プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

フランスが誇る名ヴァイオリニストDidier Lockwoodの参加作品を探求!

フレンチ・プログレの雄MAGMAでの名演を皮切りに、フレンチ・プログレ/ジャズ・シーンで華麗な活躍を見せてきたヴァイオリニストDidier Lockwood。

2018年2月に62歳でこの世を去るまで、バンド作品/ゲスト参加作品ともにクオリティの高い演奏を数多く残してきました。

その偉大な功績は、同郷フランスの世界的ヴァイオリニストJean Luc Pontyにも匹敵するものと言っていいでしょう。

今回は、そんな名手が残した名演の数々を振り返っていきたいと思います。

正式メンバーとしての参加作品

MAGMA / Live (1975)

試聴 Click!

75年、総帥Christian Vander率いる異形のフレンチ・プログレ集団MAGMAへ加入し、プログレ史上の傑作ライヴ盤と誉れ高い『Live』でプレイします。弱冠17歳にして緊張感みなぎる圧倒的にスリリングな名演を披露しており、一躍フレンチ・プログレ・シーンにおける注目プレイヤーに躍り出ました。

VOLKOR / Jazz Rock (1976)

試聴 Click!

MAGMA脱退後、かつてDidierと実兄のキーボーディストFrancis Lockwoodが組んでいたバンドを再結成させ、76年に唯一作をリリース。メンバーは2人に、Al Di MeolaやChick Coreaとの活動で知られるベーシストBunny Brunel、後にWEIDORJEを結成する2人であるキーボーディストPatrick GauthierとドラマーKirt Rustの5人。当時はDidier Lockwood名義でリリースされましたが、CD化に際しバンド名義のVOLKORへと変更されています。そのサウンドはタイトルがずばり示す通り、各プレイヤーの技巧が炸裂する攻めのジャズ・ロックで、RTFばりのギラギラしたプレイが終始繰り広げられていて圧巻。Didierによるスリリングにしてメロディアスに舞うエレクトリック・ヴァイオリンも冴え渡っています。

ZAO/ Kawana (1976)

試聴 Click!

同年、MAGMAを脱退した名サキソフォン奏者Yochk’o Sefferを中心に結成されたジャズ・ロック・バンドZAOに参加。Sefferによる技巧的かつジャジーな艶のあるサックスのプレイと、時に鮮やかにユニゾンし時にソロバトルで火花を散らせる、ロック・ヴァイオリニストとしての縦横無尽な活躍ぶりが特に際立つのが本作。Didierは同76年のライヴアルバム『Live!』にも録音を残しています。

SURYA / Surya (1980)

試聴 Click!

77年、MAGMA~ZAOを経たDidier LockwoodとZAOのドラマーJean-My Truong を中心とするジャズ・ロック・バンドSuryaを結成。実兄のkey奏者Francisも参加し同年に制作されたのが唯一作の『Surya』です(リリースは80年)。サウンドはVOLKORに近いスリリングに疾走するテクニカル・ジャズ・ロックですが、音がシャープに研ぎ澄まされた印象があり、より気品あるファンタジックな色合いを強く感じさせます。名盤。

LOCKWOOD, TOP, VANDER, WIDEMANN / Fusion (1981)

試聴 Click!

ドラマーChristian Vander、ベーシストJannic Top、キーボーディストBenoit Widemannという、黄金期MAGMAを象徴するミュージシャンにDidierを加えた4人の連名アルバム、81年作。Weather Report彷彿の浮遊感を纏った洗練のフュージョン・ミュージックをメインとしますが、ただ根っこがMAGMAなので時々暑苦しく暴走しかける(特に総帥)のが個性的。ひんやりと涼しげな音色で美しく奏でられるDidierのヴァイオリンが聴きもの。

ゲストでの参加作品

VISITORS / Visitors (1974)

試聴 Click!

フランスの作曲家Jean-Pierre Massieraによるプロジェクトで、ジャケットに描かれた通り地球外生命体をテーマにしたコンセプト作品の74年作。
Lockwood兄弟を含む総勢20名近くのミュージシャンが参加した意欲作で、コーラスも多用したフランスらしい厳かで耽美的なサウンドをベースにコズミックな音響感覚なども散りばめた前衛色も漂う孤高の作風が特徴。MAGMA加入前年のDidierは当時まだ16歳。にもかかわらず切れ味鋭く切り込んでくる堂々たる演奏ぶりは見事というほかありません。

APHELANDRA / Aphelandra (1976)

試聴 Click!

76年に録音されながら、四半世紀後の01年まで日の目を見なかったシンフォニック・ロックの逸品。実にフランス的と言える、華麗な中にも緊張感と狂おしさが同居するアーティスティックなサウンドを構築しており素晴らしいです。CLEARLIGHTのCyrille Verdeauxと共にゲスト参加するDidier Lockwoodのヴァイオリンは、まさにその狂おしさを生み出す格調高くも不穏な空気を孕んだプレイで存在感を発揮。

SYNTHESIS / Synthesis (1976)

試聴 Click!

Didierを含む20人以上のミュージシャンが参加したプロジェクト・バンドの76年唯一作。ブラス・セクションを大きくフィーチャーした、ビッグ・バンド風の洗練されたジャズ・ロック・サウンドがカッコよし。Didier参加の2曲目「Vane」では彼らしいスリル満点のプレイでばっちり曲を締めます。

CLEARLIGHT / Les Contes du Singe Fou (1977)

試聴 Click!

前年にAPHELANDRAでDidierと共にゲスト参加したキーボーディストCyrille Verdeauxによるプロジェクト。GONG人脈が参加したことで75年デビュー作『Clearlight Symphony』が一般的によく知られますが、この77年作も何ら劣らぬ名作。Cyrille Verdeauxの叙情的なピアノと絡む気品高くドラマチックなヴァイオリンの旋律が感動的に響き渡ります。彼は続く78年作『Visions』にも参加。

PIERRE MOERLEN’S GONG / Downwind (1979)

試聴 Click!

黄金期MAGMAのドラマー/打楽器奏者Pierre Moerlen主導のもと発足したPIERRE MOERLEN’S GONGによる第3作目となる79年作。前々作でも客演した元ROLLING STONESのMick Taylorに加え、Mike OldfieldやSteve Winwoodといったビッグネームが参加。種々の打楽器を用いた緻密で複雑なリズムワークに、Didierのヴァイオリンをはじめとするリード楽器のメロディアスなプレイが乗ると、両者がカッチリと噛み合いしなやかに躍動を始めるようなサウンドは独特の快感を生じさせます。Didierは2曲目「Crosscurrents」、6曲目「Emotions」に参加。

FRANCOIS BREANT / Voyageur Extra-Lucide (1979)

試聴 Click!

MAGMA以前のBernard Paganottiが在籍したことでも知られるCRUCIFERIUSのメンバーだったキーボーディストが放った79年ソロ作。前78年作『Sons Optiques』に続いてDidier Lockwoodが参加していて、エレクトロニクスとカラフルなシンセサイザーを前面に出した、80年代を目前とした時期らしいフュージョン・サウンドに、普段とやや趣を異にする柔らかなヴァイオリンの旋律を添えています。

EMMANUEL BOOZ / Dans Quel Etat J’erre (1979)

試聴 Click!

「孤高」の呼び名が相応しいフランス人アヴァンギャルド・アーティスト/シンガーの79年作では、1曲目に収められた「L’ode Aux Rats」に参加しています。問答無用のテンションで突っ走るアンサンブルとアクの強すぎるヴォーカル、それに呼応するようにいつも以上に熱っぽくソロを紡ぐDidierのプレイは必聴。

RAHMANN / Rahmann (1980)

試聴 Click!

アフリカン・パーカッションなども取り入れた技巧派エスノ・ジャズ・ロックを聴かせるグループの唯一作、Didierは4曲目「Danse Sacree」でバンドのカラーを反映したエキゾチックなフレージングを散りばめた好演を聴かせてくれます。全体にそこはかとなく漂うMAGMA的な緊張感も素晴らしく、その点でもDidierは適任と言えるでしょう。

FAIRPORT CONVENTION / Fame And Glory (2009)

試聴 Click!

ブリティッシュ・トラッドを代表する存在である彼らが、ケルティック・アーティストAlan Simonの楽曲を録音したプロジェクト・アルバムが本作。JETHRO TULLのMartin Barre、PENTANGLEのJacqui McShee、John Wettonなどと共にDidierもゲスト参加しています。ライヴでの共演音源が収録されていて、メランコリックなアコースティックギターの調べに寄り添う、美しくも哀感漂うエレクトリック・ヴァイオリンのプレイが涙を誘います…。


暗黒で切迫感みなぎるZEUHL系ジャズ・ロック特集!

【関連記事】

暗黒で切迫感みなぎるZEUHL系ジャズ・ロック特集!

Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ=MAGMAのフォロワー、いわゆるZEUHL(ズール)系と呼称されるグループをピックアップ!


世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

【関連記事】

世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

時に優雅に時にエネルギッシュに舞うヴァイオリンをフィーチャーした世界の新鋭プログレを特集!


ヴァイオリンをフィーチャーした世界のプログレ選!

【関連記事】

ヴァイオリンをフィーチャーした世界のプログレ選!

カケレコ棚より、美しく気品あふれるヴァイオリンをフィーチャーしたプログレをピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / DOWNWIND

    PIERRE MOERLEN’S GONG名義としてリリースされた第一弾作品、79年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの79年作。前作「Expresso II」でバンドの主導権を完全に掌握したPierre Moerlenですが、彼主導のGONGとして名義を変えて発表された本作は、David Allen脱退以降進めてきた打楽器が主導を取るジャズ・ロックサウンドをより明快に打ち出した名盤となっており、Mike Oldfieldが参加したミニマルな展開を見せる表題曲からDidier LockwoodのヴァイオリンやDidier Malherbeのサックスを生かしたナンバーまで、個性的な楽曲が素晴らしい作品と言えるでしょう。デジタル・リマスター。

  • MAGMA / LIVE

    全プログレファン必聴と言いたい究極のライヴ・アルバム!75年リリース

    Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ。非常にメンバーの出入りの激しいグループであり、そのファミリー・トゥリーを辿るだけでも一苦労と言う、まさにモンスター・バンドです。Janik Topに代わり、Bernard Paganottiをベースに迎え、加えて当時まだ10代であったDidier Lockwoodも参加して録音された75年ライブ作であり、彼らの代表作と言える1枚。Christian Vnderのドラムをはじめ、バンドの肉感的に迫る名演はスタジオ盤の音圧をはるかに凌ぐ凄まじいものであり、何もかもが圧倒的な傑作となっています。

  • ZAO / KAWANA

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

    MAGMAのメンバーであったYochk’o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの76年4th。前作でバンドとしての個性を手に入れることに成功した彼らですが、本作では超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodが参加し、Yochk’o Sefferとの凄まじいインタープレイを聴かせています。楽曲自体も前作の構築性は影を潜めており、よりメンバーの力量に頼った即興色とソロパート押し出しており、彼らの超絶技巧を余すところなく収録したテクニカル・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

  • VISITORS / VISITORS

    フレンチ・ヘヴィ・シンフォの名作、74年作、Didie Lockwood参加

    フランス音楽シーンでプロデューサーとして活動していたJean-Pierre Massieraを中心に結成されたフレンチ・へヴィー・プログレグループの74年作唯一作。いわゆる企画バンドであり、エイリアンや未確認飛行物体をテーマにしたコンセプト・アルバムとなっています。その内容は、キーボーディストFracis Lockwood、ヴァイオリニストDedier Lockwoodの兄弟をはじめ20名以上のミュージシャンが参加していることでも有名な作品であり、コンセプトを反映したエフェクティブな音像処理で重厚なシンフォニック・サウンドを構築したへヴィー・シンフォニック・ロックの傑作です。

  • EMMANUEL BOOZ / DANS QUEL ETAT J’ERRE

    前衛的な作風を持つフランスの異端シンガー、79年作4th、MAGMAのDidier Lockwoodなど参加

    元々はシャンソン系を得意とした歌手としてスタートし、時代に反応するようにプログレッシブな作風へ化学変化を起こしたアーティスト。本作は、MAGMAのDidier Lockwoodなどフレンチ・ロックを代表するプレイヤーが大挙して制作された74年2nd。William Shellerによる大胆なオーケストレーションを取り入れ、バンド陣に加えてオーケストラやコーラスを従え、一気にプログレッシブ・ロックの世界に足を踏み入れた1枚であり、EMMANUEL BOOZの演劇的に吠えるボーカルは同郷ANGEのようなシアトリカル・ロックのような迫力に満ちた素晴らしいものです。よりロック色を押し出した4thと並びフレンチ・プログレッシブ・ロックの名盤です。

MAGMAの在庫

  • MAGMA / MAGMA (KOBAIA)

    フレンチ・ジャズ・ロックの雄、伝説の始まり、70年デビュー作

    ドラマー&コンポーザーのクリスチャン・ヴァンデ率いるフランスを代表する、というよりユーロ・ロックを代表する巨星グループによる記念すべき1970年デビュー作。幼少時代にクラシックをはじめ、R&Bやソウルに親しんだ後、ジョン・コルトレーンのフリー・ジャズに心酔したヴァンデ。コルトレーンの死後、生きる活力を失い、2年をさまよい歩いた後、神の啓示を受け、精神世界を追求したコルトレーンの意志を受け継ぐことを決意し、マグマを結成します。非西洋的な土着性をクラシックに取り込んだストラヴィンスキーなど近現代クラシックの流れを汲みながら、米R&Bやソウルのダイナミズム、コルトレーンの精神性をグツグツと煮炊きながら生まれたのがマグマ独自のサウンド。彼らの代名詞と言える独自言語コバイア語も既にあり、英米が主導する資本主義や利己主義による均一化を憂う壮大な叙事詩=コバイア・ストーリーを核に、フランスならではのロックをめざしたのが本作です。いきなりの一曲目「Kobaia」から、彼らならではの音世界が爆発!圧倒的なスピード感で疾走するドラム、超低域でうねっては暗黒を表出させるベースによる屈強なリズム隊。デビュー作のみ居るギタリスト、クロード・アンゲルによるザラついた歪みの猥雑&ブルージーなギター。そして、ビッグバンド・ジャズ風から突如暴力的に牙をむくブラス隊!オープニングから圧倒的な音圧で聴き手に迫ります。対照的に煌びやかなトーンで格調高さを加えるピアノも絶品。なお、ピアノは後にザオを結成するフランソワ・カーン!呪術性、神秘性、クラシカルな静謐さ、エキゾチズムが代わる代わる押しては引く展開は、す、すさまじすぎるテンション・・・。後の暗黒オペラティック・サウンドが強烈なだけに、初期は地味な位置づけですが、ヴァンデの精神性と音楽的野心はすでに最高潮ですし、ユーロ・ロック史上に残る作品と言っても過言ではないでしょう。大傑作!

  • MAGMA / LIVE

    全プログレファン必聴と言いたい究極のライヴ・アルバム!75年リリース

    Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ。非常にメンバーの出入りの激しいグループであり、そのファミリー・トゥリーを辿るだけでも一苦労と言う、まさにモンスター・バンドです。Janik Topに代わり、Bernard Paganottiをベースに迎え、加えて当時まだ10代であったDidier Lockwoodも参加して録音された75年ライブ作であり、彼らの代表作と言える1枚。Christian Vnderのドラムをはじめ、バンドの肉感的に迫る名演はスタジオ盤の音圧をはるかに凌ぐ凄まじいものであり、何もかもが圧倒的な傑作となっています。

  • MAGMA / ATTAHK

    H.R.ギーガーのアートワークに包まれた78年発表の7th、ロック/ファンクのテイストが強く出ていて聴きやすいです

    コバイア思想に基づくコンセプトは継承しつつ、ベースの高音がうねりまくり、コバイア・コーラスにロックとファンクが均衡と破壊の狭間で見事に融合された作品。78年発表。ソウル的パッセージが染みこんでくる「LAST SEVEN MINUTES」は、数あるMAGMAの中でも重要曲。

「MAGMAの在庫」をもっと見る

ZAOの在庫

  • ZAO / SHEKINA

    ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もない仏ジャズ・ロックの名作、75年リリース

    MAGMAのメンバーであったYochk’o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの75年3rd。その内容は、カルテット編成のストリングスを迎え、MAGMA直系のサウンドを独自に昇華しテクニカルなジャズ・ロックへ落とし込んだ傑作です。ベーシストはJoel DugrenotからGerard Prevostへ交代。執拗な変拍子とミニマリズムはMAGMAからの流れを汲みながらも、エキゾチックなメロディーや神秘的な音像は既に彼らが1つのバンドとしての個性を手に入れたことを証明しており、スリリングなジャズ・ロック作品として、強烈な個性を放つ名盤です。

  • ZAO / KAWANA

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

    MAGMAのメンバーであったYochk’o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの76年4th。前作でバンドとしての個性を手に入れることに成功した彼らですが、本作では超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodが参加し、Yochk’o Sefferとの凄まじいインタープレイを聴かせています。楽曲自体も前作の構築性は影を潜めており、よりメンバーの力量に頼った即興色とソロパート押し出しており、彼らの超絶技巧を余すところなく収録したテクニカル・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

  • ZAO / AKHENATON

    ヨシコ・セファー率いるフレンチ・ジャズ・ロックの名グループ、94年復活作

    フレンチ・ジャズ・ロックの重鎮、ヨシコ・セファーとフランソワ・カーンの双頭バンド、ザオが20年もの時を経て再結成、94年にリリースしたアルバム。衰えなき演奏技術の卓越ぶりと、熟練した現役の風格を漂わす好作品。

「ZAOの在庫」をもっと見る

VISITORSの在庫

  • VISITORS / VISITORS

    フレンチ・ヘヴィ・シンフォの名作、74年作、Didie Lockwood参加

    フランス音楽シーンでプロデューサーとして活動していたJean-Pierre Massieraを中心に結成されたフレンチ・へヴィー・プログレグループの74年作唯一作。いわゆる企画バンドであり、エイリアンや未確認飛行物体をテーマにしたコンセプト・アルバムとなっています。その内容は、キーボーディストFracis Lockwood、ヴァイオリニストDedier Lockwoodの兄弟をはじめ20名以上のミュージシャンが参加していることでも有名な作品であり、コンセプトを反映したエフェクティブな音像処理で重厚なシンフォニック・サウンドを構築したへヴィー・シンフォニック・ロックの傑作です。

「VISITORSの在庫」をもっと見る

CLEARLIGHTの在庫

  • CLEARLIGHT / FOREVER BLOWING BUBBLES

    フレンチ・シンフォの代表バンド、デヴィッド・クロスやZAOのメンバーを迎えた75年作

    アカデミックな教育を受けた音楽家Cyrille Verdeauxを中心に結成され、サイケデリックな浮遊感とクラシカルなサウンドを融合させ独特の澄み切ったスペース・シンフォニック・ロックを作り上げたグループの75年2nd。今回は同郷フランスのジャズ・ロック系ミュージシャンをサポートに迎えており、フレンチ・ジャズ界の大御所Francois Jeanneau、ZAOのJoel Dugrenot、KING CRIMSONへの参加でも有名なヴァイオリニストDavid Cross、そして前作から引き続きLARD FREEのGilbert Artmanが参加し、音楽性も、デビュー作の浮遊感を残しつつも、よりスリリングなジャズ・ロック色を強めています。

  • CLEARLIGHT / CLEARLIGHT SYMPHONY

    シリル・ヴェルドー率いるフレンチ・プログレ・グループ、スティーヴ・ヒレッジ/ディディエ・マレルブ/ティム・ブレイクらGONGメンバーが参加した75年1st

    アカデミックな教育を受けた音楽家Cyrille Verdeauxを中心に結成され、サイケデリックな浮遊感とクラシカルなサウンドを融合させ独特の澄み切ったスペース・シンフォニック・ロックを作り上げたグループの73年デビュー作。大曲2曲で構成されたそのサウンドは、Steve Hillageをはじめとして、Tim Brake、Didier MalherbeといったGONG人脈が参加しているほか、LARD FREEのGilbert Artmanも参加。ドラムを伴わず、シンフォニックな楽曲とスペース・ロック然とした浮遊感で流れるように進行する前半からスリリングなインプロヴィゼーションが素晴らしいジャズ・ロックで聴かせる後半まで、個性的なサウンドを放ちます。

  • CLEARLIGHT / MOSAIQUE

    75年デビュー、フレンチ・シンフォの代表的グループ、96年5th

「CLEARLIGHTの在庫」をもっと見る

PIERRE MOERLEN’S GONGの在庫

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / DOWNWIND

    PIERRE MOERLEN’S GONG名義としてリリースされた第一弾作品、79年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの79年作。前作「Expresso II」でバンドの主導権を完全に掌握したPierre Moerlenですが、彼主導のGONGとして名義を変えて発表された本作は、David Allen脱退以降進めてきた打楽器が主導を取るジャズ・ロックサウンドをより明快に打ち出した名盤となっており、Mike Oldfieldが参加したミニマルな展開を見せる表題曲からDidier LockwoodのヴァイオリンやDidier Malherbeのサックスを生かしたナンバーまで、個性的な楽曲が素晴らしい作品と言えるでしょう。デジタル・リマスター。

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / TIME IS THE KEY

    各種打楽器が織りなすミニマル・ミュージック的な作風を特徴とするジャズ・ロック、79年作

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / LIVE

    「シャマール」から「ダウンウィンド」までの4作からのナンバーを演奏した80年ライヴ作

    「シャマール」から「ダウンウインド」までの四作のアルバムの中から彼らの代表的な作品を収めたライヴ盤。80年作。スタジオ・レコーディング・アルバムとは一味違ったライヴ・バンドとしての迫力ある演奏を 前面に出した内容。ゲストとしてマイク・オールドフィールドが参加。ピエールのドラム・ソロも圧巻。

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / SECOND WIND

    PIERRE MOELREN’S GONG名義での88年8th、多彩な打楽器をフィーチャーした個性溢れるフュージョン/ジャズ・ロック

    76年作『GAZOUSE!』以降、ドラマーのPIERRE MOERLENをリーダーに発足したPIERRE MOERLEN’S GONGの88年作。多彩な打楽器をフィーチャーした個性溢れるフュージョンサウンドを展開。前作『BREAKTHROUGH』に比べ、ハードなナンバーはよりタイトに力強く、情感豊かなパートはよりセンシティヴにと、演奏の表情にメリハリが生まれている印象を受けます。そんな中でも、MOERLENの目のくらむほどに緻密で絶妙なタイム感のドラミングはやはり一聴の価値ありの素晴らしさ。ハードタッチの演奏が増え、RADIO GNOME期を髣髴させるロック的な躍動感みなぎるドラミングが楽しめるのも嬉しいところです。こちらもずばり名盤です!

「PIERRE MOERLEN’S GONGの在庫」をもっと見る

EMMANUEL BOOZの在庫

  • EMMANUEL BOOZ / LE JOUR OU LES VACHES

    フランス出身、孤高の名シンガー、74年作2nd、Didier Lockwood参加

    元々はシャンソン系を得意とした歌手としてスタートし、時代に反応するようにプログレッシブな作風へ化学変化を起こしたアーティストの79年4th。基本的な音楽性はハ−ド・ロック然としたパワフルなものですが、EMMANUEL BOOZの歌声は荒々しい声を響かせながら同郷ANGEのようなシアトリカル・ロックとして聴くことも可能なほどに主張します。また、特筆すべきはMAGMAへの参加でも良く知られている名ヴァイオリン奏者であるDidier Lockwoodが参加し、その超絶技巧を披露している事でしょう。シンフォニックな旨みや、ジャズ・ロック的なスリリングさも内包させた凄まじい1枚です。

  • EMMANUEL BOOZ / CLOCHARD

    フランスの異色プログレ・シンガー、ZAO/CLEARLIGHT/HELDON等のメンバーが参加した75年3rd

    元々はシャンソン系を得意とした歌手としてスタートし、時代に反応するようにプログレッシブな作風へ化学変化を起こしたアーティスト。本作は、ZAO/CLEARLIGHT/HELDON等で活動したミュージシャン陣をバンドに加えて制作された75年3rd。深遠なリフレインが印象的なシンセ、重厚なギター、ドラマティックなヴァイオリンらが織りなす安定感抜群のアンサンブルをバックに、Boozの朗々とした演劇的ボーカルが映えわたる、非常に完成度の高い歌物アルバム。同郷ANGEのようなシアトリカル・ロックをも彷彿させます。彼の出自を窺わせる、ギターと歌のみによる楽曲も深い味わい。

  • EMMANUEL BOOZ / DANS QUEL ETAT J’ERRE

    前衛的な作風を持つフランスの異端シンガー、79年作4th、MAGMAのDidier Lockwoodなど参加

    元々はシャンソン系を得意とした歌手としてスタートし、時代に反応するようにプログレッシブな作風へ化学変化を起こしたアーティスト。本作は、MAGMAのDidier Lockwoodなどフレンチ・ロックを代表するプレイヤーが大挙して制作された74年2nd。William Shellerによる大胆なオーケストレーションを取り入れ、バンド陣に加えてオーケストラやコーラスを従え、一気にプログレッシブ・ロックの世界に足を踏み入れた1枚であり、EMMANUEL BOOZの演劇的に吠えるボーカルは同郷ANGEのようなシアトリカル・ロックのような迫力に満ちた素晴らしいものです。よりロック色を押し出した4thと並びフレンチ・プログレッシブ・ロックの名盤です。

「EMMANUEL BOOZの在庫」をもっと見る

FAIRPORT CONVENTIONの在庫

  • FAIRPORT CONVENTION / LIEGE AND LIEF

    69年発表の4th、英国トラッド・フォークの象徴する一枚

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年4th。69年に彼らは3枚ものアルバムをリリースしており、本作は連続リリースの3作目となります。事故によりドラマーのMARTIN LAMBLEが急逝、DAVE MATTACKSを新ドラマーに迎え、フィドル奏者DEVE SWARBRICKも正式に加入。彼ら代表作の1つであるその内容は、前作では1曲のみだったトラッド曲をアルバム8曲中5曲まで増やし、飛躍的な発展を遂げたエレクトリック・トラッド・フォークの路線にさらに磨きをかけた記念碑的名盤となっています。英国叙情が際立ったトラッド・フォークの代表作と言えるでしょう。

  • FAIRPORT CONVENTION / UNHALFBRICKING

    英エレクトリック・トラッドの代名詞的グループ、次作と並びバンドを代表する傑作、69年3rd

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年3rd。69年に彼らは3枚ものアルバムをリリースしており、本作は連続リリースの2作目となります。前作からIAN MATTHEWSが脱退しリリースされた本作は、BOB DYLANの楽曲が3曲、トラッド1曲、グループの楽曲4曲から成る彼らの代表作の1つ。前2作以上に統一感を感じさせるエレクトリック・トラッド・フォークを奏でており、Sandy Dennyの歌声の素晴らしさは説明するまでもなく、ゲストのフィドル奏者DEVE SWARBRICKによるヴァイオリンなどが自然にバンドに溶け込んだ名盤です。

  • FAIRPORT CONVENTION / FULL HOUSE

    彼らの作品中でも屈指の人気と完成度を誇る英エレクトリック・トラッドの傑作、70年作

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる70年5th。名盤となった前作「Liege & Lief」をリリースした後、Sandy DennyとAshley Hutchingsが脱退、Dave Peggが加入して男性グループへとシフトした作品ですが、その内容はグループのフロントであったSandy Dennyの脱退を全く感じさせないブリティッシュ・トラッド・フォークの名盤となっており、特にRichard Thompsonのギターをはじめとしたバンドの緊張感溢れるパフォーマンスは、さすが全盛期の彼らならではのものです。

  • FAIRPORT CONVENTION / ANGEL DELIGHT

    71年作6th

  • FAIRPORT CONVENTION / LIVE AT THE LA TROUBADOUR

    88年リリースの『HOUSE FULL』に77年リリースの『LIVE AT THE LA TROUBADOUR』より2曲追加。全10曲

  • FAIRPORT CONVENTION / WHO KNOWS WHERE THE TIME GOES ?

    英国フォークの重鎮グループ、97年作

  • FAIRPORT CONVENTION / CROPREDY CAPERS

    バンド主宰の「クロップレディ・フェスティヴァル」における80-03年までのステージ音源を収録、全65曲

「FAIRPORT CONVENTIONの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事