プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック VOL.5,6」直前☆出演する3バンドを大特集!

いよいよ8月12日と13日にクラブチッタ川崎で開催される、「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック VOL.5,6」。

毎回イタリアを代表するバンドたちが来日して素晴らしいパフォーマンスを聴かせてくれる本フェスですが、今回も70年代のイタリアン・ロックが好きな方なら堪らない3バンドが出演!

今回はフェス直前ということで、来日する3バンドの経歴と魅力をご紹介していまいります☆

SEMIRAMIS

「世界の七不思議」の一つにも数えられる「バビロンの空中庭園」を建造したとされる古代バビロニアの女王をグループ名に冠した5人組グループがSEMIRAMIS。唯一のアルバムとなる73年作『Dedicato A Frazz』は、今もイタリアン・ロック屈指の名盤としてファンに愛されます。

その内容は、当時弱冠16歳だった天才ギタリストにしてコンポーザー、ミケーレ・ザリッロの才能が全編でほとばしる、攻撃性と神秘性と哀愁が渦巻くヘヴィー・プログレッシヴ・ロック。


イタリアン・ロック・シーンの早熟ギタリストと言えば、同じ16歳で傑作『MELOS』を残したチェルヴェッロのコラード・ルスティチが思い浮かびますが、ゴリゴリと熱気あふれるプレイで畳み掛けるコラードに対し、ミケーレは重厚なリフワーク、ハードロック由来の疾走感みなぎるソロプレイ、そして哀愁を湛えたアコースティックギターパートを巧みに弾き分けており、プレイ作曲ともにかなり大人びた知的な印象を受けます。

74年に解散したバンドですが、2014年に再結成し活動を開始。
ミケーレは不在ですが、彼の兄マウリツィオ・ザリッロをはじめとする3人のオリジナルメンバーが在籍しています。

今回のステージでは、『Dedicato A Frazz』の全曲演奏を披露してくれるとこと!
5人のオリジナルメンバーのうち3人がいるということを考えると、往年のセミラミスらしさはかなり期待できるのではないでしょうか!

試聴 Click!


DERILIUM

ニュー・トロルスと同じ港湾都市ジェノヴァ出身のグループ。

フォーク、ジャズ、時にクラシック要素も交え展開する並々ならぬセンスを感じさせる洗練のサウンドに、イアン・アンダーソンを思わせるエネルギッシュに舞うフルートをフィーチャーした同時代のブリティッシュ・ロックにも通じる比較的落ち着いたスタイルは、71年のデビュー作『DOLCE ACQUA』の時点でほとんど完成されています。

試聴 Click!

1stリリース後に中心メンバーのフルート奏者Ivano Fossatiが脱退、そのスタイルも失われるかに思われましたが、新加入したフルート奏者/マルチプレイヤーのMartin GriceがIvano Fossatiのフルートを見事に継承し、よりサウンドをダイナミックかつ多彩に発展させた2nd『LO SCEMO E IL VILLAGGIO』、3rd『III: VIAGGIO NEGLI ACRIPELAGHI DEL TEMPO』を残しました。

試聴 Click!

試聴 Click!

彼らも96年に再始動して、2枚の作品を発表する現役バリバリのバンド。Martin Griceの他に、オリジナル・メンバーが2人在籍しています。そして来日好演では、Fabbio Zuffanti率いるIL MASCHERA DI CERAのAlessandro Corvagliaがヴォーカルを務めることになっており注目です。

今回のフェスでは、なんと2日間にわたって出演し、1日目に2nd『LO SCEMO E IL VILLAGGIO』の全曲演奏、2日目に3rd『III: VIAGGIO NEGLI ACRIPELAGHI DEL TEMPO』の全曲演奏を披露するという、ファンならどちらも見逃せないステージとなる予定!

こってりと濃厚な音楽性の多いイタリアン・ロックの中で異彩を放つ、時に優雅ですらあるスタイリッシュに洗練されたサウンドを楽しませてくれることを期待したいところですね☆


RACCOMANDATA RICEVUTA DI RITORNO

「到着返信書留郵便」を意味する舌を噛みそうなバンド名を持つこのバンドも、72年に唯一作『PER…UN MONDO DI CRISTALLO』をリリースし解散、2010年に復活を遂げ同年にはアルバム『IL PITTORE VOLANTE』をリリースしており、復活後7年のキャリアを誇っています。

72年の作品『PER…UN MONDO DI CRISTALLO』は、オザンナ『PALEPOLI』やムゼオ・ローゼンバッハ『ZARATHUSTRA』よりも早くイタリアン・ヘヴィ・シンフォを体現した金字塔と呼ぶべき一枚。アコギ、フルート、ピアノなどで綴られる哀愁あるアコースティックなパートと、オルガン&ギターがヘヴィーにのたうつ邪悪で迫力あるパートを組み合わせ、初期キング・クリムゾンにも通じる薄暗くもドラマチックな世界観を見事に築き上げています。音と音の間を印象的に聴かせる独特の作風が生み出す、そこはかとない「無常感」に心惹かれる名作です。

試聴 Click!

そんな彼らも、ヴォーカルとベースにオリジナルメンバーを擁した6人編成で来日!もちろん72年作『PER…UN MONDO DI CRISTALLO』の全曲演奏を披露してくれる予定となっています。この名盤を生で聴ける日が来ようとは!


イタリアン・ロック関連のライヴレポートはこちら♪


イ・プー(I Pooh)とレ・オルメ(Le Orme)来日レポート~イタリアン・プログレ・フェス2日目@クラブチッタ川崎

【関連記事】

イ・プー(I Pooh)とレ・オルメ(Le Orme)来日レポート~イタリアン・プログレ・フェス2日目@クラブチッタ川崎

4月28日(土)、クラブチッタで行われたレ・オルメとイ・プーによる感動のライヴをレポート!


『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』1日目 MAXOPHONE&MUSEO ROSENBACHライヴ・レポート

【関連記事】

『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』1日目 MAXOPHONE&MUSEO ROSENBACHライヴ・レポート

4月26日より3日間にわたって開催された「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013」。2011年より開催され、今年最後を迎えた本フェスですが、その最終章を飾るにふさわしい6組のバンドが熱演を繰り広げてくれました。本日はその1日目、MAXOPHONEとMUSEO ROSENBACHのライヴレポートを、他国でのライヴ動画などを交えてお届けいたします!


『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』2日目 ROVESCIO DELLA MEDAGLIA&FORMULA 3ライヴ・レポート

【関連記事】

『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』2日目 ROVESCIO DELLA MEDAGLIA&FORMULA 3ライヴ・レポート

4月26日より3日間にわたって開催された「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013」。11年より開催され、今年最終章を迎えた本フェスですが、その最終章を飾るにふさわしい6組のバンドが熱演を繰り広げてくれました。本日はその2日目に登場した、Roviscio Della MedagriaとFormula 3のライヴレポートをお届けいたします!


『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』3日目 MAURO PAGANI&AREAライヴ・レポート

【関連記事】

『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013』3日目 MAURO PAGANI&AREAライヴ・レポート

「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013」MAURO PAGANI、AREAライヴレポート4月26日より3日間にわたって開催された「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 2013」。11年より開催され、今年最終章を迎えた本フェスですが、その最終章を飾るにふさわしい6組のバンドが熱演を繰り広げてくれました。本日はその最終日に登場した、MAURO PAGANIとAREAのライヴレポートをお届けいたします!


ニュートロルス&アレア来日公演 1日目ライヴ・レポート

【関連記事】

ニュートロルス&アレア来日公演 1日目ライヴ・レポート

クラブチッタ川崎で9月21日、22日の日程で開催されている、イタリアン・ロックが誇る2組の名バンド、ニュートロルス&アレアの来日公演に行ってまいりました。


アルティ・エ・メスティエリ来日公演@クラブ・チッタ川崎(7/5)ライヴレポート

【関連記事】

アルティ・エ・メスティエリ来日公演@クラブ・チッタ川崎(7/5)ライヴレポート

7月5日のアルティ・エ・メスティエリの来日公演へ行ってまいりました。3時間超の大熱演となったステージの模様を、オリジナル楽曲の音源を交えてお伝えしてまいります!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SEMIRAMIS / DEDICATO A FRAZZ

    弱冠16歳の天才ミケーレ・ザリッロが率いた伊ヘヴィ・シンフォ・バンド、73年リリースの唯一作にして傑作!

    リリース当時、全曲の作曲を手がけているMichele Zarrilloは若干15歳であり、他メンバーも全員10代であったと言うイタリアのへヴィー・シンフォニック・ロックグループの73年唯一作。変革する社会に対応できなくなったひとりの人間をコンセプトに掲げたトータル・アルバムとなっており、バタバタと暴れるリズム・セクションに荒々しいギター・ワーク、そしてクラシカルなアンサンブルを聴かせるキーボードがイタリアらしい熱気を伝えます。強引に引っ張り変化する展開や多少荒削りで垢抜けない雰囲気は感じるものの、当時の彼らの年齢を考えれば若々しいエネルギーが暴走するサウンドは非常に魅力的なものであり、起伏に富んだスリリングな作品と見ることが出来るでしょう。

  • DELIRIUM / LO SCEMO E IL VILLAGGIO

    イタリア出身のプログレ・バンド、72年発表2nd

    SAGITTARIを母体に結成され、ビート・ロック、フォーク・ロック系のサウンドからプログレッシブなアプローチへと変遷していったイタリアのプログレッシブ・ロックバンドの72年2nd。結成からの中心人物であったボーカリストIvano Fossatiが脱退し発表された本作は、それまでのIvano Fossati色を押し出したボーカル路線から一気にプログレッシブな音楽性へと変化した作品であり、キーボードを中心に変拍子を貪欲に取り込み、また、新メンバーのMartin Griceによるサックスやフルートを大きくフューチャーし、ジャズからアヴァンギャルドまで幅広く聴かせる名作となっています。

  • RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO / PER…UN MONDO DI CRISTALLO

    オザンナ『パレポリ』やムゼオ・ローゼンバッハの唯一作に先んじたイタリアン・ヘヴィ・シンフォの傑作、72年リリース

    後にSAMADHIを結成するボーカリストLuciano RegoliとギタリストNanni Civitenga、そしてPROCESSIONへ加入するドラマーFrancesco Froggio Francicaを擁したイタリアのプログレッシブ・ロックバンドによる72年唯一作。メロディーなどにはイタリアらしいフォーキーなフレーバーが漂うものの、サックスやフルートが登用されテクニカルでへヴィーな変拍子の畳み掛けを見せるなど、その音像はKING CRIMSONを髣髴とさせ、加えて現代音楽などに影響されたアヴァンギャルド性はほの暗さと呪術的な怪しさを放ちます。同郷OSANNAを想起させますが、爆発的な邪悪さを放つOSANNAより整理されたサウンドと言う印象を持ちます。

  • DELIRIUM / DOLCE ACQUA

    イタリアン・プログレ、71年作

    SAGITTARIを母体に結成され、ビート・ロック、フォーク・ロック系のサウンドからプログレッシブなアプローチへと変遷していったイタリアのプログレッシブ・ロックバンドの71年デビュー作。Ivano Fossatiが在籍しその圧倒的な歌唱力で存在感を示す本作は、彼らの原点であるビート・ロックのポップ・センスを武器にフルートを中心にしたカンツォーネ型フォーク・ロック・サウンドを放っており、アコースティックな色合いが強い作風となっています。プログレッシブ・ロックらしい魅力と言う点ではクラシックやジャズを取り込んだアプローチ程度に留めており次作以降に譲るも、Ivano Fossatiのカンツォーネを中心に聴かせる歌モノとしてとても魅力的な、イタリアン・ロックらしい1枚と言えるでしょう。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。