プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ケヴィン・エアーズ『月に撃つ』など、ブリジット・セント・ジョンが参加した作品特集。

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、現在来日中のブリジット・セント・ジョンがボーカルで参加している、色々なアーティストのアルバムをピックアップいたします!

【ブリジット・セント・ジョン】在庫一覧


まずはこちらから。

KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLD / SHOOTING AT THE MOON(1970)

試聴 Click!

ケヴィン・エアーズの2作目は、英現代音楽家デヴィッド・ベッドフォードマイク・オールドフィールド、ジャズ系ミュージシャンのロル・コックスヒルなどとバンドを組んだ、実験的要素とポップさが見事に合わさったサウンド。

当時知り合ったブリジット・セント・ジョンとのデュオも、素晴らしい出来です。

ケヴィンの力の抜けた歌唱と、ブリジットの奥行ある歌声が相性抜群です。

KEVIN AYERS / ODD DITTIES(1976)

試聴 Click!

こちらは76年の編集盤。

ブリジットの歌声は、フランス語がぴったり合いますね!

KEVIN AYERS / UNFAIRGROUND(2007)

試聴 Click!

こちらはケヴィン・エアーズの遺作となった07年ソロ作。

「The Oyster And The Flying Fish」にも勝るとも劣らない楽曲です!

【ケヴィン・エアーズ】在庫一覧


MIKE OLDFIELD / OMMADAWN(1975)

試聴 Click!

英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、マイク・オールドフィールドの75年作3rd。

アイルランド人の血を引く彼のケルト音楽への想いが集約された、初期の大傑作!

8:18秒頃から始まる静謐なパートで、ブリジットのコーラスが入っています。

美しい・・・

MIKE OLDFIELD / AMAROK(1990)

試聴 Click!

ほとんどの楽器をオールドフィールド本人が多重録音した大作。75年『オマドーン』の続編とも位置づけられる作品。

29:27秒頃から始まる聖歌隊のようなコーラスが、恐らくブリジットと思われます。

【マイク・オールドフィールド】在庫一覧


MICHAEL CHAPMAN / DEAL GONE DOWN(1974)

試聴 Click!

バート・ヤンシュやジョン・マーティン、ロイ・ハーパーと並んで、60年代より英国フォーク・シーンで活躍するマイケル・チャップマン、74年作。

ブリジットはマディ・プライアと共に、バック・コーラスで参加しています。

マイケルの枯れたボーカル、いいですね。しかし、もう少しブリジットが聴きたいところです・・・

MICHAEL CHAPMAN / 50

試聴 Click!

同じくマイケル・チャップマンの17年作。「50」というタイトルは、67年のデビューから50周年という意味だそうで。

半世紀も活動を続けているなんて、凄いですね。

そしてこの楽曲。多分お二人とも70歳代なのですが、何と味わい深いサウンドでしょうか。

【マイケル・チャップマン】在庫一覧


いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです!


BRIDGET ST.JOHN特集

【関連記事】

BRIDGET ST.JOHN特集

祝・来日。ブリジット・セント・ジョンの来歴を振り返ってみます。


ブリジット・セント・ジョンが好きならおすすめ!透明感と陰影あふれるSSW特集。

【関連記事】

ブリジット・セント・ジョンが好きならおすすめ!透明感と陰影あふれるSSW特集。

ブリジット・セント・ジョンに通じる魅力を持ったSSWをピックアップいたします。


ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

サイケデリック・ムーヴメントの精神世界に影響を受け、「伝統」の下で暗くほのかに光る原初の呪術性がニョキニョキと音の狭間に現れた英アシッド・フォークの世界。どうぞご堪能ください。


HERONが好きな人におすすめの、世界各国木漏れ日フォーク特集。

【関連記事】

HERONが好きな人におすすめの、世界各国木漏れ日フォーク特集。

英国の木漏れ日フォーク代表格、HERONに通じる、暖かく柔らかで心地よいフォーク作品をピックアップいたしました。

BRIDGET ST.JOHNの在庫

  • BRIDGET ST.JOHN / ASK ME NO QUESTIONS

    存在感あるヴォーカルと流麗なメロディが魅力の英女性SSW、69年デビュー作

    ジョン・ピールに見出された女性SSW。ダンデライオン・レーベルから69年にリリースされた1st。アコギによる弾き語り中心で、繊細かつ芯の通った彼女の歌声が堪能でき、全体に流れる緊迫した空気にヒリヒリさせられます。John Martyn、Ric Sandersが数曲で参加。

  • BRIDGET ST.JOHN / SONGS FOR THE GENTLE MAN

    存在感あるヴォーカルと流麗なメロディが魅力の英女性SSW、71年2nd

    ジョン・ピールに見出された女性SSW。ダンデライオン・レーベルから71年にリリースされた2nd。ピンク・フロイド「原子心母」で知られるロン・ギーシンが編曲を担当。ストリングスや管楽器による、時に格調高く、時に牧歌的なアレンジが絶品。彼女のヴォーカルに神秘性が加味され、まさに孤高のオーラを放っています。傑作。

  • BRIDGET ST.JOHN / TAKE THE FIFTH

    95年リリース、70年代後半〜80年代の発掘音源、全17曲

  • BRIDGET ST.JOHN / FLY HIGH

    英フィメール・フォーク屈指のSSW、代表曲・未発表曲・ライヴ音源をまとめた2枚組編集盤

    ジョン・ピールにその才能を見出され、彼が運営するレーベル『ダンデライオン』からデビューしたイギリスを代表するフィメールSSW。ダンデライオン・レーベルからの1stから3rdの代表曲の他、68年から72年に録音されたライヴやBBC音源・レア音源・未発表音源をまとめた編集盤。

「BRIDGET ST.JOHNの在庫」をもっと見る

KEVIN AYERSの在庫

  • KEVIN AYERS / UNFAIRGROUND

    15年振りのスタジオアルバムとなった07年作。フィル・マンザネラ、ブリジット・セント・ジョン参加。

  • KEVIN AYERS / JOY OF A TOY

    持ち前のストレンジな感性が全開!記念すべきソロデビュー作、70年発表

    ソフト・マシーンを脱退後、69年にリリースした1stソロ。全曲でドラムを叩いているのは、ワイアット。ラトリッジ、ヒュー・ホッパーも参加しています。「永遠のボヘミアン」ケヴィン節全開で、全編に流れる緩やかなムードと一つ所に収まらないユーモア感覚溢れるアレンジがたいへん心地良い作品。優しくささやくようなテナーボイスもたまりません。代表曲「LADY RACHEL」収録の名作。

  • KEVIN AYERS / WHATEVERSHEBRINGSWESING

    盟友R.ワイアットとのデュエットで聴かせる表題曲が素晴らしい、72年発表の3rdアルバム

    72年発表の3rdアルバム。デイヴィッド・ベッドフォード編曲のオーケストラで幕を開ける本作は、奇抜な演奏とのどかで美しいサウンドとが同居する個性溢れる名盤。全体に漂うユーモア感覚溢れるアレンジと要所を占めるテンションの高い演奏はセンス抜群。どの曲も個性的な逸品ばかりですが、ロバート・ワイアットとデュエットしたタイトル・トラックは特に名曲の誉れ高く、エアーズの優雅なテナー・ボイスとワイアットの消え入るような美しい声のハーモニーが絶品。

  • KEVIN AYERS / BANANAMOUR

    73年作

    73年発表の4thアルバム。「BANANA FOLLIES」というミュージカル用に書かれた作品を収録した作品。ワイアット、ラトリッジも参加。

  • KEVIN AYERS / CONFESSIONS OF DR.DREAM AND OTHER STORIES

    オリー・ハルソールと初めて手を組んだ74年作、ニコ/マイク・オールドフィールド/マイケル・ジャイルズが参加

  • KEVIN AYERS / YES WE HAVE NO MANANAS SO GET YOUR MANANAS TODAY

    トロピカルな作風の76年7th

  • KEVIN AYERS / THAT’S WHAT YOU GET BABE

    名手オリー・ハルソールのギタープレイが光る80年作

  • KEVIN AYERS / BANANA PRODUCTIONS: BEST OF

    69-78年期のベスト、全19曲

  • KEVIN AYERS / DOCUMENT SERIES

    69年〜80年の音源より14曲収録したベスト

「KEVIN AYERSの在庫」をもっと見る

KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLDの在庫

  • KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLD / SHOOTING AT THE MOON

    代表曲「May I ?」収録、アヴァンギャルドな実験的要素とエアーズらしいトボけた味わいが絶妙に溶け合う70年作2nd

    70年作の2nd。デヴィッド・ベッドフォード、マイク・オールドフィールド、ロル・コックスヒルなどの全面参加で、前作に比べ実験的なアレンジが冴える傑作。

「KEVIN AYERS & THE WHOLE WORLDの在庫」をもっと見る

MIKE OLDFIELDの在庫

  • MIKE OLDFIELD / TRES LUNAS

    02年作

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS 2003

    英国プログレの金字塔、03年版

  • MIKE OLDFIELD / MUSIC OF THE SPHERES

    07年発表、自身初となるフル・オーケストラ作品

  • MIKE OLDFIELD / MAN ON THE ROCKS

    英国が誇る天才ミュージシャン、14年作

  • MIKE OLDFIELD / SOUNDTRACK FROM MIKE OLDFIELD’S THE SPACE MOVIE

    15年リリース、彼が音楽を担当した79年公開映画の音声トラックを収録

  • MIKE OLDFIELD / RETURN TO OMMADAWN

    ご存知英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、なんと75年作『OMMADAWN』の続編として制作された17年作!

    ご存知、1st『TUBULAR BELLS』の記録的ヒットにより世界にその名が知られる英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、タイトルが示すように彼が75年にリリースした傑作3rd『OMMADAWN』の続編として制作したのがこの17年作!楽曲構成も初期3作品を踏襲する約20分の大作2曲で構成されています。20種類にわたる使用楽器は勿論マイク一人による演奏。冒頭、彼方から聴こえてくるような物悲しい笛の音に重なる哀愁のアコースティックギター。この時点で『OMMADAWN』のあの世界が変わらず広がっていて驚きます。マンドリンやバンジョーも交え躍動感みなぎるトラッド調のアンサンブルが立ち上がってくると、あのデリケートなトーンで旋律を紡ぐ独特のエレクトリックギターも重なってきて、思わず胸が熱くなります。「PART1」後半は、地に響くようなトライバルなパーカッションが現れ、スパニッシュギターがかき鳴らされ、熱っぽいギターが天を駆ける、まさしく『OMMADAWN』を鮮やかに蘇らせたサウンドを展開。かつて『OMMADAWN』に感動した方なら、この「PART1」で早くも涙ぐむこと間違い無し。「PART2」はマンドリンの綺羅びやかな音色が美しい牧歌調の穏やかな演奏に始まり、どこまでも広がる雄大な草原をイメージさせるシンフォニックな中盤、そしてアコギ、エレキ、マンドリン、バンジョーによって紡がれる瑞々しいアンサンブルによって終幕を迎える、淀みのない見事な構成で駆け抜けます。往年の名作の続編と言うと、決して成功しているものは多くない印象ですが、本作に関しては「さすがマイク・オールドフィールド」と言う他ない素晴らしすぎる出来栄えです。リコーダー類・ホイッスル類の音がシンセに置き換わっている部分はありますが、正直それは些細なこと。「プログレッシヴ・ロック・ミュージシャン」マイク・オールドフィールドの帰還にして、初期3作品のファンへのこの上ない贈り物と言える新たな傑作!

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS

    弱冠20歳の若き才能が多重録音を駆使してほぼ単独で作り上げた英国プログレの金字塔的名作、73年リリース

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの73年デビューアルバム。契約第1号アーティストのデビュー作としてヴァージンレコードの飛躍にも多大な貢献をした大名盤であり、また、本人の意図の範疇ではないながらも映画「エクソシスト」のテーマとしても有名な作品です。そのためおどろおどろしいイメージを持たれがちですが、実際はどこまでも美しく、雄大な自然を想起させる25分、23分の大曲2曲であり、膨大な数の地道なオーバーダビングを繰り返して作られた完全無欠の音像は70年代ロック史に深く刻み込まれています。

  • MIKE OLDFIELD / OMMADAWN

    75年作3rd、アイルランド人の血を引く彼のケルト音楽への想いが集約された、初期の大傑作!

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの75年3rd。淡く儚い旋律が印象的な物悲しいイントロで幕を開け 、ケルティックなフレーバーをまぶしながら牧歌的な叙情を感じさせます。女性ボーカルの効果的な登用、そしてアフリカン・パーカッションはじめ民族楽器の導入によるエキゾチックさも楽曲に上手く溶け込み、それを覆う爽やかな雰囲気は彼の一番の個性と言えるでしょう。精神を病むほどに追い込まれながら、一切の妥協なく練り上げられた名盤です。

  • MIKE OLDFIELD / INCANTATIONS

    英国の天才マルチ・プレイヤー、4つの大曲で構成される初期の集大成と言うべき78年作、名作!

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの78年4th。彼の最高傑作として評価の高いアルバムであり、「Tubular Bells」から「Ommadawn」までの「三部作」で繊細な多重録音の世界を聴かせて来たのに対し、このアルバムではオーケストラ・セクションや混声合唱の導入、GONGのPierre Moerlenのドラムや、前作から使われるようになったアフリカン・ドラムのより積極的な使用など、外部との有機的且つ開放的な結びつきが感じられます。大曲主義もよりスケール感を増し、アルバムは4つのセクションから成る1曲のみであり、「三部作」を経た彼の総決算的な作品と言えるでしょう。

  • MIKE OLDFIELD / Q.E.2

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、小曲を中心に構成された80年作、フィル・コリンズやモーリス・パートが参加

    80年作。

  • MIKE OLDFIELD / CRISES

    天才マルチ・プレイヤー、83年作、大ヒットチューン「Moonlight Shadow」収録の名作

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの83年作。MIKE OLDFIELDの作品の中でも、プログレッシブ・ロックという枠を超えて広く聴かれるべき名盤であり、MIKE OLDFIELDらしい大曲「Crises」に始まり、RENAISSANCEのAnnie Haslamなど多くのアーティストにカバーされている非常にポップな名曲「Moonlight Shadow」、YESのJon Andersonのボーカルによる「In High Places」など、当時のAOR風味を適度に織り交ぜながらも、MIKE OLDFIELDらしい爽やかなサウンドで聴かせています。

  • MIKE OLDFIELD / CRISIS

    天才マルチ・プレイヤー、世界的ヒットチューン「MOONLIGHT SHADOW」を含む83年の名盤!

    1970年代のマイク・オールドフィールドを代表する作品が『チューブラー・ベルズ』とすれば、80年代の代表作は、間違いなく全英4位のシングル「ムーンライト・シャドウ」を含む本作『クライシス』だ。アルバムもシングルのヒットを受けて全英6位を記録。ロジャー・チャップマン、ジョン・アンダーソン、サイモン・フィリップスの参加も話題となったソロ第8弾。83年作。

    • 3740447UNIVERSAL

      デジパック仕様、デジタル・リマスター、83年未発表ライヴ音源収録の2枚組、ボーナストラック7曲

      盤質:傷あり

      状態:良好

      圧痕・スレあり、デジパックに貼ってある「DELUXE ESITION」のシールは一部の仕様です

  • MIKE OLDFIELD / SONGS OF DISTANT EARTH

    アーサー・C・クラークによるSF長編を題材にした94年作

  • MIKE OLDFIELD / ORIGINAL ALBUM SERIES

    92/94/96/98/03年作収録。

「MIKE OLDFIELDの在庫」をもっと見る

MICHAEL CHAPMANの在庫

  • MICHAEL CHAPMAN / WINDOW and WRECKED AGAIN

    英国のいぶし銀フォークSSW、70/71年作。

    70年作の3rdと71年作の4thとをカップリングした2枚組CD。

「MICHAEL CHAPMANの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。