プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FIELDS

FIELDS

ECLEC2207(ESOTERIC) 【2010年発売CD】

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲。

評価:50 2件のレビュー

元レア・バードのオルガン奏者が、クリムゾン『リザード』やグリーンスレイドで知られるドラマーと結成したグループですね。憂い溢れるクラシカルなオルガンと手数多いシャープなドラムとの対比が鮮やか!

71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

元RARE BIRDのGraham Fieldが、元KING CRIMSONのAndy McCulloch、そしてKING CRIMSONのメンバーPeter Giles、Michael Giles、Boz Burrellとも交流の深かったAlan Barryと結成したイギリスのプログレッシブ・ロックグループによる71年デビュー作。その内容はRARE BIRD時代の名残を感じさせ、Emerson Lake & PalmerともつながるようなGraham Fieldのハモンド・オルガンを中心にしたキーボード・ロックであり、Andy McCullochのジャジーでテクニカルなドラムをはじめとしたバンド・アンサンブルが英国らしい叙情と味を持ちつつ、とてもキャッチーな音楽性を放つ良作となっています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FANTASY / PAINT A PICTURE の商品詳細へ

FANTASY/PAINT A PICTURE

73年作、メロトロンが広がるリリカルでメロディアスな英ロック、傑作!

1390円(+税)

STILL LIFE / STILL LIFE の商品詳細へ

STILL LIFE/STILL LIFE

70年発表、クラシカルかつ陰影に富んだ英国オルガン・ロック、名作!

1690円(+税)

INDIAN SUMMER / INDIAN SUMMER の商品詳細へ

INDIAN SUMMER/INDIAN SUMMER

叙情性溢れるブリティッシュ・ロックの名盤、71年作、激渋ジャケットはキーフ

2190円(+税)

WALLY / WALLY の商品詳細へ

WALLY/WALLY

リック・ウェイクマンのプロデュースによる74年デビュー作、英クラシカル・フォーク・ロックの名作、溢れ出る珠玉のメロディは絶品の一言!

1090円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. A FRIEND OF MINE
2. WHILE THE SUN STILL SHINES
3. THREE MINSTRELS
4. SLOW SUSAN
5. OVER AND OVER AGAIN
6. FEELING FREE
7. FAIR HAIRED LADY
8. A PLACE TO LAY MY HEAD
9. THE EAGLE
10. A FRIEND OF MINE
11. WHILE THE SUN STILL SHINES
12. THREE MINSTRELS
13. SLOW SUSAN
14. OVER AND OVER AGAIN
15. FEELING FREE
16. FAIR HAIRED LADY
17. A PLACE TO LAY MY HEAD
18. THE EAGLE

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

CRESSIDAやAFFINITYだけでは飽き足りない? 英オルガン・ロックのディープ作品集

まとめて試聴する

EL&Pが好き? 荘厳且つ豪快な70年代キーボード・プログレ傑作選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • フィールズ

    フィールズ

    ESCA5423

    定価1835

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

    元レア・バードのオルガン奏者が、クリムゾン『リザード』やグリーンスレイドで知られるドラマーと結成したグループですね。憂い溢れるクラシカルなオルガンと手数多いシャープなドラムとの対比が鮮やか!

  • CONTRASTS: URBAN ROAR TO COUNTRY PEACE

    FIELDS

    ECLEC2488(ESOTERIC

    オリジナル・マスター・テープからのデジタル・リマスターで音質もクリア。ボーナス・トラック3曲収録

    なんと71年にキーボード・プログレの名作を残したバンドFIELDSが2nd用に録音しながらお蔵入りとなった幻の音源が発掘CD化!

    レア・バードのGraham Fieldが元キング・クリムゾンのドラマーAndrew McCullochらと結成した英国キーボード・プログレ・グループ。彼らが新たに元スーパートランプのFrank Farrellを加え、2nd用に録音しつつもお蔵入りとなった幻の音源がこちら!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ジャケ買いOK、70年代英国のおいしいどころ満載(18 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

M1でレア・バードよりもハードな印象を受けるが、全体的には「オルガンメインのグリーンスレイド」といったところでしょうか。70年代ブリティッシュのおいしいところがふんだんに盛り込まれている一枚。洗練度合いはレア・バードより上なのではとも思ってしまう。
King Crimson[Lizard]で叩いてたA.マカロックのDsも冴えわたります。
J.パッヘルベルの「カノン」のアレンジが利いたラストはメロトロン入りですぜ、旦那。

ナイスレビューですね!

評価:5 絢爛豪華なキーボード・プレイと倦怠感が素晴らしいです。(6 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

レア・バードを解散させたキーボードのグレアム・フィールドをリーダーとするトリオ。ブリティッシュ・アンダーグラウンドでは完成度の高さを誇る唯一作品です。ギターレスだったレア・バードと異なるのはギタリストのアラン・バリーの参加。ボーカルとベースを兼任する彼の存在は大きく、演奏に緩急をつけています。一方で、ステージで演奏することは考えていなかったのでしょう。

クラシックにルーツを持つグレアム・フィールドのオルガン、ピアノがもちろんポイントです。しかし、それだけがグループの魅力ではなく、ヘビーなギターや、アンディ・マクローチの多彩なドラムズといっしょになって、上質なカクテルのような味わいがあります。初期ジェントル・ジャイアントやクレシダが好きな人にはたまらないのではないでしょうか。わたしは、アルバムを貫く疲労感みたいなものが好きです。長年聞いていますが、飽きることがありません。アラン・バリーのギターが泣きまくる9.A Place to Lay My Headは、名曲だと思っています。

ナイスレビューですね!