プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

アルティ・エ・メスティエリ来日公演@クラブ・チッタ川崎(7/5)ライヴレポート

「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック vol.1,2」と銘打って7月4日/5日に川崎のクラブ・チッタで行われた、オザンナとアルティ・エ・メスティエリの各単独公演。
今回は、7月5日のアルティ・エ・メスティエリの来日公演へ行ってまいりました。3時間超の大熱演となったステージの模様を、オリジナル楽曲の音源を交えてお伝えしてまいります!

アルティ・エ・メスティエリと言えば、アレアと並びイタリアン・ジャズ・ロックを代表するグループ。手数王の異名を持つドラマー、フリオ・キリコを筆頭に超絶技巧を駆使するメンバーたちによる変拍子満載のテクニカルなアンサンブルと、叙情性豊かに紡がれるメロディーが一体となった情感溢れるジャズ・ロックが持ち味で、中でも74年1st「ティルト(TILT)」と75年2nd「明日へのワルツ(VALZER PER DOMANI)」は、イタリアン・ロック史上屈指の名盤として高い人気を誇っています。

今回はなんと、その名盤2作が当時のオリジナル・アレンジによって再現されるとのこと。自分の中では5大プログレと同格に位置しているアルティですので、一ファンとして今回の来日公演は大いに楽しみにしておりました。

来日メンバーは、以下のとおり。

ドラム: フリオ・キリコ(Furio Chirico)
ギター: ジジ・ヴェネゴーニ(Gigi Venegoni)
キーボード: ベッペ・クロヴェッラ(Beppe Crovella)
サックス: アルトゥーロ・ヴィターレ(Arturo Vitale)
ヴァイオリン: ラウタロ・アコスタ(Lautaro Acosta)
ギター: マルコ・ロアーニャ(Marco Roagna)
ベース: ロベルト・プジョーニ(Roberto Puggioni)
ピアノ/アコーディオン: ピエーロ・モルターナ(Piero Mortara)
ヴォーカル: イアーノ・ニコロ(Iano Nicolo)


サックス/フルート: メル・コリンズ(Mel Collins【スペシャル・ゲスト】

この大所帯が、15年作『ウニヴェルシ・パラッレリ(Universi Paralleli)』を制作した現在のラインナップ(Beppe Crovellaはアルバムには不参加)となっており、上から4人が1st/2nd当時のメンバーになります。

そして注目は管楽器奏者メル・コリンズ。ご存知クリムゾンやキャメル、ウォーターズやライトらフロイド・メンバーのソロなどプログレ関係から、ストーンズやクラプトンなどロック大御所まで、数多くのミュージシャンをサポートしてきた名手ですね。アルティの最新作でも2曲に参加しており、今回はスペシャル・ゲストとして参加。

構成としては、パート1:『ティルト』/パート2:新作『ウニヴェルシ・パラッレリ』/パート3:『明日へのワルツ』というセットリストが組まれていました。

交通機関の遅延があり開演からおよそ15分後にようやく会場に入ることができたのですが、会場の扉を開けると、2曲目に当たる「STRIPS」のヴァイオリンによるあの印象的なリフレインがいきなり耳に飛び込んできて早速度肝を抜かれます。

「STRIPS」

試聴 Click!

とにかく演奏の迫力が凄まじい!まずは何よりフリオ・キリコの筋骨隆々の両腕から叩き出される重厚なドラミング。オリジナル盤では「速い」という印象はあっても「重い」という印象は強くなかったフリオのドラミングが、ライヴでは速さと重さを驚異のバランスで両立させた神業的プレイを聴かせています。手数的には当時の7、8割と言った感じですがそれを補って余りあるパワフルなプレイは、その見た目の若々しさと相まってとても60歳を過ぎた人物とは思えません。

さらにヴァイオリン、サックス、ギターと各リード楽器の音圧も特筆。これらの楽器が一体となってユニゾンで畳み掛けるパートの連続には、毎回鳥肌を立てずにいられません。会場の空気がビリビリと震えるのが感じられそうなほどの迫力にただただ圧倒されます。

「静」と「動」の対比が鮮やかなナンバー「NEGATIVO/POSITIVO」では、ギターのヴェネゴーニが大活躍。驚くべきはギターソロのパート、もしかするとオリジナル以上か?と思うような猛烈なテクニックで速弾きを披露!しかもまだまだ余裕たっぷりに見えます。見た目は完全におじいちゃんなのですが、楽器を弾いているその姿からは溢れんばかりの現役オーラが放たれていて、こちらもフリオに負けず劣らずの尖りっぷり。いやはや恐るべしです・・・。

「NEGATIVO/POSITIVO」

試聴 Click!

サックスの切なげなテーマから、しなやかなジャズ・ロック・アンサンブルへと引き継がれる演奏が素晴らしい「IN CAMMINO」。そのテーマをサックスとヴァイオリンが哀感たっぷりにユニゾンで聴かせます。陽光輝く地中海の情景が浮かんでくるようなイマジナティブな演奏にしばしうっとりしていると、フリオのドラミングが手数多く切れ込んできて、芳醇でメロディアスなジャズ・ロックへ突入!全くもってオリジナル通りです。感動~!

「IN CAMMINO」

試聴 Click!

前衛的なアルバム最終曲「TILT」はかなり長尺になっていて、不穏なメロトロン・ストリングスのサンプリング音源が揺らめく中、即興風の掛け合いが続き、ステージには若き日のメンバーの写真が映し出されます。メンバーの風貌からはさすがに40年という歳月の流れを感じさせますが、そんな中フリオさんは当時よりかなり筋肉質になっている印象でしたね。こんな63歳がいていいんでしょうか・・・!

「TILT」

試聴 Click!

ここまでの演奏を聴いていて特におっ!となったのがラウタロ・アコスタが奏でるヴァイオリン。05年に加入した若手なのですが、その音色は不思議なほどにアルティ・エ・メスティエリのあのヴァイオリンそのものなんですよね。間違いなく今回のラインナップで最もアルティらしさを醸し出しているのが彼のヴァイオリンだと言えると思います。

冒頭の「GRAVITA 9.81」を聴き逃したのが若干心残りではあったものの、テクニック面でもアレンジ面でもオリジナル録音にここまで忠実な形で演奏されるとは思わなかったので、この時点でかなり興奮気味。
オリジナルアレンジによる過去曲の再現というテクニックの衰えが最も顕著になりやすい演奏において、この全くと言っていいほどパフォーマンスの低下が見られないオリジナル・メンバーたちは本当に驚異的と言う以外にはありません。


続く2部では最新アルバムからの演奏を披露。
これが決して大げさではなく、多くのナンバーがあの『TILT』に入っていてもおかしくないクオリティでとにかく驚き!このキレのあるヴァイオリンと怒涛のドラミングが牽引するスリリングにして芳醇な聴き心地を持つジャズ・ロックの数々が、アルティ以外に紡ぎだすことができないものであるのが生で聴いていてこれでもかと伝わってきます。そしてヴァイオリンとサックスがユニゾンで奏でるメロディがもういちいち美しいんですよね~。

アルバムのオープニングナンバー「ALTER EGO」。どこか「GRAVITA 9.81」を彷彿させる名曲ですよね。

試聴 Click!

フリオ・キリコのドラム・ソロもありましたよ~。最初は往年の7、8割かななどと思っていた手数もソロとなると猛烈に増してきて、手数王の異名はまだまだ健在であることを思い知らされます。終始一心不乱に叩きまくるフリオの勇姿に目が釘付けでした。

そしてハイライトの一つといえる、メル・コリンズを迎えてのイタリア語版「STARLESS」!メルのむせび泣くサックスが、「あのテーマ」を情感たっぷりに歌い上げた瞬間、もう感動に打ちひしがれてしまいました!各メンバーはクリムゾンになりきってオリジナルに忠実な演奏を繰り広げます。フリオが中間部の即興風パートでブルフォードのプレイ一音一音を忠実に再現していたのが印象的でしたね。情感たっぷりに歌い上げるイタリア語のヴォーカルも曲調に合っていてかなり良かったですよ。プログレッシヴ・ロックを代表する名曲へのリスペクトがひしひしと伝わってくる素晴らしい演奏、堪能いたしました~。

デヴィッド・クロスも加えた11年ライヴでの「STARLESS」

試聴 Click!



ラウタロ・アコスタのヴァイオリン、ヴェネゴーニのアコギ、クロヴェッラのピアノのアコースティックセットによる2nd収録「NOVA LUNE PRIMA」~VENEGONI&CO「BONAVENTURA MOON」の演奏も美しかったなぁ~。
例えテクニカル・ジャズ・ロックという要素がなかったとしても魅力溢れる音楽として成立してしまうであろう、このロマンティックでエレガントな旋律。ため息が出る美しさとはまさにこのことでしょう。

「NOVA LUNE PRIMA」-「ZOETROPE」-「BONAVENTURA MOON」

試聴 Click!

さらに2nd『明日へのワルツ』の再現も絶好調!
冒頭を飾る軽快にして優雅な「VALZER PER DOMANI」~地中海叙情溢れる美しいテーマを持つ「MIRAFIORI」と、オリジナルと寸分違わぬ素晴らしい演奏が続きます。
個人的には『TILT』と全く同じくらい好きなこの2ndなだけに、何十回と聴いてきた作品をオリジナルメンバーが生で演奏している事実が再び感動を呼びます。

「VALZER PER DOMANI」

試聴 Click!

「MIRAFIORI」

試聴 Click!

「MESCAL」「DIMENSIONE TERRA」とテクニカルでスピーディーなナンバーも難なくオリジナル通り忠実に演奏してしまうメンバーのカッコ良いこと!この時点ですでに総演奏時間にして3時間は経過していたはずですが、切れのある演奏が続いており、疲れからくる鈍りなどは一切感じられません。

「MESCAL」

試聴 Click!

「DIMENSIONE TERRA」

試聴 Click!

そして最後はアルバム最終曲にして名曲「TERMINAL」で締め!「TILT」同様あまりの完全再現ぶりに、ただただ凄いという感想しか出てきません。

「TERMINAL」

試聴 Click!

再現と謳っていても多少はアレンジを甘くするバンドがほとんどな中、彼らは真正面から寸分違わぬ完全再現をしてしまうのです。この超絶技巧満載の2作品においてそれがどれほど高度なことか、アルバムを聴いたことがある方であればおわかりかと思います。

アンコールでは、聴き逃してしまった代表曲「GRAVITA 9.81」もリプライズしてくれて嬉しかった~。

「GRAVITA 9.81」

試聴 Click!



いやはやすごいものを見てしまった、という感じですね。1st/2ndに関しては、技巧的な面での完璧な再現性にライヴならではの音の厚みや迫力が加わって、70年代当時のライヴを観ているのとほぼ同等の体験だったのではないかとさえ思えます。
オリジナル・メンバーと若手メンバーの相性が非常に良いことは、再現パートは勿論、新作パートでの素晴らしい楽曲の中でも伝わってきましたし、ぜひ今後もこのメンバーで長く活動して傑作をリリースしていってくれたらと思います。

本当に本当に、文句の付けようもない素晴らしいステージでした!
また新作をひっさげての来日を楽しみに待っています!

ARTI E MESTIERIの在庫

  • ARTI E MESTIERI / FIRST LIVE IN JAPAN

    05年6月の初来日公演を収録、全18曲

  • ARTI E MESTIERI / LIVE IN JAPAN THE BEST OF ITALIAN ROCK

    2015年にクラブチッタで行われたイタリアン・ロック・フェスでのパフォーマンスを収録!

    • KIZC434/6

      ペーパーケース仕様、Blu-spec CD2枚 +DVDの3枚組、ボーナス・トラック1曲、DVDはリージョン2、NTSC方式、定価5500+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • ARTI E MESTIERI / TILT

    イタリアを代表するジャズ・ロック・グループによる74年デビュー作、超絶テクニックとイタリアらしい豊かな叙情性がバランスした大傑作!

    プログレッシブ・ロック界を代表する技巧派ドラマーFurio Chiricoといぶし銀のプレイを聴かせるキーボーディストBeppe Crovellaを擁する、イタリアを代表するジャズ・ロックグループの74年デビュー作。その内容は非常にテクニカル且つシンフォニックなジャズ・ロックであり、次作と並んで彼らの代表作となっている名盤。非常に歌心豊かなメロディーを奏でるヴァイオリン、サックスなどを取り入れたそのサウンドはシンフォニックで優美な音像を構築し、Furio Chiricoのパワフルで手数の多いドラムが乱舞。そこに時に激しくソロを弾き、時にメロトロンで雄大な叙情を語るBeppe Crovellaのキーボードが響きます。技巧で迫りつつも、メロディーの良さで聴かせる名盤です。

  • ARTI E MESTIERI / GIRO DI VALZER PER DOMANI

    イタリアが誇る超絶技巧ジャズ・ロック・バンド、フュージョンタッチの軽やかさが加わった75年2nd

    プログレッシブ・ロック界を代表する技巧派ドラマーFurio Chiricoといぶし銀のプレイを聴かせるキーボーディストBeppe Crovellaを擁する、イタリアを代表するジャズ・ロックグループの75年2nd。その内容は、前デビュー作の路線を継承しながらよりジャズ・ロック寄りのアプローチを打ち出し、フュージョン色もほのかに香らせながら進行する作風です。楽曲が細分化されているため短くまとまった感じを受けるも、やはりその内容は前デビュー作に引けを取らない密度の濃さと超絶技巧の連続であり、前作よりタイトなサウンドで迫る名盤となっています。

  • ARTI E MESTIERI / QUINTO STATO

    イタリアが誇る超絶技巧ジャズ・ロック・グループ、ヴォーカル・ナンバーを中心とする79年3rd

    ギタリスト、ジジ・ヴェネゴーニが脱退するなど、メンバー・チェンジを経てリリースした3rdアルバム。79年作。前2作のハイテンション・ジャズ・ロックと比べ、アンサンブルを重視したまとまりのあるジャズ・ロックが印象的。奔放に発せられる各音が無駄なく折り重なり、沸々と盛り上がっていく知的なアンサンブルが聴き所。派手さでは前2作に劣りますが、その分、聴けば聴くほど演奏の妙が楽しめる佳作。

「ARTI E MESTIERIの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。