プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ケヴィン・エアーズ『月に撃つ』など、ブリジット・セント・ジョンが参加した作品特集。

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、現在来日中のブリジット・セント・ジョンがボーカルで参加している、色々なアーティストのアルバムをピックアップいたします!

【ブリジット・セント・ジョン】在庫一覧


まずはこちらから。

KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLD / SHOOTING AT THE MOON(1970)

試聴 Click!

ケヴィン・エアーズの2作目は、英現代音楽家デヴィッド・ベッドフォードマイク・オールドフィールド、ジャズ系ミュージシャンのロル・コックスヒルなどとバンドを組んだ、実験的要素とポップさが見事に合わさったサウンド。

当時知り合ったブリジット・セント・ジョンとのデュオも、素晴らしい出来です。

ケヴィンの力の抜けた歌唱と、ブリジットの奥行ある歌声が相性抜群です。

KEVIN AYERS / ODD DITTIES(1976)

試聴 Click!

こちらは76年の編集盤。

ブリジットの歌声は、フランス語がぴったり合いますね!

KEVIN AYERS / UNFAIRGROUND(2007)

試聴 Click!

こちらはケヴィン・エアーズの遺作となった07年ソロ作。

「The Oyster And The Flying Fish」にも勝るとも劣らない楽曲です!

【ケヴィン・エアーズ】在庫一覧


MIKE OLDFIELD / OMMADAWN(1975)

試聴 Click!

英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、マイク・オールドフィールドの75年作3rd。

アイルランド人の血を引く彼のケルト音楽への想いが集約された、初期の大傑作!

8:18秒頃から始まる静謐なパートで、ブリジットのコーラスが入っています。

美しい・・・

MIKE OLDFIELD / AMAROK(1990)

試聴 Click!

ほとんどの楽器をオールドフィールド本人が多重録音した大作。75年『オマドーン』の続編とも位置づけられる作品。

29:27秒頃から始まる聖歌隊のようなコーラスが、恐らくブリジットと思われます。

【マイク・オールドフィールド】在庫一覧


MICHAEL CHAPMAN / DEAL GONE DOWN(1974)

試聴 Click!

バート・ヤンシュやジョン・マーティン、ロイ・ハーパーと並んで、60年代より英国フォーク・シーンで活躍するマイケル・チャップマン、74年作。

ブリジットはマディ・プライアと共に、バック・コーラスで参加しています。

マイケルの枯れたボーカル、いいですね。しかし、もう少しブリジットが聴きたいところです・・・

MICHAEL CHAPMAN / 50

試聴 Click!

同じくマイケル・チャップマンの17年作。「50」というタイトルは、67年のデビューから50周年という意味だそうで。

半世紀も活動を続けているなんて、凄いですね。

そしてこの楽曲。多分お二人とも70歳代なのですが、何と味わい深いサウンドでしょうか。

【マイケル・チャップマン】在庫一覧


いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです!


BRIDGET ST.JOHN特集

【関連記事】

BRIDGET ST.JOHN特集

祝・来日。ブリジット・セント・ジョンの来歴を振り返ってみます。


ブリジット・セント・ジョンが好きならおすすめ!透明感と陰影あふれるSSW特集。

【関連記事】

ブリジット・セント・ジョンが好きならおすすめ!透明感と陰影あふれるSSW特集。

ブリジット・セント・ジョンに通じる魅力を持ったSSWをピックアップいたします。


ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

英国のアシッド・フォークを取り上げてまいります!


HERONが好きな人におすすめの、世界各国木漏れ日フォーク特集。

【関連記事】

HERONが好きな人におすすめの、世界各国木漏れ日フォーク特集。

英国の木漏れ日フォーク代表格、HERONに通じる、暖かく柔らかで心地よいフォーク作品をピックアップいたしました。

BRIDGET ST.JOHNの在庫

  • BRIDGET ST.JOHN / ASK ME NO QUESTIONS

    存在感あるヴォーカルと流麗なメロディが魅力の英女性SSW、69年デビュー作

    ジョン・ピールに見出された女性SSW。ダンデライオン・レーベルから69年にリリースされた1st。アコギによる弾き語り中心で、繊細かつ芯の通った彼女の歌声が堪能でき、全体に流れる緊迫した空気にヒリヒリさせられます。John Martyn、Ric Sandersが数曲で参加。

  • BRIDGET ST.JOHN / SONGS FOR THE GENTLE MAN

    存在感あるヴォーカルと流麗なメロディが魅力の英女性SSW、71年2nd

    ジョン・ピールに見出された女性SSW。ダンデライオン・レーベルから71年にリリースされた2nd。ピンク・フロイド「原子心母」で知られるロン・ギーシンが編曲を担当。ストリングスや管楽器による、時に格調高く、時に牧歌的なアレンジが絶品。彼女のヴォーカルに神秘性が加味され、まさに孤高のオーラを放っています。傑作。

  • BRIDGET ST.JOHN / TAKE THE FIFTH

    95年リリース、70年代後半〜80年代の発掘音源、全17曲

  • BRIDGET ST.JOHN / ASK ME NO QUESTIONS and SONGS FOR THE GENTLE MAN

    英フィメール・フォークの最高峰、69/71年作

  • BRIDGET ST.JOHN / FLY HIGH

    英フィメール・フォーク屈指のSSW、代表曲・未発表曲・ライヴ音源をまとめた2枚組編集盤

    ジョン・ピールにその才能を見出され、彼が運営するレーベル『ダンデライオン』からデビューしたイギリスを代表するフィメールSSW。ダンデライオン・レーベルからの1stから3rdの代表曲の他、68年から72年に録音されたライヴやBBC音源・レア音源・未発表音源をまとめた編集盤。

「BRIDGET ST.JOHNの在庫」をもっと見る

KEVIN AYERSの在庫

  • KEVIN AYERS / JOY OF A TOY

    持ち前のストレンジな感性が全開!記念すべきソロデビュー作、69年発表

    ソフト・マシーンを脱退後、69年にリリースした1stソロ。全曲でドラムを叩いているのは、ワイアット。ラトリッジ、ヒュー・ホッパーも参加しています。「永遠のボヘミアン」ケヴィン節全開で、全編に流れる緩やかなムードと一つ所に収まらないユーモア感覚溢れるアレンジがたいへん心地良い作品。優しくささやくようなテナーボイスもたまりません。代表曲「LADY RACHEL」収録の名作。

  • KEVIN AYERS / WHATEVERSHEBRINGSWESING

    盟友ワイアットとのデュエットで聴かせる表題曲が素晴らしい、72年発表の3rdアルバム

    72年発表の3rdアルバム。デイヴィッド・ベッドフォード編曲のオーケストラで幕を開ける本作は、奇抜な演奏とのどかで美しいサウンドとが同居する個性溢れる名盤。全体に漂うユーモア感覚溢れるアレンジと要所を占めるテンションの高い演奏はセンス抜群。どの曲も個性的な逸品ばかりですが、ロバート・ワイアットとデュエットしたタイトル・トラックは特に名曲の誉れ高く、エアーズの優雅なテナー・ボイスとワイアットの消え入るような美しい声のハーモニーが絶品。

    • TOCP67359

      紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック4曲、03年デジタル・リマスター、定価2700

      盤質:全面に多数傷

      状態:並

      帯有

      若干カビあり、紙ジャケに色褪せあり

  • KEVIN AYERS / BANANAMOUR

    73年作

    73年発表の4thアルバム。「BANANA FOLLIES」というミュージカル用に書かれた作品を収録した作品。ワイアット、ラトリッジも参加。

  • KEVIN AYERS / CONFESSIONS OF DR.DREAM AND OTHER STORIES

    オリー・ハルソールと初めて手を組んだ74年作、ニコ/マイク・オールドフィールド/マイケル・ジャイルズが参加

  • KEVIN AYERS / SWEET DECEIVER

    エルトン・ジョンがゲスト参加した75年作

    ジョン・ケイルやイーノらとの「JUNE 1 1973」を挟み、前作にも参加したオリー・ハルソールを共同プロデューサーに迎えて制作された6作目。75年作。ロック、バラードからボサノヴァ、トロピカルな曲まで、シンガー・ソングライターとしてのケヴィンの魅力に溢れるポップな一枚。エルトン・ジョンがゲスト参加。

  • KEVIN AYERS / THAT’S WHAT YOU GET BABE

    名手オリー・ハルソールのギタープレイが光る80年作

  • KEVIN AYERS / COLLECTION

    90年編集ベスト、全16曲

  • KEVIN AYERS / STILL LIFE WITH GUITAR

    マイク・オールドフィールド&オリー・ハルソール参加、ノスタルジックでアコースティカルな92年作

「KEVIN AYERSの在庫」をもっと見る

KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLDの在庫

  • KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLD / SHOOTING AT THE MOON

    代表曲「May I ?」収録、アヴァンギャルドな実験的要素とエアーズらしいトボけた味わいが絶妙に溶け合う70年作2nd

    70年作の2nd。デヴィッド・ベッドフォード、マイク・オールドフィールド、ロル・コックスヒルなどの全面参加で、前作に比べ実験的なアレンジが冴える傑作。

「KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLDの在庫」をもっと見る

MIKE OLDFIELDの在庫

「MIKE OLDFIELDの在庫」をもっと見る

MICHAEL CHAPMANの在庫

「MICHAEL CHAPMANの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。