プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記・番外編】センチメンタルなメロディが印象深いケベック産フォーク・ロック名盤、HARMONIUMの74年1st『HARMONIUM』

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。今回は番外編として、カナダはケベック・シーンのフォーク・ロック/シンフォ・グループHARMONIUMの74年1st『HARMONIUM』をピックアップいたしましょう。

18世紀にフランスの植民地支配より始まったという歴史的背景から、北米大陸にあってフランス語を公用語とし、ヨーロピアンな文化を色濃く残すカナダのケベック州。そんな地で生まれたプログレ・バンドたちにも複雑な文化背景を反映するようなユニークなサウンドを持つグループが多いのが特徴です。

POLLENやOPUS 5、MANEIGE、MORSE CODEなど日本のファンにも知られる名バンドたちが多く存在するケベックシーンですが、リリカルでセンチメンタルな音作りにかけてはこのHARMONIUM(アルモニウム)がまさに筆頭と言えるでしょう。

次作では幻想的なメロトロンをたっぷりとフィーチャーしたフォークタッチのシンフォニック・ロックを、3rdではジャジーなアプローチを取り入れて薄暗くも美しく深みのある陰影を纏ったシンフォを聴かせるなど、毎作印象の異なる音作りをする面白いバンドなんですが、そんな中でも一貫しているのがセンチメンタルかつリリシズムいっぱいに紡がれるメロディの素晴らしさ。どんなアプローチを取っていてもHARMONIUMだとわかるのはこの卓越したメロディセンスがあってこそと言えるんですよね。

デビュー作となるこの74年作は、最初期メンバーの3人Serge Fiori(guitar/flute/zither harp/bass drum/vocals)、
Michel Normandeau(guitar/accordion/vocals)、Louis Valoisbass(bass/piano/vocals)にフリューゲルホルン、ドラムを担当するゲスト2人を加えてのレコーディング。楽器編成からはかなり多彩な音色が行き交う演奏が想像されますが、実際にはアコースティックギターを中心とした飾り気のない演奏で綴られるフォーク・ロックで、そこに各楽器が淡く繊細に表情をつけていくスタイルとなっています。それゆえに、これ以降のシンフォニックな作品に比べてよりメロディの美しさが際立っているのが特徴的。メロディを歌い上げるフランス語ヴォーカルのデリケートな響きも素晴らしいんですよね~。

ではそのあたりの持ち味が堪能できるナンバーをお聴きください♪

試聴 Click!

試聴 Click!

いかがですか?リリカルでセンチメンタルな表現を主としながらも、沈み込むようなメランコリーは感じられず、ほんのりとしたファンタジックさが薫る音作りが絶品ですよね。触れると壊れそうなほどの繊細さ無垢さが粛々と聴き手の胸を打つ、異国情緒溢れる名盤!

HARMONIUMの在庫

  • HARMONIUM / SI ON AVAIT BESOIN D’UNE CINQUIEME SAISON

    カナダはケベック州出身のシンフォ/フォーク・ロック・グループ、75年作、幽玄のメロトロンが彩る、ジャケ通りの幻想美に包まれたフォーク・タッチのシンフォ、傑作!

    カナダの叙情派を代表するプログレッシブ・フォークロックグループの75年2nd。専任管楽器奏者を擁したその音楽性はフォーク・ロックの肌触りを持ったファンタジックな味わい深いものです。アコースティック・ギターの素朴な音色にフランス語のボーカル、コーラスが優しく重なり、インターバルではサックスやクラリネット、フルートがジャジーな彩りを添えています。さらには淡く響くメロトロンがヴィンテージな広がりを見せるなど、どこまでも繊細なプログレッシブ・フォークを聴かせており、まさにジャケットのような淡い幻想の世界を演出しています。

  • HARMONIUM / L’HEPTADE XL

    ケベック出身のフォーキーなシンフォ・グループ、オーケストラを導入したスケール大きくドラマチックな作風の76年作3rd、聴き応えのある力作

    ケベックを代表する名バンドとして知られる彼らが、76年にリリースした2枚組の3rdアルバム。センチメンタルなフォーク・ロックを聴かせた1st、メロトロンを大きくフィーチャーした幻想的なフォーキー・シンフォの名盤2ndに続く本作は、従来のフォーク・タッチをベースに、オーケストラを大々的に導入したクラシカルでスケールの大きなサウンドを特徴とします。フォーク・タッチとオーケストラと言うと初期BJHが想起されますが、そのサウンドは深い陰影を湛えたよりウェットなもので、古いヨーロッパ映画の一場面を思わせる言い知れない哀愁が漂ってきて、その味わい深さは格別です。このユーロロックに通じるほの暗い叙情性は、カナダにありながらヨーロピアンな文化を有するケベックらしい音と言えるかもしれません。とは言え、持ち味の感傷的な美しいメロディは健在だし、フランス語の物悲しく繊細なヴォーカル、リリシズム溢れるフルートの旋律からはHARMONIUMらしさが滲み出ています。前2作の作風からすれば異色ではあるものの、アーティスティックな感性に満ちた非常に聴き応えのある力作です。

  • HARMONIUM / EN TOURNEE

    繊細かつリリカルなケベック出身のシンフォニック/フォーク・ロック・グループ、ジャジーに深化した時期の77年公演を収めた傑作ライヴ盤

    カナダはケベック出身のグループ、77年のライヴ。基本はリリカルなフォーク・ロックでありながら、メロトロンなどシンフォニックなキーボードが美しく交わる。詩情豊かで繊細なアンサンブルは絶品の一言。

「HARMONIUMの在庫」をもっと見る

辺境フォークの在庫

「辺境フォークの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。