プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ブラス・ロック特集

  • カケレコくん、今日はブラス・ロックを特集するよ!早速だけど、ブラス・ロックと言えば、どんなバンドを思い浮かべるかな?
  • ブラッド・スウェット&ティアーズが好きです(以下BS&T)!
  • おっ、良いところをついてきたね。BS&Tの首謀者と言えば・・・
  • アル・クーパーですよね。米ブルース・ロック特集でも出てきましたね!
  • そうだね。ボブ・ディランを支え、フォークをロック化するのに一役買ったアル・クーパーが、ブルース・プロジェクトを結成し、ブルースをロック化したのは米ブルース・ロック特集でも話したね。その後、60年代末の来るべき70年代ニューロックの火種がいたるところでくすぶる中、ジャズやソウルも飲み込んだ芳醇なサウンドを目指して結成したのがBS&Tなんだ。
  • アルの歌が素晴らしい1stが好きなんですが、1stでアルは脱退しちゃうんですよね。
  • そうなんだ。アル・クーパーは1stで脱退したんだけど、ブルース・プロジェクト時代からアルとともにバンドを支えたギタリスト、スティーヴ・カッツがその意志を継ぎ、ソウルフルなヴォーカリスト、デビッド・クレイトン・トーマスを迎えて、「ブラス・ロック」というスタイルを見事に確立したのが傑作2ndなんだよ。
  • トラフィックの「Smiling Phases」のカヴァー、最高にカッコいいですよね。リズム隊のキレが凄いなぁ。
  • この2ndはグラミー賞の最優秀アルバムも獲得し、ブラス・ロックはメインストリームとなったんだ。その中で、一気に主役に躍り出たのが・・・
  • シカゴですね!
  • そう。シカゴは名前とは裏腹に活動したのはLAなんだよ。それにはプロデューサーのジェイムス・ウィリアム・ガルシオが絡んでるんだ。ガルシオは、BS&Tのプロデュースもしてるから、ブラス・ロックの生みの親とも言えるね。
  • そのプロデューサーは知りませんでした。他に、どんなバンドをプロデュースしてるんですか?
  • カケレコくん、良い質問だね。彼のプロデューサーとしての輝かしいキャリアの出発点と言えるのが、バッキンガムスだよ。シカゴ出身のグループなんだけど、ガルシオが発掘し、コロンビア・レコードと契約させ、大胆にブラスを導入してポップスとジャズとが融合したサウンドでヒットしたんだ。
  • ブラス・ロックの源流と言えそうですね。
  • そうだね。BS&Tやシカゴのヒットの後、ブラス・ロック・ムーヴメントは残念ながら長く続かず、ジャズとロックとの融合は新たにフュージョンがメインストリームとなったんだ。でも、イギリスのR&Bやジャズ・ミュージシャンは米ブラス・ロック勢の活躍に興奮しただろうし、その影響がなければ、IFやCOLOSSEUMなどイギリスのバンドも出てこなかったかもしれないね。
  • ブルースやサイケのムーヴメントを経て、ジャズやソウルへと米ルーツ・ミュージックを次々に飲み込みながら、それをエネルギーにロックが進化していったんですね。その60年代末から70年代初期の最新型がブラス・ロックと言えそうですね。
  • カケレコくん、ナイスなまとめだね。オススメの作品をピックアップしてみるから、じっくり聴きながら、ブラス・ロックを探求してみてよ。

    まずは米国3大ブラス・ロック・バンドと言えるバンドの傑作を聴いてみよう。
  • ブラス・ロックと言えばシカゴ。その代名詞と言える名曲が「25 Or 6 To 4」(邦題「長い夜」)。バンド名とは裏腹に活動拠点はLA。ジャズ~ソウルの濃厚なブラスとウェストコースト・ロックとの豊かなブレンド。骨太さと清涼感に痺れますね。

    CHICAGO/CHICAGO

    CD詳細ページへ

  • アル・クーパーは抜けたけど、ジャズ~ソウルとロックとの融合の意志を受け継ぎ、一気に洗練を極めたブラス・ロック屈指の傑作ですね。骨太グルーヴィーなリズム隊と分厚いホーン、そして熱いヴォーカル。カッコ良すぎる・・・。

    ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ/血と汗と涙

    CD詳細ページへ

  • シカゴやBS&Tと並ぶブラス・ロックの名グループ。何と言っても4本のトランペッターが強烈で、これでもかとアグレッシヴに吹いて吹いて吹きまくって、もう最大瞬間風速凄まじすぎ・・・。

    チェイス/追跡

    CD詳細ページへ

  • ジャズ~ソウルの濃厚なグルーヴとロックのキレとダイナミズムが見事にブレンドしたサウンドは芳醇かつスリリングだよね。BLOOD SWEAT & TEARSの2ndは、個人的にクリムゾンの1stと対にして評価しちゃいたいほどロック・クラシックだと思う。ジャズとロックの融合を軸に、クラシックに寄ったのがクリムゾン、ソウルに寄ったのがBS&Tと言えるかな。「風に語りて」のようなフルートがたうたう叙情ナンバーも良いしね。

    さぁ、元祖ブラス・ロックと言えるバッキンガムスも聴いてみよう。シカゴ出身のプロデューサー、ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオに注目!
  • BS&Tやシカゴのプロデューサーであり、ブラス・ロックの生みの親とも言えるジェイムズ・ウィリアム・ガルシオが最初期にプロデュースしたシカゴ産グループ。ブラス・ロックの原点と言える名作ですね。

    バッキンガムス/タイム&チャージス

    CD詳細ページへ

  • ボブ・ディランのフォーク・ロック期をアル・クーパーとともに支えた天才ギタリスト、マイク・ブルームフィールド。彼もまたアル・クーパーと同じく、ブルースだけでなく、ジャズやソウルへと接近して米ロックを進化させた名コンポーザーだね。>
  • 天才ギタリスト、マイク・ブルームフィールドを中心に、米ホワイト・ブルースの精鋭が揃ったスーパー・グループ!グルーヴィーなホーンとオルガン、そこに切れ込むマイク・ブルームフィールドのギター!リズムもしなるように炸裂!す、凄い熱気・・・。

    ELECTRIC FLAG/A LONG TIME COMIN

    CD詳細ページへ

  • アメリカでちょっとディープな一枚もピックアップしよう!
  • フルーツやロールケーキを女性の顔に仕立てたジャケのセンスは微妙な気がするけど、音の方は、BS&T直系のブラス・ロックで、マイナーながら熱く洗練された音に痺れます。

    JELLYROLL/JELLYROLL

    CD詳細ページへ

  • カナダにも最高に良いブラス・ロック・グループが居るんだよ。
  • 69年にカナダでこれほど強靱な音が鳴らされていたとは・・・。アル・クーパーのスーパー・セッションあたりが好きならイチコロなはずっ!

    LIGHTHOUSE/LIGHTHOUSE

    CD詳細ページへ

  • LIGHTHOUSEのアルバムはどれもクオリティ高いんだけど、このラスト・アルバム、好きだなぁ。74年という時代もあってAORフレイヴァーがあるんだけど、その塩梅がまた良いんだよ。
  • さすがはカナダのトップ・バンドだけあって、演奏のクオリティは特筆もの!タイトでキレのあるリズム隊、エッジの立ったスリリングなエレキ・ギターを中心とするソリッドなアンサンブルを軸に、ツイン・ギター編成で次々とリードを繰り広げたり、さらりとジャズのエッセンスを加えたり、唸らされます。

    LIGHTHOUSE/GOOD DAY

    CD詳細ページへ

  • ここらで、英国からもピックアップ。英国はこちらのジュークボックスでピックアップしてるので深掘りはしないよ。IFが気に入ったら、他の英ブラス・ロックも探求してね。
  • シカゴやBS&Tに対する英国からの回答。グルーヴィー&ソウルフルなアンサンブルのそこかしこからしたたり落ちる英国らしい陰影と叙情美。最高にメロウでグルーヴィー!

    IF/IF and IF 2

    CD詳細ページへ

  • ユーロの作品もオススメしないと店長に怒られちゃうな。それじゃ、ニッチ&ディープにフランスのブラス・ロック・グループを紹介しよう。この濃厚なグルーヴと熱気。英国のIFに並んでるよね。
  • 60年代末のフランスに、コロシアムやニュークリアスやグレアム・ボンドやBS&Tに対抗できるこれほどのグループが居たとは・・・。

芹沢さん、いつもいつも解説本当にありがとう!

ブラス・ロックのカテゴリーも作らないとなぁ。「米SSW/スワンプ」と「米ブルース・ロック」だけでは分けきれないなぁ(by店長)

CHICAGOの在庫

「CHICAGOの在庫」をもっと見る

BLOOD SWEAT & TEARSの在庫

  • BLOOD SWEAT & TEARS / CHILD IS FATHER TO THE MAN

    アル・クーパー在籍グループ、ブラス・ロックというジャンルを確立した68年の傑作デビュー作!

    ディランの名曲「Like A Rolling Stone」でのオルガンや、後のスーパー・セッションなどで知られるミュージシャン。ホワイト・ブルース・バンドのブルース・プロジェクトを率いた後、ジャズとの融合を目指して結成したのがブラッド・スウェット&ティアーズ。68年の1st。4人のホーン・メンバーを擁し、ブルース、ジャズに加え、クラシックやソウルなどもブレンドした洗練されたサウンドが特徴で、ブラス・ロックというジャンルを確立した傑作。アーシーかつメロウな演奏とアル・クーパーの繊細かつリリカルな歌唱が光る「I Love You More Than You’ll Ever Know」は名曲。

  • BLOOD SWEAT & TEARS / BLOOD SWEAT AND TEARS

    アル・クーパー率いるブラス・ロック/ブルース・ロック・バンド、69年発表の傑作2nd

  • BLOOD SWEAT & TEARS / GREATEST HITS

    ブラス・ロックの創始バンド、13曲収録ベスト

  • BLOOD SWEAT & TEARS / GREATEST HITS

    11曲収録ベスト

  • BLOOD SWEAT & TEARS / SMILING PHASES

    全18曲

「BLOOD SWEAT & TEARSの在庫」をもっと見る

LIGHTHOUSEの在庫

  • LIGHTHOUSE / THOUGHTS OF MOVING ON

    カナダの大所帯ブラス・ロック・バンド、英VERTIGOからもリリースされた71年作5th、ノリノリ&メロウな名作

    68年にカナダはトロントで結成、管楽器奏者だけでなくヴァイオリンやチェロ奏者も含む大所帯のブラス・ロック・バンド。ロジャー・ディーンのジャケットで英Vertigoレーベルからもリリースされた、71年作の5thアルバム。ズンズンと突き進むリズム隊、ぶいぶいと鳴り響くホーン・セクション、ハイ・トーンのヌケが良い切れ味鋭いエレキ・ギター、ソウルフルなヴォーカルによるブラス・ロック・サウンドは、土臭さの中にも華やかさがあって、ここぞではピアノが叙情的に流れて、カナダならではのメロディアスさが添えられて実にいい塩梅。LAスワンプやフランキー・ミラーなど英スワンプのファンにはたまらないはず。ノリノリとメロウの間を振幅しながら聴き手の心を鷲掴みにするグッとくる名作です。

  • LIGHTHOUSE / GOOD DAY

    カナダを代表するブラス・ロック・バンド、有終を飾る74年のラスト・アルバム

    トロントで結成され69年にデビュー。管楽器奏者だけでなくヴァイオリンやチェロ奏者も含む大所帯のブラス・ロック・グループ。74年作。イーグルスから爽やかさを抜き、ほの暗い叙情を加えたようなヴォーカル&メロディと豊かなコーラス・ワークが印象的。さすがはカナダのトップ・バンドだけあり、演奏のクオリティは特筆もので、タイトでキレのあるリズム隊、エッジの立ったスリリングなエレキ・ギターを中心とするソリッドなアンサンブルを軸に、ツイン・ギター編成で次々とリードを繰り広げたり、さらりとジャズのエッセンスを加えたり、唸らされます。AORフレイヴァーのあるグルーヴィーな「Got a Feeling」もカッコ良いなぁ。フォーク・ロック、スワンプ・ロック、ウェストコースト・ロックのファンは間違いなく気にいるでしょう。

  • LIGHTHOUSE / LIGHTHOUSE

    60年代末のカナダにこれほどのロック傑作があったとは!ロック、ジャズ、クラシックとがブレンドした強靱な音は唯一無比!

    トロントで結成。管楽器奏者だけでなくヴァイオリンやチェロ奏者も含む大所帯のブラス・ロック・グループ、69年作の1st。ロック、サイケ、ジャズ、クラシックをブレンドしたサウンドが特徴で、オープニング・ナンバーから濃厚なブレンドが炸裂!混沌と渦巻くサイケなファズ・ギターやオルガン、エネルギッシュ&グルーヴィ−なリズム隊、熱くむせぶブラス、端正なヴォーカルとキャッチーなコーラス・ワーク。60年代末のカナダにこれほど濃密なサウンドを出すグループがいたとは!2曲目は一転して、しなやかなピアノが導くジャジー&メロウなナンバーで、アル・クーパーのファンは胸に迫りくること間違いなし。3曲目は、サイケ期のバーズにブラスをフィーチャーしたようなナンバーですが、アカデミック&プログレッシヴな雰囲気があって驚きます。それにしても、メロディ、演奏、アレンジのアイデアともにハイ・クオリティ。60年代のカナダを代表するだけでなく、ロック史上に残る大傑作。これは、おすすめです!

  • LIGHTHOUSE / PEACING IT ALL TOGETHER

    カナダが誇るトップ・クラスのブラス・ロック・グループ、日本でもヒットした「The Chant」収録の70年作3rd

    総勢13名の大所帯からなるカナダの名ブラス・ロック・グループ。69年の1st、2ndに続いて70年にリリースされた3rd。過去作と同様、キレのあるブラス・セクションやロマンティックな弦楽器が織り成す緻密かつ華やかなアンサンブルは文句なしの素晴らしさ。さらに本作は日本でもヒットした「The Chant」を軸としたトータル・アルバム的な作りになっており、ポップな中にメッセージ性も感じさせるより味わい深いサウンドに仕上がっています。ロックやクラシックやジャズを織り交ぜつつ、アメリカのルーツ・ミュージックやウェストコースト・ロック、さらには西海岸サイケなど、「古き良きピースフルな時代」を想起させる要素を巧みに散りばめたアレンジも魅力的。思わずウキウキと心弾むような楽曲が揃い踏みの傑作です。

  • LIGHTHOUSE / SUITE FEELING

    総勢13人から成るカナダのブラス・ロック・バンド、69年2nd

    カナダはトロントで結成されたブラス・ロック・グループ、69年2nd。同年1stに引き続き、ヴァイオリンやチェロ奏者を含む13名の大所帯から繰り出される賑やかなアンサンブルは端正かつ迫力満点!壮大なスケールのTHE BAND「Chest Fever」ブラス・ロック・カヴァーに幕を開け、キャッチーで愛くるしいオリジナル曲「Feel So Good」に続いたかと思えば、3曲目では11分にも及ぶ流麗かつスリリングなジャズ・ロック・セッションが展開されたりと、ジャンルの垣根を越えた豊富なアイディア、緻密で多彩なアレンジも見事。華やかなポップ・ソングからアヴァンギャルドな実験性までを自在に行き来する、プログレッシヴ・ブラス・ロックの傑作です。

「LIGHTHOUSEの在庫」をもっと見る

IFの在庫

  • IF / IF and IF 2

    英国ジャズ・ロックの名グループ

    英国ジャズ・ロックの名グループ。70年作1stと71年作2ndをカップリングした2in1CD。

  • IF / IF 2

    英国ブラス・ロック/ジャズ・ロックの名グループ、71年作2nd

    英国ブラス・ロック/ジャズ・ロックの名グループ、71年作の2nd。ヴォーカルの比重が高まったのと洗練された演奏から、前作と比べかなりキャッチーになった印象。ただ、イージー・リスニング的には決してならず、サックス、フルート、オルガンを中心としたスリリングなインプロヴィゼーションはジャズ・ロックそのもの。「弾き倒す」という言葉がぴったりのギターと英国的な薫りを放つ淡いオルガンが印象的。ブラッド・スウェット&ティアーズやシカゴへの英国からの強烈な回答。名作です。

    • REPUK1158REPERTOIRE

      CD+DVDの2枚組。DVDはPAL方式。DVDには、71年リバプール大学でのライヴ映像4曲を収録。スリップケース付き仕様

      盤質:傷あり

      状態:良好

      スリップケースにスレ・圧痕あり

      1390円

      1112円
      (税込1201円)

      300円お得!


      CD詳細ページへ

  • IF / EUROPE 72

    英国ジャズ・ロックの名グループ、72年ヨーロッパ公演、20分にわたる拡大版「What Did I Say About The Box Jack ?」を含む全7曲

  • IF / FIBONACCI’S NUMBER: MORE LIVE IF

    英国ジャズ・ロックの名グループ、72年ヨーロッパ・ツアーの発掘音源

    英国ジャズ・ロックの名グループ、72年ヨーロッパ・ツアーの発掘音源。手数多くシャープなリズム隊とグルーヴィーなオルガンをバックに、22本のサックスが時にこれでもかと荒々しいインプロを繰り広げ、時にキメのフレーズをピシャリと炸裂させる!NUCLEUS時代のChris Speddingと並ぶ艶のあるギターもカッコ良し!ソウルフルなヴォーカルにもグッときます。押したり引いたり、流れに乗って聴衆を次々と飲み込んでいます。熱気溢れる好ライヴ盤!オススメです!

  • IF / WATERFALL

    英ジャズ・ロック、72年作

  • IF / BRITISH RADIO SESSIONS 1970-1972

    70’Sブリティッシュ・ジャズ・ロックの名バンド、70〜72年のラジオ・セッション音源

    70’Sブリティッシュ・ジャズ・ロックの名バンドによる、70〜72年のラジオ・セッション音源。1stから2曲、2ndから4曲、3rdから6曲、4thから2曲の全14曲を収録。

「IFの在庫」をもっと見る

ZOOの在庫

  • ZOO / I SHALL BE FREE

    フランス出身70年作2nd、IFを彷彿とさせるクールなインプロヴィゼーションが堪能できるブラス・ジャズ・ロックの名作

    フランス出身グループ、70年作2nd。鍵盤、サックスを加えた7人編成で、ジャジー且つダイナミックなLAURA NYROのカヴァー「LUCKIE」を始め、ブラス・ジャズ・ロックを全編で展開。ブイブイと唸るベース、手数多くドタバタとしたドラム、プリミティヴなパーカッション、グルーヴィなオルガン、リリカルなピアノ、フリーキーなヴァイオリン、豪快なサックス、ブルージーなギター。豊富な楽器群による熱気をはらんだインプロヴィゼーションの応酬が堪能できる一方で各曲は3分台とコンパクトに纏められており、熱狂しつつも冷静な計算高さを感じさせるアンサンブル。その佇まいはIFなど英ブラス・ロック・バンドを彷彿とさせます。楽曲にダイナミズムを加えている、声量豊かでパワフルなヴォーカルも素晴らしい。無名ながら英ブラス・ロック勢にも引けを取らない完成度の高い一枚。

  • ZOO / HARD TIMES GOOD TIMES

    シカゴやBS&Tに比肩するフランスのブラス・ロック・グループ、洗練とグルーヴを極めた72年作3rd

    シカゴやブラッド・スウェット&ティアーズをはじめとするブラス・ロック・ムーヴメントの中、69年にフランスで結成されたブラス・ロック/ジャズ・ロック・グループ。72年作の3rdアルバム。2人の管楽器奏者はどちらもヴァイオリンを操れるのが特徴で、炸裂するホーン・セクションとともに、マハビシュヌばりにここぞで一閃するヴァイオリンがカッコ良し。手数多くタイト&アグレッシヴで逞しいドラム、ぶっといトーンでうねりを上げるベースによるリズム隊も凄いし、な、なに、この躍動感いっぱいのピアノとオルガンとそれにキレのあるギターは一人のミュージシャンが演奏してるのか!恐るべしなマルチ奏者ぶり。2ndから加入した英国人ヴォーカルIan Bellamyのスモーキー&ソウルフルなヴォーカルも特筆です。歌詞は英語のため、あまりフランスらしさは感じませんが、そうはいっても、ヴァイオリンの優雅で艶やかなトーンにはクラシックの伝統をたしかに感じます。ブラス・ロックのファンは必聴の素晴らしいグループですし、コロシアムや、マハビシュヌで活躍するジェリー・グッドマンが居たアメリカのグループのフロックあたりが好きなら間違いなく気に入るでしょう。このグループはカケレコメンド!

「ZOOの在庫」をもっと見る

米ブルース・ロックの在庫

「米ブルース・ロックの在庫」をもっと見る

米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫

「米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。