プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】カンタベリー・ミュージックに通ずる世界のジャズ・ロックを探求!

70年代、カンタベリー地方出身のミュージシャンによって作り出されたカンタベリー・ミュージック・シーン。

高度なテクニックと実験精神を発揮しつつ、英国ならではの叙情性に満ちた個性豊かなサウンドは古今東西の様々なバンドに影響を与え、世界各地に多くのフォロワーを生み出してきました。

本日はカケレコ中古棚より、そんなカンタベリー・ミュージックの影響が感じられるジャズ・ロック作品をピックアップしてまいりましょう。

まずは本場カンタベリーの名盤からスタート。

HATFIELD & THE NORTH/HATFIELD AND THE NORTH

カンタベリー・ミュージックを代表するグループと言えばこのグループですね。
メンバーの確かな技巧性に裏打ちされた複雑な楽曲構成、テクニカルなインタープレイに、ポップなユーモアとイギリスならではの叙情を散りばめた74年の傑作。

試聴 Click!

GILGAMESH/ANOTHER FINE TUNE YOU’VE GOT ME INTO

HATFIELD & THE NORTHが好みでしたら、こちらも間違いなく気に入るでしょう!
いかにもカンタベリー・ミュージックらしい手工芸のような逸品!元SOFT MACHINEのHugh Hopperも参加した79年作。

試聴 Click!

NATIONAL HEALTH/NATIONAL HEALTH

そんなハットフィールド&ザ・ノースとギルガメッシュのメンバーが結成したバンドがNATIONAL HEALTH。
デイヴ・スチュワートやアラン・ガウエンをはじめとする名手たちの才能が結集し、まさにカンタベリー・ロックの集大成と言える技巧と叙情が結びついた見事なサウンドを創り上げています。

試聴 Click!

SOFT HEAP/SOFT HEAP

ハットフィールドやナショナル・ヘルスにも劣らぬカンタベリー界のスーパーグループといえばこちらも。
元ソフト・マシーンのエルトン・ディーン&ヒュー・ホッパーにピップ・パイル、アラン・ガウエンが加わり結成されたバンド、79年作。
フリーキーに叫びを上げるサックスとロマンティックなエレピが織りなす鮮烈のアンサンブルが魅力的!

試聴 Click!

英国カンタベリー・ミュージックをもっと探求したいという方は、以下の記事も合わせてご覧下さい♪


カンタベリー・ミュージック特集

【関連記事】

カンタベリー・ミュージック特集

英国はカンタベリー地方のミュージシャン達によって生み出されたジャジーで実験精神に溢れつつ、英国ならではの叙情性を感じさせる魅惑のカンタベリー・ミュージックを特集!

ではでは、ここからは世界のカンタベリーな名盤を探求!

SUPERSISTER/PRESENT FROM NANCY and TO THE HIGHEST BIDDER

シャープなリズム隊にアヴァンギャルドなタッチのピアノやオルガン、流麗に吹き鳴らされるフルート。
ハットフィールドが誕生するより前に、オランダにこんなにカンタベリーなジャズ・ロックが存在したとは・・・。

試聴 Click!

ウィグワム/ニュークリア・ナイトクラブ

CARAVANが好きなら、このフィンランドのバンドも是非。
ほんのりユーモラスな牧歌性、人懐こいキャッチーなメロディ、時折疾走を始めるジャジーで精緻なアンサンブル。VIRGINよりワールドワイドにリリースされた名作ですね。

試聴 Click!

THE GROUP/THE GROUP

そんなWIGWAMに在籍したベーシストPekka Pohjolaが結成したフュージョン/ジャズ・ロック・バンド79年作もおすすめ。
透明感のあるギター、浮遊感たっぷりのエレピ。洗練されつつも暖かなファンタジックさに満ちたサウンドが心地良い~。

試聴 Click!

COS/VIVA BOMA

次はカンタベリー直系の淡く知的なジャズ・ロックを鳴らすベルギーのグループ、COSの76年作2nd。
ヒリヒリと緊張感漂うアンサンブルとコケティッシュな女性ヴォーカルのスキャットの対比が個性的ですね。

試聴 Click!

BLAY TRITONO/CLOT 20

スペインはバルセロナが生んだジャズ・ロック「ライエターナ・ミュージック」屈指と言われる76年作。
クールな切れ味とユーモラスさ、暖かみあるハーモニーのバランスが絶品・・・ハットフィールド&ザ・ノースの1stやヘンリー・カウのファンは気に入る事間違いなし!

試聴 Click!

最後は現代に移りまして、まずは南米チリのカンタベリー・ロック!

BANDHADA/OPEN CAGE

84年に唯一作を残したチリのグループ、25年ぶりの09年復活作!
現代らしいハードエッジなアンサンブルと、揺らめくエレピ、リリシズム溢れるフルートがもたらすカンタベリー風味との融合が素晴らしい。

試聴 Click!

SIMAK DIALOG/PATAHAN

次は現代テクニカル・ジャズ・ロックの宝庫、インドネシアの07年作、
流麗でテクニカルなフュージョン・サウンドと東南アジアのエキゾチズムとが融合したサウンドは、フュージョンやカンタベリーの傑作とも比肩する知性を感じさせますね。

試聴 Click!

SANGUINE HUM/NOW WE HAVE LIGHT

ラストは再び英国に戻り、オックスフォード出身の新鋭15年作。
まるでナショナル・ヘルスのデイヴ・スチュワートやアラン・ガウエンがポスト・ロックを演った感じ!?
ヌケの良いモダンな音響とカンタベリー直系の繊細な叙情性が出会った注目の逸品!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ。


ハットフィールド&ザ・ノースのファンにオススメの世界のニッチなジャズ・ロック特集!

【関連記事】

ハットフィールド&ザ・ノースのファンにオススメの世界のニッチなジャズ・ロック特集!

時に繊細にたゆたい、時にキレ味鋭いフレーズでテンションを増幅させるギター。淡く叙情的なハモンド・オルガン。そして、流れるように美しくアイロニーやユーモアもたっぷりな愛すべきメロディとヴォーカル。そんなハットフィールドに通じる作品を世界中からピックアップ!


00年代新鋭ジャズ・ロック・グループ~ソフツやハットフィールドのDNAを継ぐバンドを世界中からセレクト!

【関連記事】

00年代新鋭ジャズ・ロック・グループ~ソフツやハットフィールドのDNAを継ぐバンドを世界中からセレクト!

ソフト・マシーンやハットフィールドなどカンタベリー・ミュージックのDNAを継ぐ新鋭ジャズ・ロック・バンドを世界中からピックアップいたしましょう。

「カンタベリー・ミュージック」の在庫をもっと見る

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • HATFIELD & THE NORTH / HATFIELD AND THE NORTH

    カンタベリー・ジャズ・ロックの最高峰バンドによる74年1st、Robert WyattやHENRY COWのJeff Reighも参加

    元CARAVANのRichard SinclairとSteve Miller、元MATCHING MOLEのPhil Miller、後にNATIONAL HEALTHで活躍するPip Pyleにより結成され、Steve Millerが脱退、KHANを経たDave Stewartが参加したカンタベリー・ジャズ・ロックバンドの代表格の74年デビュー作。HENRY COWのJeff ReighやRobert Wyattも参加した本作は、メンバーの確かな技巧に裏打ちされた複雑な楽曲構成や、変拍子を用いたテクニカルなインタープレイを持ちつつも、カンタベリー独特の質感、メロディーの味わい、ポップ・センス、ユーモアを散りばめた極上のファンタジアを描く傑作です。

  • NATIONAL HEALTH / NATIONAL HEALTH

    カンタベリー・シーンの重要グループHATFIELD AND THE NORTHとGILGAMESHの中心メンバーが結成したジャズ・ロックバンド、78年作1st

    カンタベリー・シーンの重要グループであるHATFIELD AND THE NORTHとGILGAMESHの中心メンバーが結成したジャズ・ロックバンドの78年作。Dave Stewart、Phil Miller、Neil Murray、Pip Pyleというキャリアのあるメンバーに加えてGILGAMESHのAlan Gowen、CARAVANやSOFT MACHINEとつながるJimmy Hastings、そしてGILGAMESHにも参加しているAmanda Parsonsなどゲスト人も強力。その内容はDave Stewartの存在感を感じさせる、HATFIELD AND THE NORTHの音楽性をよりジャジーにしたような作風であり、4曲の大作から成るカンタベリー・ジャズ・ロックの集大成といえる圧巻の傑作です。

  • COS / VIVA BOMA

    ベルギー出身、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック・アンサンブルとスキャット風の女性ヴォーカルとの組み合わせが個性的なグループ、76年作2nd

    ベルギー出身、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック・アンサンブルとスキャット風の女性ヴォーカルとの組み合わせが個性的なグループ。76年作2nd。カンタベリー色濃厚だった1stに比べ、よりアヴァンギャルドな色合いを増し、緊張感でヒリヒリするスリリングな演奏を聴かせています。

  • BLAY TRITONO / CLOT 20

    76年唯一作、カンタベリー/レコメン系のファンは必聴!スパニッシュ・ジャズ・ロックの名作!

    スペインはバルセロナで興った「ライエターナ・ミュージック」屈指の傑作と言われる76年唯一作。メンバーの中心は、現在までプレイヤー/コンポーザーとして活躍するサックス/テノーラ奏者のJoan Josep Blay。他、ジャズ・ピアノの名手でORQUESTRA MIRASOLでも活躍するKey奏者Victor Ammannと、トランペット奏者、トロンボーン奏者、リズム隊による6人編成。Joan Josep Blayによるテノーラ(スペインの民族木管楽器)のチャルメラ風フレーズを軸に、トランペットとトロンボーンがたおやかにむせぶ地中海フレイヴァーたっぷりのサウンドを聴かせます。ビシバシと切れ味鋭いドラムとメロディアスに動きまくるベースによるリズム隊も鉄壁。Key奏者のVictor Ammannもさすがで、ギルガメッシュのAlan Gowenにも比肩する緻密で煌びやかなピアノ&エレピが印象的です。ハットフィールドやギルガメッシュなどカンタベリーの名作と比べても何ら遜色ないクオリティ。これはユーロ・ジャズ/アヴァン・ロック屈指の傑作です。

  • SIMAK DIALOG / PATAHAN

    インドネシアのグループ、精緻かつ流麗なタッチで繰り広げるジャズ・ロック、07年作

    インドネシアのグループ。格調高くイマジネーション溢れるピアノと浮遊感あるメロウなエレキを中心に、HATFIELD & THE NORTHを彷彿させる精緻なタッチの流麗なジャズ・ロックを聴かせています。アカデミックなアンサンブルと東南アジアの香りを感じさせるパーカッションとのバランスがオリジナリティ。05年にライヴ録音された音源ですが、繊細なテクニックとアンサンブルは一発録りとはとても思えません。素晴らしいテクニックと音楽センスを持った好グループ。ジャズ・ロック・ファン、とくにカンタベリー・ミュージックのファンにはオススメの逸品。

  • WIGWAM / NUCLEAR NIGHTCLUB

    フィンランドのビートルズとも言われる名グループ、VIRGINからのワールドデビュー作となった75年作

    北欧を代表するグループ。Pekka PohjolaとJukka Gustavsonが脱退し、Jim Pembrokeを中心とする新生WIGWAMとなり制作。75年に英VIRGINよりワールド・ワイドにリリースされた作品。「北欧のビートルズ」と異名を取るように、メロディ・センスは10ccなど英ニッチ・ポップを彷彿とさせます。ジャケットのイメージ通りのほの暗いファンタジーも印象的で、北欧ならではのサウンドを描いた名作。

  • THE GROUP / THE GROUP

    Pekka PohjolaやTASAVALLAN PRESIDENTTIのドラマーらによるグループ、78年作

    フィンランドを代表するプログレ・バンドWIGWAMに在籍したベーシストPekka Pohjolaを中心に結成され、後にPEKKA PHJOLA GROUPに発展するフュージョン/ジャズ・ロック・グループ、77年の唯一作。流麗なギターや優美なピアノ、タイトなリズム隊によるモダンなフュージョン・サウンドはRETURN TO FOREVERも彷彿とさせますが、その中にPekka Pohjola作品らしい暖かくファンタジックな空気を湛えているのが印象的。透明感のあるエレピをフィーチャーしたサウンドはカンタベリー・ロックにも通じるものがあります。洗練されつつも心温まるジャズ・ロックを聴かせる好盤。

  • SUPERSISTER / PRESENT FROM NANCY and TO THE HIGHEST BIDDER

    オランダのジャズ・ロック・グループ、70/71年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。