ・トラッド・フォークの名盤となっており、特にRichard Thompsonのギターをはじめとしたバンドの緊張感溢れるパフォーマンスは、さすが全盛期の彼らならではのものです。

  • FAIRPORT CONVENTION / ANGEL DELIGHT

    71年作6th

  • FAIRPORT CONVENTION / BABBACOMBE LEE

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th、19世紀に起きた殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作

    英フォーク・ロックの代表格、71年7th。Sandy Denny、Richard Thompsonが抜け、4人編成となった時期の作品。殺人事件の犯人の半生をモチーフにしたコンセプト作。重い題材を扱っていながら、カントリー・ロックの影響も感じさせる親しみやすい楽曲群で構成。フィドル奏者Dave Mattacksが主導権を握り、男所帯ならではの温もりを感じさせるフォーク・ロックに仕上がっています。伸びやかなヴォーカル、表情豊かにスイングするフィドルを中心として、哀感を漂わせるアコーステイッック・ギター、幽玄なダルシマー、整然としたリズム隊などが一丸となり締まった演奏を展開。心浮き立つような軽快なアンサンブルを奏でており、素朴な男声コーラスと溶け合う様は心地よくリラックスさせてくれます。ピリピリした緊張感を持っていた「LIEGE & LIEF」「FULL HOUSE」の時期とは異なる、朗らかな魅力に溢れるこの時期のフェアポートも良いです。

  • FAIRPORT CONVENTION / ROSIE

    英エレクトリック・トラッドの代名詞的グループ、元フォザリンゲイのメンバー2人を加え再編された布陣による73年8th

    フォザリンゲイよりトレヴァー・ルーカスとジェリー・ドナヒューをメンバーに迎えて制作された8th。73年作。リチャード・トンプソン、サンディ・デニーがゲスト参加した、スウォーブリック作の美しいバラード「Rosie」をはじめ、トラッド色は薄れ、ジャケットの印象通りの開放感溢れるメロディアスな楽曲が印象的。

  • FAIRPORT CONVENTION / OLD NEW BORROWED BLUE

    アコースティック・アルバムの96年作。

  • FAIRPORT CONVENTION / FESTIVAL CROPREDY 2002

    02年ライヴ

  • FAIRPORT CONVENTION / FIDDLESTIX : BEST OF FAIRPORT 1972-1984

    英国フォーク・ロックの名バンド72-84年期ベスト、全19曲

  • FAIRPORT CONVENTION / GLADYS’ LEAP AND EXPLETIVE DELIGHTED

    再結成後の85/86年作を収録

「FAIRPORT CONVENTIONの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。