プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

海外サイト STEREOGUM 掲載、80人のアーティストが選ぶ『ポール・マッカートニーの好きな曲』から一部をご紹介

6月18日はポール・マッカートニーの80歳の誕生日でした。

海外音楽サイト STEREOGUM では、これを記念して80人のアーティストから「ポール・マッカートニーの一番好きな楽曲」をインタビューし掲載しています。

インタビューに答えたアーティストは年齢も国籍もバラバラ、ポールが世界に与えた影響の大きさを改めて感じられる、とても素敵な特集ですね。

今回はその中から、カケレコでもお馴染みのアーティストが選んだ「ポール・マッカートニーの一番好きな楽曲」をピックアップし、ご紹介いたします。

「Here, There And Everywhere」 by Lindsey Buckingham

試聴 Click!


「You Won’t See Me」 by John Carpenter

試聴 Click!


「For No One」 by Elvis Costello

試聴 Click!


「Eleanor Rigby」 by David Crosby

試聴 Click!


「Yesterday」 by Billy Joel

試聴 Click!


「Hey Jude」 by Kenny Loggins

試聴 Click!


「Martha My Dear」 by Michael McDonald

試聴 Click!


「Misery」 by Graham Nash

試聴 Click!


「Maybe I’m Amazed」 by Nile Rodgers

試聴 Click!


「Penny Lane」 by Richard Thompson

試聴 Click!


「We Can Work It Out」 by Steven Van Zandt

試聴 Click!


「Tug Of War」 by Nancy Wilson

試聴 Click!


いかがでしたか?

80人全員のインタビュー結果が確認できる原文は以下URLからご覧いただけます。

https://www.stereogum.com/2187691/paul-mccartney-80th-birthday-tribute/lists/ultimate-playlist/
※クリックで外部サイトへ移動します


よろしければ関連記事もご覧ください。


ポール・マッカートニー直系のポップ・センスが光るアルバム特集!

【関連記事】

ポール・マッカートニー直系のポップ・センスが光るアルバム特集!

ポール・マッカートニーに通じる、ポップ・センスに溢れたアルバムをピックアップいたしました!


米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが発表した【ポール・マッカトニー作曲のビートルズ・ソングTOP10】

【関連記事】

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが発表した【ポール・マッカトニー作曲のビートルズ・ソングTOP10】

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが発表した【ポール・マッカトニー作曲のビートルズ・ソングTOP10】


ギターが素晴らしいビートルズの曲TOP50-米音楽サイトGUITAR WORLD選

【関連記事】

ギターが素晴らしいビートルズの曲TOP50-米音楽サイトGUITAR WORLD選

米音楽サイトGUITAR WORLDが選んだ、最もギターが素晴らしいビートルズの50曲をピックアップ


レコード・コレクターズ9月号の特集は『ポール・マッカートニー・ベスト・ソングス100』!

【関連記事】

レコード・コレクターズ9月号の特集は『ポール・マッカートニー・ベスト・ソングス100』!

レコード・コレクターズ9月号の特集『ポール・マッカートニー・ベスト・ソングス100』を読みながらお楽しみください!

BEATLESの在庫

  • BEATLES / LOVE

    06年発表作、全26曲

  • BEATLES / HELP !

    通算5作目、65年作

  • BEATLES / RUBBER SOUL

    ジャケットから受けるイメージ通り陰影のあるメロディが魅力的な、英国的リリシズム溢れる65年作、「ノルウェーの森」「イン・マイ・ライフ」収録

    65年作。ジャケットから受けるイメージ通りの、陰影のあるメロディに溢れた、しっとりとした楽曲が印象的な作品。「NORWEGIAN WOOD」、「MICHELLE」、「IN MY LIFE」の格調高い美しさは絶品の一言。「DRIVE MY CAR」、「YOU WON’T SEE ME」、「NOWHERE MAN」、「RUN FOR YOUR LIFE」など、アコースティカルな中にもバンドのダイナミズムが詰め込まれたフォーク・ロックもまた素晴らしい。シニカルな雰囲気のあるジョージの楽曲も際立っていて、「THINK FOR YOURSELF」「IF I NEEDED SOMEONE」はアルバムを彩り豊かにしています。落ち着きたいときは「RUBBER SOUL」、アッパーな気分の時は「REVOLVER」。そんなイメージで、この2作品を対で考えています。どちらもビートルズのメロディ・メーカーとして頂点を極めた名作。

  • BEATLES / REVOLVER

    恐るべしビートルズの才能、66年の作品とはまるで思えない、時代を飛び越えたようなサウンドが詰まった超弩級な名作!

    66年作。「キャッチーなメロディ」、「新しい音楽を創造しようとする才気」という2つの点において、間違いなく最高傑作。「ELEANOR RIGBY」「HERE THERE AND EVERYWHERE」「GOT TO GET YOU INTO MY LIFE」など、ポールのメロディ・センスは群を抜いていて、ジョンも、「I’M ONLY SLEEPING」「TOMORROW NEVER KNOWS」「SHE SAID SHE SAID」など、サイケ感いっぱいの尖った楽曲で才能を爆発。「TAXMAN」「LOVE YOU TO」「I WANT TO TELL YOU」など、ジョンやポールとは異なるセンスを発揮して、彼ら2人に比肩するまでになったジョージの存在も特筆もの。バンドとしてのエネルギーは、本作が最高ではないでしょうか。それにしても、全部名曲と言っていいほどに楽曲が凄いです。レッドゾーン振り切りっぱなしの超弩級な名作。

  • BEATLES / MAGICAL MYSTERY TOUR

    永遠の名曲「Strawberry Fields Forever」収録、67年発表

    67年作。同名映画のサントラとして作られたアルバムですが、あなどるなかれ。ポップ・アルバムとして、名作「REVOLVER」に引けを取らない完成度。ポール作の「THE FOOL ON THE HILL」「HELLO GOODBYE」「PENNY LANE」、ジョン作の「I AM THE WALRUS」「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」「ALL YOU NEED IS LOVE」など、名曲がずらりと並んでいて、ベスト盤みたいにワクワクと楽しめる作品。それにしてもポールとジョンのメロディ・メーカーとして才能。凄いです。

  • BEATLES / SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND

    67年発表、架空のバンドによるショウというコンセプトで制作されたロック史上初にして最上のコンセプト・アルバム!

    67年作。架空のバンドのショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム。ジャケットのイメージ通りのカラフルなサウンドは英国中に広がり、60年代後半を華やかに彩った英サイケ・ポップ・ムーブメントへと発展。ロックが真に芸術へと到達した金字塔。

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

    • CP255329/30

      25TH角丸赤帯、税表記あり、88年規格、2枚組、シリアルナンバーは無し、英文ブックレット付仕様、定価4,697

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、黄ばみあり

  • BEATLES / ABBEY ROAD

    「GET BACK」セッションが空中分解し、バラバラになってしまったビートルズ。「昔のように結束して作ろう」というポールの呼びかけに応じ、メンバーみんなが「ビートルズ最後」を意識しながら録音された悲壮感と感動が渦巻くラスト・レコーディング・アルバム

    「GET BACK」セッションが空中分解し、バラバラになってしまったビートルズ。「昔のように結束して作ろう」というポールの呼びかけに応じ、メンバーみんなが「ビートルズ最後」を意識しながら録音された悲壮感溢れる傑作。特筆すべきは、B面のメドレー。数々の音の断片が、時にダイナミックに、時に優雅につながり、最後まで流れるように聴かせています。ビートルズ最後で最高の名演と言えるでしょう。昔、このメドレーのギターをコピーしたことがありますが、楽曲の彩り豊かさからは想像できないシンプルなフレーズに驚きました。各フレーズはシンプルに洗練されつつも、バンドになると輝きが倍増する。やはり唯一無比のグループです。シングル曲で構成されたA面も見事。特にジョージの2曲、「SOMETHING」「HERE COMES THE SUN」は、彼の生涯でもベストと言える名曲。

  • BEATLES / LET IT BE

    70年リリース、ビートルズのラスト・アルバム、「LET IT BE」を収録

    70年にリリースされたラスト・アルバム。「GET BACK」セッションが空中分解し、その音源をフィル・スペクターがアルバムという形にまとめあげた作品。フィル・スペクターによるエコーに包まれた荘厳なサウンド・プロダクションが、ラスト・アルバムとしての虚無感を倍増させている印象。「LET IT BE…NAKID」はバンドのダイナミズムが閉じこめられた素晴らしい音源でしたが、ラスト・アルバムとしては、やはりこのフィル・スペクター盤がしっくりきます。

  • BEATLES / BEATLES BEST1

    初期作からのコンピ。12曲収録。

  • BEATLES / WORK IN PROGRESS: OUTTAKES 1963

    アウトテイク集、全27トラック

「BEATLESの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。