プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

激しい情感渦巻くヘヴィ・シンフォニック・ロック特集!

スタッフ増田です。

寒さ厳しいこの季節。本日はイタリアを筆頭に、熱く情感燃え上がるようなヘヴィ・シンフォニック・ロックを集めてみました。

「ヘヴィ」と聞くと歪んだギターや激しい音圧をイメージしますが、ヘヴィ・シンフォの場合はむしろ荘厳な楽曲表現、緩急激しい曲展開などサウンドの根底にある「重厚さ」が特徴。

これぞプログレ、というダイナミズムと熱気に溢れた名作たちをどうぞお楽しみ下さい!

オザンナ/パレポリ(1973)

まずはイタリアン・プログレの中でも指折りの名作と言えるこの73年作。
イタリアらしい叙情性とアグレッシヴなフリー・ジャズ、エキゾチックかつ呪術的なエッセンスが高次元で結びついた、おどおどろしいながらも神秘的な作品ですよね。

試聴 Click!

MUSEO ROSENBACH/ZARATHUSTRA(1973)

イタリアでメロトロンと言えば、やはりこのグループ!
「洪水」という言葉がぴったりの轟々たるメロトロン、牙をむくように狂暴なアンサンブル、そして強烈なまでの叙情性!何もかもが圧倒的・・・。

試聴 Click!

SEMIRAMIS/DEDICATO A FRAZZ(1973)

なんと当時全員10代のグループによる唯一作なのですが、こちらもイタリアン・プログレ史に名を残す名盤。
多少粗削りではあるものの、最初から最後まで怒涛のエナジーに満ちた内容は圧巻。もう緊張感という点ではクリムゾンも凌駕しちゃってますね!

試聴 Click!


SEMIRAMIS『DEDICATO A FRAZZ』【イタリアン・プログレ】 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

SEMIRAMIS『DEDICATO A FRAZZ』【イタリアン・プログレ】 – ユーロロック周遊日記

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、イタリアのプログレ・グループSEMIRAMISによる73年リリースの唯一作『DEDICATO A FRAZZ』をピックアップ☆

RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO/PER…UN MONDO DI CRISTALLO(1972)

72年と言ったら・・・オザンナ「パレポリ」やムゼオ・ローゼンバッハよりも先じゃないかっ!
それでこの完成度、もっと評価されてもおかしくない元祖イタリアン・ヘヴィ・シンフォの傑作!

試聴 Click!

イル・バレット・ディ・ブロンゾ/YS(イプシロン・エッセ)(1972)

72年と言えばこの名作も生まれています。
ハード・ロック然としたギターやテクニカルなリズム隊の変拍子に、クラシカルなピアノやチェンバロ、メロトロンが乱れ飛ぶ・・・狂おしくも美麗なアンサンブルが見事。

試聴 Click!

IL ROVESCIO DELLA MEDAGLIA/CONTAMINAZIONE(1973)

アルゼンチン出身の映画音楽家ルイス・バカロフがオケアレンジを担当した伊ロック3大傑作の一枚。
持ち前のハードロック魂とクラシカルなストリングスとのぶつかり合いが熱い!

試聴 Click!

往年の傑作を紹介したところで、次は現代のイタリアが生んだヘヴィ・シンフォ名盤もご紹介!

STRUTTURA E FORMA/ONE OF US(2017)

まずは70年代初頭に結成されたというイタリアのバンドによる念願の(!?)17年デビュー作。
轟々としたメロトロンをめいっぱいフィーチャーしつつ、切れ味鋭くスタイリッシュに仕上がったヘヴィ・シンフォが新鮮!

試聴 Click!

LA FABBRICA DELL’ASSOLUTO/1984(2015)

こ、これ、本当に2015年作!?
「静」と「動」のめくるめくダイナミズムに溢れたサウンドは、まるで70年代の発掘音源!これは伊ヘヴィ・シンフォ傑作!

試聴 Click!

LA MASCHERA DI CERA/IN CONCERTO(2004)

激しく舞い上がるフルート、これでもかというくらい湧き上がる幻想的なメロトロンに圧倒されました!
70年代イタリアを彷彿とさせる邪悪なムードたっぷりのヘヴィ・シンフォ04年ライブ盤。

試聴 Click!

IL BACIO DELLA MEDUSA/SEME(2018)

04年にデビューしたイタリアの新鋭なのですが、オザンナを始めとする往年のイタリアン・ヘヴィ・プログレにHR色を加えたような、強烈なエネルギーが渦巻くサウンドがとにかく圧倒的!
この1曲目、ぜひ試聴してみてください…。

試聴 Click!

次のページではイタリアを飛び出て、世界のヘヴィ・シンフォをご紹介♪

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • MUSEO ROSENBACH / ZARATHUSTRA

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

    イタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤であり、イタリア然とした叙情とへヴィネスで迫る傑作73年作。その内容はロマンに溢れるメロディーと、キーボード・サウンドをメインに据えた爆発的な熱気を感じるへヴィー・シンフォニック・ロックであり、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」テーマに掲げた壮大なコンセプト・アルバムです。儚げなフルートや溢れ出る洪水のようなストリングスなど、メロトロンの長所を生かしきった名盤としても別格の出来であり、へヴィーなギターやせわしない手数を誇るドラムが彩るパワフルな音像に、深みのあるシンフォニック性とイタリアン・ロックの風格を加味することに成功しています。入門編にも最適な必聴名盤。

  • IL BALLETTO DI BRONZO / YS

    アーティスティックかつ緊張感みなぎる72年作2nd、伊へヴィ・シンフォ屈指の名盤!

    OSANNAの前身グループであるCITTA FRONTALEに参加していたGianni Leoneが在籍し、イタリアン・プログレッシブ・ロックの傑作を生み出したバンドの72年2nd。その内容はハード・ロック然としたパワフルなギターやテクニカルに畳み掛けるリズム隊による変拍子をボトムに、Gianni Leoneのクラシカルなピアノやバロック風のチェンバロ、そしてメロトロンなどのキーボードが乱れ飛ぶ狂気のへヴィー・シンフォニック・ロックであり、攻撃的でスリリングなインプロヴィゼーションとアヴァンギャルドとすら言えるような前衛的な怪しさを内包させた、シーン屈指の名盤です。

    • POCP2368

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価1800

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      ケースツメ跡あり、ウォーターダメージあり

    • UICY94500

      廃盤希少、紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2800

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯無

      帯無、紙ジャケにスレあり

  • OSANNA / PALEPOLI

    伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

    CITTA FRONTALEを母体に、Danilo RusiciとElio D’annaを中心に結成され、呪術的なサウンドとほの暗い叙情でトップバンドへと登りつめたイタリアのへヴィー・プログレッシブ・ロックグループの73年3rd。彼らの最高傑作として名高い本作は、彼らの個性である呪術的な暗鬱とした音楽性、圧倒的なサイケデリアを描く音像、そして過剰なへヴィネスを内包したギター、サックスが先導するフリー・ジャズ路線のアプローチが高次元で融合したイタリアン・プログレッシブ・ロックを代表する名作であり、おどろおどろしいながらも神秘を感じさせる傑作です。

  • SEMIRAMIS / DEDICATO A FRAZZ

    弱冠16歳の天才ミケーレ・ザリッロが率いた伊ヘヴィ・シンフォ・バンド、73年リリースの唯一作にして傑作!

    リリース当時、全曲の作曲を手がけているMichele Zarrilloは若干15歳であり、他メンバーも全員10代であったと言うイタリアのへヴィー・シンフォニック・ロックグループの73年唯一作。変革する社会に対応できなくなったひとりの人間をコンセプトに掲げたトータル・アルバムとなっており、バタバタと暴れるリズム・セクションに荒々しいギター・ワーク、そしてクラシカルなアンサンブルを聴かせるキーボードがイタリアらしい熱気を伝えます。強引に引っ張り変化する展開や多少荒削りで垢抜けない雰囲気は感じるものの、当時の彼らの年齢を考えれば若々しいエネルギーが暴走するサウンドは非常に魅力的なものであり、起伏に富んだスリリングな作品と見ることが出来るでしょう。

  • RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO / PER…UN MONDO DI CRISTALLO

    オザンナ『パレポリ』やムゼオ・ローゼンバッハの唯一作に先んじたイタリアン・ヘヴィ・シンフォの傑作、72年リリース

    後にSAMADHIを結成するボーカリストLuciano RegoliとギタリストNanni Civitenga、そしてPROCESSIONへ加入するドラマーFrancesco Froggio Francicaを擁したイタリアのプログレッシブ・ロックバンドによる72年唯一作。メロディーなどにはイタリアらしいフォーキーなフレーバーが漂うものの、サックスやフルートが登用されテクニカルでへヴィーな変拍子の畳み掛けを見せるなど、その音像はKING CRIMSONを髣髴とさせ、加えて現代音楽などに影響されたアヴァンギャルド性はほの暗さと呪術的な怪しさを放ちます。同郷OSANNAを想起させますが、爆発的な邪悪さを放つOSANNAより整理されたサウンドと言う印象を持ちます。紙ジャケット仕様。

  • STRUTTURA E FORMA / ONE OF US

    70年代初頭に結成されたイタリアのバンドによる17年デビュー作、メロトロンを全編フィーチャーした圧巻のヘヴィ・シンフォ、これは傑作!

    70年代初頭に結成されたイタリアのバンドによる17年デビュー作。冒頭からすでに強烈!泣きのハード・ロック・スタイルで弾きまくるエッジの効いたギターと分厚いメロトロンが絡み合いスリリングに疾走する、壮絶なヘヴィ・シンフォが展開されて驚愕。この時点で並ではないグループが現れたことを実感します。以降の曲でもバックで絶え間なく鳴り続けるメロトロン。センス溢れるプレイに相当な使い手だと思ったら、アルティ・エ・メスティエリに在籍した名キーボーディストBeppe Crovellaがゲスト参加して鳴らしているということで納得です。ELP「Lucky Man」のカバーでの泣けるメロトロンの調べも素晴らしい。タイトで力強いリズム・セクション、英詞を中心にスタイリッシュに歌い上げるヴォーカルも大変いいです。メロトロンをフィーチャーしたヘヴィ・シンフォということで大仰な印象が持たれそうですが、実際は非常にスタイリッシュに洗練させていて時にキャッチーさすら感じさせるサウンドが実に新鮮。これはイタリアン・ヘヴィ・シンフォの新しい形と言えるかもしれません。傑作!

  • IL BACIO DELLA MEDUSA / SEME

    04年デビューのイタリア新鋭による18年作、OSANNAら往年のイタリアン・ヘヴィ・プログレにHR色を加えたようなテンション高いプログレ快作!

    04年にデビューしたイタリアの新鋭プログレ・バンドによる18年作。1曲目からテンションMAX!手数多く叩き込むタイトなリズムに乗って、歪んだギターがヘヴィにのたうち、メロトロンが噴き出し、ダミ声の邪悪なヴォーカルがパワフルに歌い上げる、OSANNAなど往年のイタリアン・ヘヴィ・シンフォにHR色を加えたような、強烈なエネルギーが渦巻いていて、冒頭4分ほどで圧倒されてしまいます。何たるカッコ良さ。一転2曲目は、きらめくアコースティック・ギターとフルートが優雅に彩るたおやかなナンバー。ヴォーカルからも邪悪な表情は消え、伸びやかで優しげに歌い上げます。この1曲目と2曲目の落差は本当に見事。ジャジーな洗練を帯びたスピーディかつスタイリッシュな3曲目も素晴らしくて、ここでは鋭くも華麗なタッチで舞うサックスのプレイが光ります。後半はありったけの情感を込めたヴォーカルとギターが熱い叙情をほとばしらせるイタリア然とした展開へと繋がっていき唸らされます。全編通して「動」と「静」を振れ幅最大で行き来するテンションの高いサウンドが楽しめますが、同じバンドによるとは思えない多彩さを凝縮した冒頭3曲を聴くだけでも十分に価値があるでしょう。文句なしの傑作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。