プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

70年代初期に花開いた英国ブラス・ロック傑作選

70年代初頭、アメリカでのCHICAGOやBLOOD SWEAT & TEARSに刺激を受け、イギリスにもいくつかのユニークなブラス・ロック・グループが誕生しました。英国らしい陰影を活かしたメロディはもちろん、アグレッシヴなギター、ウネリを生み出す手数の多いベース、グルーヴィなオルガンなど、当時の英ロックならではの渋いアンサンブルにブラス・セクションを融合。各楽器のソロ・パートが際立った音楽性はアメリカ以上にジャジーな味わい。フォーキー、サイケデリック、ビート・サウンドまでイギリスのルーツを活かした個性豊かな作品群をお試しあれ。

IF

試聴 Click!

70年作の1stアルバム。2本のサックスとフルートによる叙情的かつスリリングなアンサンブルは、これぞ英国ブラス・ロック。全体に流れるハモンドは、Vertigoレーベルのグループに近い雰囲気。彼らの作品中、最もブリティッシュ度が高い名作です。

BRAINCHILD

試聴 Click!

70年の唯一作。むせび泣くブラス、熱気ムンムンのオルガン、ジャジーなフレーズを奏でるギター、ソウルフルなヴォーカル&哀愁のメロディ、スウィングするリズム隊。英国的な陰影に富んだ名作。

AQUILA

試聴 Click!

70年作。ニルヴァーナのパトリック・キャンベル=ライオンズがプロデュースを手がけた70年発表の彼ら唯一のアルバム。アコースティカルな演奏にブラスが絡む、極上の英国アンダーグラウンド・ブラス・ロック・アルバム。

KEEF HARTLEY BAND

試聴 Click!

本場アメリカのリスナーも魅了するなどブルース・ロックを極めたキーフ兄貴がホーン・セクションを導入し、BS&Tやシカゴにも負けないブラス・ロックを鳴らした傑作!

SWEGAS

試聴 Click!

70年作。粘りのあるリズム、淡く叙情性が滲むオルガン、繊細なタッチが光るブルージーなギター、R&Bテイストの分厚いホーンセクションから成る、陰影に富んだこれぞ英国の香り漂う絶品ブラス・ロック。

MOGUL THRASH

試聴 Click!

70年発表作。元COLOSSEUMのJames Litherland(ギター)が結成したグループ。John Wettonのキャリア・スタートとなった作品としても有名。ディストーションの掛かったギターとブラス隊を絡ませたハードなジャズ・ロック。

IGUANA

試聴 Click!

熱気むんむんのリズム隊に強烈なブローでからむサックス!そして熱くソウルフルなヴォーカル!後にジェス・ローデンのバックで活躍するという、これぞいぶし銀なメンバー達によるブラス・ロック・グループ!

CHRIS YOULDEN

試聴 Click!

ブラス・ロック〜スワンプ・ロックのファンは拳を握りしめること間違いなし!SAVOY BROWNの元ヴォーカルによるデビューソロで、参加しているクリス・スペディングのギターがまた絶品の味わい。

WARM DUST

試聴 Click!

70年発表の1stより。骨太なバンド・アンサンブル、むせび泣くブラス、憂いのあるヴォーカル&メロディ。これぞ英国ブラス・ロックといえる陰影に富んだ名作。

HEAVEN

試聴 Click!

71年の唯一作。スリリングなファズ・ギター、前のめりの性急なリズム、激しくリズム・チェンジするせわしない展開、分厚いホーンアンサンブル、熱気溢れるヴォーカルによるソリッド&アグレッシヴな英ブラス・ロック。

WALRUS

試聴 Click!

71年作。プロデューサーは、メロウ・キャンドルなどで有名なデヴィッド・ヒッチコック。絞り出すようにヘヴィーなヴォーカルと、トランペットやサックスの重厚なサウンドがたまらない好盤。

C.C.S.

試聴 Click!

英国ブルース・ロックの父、アレクシス・コーナー率いるビッグ・バンド。「Top Of The Pops」のテーマソングにもなりヒットしたツェッペリンのカヴァー「Whole Lotta Love」など、米ブラス・ロック・ムーヴメントにも呼応した熱くむせぶブラス・ロックを聴かせています。

Facebookコメント

在庫一覧

  • AQUILA / AQUILA

    極上の英国アンダーグラウンド・ブラス・ロック、70年唯一作

    ニルヴァーナのパトリック・キャンベル=ライオンズがプロデュースを手がけた70年発表の彼ら唯一のアルバム。アコースティカルな演奏にブラスが絡む、極上の英国アンダーグラウンド・ブラス・ロック・アルバム。

  • BRAINCHILD / HEALING OF THE LUNATIC OWL

    70年リリース、英国的な陰影に富んだブラス・ロックの名作

    イギリス出身、70年の唯一作。力強くむせび泣くブラス、熱気ムンムンのオルガン、流れるようにジャジーなフレーズを奏でるギター、ソウルフルなヴォーカル&哀愁のメロディ、エネルギッシュにスウィングするリズム隊。英国的な陰影に富んだブリティッシュ・ブラス・ロックの名作。

  • HEAVEN / BRASS ROCK 1

    ハード&アグレッシヴな英ブラス・ロック/ハード・ロック、71年唯一作、ジャケットはキーフ

    71年の唯一作。スリリングなファズ・ギター、前のめりの性急なリズム、激しくリズム・チェンジするせわしない展開、分厚いホーンアンサンブル、熱気溢れるヴォーカルによるソリッド&アグレッシヴな英ブラス・ロック。渾然一体となって畳みかける迫力のアンサンブルは圧巻。泥臭さはあまりなく、後のヘヴィ・メタルに通じるような泣きのキメ・フレーズが印象的。

  • IF / IF and IF 2

    英国ジャズ・ロックの名グループ

    英国ジャズ・ロックの名グループ。70年作1stと71年作2ndをカップリングした2in1CD。

  • IGUANA / IGUANA

    後にジェス・ローデンのバックとして活躍する英ブラス・ロック・バンド、2本の管楽器がうねる72年唯一作

    後に英ホワイト・ソウル・シンガーのジェス・ローデンのバック・バンドとして活躍するメンバーによる英ブラス・ロック・グループ。72年唯一作。管楽器奏者2人に鍵盤奏者1人を含む6人編成。鍵盤は、ソロでオルガン・ロック作をリリースしているDon Shinn!粘っこく熱気むんむんのリズム隊、そこに強烈なブローで絡みつくブラス、軽快なカッティングから地を這うようなハード・エッジな演奏まで力強いギター、グルーヴィーなピアノ、そして熱くソウルフルなヴォーカル。ファンキー&グルーヴィーなサウンドが持ち味ですが、全体的にくすんだ感じで英国的な陰影を帯びているのも特筆。コロシアムやイフあたりのファンから、ジェス・ローデンやフランキー・ミラーあたりのホワイト・ソウルのファンは是非!

  • KEEF HARTLEY BAND / BATTLE OF NORTH WEST SIX

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したグループ、69年作2nd

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したグループ。69年にデラムからデビューした同年のうちにリリースされた2nd。前作ではゲスト参加だったヘンリー・ローザーが正式にメンバーとしてクレジットされ、BS&Tやシカゴなど米ブラス・ロック・ムーヴメントとも呼応し、ヘンリー・ローザーを中心とするホーン・セクションをフィーチャーした英ブルース/ブラス・ロックが印象的。ブラス・ロックといっても米国勢のように華やかにならず、むせび泣くように叙情的なのがいかにも英国。ジャジーなフルートとゲスト参加したミック・ウィーヴァーによる淡いオルガンが醸し出す叙情美に心奪われます。ミラー・アンダーソンの憂いたっぷりのヴォーカルも相変わらず絶品。キーフ兄貴のボコスカと重くタイトなドラムもキマってます。米ブラス・ロックの「逞しさ」「華やかさ」に英国ならではの叙情性で対抗したブラス・ロック名作。最高のグルーヴ!

  • MOGUL THRASH / MOGUL THRASH

    元コロシアムのギタリスト、J.リザーランドを中心に結成、ジョン・ウェットン在籍のジャズ・ロック・グループ、71年唯一作

    元コロシアムのギタリスト、ジェイムズ・リザーランドを中心として結成。ジョン・ウェットンが参加していたことで知られるグループ。71年作の唯一作。サウンドは、ウェットンのゴリゴリとしたベースが印象的な骨太な演奏にブラスが乗った力強いジャズ・ロック。ポップなメロディー・ラインはキャラヴァンを想わせます。好盤。

  • WALRUS / WALRUS

    英国ブラス・ロック、デヴィッド・ヒッチコックをプロデューサーに迎えた71年作

    絞り出すようにヘヴィーなヴォーカルと、トランペットやサックスの重厚なサウンドがたまらない、英国ブラス・ロックの好盤。プロデューサーは、メロウ・キャンドルなどで有名なデヴィッド・ヒッチコック。

  • WARM DUST / AND IT CAME TO PASS

    骨太なアンサンブルに英国叙情たっぷりの管楽器が絡む英ジャズ・ロック、70年作

    70年発表の1stアルバム。骨太なバンド・アンサンブルとむせび泣くサックスが最高に格好良いハードな曲から、オーボエ、フルートなどの管弦楽器によるいかにも英国的な響きが美しいジャジーなバラードまで、どの曲もハイテンションな演奏がこれでもかと詰め込まれた名盤。メロディー・ラインも文句なしに素晴らしく、切々と歌い上げるヴォーカルとともにたいへん印象的に響きます。ブリティッシュ・ロック、ブリティッシュ・ジャズ・ロック・ファンとも必聴。おすすめです!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!