プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

VAN DER GRAAF GENERATORから巡る、「濃い味」プログレ!?

こんにちは。スタッフ増田です。

最近本当に、年を取ると味覚って変わるんだなあという事を実感しております。

昔は甘い物に目が無かったのですが、今ではコンビニの菓子パン1つですら食べきるのに苦労したり。
母親の手料理に「薄い!」と文句を言って塩を振ったりしていましたが、今ではすっかりあっさり派。

でもたまには、胃もたれ覚悟でこってりしたラーメンや脂っこい焼肉を食べたくなることもありますよね!?

そんな訳で今回の特集は、『VDGGから巡る「濃い味」プログレ』。
Peter Hammillばりの個性的なヴォーカル、アクの強いサックス等を特色とするグループを集めてみました。

VAN DER GRAAF GENERATOR/LIVE AT ROCKPALAST – LEVERKUSEN 2005

稀代のヴォーカリストPeter Hammillによる演劇的で哲学的なヴォーカルと、ヘヴィで神秘的なバンド・サウンドを持ち味とする英国の名プログレ・グループ。
こちらは今年2018年にリリースされたばかりの、復活後05年に残したライヴ音源&映像を収録した一枚!
この生々しくも叙情あふれる音世界、26年もの歳月が経っても変わらず孤高だなぁ。

試聴 Click!

GNIDROLOG/LADY LAKE

VDGGに通ずる英国のグループと言えばこちらでしょう。
強靭なサックスのスリリングなアンサンブルとジェスロ・タルを思わせる泥臭いフルート、ちょっぴりハスキーなヴォーカル。
幻想性とダークさを併せ持った72年の名盤!

試聴 Click!

AUDIENCE/FRIENDS FRIENDS FRIEND

まるで、VDGGのピーター・ハミルとジェスロ・タルのイアン・アンダーソンとキンクスのレイ・デイヴィスの3人がセッションした感じ!?
むせぶサックス、どっしりしたベースなどアンサンブルのアクとともにフックに富んだメロディがいい塩梅!

試聴 Click!

NINE DAYS WONDER/WE NEVER LOST CONTROL

ピーター・ハミルを彷彿とさせるシアトリカルなヴォーカルと、ジャンル雑多な曲展開を特徴とするドイツのグループ。
変則的なジャズ・ロックと思いきや中間部ではディープ・パープル並の様式美オルガン・ソロが始まったり、この一曲目からしてかなりキてます。

試聴 Click!

MAD CURRY/MAD CURRY

ヴァン・ダー・グラーフにソウルフルな女性ヴォーカルが入ったら?そんなバンドをベルギーで発見!
強烈な暗黒おとぼけジャケに負けず、サウンドも実に個性的!

試聴 Click!

最後は「濃ゆい」実力派ヴォーカル擁する新鋭グループを2つご紹介!

IL BACIO DELLA MEDUSA/DEUS LO VULT

04年にデビューしたイタリアの新鋭、12年作3rd。
とにかくイタリアらしい濃厚な歌唱とハード・ロックなハイトーン・シャウトを使い分ける実力派ヴォーカルが特筆。
演奏もヘヴィー・シンフォというよりはもはやヘヴィー・メタルな凄まじさ…。

試聴 Click!

KENTISH SPIRES/LAST HARVEST

18年にデビューした英国の新鋭。
VDGG、カンタベリー・ロックなどからの影響を織り交ぜたタイトなアンサンブル、そしてエモーションたっぷりの姉御ヴォーカル。
英国プログレ・ファンには堪らない要素が詰まった一枚です!

試聴 Click!

こちらの記事もどうぞ!


【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!


ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの曲TOP20-海外音楽サイトTOP 50 SONGS選

【関連記事】

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの曲TOP20-海外音楽サイトTOP 50 SONGS選

TOP20を動画とともにご紹介いたします!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GNIDROLOG / LADY LAKE

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

    Colin GoldringとStewart Goldringの兄弟によって結成され、フルートやサックスを取り入れたジャズ・ロックを基本にKING CRIMSON、VAN DER GRAAF GENERATORのような音楽性を放つイギリスのプログレッシブ・ロックグループの72年2nd。基本的な方向性は前作からの流れを汲んでおり、サックスやフルートが鳴り響くへヴィー・ロック的な作風ですが、より洗練されたアンサンブルと、カオティックな中にドラマ性と一筋のロマンティシュズムを感じることが出来る名盤となっており、やはり繊細な質感とダイナミックなサウンドのコントラストが映える作品と言えるでしょう。

  • KENTISH SPIRES / LAST HARVEST

    紅一点の実力派ヴォーカル/ヴァイオリニストを擁する英プログレ/ジャズ・ロック新鋭、カンタベリー・ロックやVDGGのヴィンテージ・スタイルを取り入れた絶品歌ものプログレ、これは傑作です!

    紅一点の実力派ヴォーカル/ヴァイオリニストLucie Vを擁する、イギリス出身のプログレ/ジャズ・ロック・グループによる18年デビュー作。これは素晴らしい!CARAVANを始めとするカンタベリー・ロックからの影響が感じられるヴィンテージな絶品歌ものジャズ・ロックを展開。ささやくような影のあるエレピ、存在感ある太いトーンで鳴るオルガン、メロディアスに躍動するフルート、哀愁たっぷりのサックス、そして姉御タイプのエモーション溢れるフィメール・ヴォーカルらが織り上げる、70年代ロックへの限りない憧憬と洗練されたモダンなセンスを違和感なく融合させたドラマチックなサウンドに、感動しっぱなし!一方コシの強いロック・ギターが牽引するナンバーでは、迫力あるブルージーな歌唱で圧倒します。13分に及ぶラスト・ナンバーにも注目で、ここではVAN DER GRAAF GENERATIOR「MAN-ERG」を想起させる、厳かなヴォーカル・パートからブラスを伴ったヘヴィなジャズ・ロックへ突入していく展開にしびれます。ここまで巧みに70年代と現代を有機的に繋ぎ合わせたサウンドはそうそうないでしょう。カンタベリー・ロック・ファン、英国プログレ・ファンにはとにかく聴いてみてほしい驚きの傑作!

  • AUDIENCE / FRIENDS FRIENDS FRIEND

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、カリスマ移籍後の70年作2nd

    あのジム・モリソン亡き後にドアーズに誘われたというヴォーカル&ギターのHoward Werthと後にSAMMYやSTACKRIDGEでも活躍する管楽器奏者Keith Gemmellを中心にロンドンで結成され、69年にデビューしたグループ。カリスマと契約し70年にリリースされた2ndアルバム。力強いHowardのヴォーカルとKeithのぶいぶいとむせぶサックスやフルートをフィーチャーしたアクの強いアンダーグラウンド臭と牧歌性とがごちゃ混ぜとなったサウンドはデビュー作で既に完成されており、本作もその延長線上にあるサウンドが印象的。まるで、VDGGのピーター・ハミルとジェスロ・タルのイアン・アンダーソンとキンクスのレイ・デイヴィスの3人がセッションした感じ!?ファミリーとかブロドウィン・ピッグとかパトゥとかそのあたりのバンドに通じる愛すべき英国臭がぷんぷん。ソングライティングはデビュー作から磨きがかかった印象で、アンサンブルのアクとともにフックに富んだメロディがいい塩梅です。これは名作!

  • MAD CURRY / MAD CURRY

    VDGGばりの荘厳なプログレにR&B〜ジャズ・フィーリングを加えたベルギー最初期のプログレ・グループ、70年デビュー作

    ベルギー出身、ギターレスでサックス奏者とオルガン奏者を含み、女性ヴォーカル在籍という編成のプログレ・グループ。70年のデビュー作。サックスが低く垂れ込めるVDGGばりに荘厳なパートとジャジーなオルガンをフィーチャーしたジャズ・ロックなパートを行き交うアンサンブル、そしてジュリー・ドリスコールやキャロル・ギライムスを彷彿させるソウルフルな女性ヴォーカル。ベルギーのプログレと言えば、WATERLOOやIRISH COFEEのようなオルガン・プログレやCOSやPAZOPなどカンタベリー・フィーリングなジャズ・ロック・グループを思い出しますが、その両方のエッセンスを併せ持つのがこのグループ。シャープな高速リズムに女性スキャットとサックスとオルガンがユニゾンで畳みかける4曲目は、まさにこのグループならではと言えます。強烈な印象を残すジャケに負けない、ハイ・レベルでオリジナリティ溢れる好グループ!

  • IL BACIO DELLA MEDUSA / DEUS LO VULT

    イタリアン・ロック新鋭バンド、「覚醒」の2012年作3rd、圧倒的なダイナミズムで聴き手を飲み込む傑作

    02年に結成され、04年にデビューしたイタリア産新鋭バンド、2012年作3rd。幽玄のメロトロンと艶やかなアコギのアルペジオをバックに、フルートが瑞々しく流麗に響き、男性ヴォーカルが力強くエモーショナルに叙情溢れるメロディを歌い上げる冒頭1分ですでに興奮。そこから、「静」と「動」を対比させながらさらに盛り上がっていき、一気にオザンナや初期クリムゾンやヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターを彷彿させるサックスが吹き荒れる凶暴かつスリリングなアンサンブルへと突入展開にただただ心奪われます。そんな音圧たっぷりな演奏に立ち向かう、シアトリカルを通り越して邪悪に聴き手を襲うようなヴォーカルも聴き所です。一転して、フルートのリリカルなフレーズに導かれる叙情的な楽曲も魅力だし、振幅激しい演奏のダイナミズムはこれぞイタリアン・ロックの魅力。2ndで一気に洗練されましたが、さらにさらに「覚醒」された印象。全盛期のオザンナやVDGGに迫るテンションを身につけ、2010年代のイタリアン・ロック・シーンの最前線に踊りでたと言えるでしょう。これは傑作です。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / LIVE AT ROCKPALAST – LEVERKUSEN 2005

    ブリティッシュ・プログレの名バンド、復活後05年のスタジオ・ライヴ音源&映像を収録した2018年リリース作

    稀代のヴォーカリストPeter Hammillを擁するブリティッシュ・プログレ・バンド、78年の解散から26年を経た04年に再始動した彼らが翌05年に出演した、ドイツの音楽番組ROCKPALASTでのパフォーマンスを収録。1曲目『GODBLUFF』収録の「Undercover Man」から、生々しくも叙情あふれる音世界が一気に広がるVDGGならではのサウンドに圧倒されます。静謐なリリシズムを湛えたフルート&フリーキーかつ哀愁みなぎるサックス、醒めたトーンの中に静かな情熱を秘めたオルガン、相変わらず途方もなくダイナミックなドラム、そして圧倒的な表現力で威風堂々と歌い上げるヴォーカル。往年と変わらずエネルギーをみなぎらせたパフォーマンスは実に感動的。「Lemmings」「Darkness」「Man Erg」「Killer」「Wonderling」など代表的なナンバーのオンパレードで興奮が途切れる暇がありません。VDGGファンへの至上の贈り物と言える名演!

  • NINE DAYS WONDER / WE NEVER LOST CONTROL

    サックスをフィーチャーした個性的ジャーマン・プログレ、73年作2nd

    後にGNIDROLOGに参加するSAX奏者が在籍したジャーマン・プログレ・グループ、73年作2nd。リーダーでありヴォーカルのWalter Seyffer以外のメンバーが一新され、前作以上につかみどころのない拡散的な内容に仕上がっています。VDGGやGONGを彷彿とさせる演劇的ヴォーカルをフィーチャーした変則的なジャズ・ロックかと思いきや、パープル風の様式美ハード・ロックが始まったり、民族風のパーカッションや荘厳なメロトロンが突如鳴り響いたり…。流れるように展開やリズムが変化していく奇抜な作風ですが、キレのあるサックスをはじめとする丁寧かつテクニカルな演奏で違和感なく聴かせてくれます。個性豊かな好グループです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。