プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

レッド・ツェッペリンによる75年メリーランド公演の初公開映像をご紹介!

こんにちは。
カケハシ・レコードです。

いつもカケレコのwebマガジンをご覧いただきありがとうございます。

今日は、6月20日にYOUTUBEチャンネル「ledzepfilm」にて公開された、レッド・ツェッペリンの貴重な発掘ライヴ映像をご紹介いたします!

試聴 Click!

こちらの映像は、75年2月10日の米メリーランド州ランドオーバーで行われたコンサートの模様を収めた8mmフィルムに音源を同期させたもので、「Heartbreaker」以外は今回が初公開となるようです。

完全演奏はほとんどないものの、リリースを2週間後に控えていた『フィジカル・グラフィティ』から「カシミール」や「トランプルド・アンダーフット」、そして「天国への階段」などの代表曲を含むナイスなセットリストにボンゾの壮絶なドラムソロもしっかり捉えています。

8mmならではのザラつき感や靄がかかったような画質も、なんだか貴重映像度を高めている気がしてアリですね~。


以上、47年を経て発掘されたツェッペリンの貴重ライヴ映像をご紹介しました☆


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第28回:LED ZEPPELIN『UNTITLED (LED ZEPPELIN Ⅳ)』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第28回:LED ZEPPELIN『UNTITLED (LED ZEPPELIN Ⅳ)』

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>、今回ご紹介するのはジャケットにクレジットや情報が一切記載されず、「Four Symbols」「The Runes」「ZOSO」「Stairway Album」など様々な名称で呼ばれたあの作品です。


MEET THE SONGS Vol.176 『LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN I』

【関連記事】

MEET THE SONGS Vol.176 『LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN I』

ジミー・ペイジがヤードバーズ時代から温めてきた沢山のアイディアに、ブルース、ハードロック、アコースティックサウンドを合体させ、究極のメンバーと共に世に放った渾身のデビュー作、その気になる収録曲をご紹介いたします。

【関連ジュークボックス】

マイナー英国ハードの荘厳な世界

LED ZEPPELINの在庫

  • LED ZEPPELIN / LATTER DAYS: BEST OF LED ZEPPELIN VOLUME 2

    00年編集、ジミー・ペイジ選曲による後期ベスト、全10曲

  • LED ZEPPELIN / HOW THE WEST WAS WON

    ロサンゼルス&ロングビーチでの72年ライヴ音源

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN DVD

    前期/中期/後期、それぞれの時代を代表するステージの映像を収録した見応えたっぷりのライヴ・アンソロジー、320分収録

    • WPBR90188/9

      2枚組DVD、デジパック仕様、NTSC方式、日本語字幕あり、スリップケース付き仕様、帯・解説付仕様、16Pカラーブックレット2冊付き、定価6300

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      1枚は傷多め、解説に小さいウォーターダメージあり

    • WPBR90188/9

      2枚組DVD、デジパック仕様、NTSC方式、日本語字幕あり、スリップケース付き仕様、帯・解説付仕様、16Pカラーブックレット2冊付き、定価6300

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      帯に折れあり、スリップケースに色褪せあり

    • 0349701982WARNER

      DVD2枚組、デジパック仕様、スリップケース付き仕様、PAL方式、リージョン23456

      盤質:全面に多数傷

      状態:並

      若干折れあり、スレあり、破れあり

  • LED ZEPPELIN / MOTHERSHIP

    07年編集ベスト

  • LED ZEPPELIN / LIVE – EUROPE 1969

    69年のライヴ音源

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II

    「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む69年2ndアルバム、英米チャート1位を獲得、彼らの名を世界に知らしめた超傑作!

    全米、全英で同時にチャート1位を獲得したセカンド・アルバム。ヘヴィかつメタリックなサウンドは、ハード・ロックの雛型と言われ、ビルボード・アルバム・チャート最高位は堂々の1位(69年)!セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つJimmy Pageのリフ、John Paul Jones、John Bonhamのリズムがとても奥深い作品です。轟音の「Whole Lotta Love」がトップ5入りするヒットとなりました。「Bring It on Home」は、イギリスの白人ブルースの激しさと迫力が鬼気迫る、英国ロックの歴史的大傑作です!

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した歴史的大名盤4th!

    イギリスを代表するロック・バンドによる、名曲「天国への階段」を収録した71年リリースの4thアルバム。ジャケットにクレジットや情報が一切記載されなかったため、「Four Symbols」「The Runes」「ZOSO」「Stairway Album」など様々な名称で呼ばれ、話題を集めることにもなりました。1st、2ndで確率したハードサウンドと、3rdで見せたアコースティックな一面との融合を試みた今作は、彼らのサウンドを名実ともにロック史に燦然と輝くものへと昇華させており、「この作品の登場によりロックの進化が早まった」とも言われるまさに伝説的な作品となっています。中でも彼らを語るうえで欠かすことができないT4「Stairway To Heaven(天国への階段)」は、エレクトリックギターとアコースティックギター、まさにハード・サウンドとアコースティック・サウンドの融合が究極の完成形をみたと評される名曲で、すべてのロックファンによる名曲投票を行えば間違いなく上位にランクインすることでしょう。アルペジオとリコーダーが奏でるどこか懐かしさと寂しさを感じさせる静かな冒頭から、エレクトリック・12弦ギター、エレクトリック・ピアノ、エレクトリック・ベース、ドラムが入り、壮大に広がった世界は徐々に音圧を上げクライマックスへ。高音のシャウトで最高潮に達した感情は、独唱で静かに幕を閉じます。ロック以外の音楽業界からも評価が高く、フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンは、この曲を「編曲を変えなくてもオーケストラで演奏できる」と評したそうです。ロックの教科書があれば、ロック史のターニングポイントとして誰でも記載する一枚。全てのロック・ファンに捧ぐ必聴の1作です。

  • LED ZEPPELIN / PHYSICAL GRAFFITI

    72年リリースの2枚組大作、前作「聖なる館」を更に推し進めた、バンドの幅広い音楽性を見せつける傑作!

  • LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY

    シンセ、メロトロン、ダブルネックの12弦などを駆使し、レゲエやファンクにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった73年作5th、ジョンジーのカラーを反映した深遠な「No Quarter」も印象的

    新機軸としてメロトロンやシンセサイザー、レゲエリズムやファンクビートを取り入れているのが特徴で、ZEPらしい硬派でキレのあるアンサンブルはそのままに、様々なジャンルのエッセンスを加えた挑戦作となっています。まず注目は1曲目の「THE SONG REMAINS THE SAME」。シャープで煌びやかなギターリフ、重量級でいてダイナミックなリズム隊、緩急自在に次々と前のめりに畳み掛ける展開、威風堂々たるメロディとヴォーカル。
    圧巻のスケールで聞き手に迫る後期ZEPを代表する名曲です。そして、本作ならではの聴きどころは、4曲目「The Crunge」と6曲目「D’yer Mak’er」でしょう。まずは、ファンクテイストが印象的な「The Crunge」。軽快なギターのカッティングとグルーヴィーにうねるベースにヘヴィなドラムが見事にマッチ。9/8拍子と8/8拍子が交互に現れる、踊りたいのに踊れないZEP流のファンク・ロックを聴かせてくれます。「D’yer Mak’er」では開放的なレゲエサウンドを取り入れながらも、重く硬質なドラムがZEPらしさを主張します。
    妙に哀愁を帯びたサビのメロディーも素晴らしい、けだるくて楽しいレゲエ風ナンバーです。ハードさや緻密さに多様性が加わったZEPが進化したロックを聴かせてくれる名盤です。

  • LED ZEPPELIN / PRESENCE

    76年リリース、圧倒的ヘヴィ・チューン「アキレス最後の戦い」で幕を開ける後期ツェッぺリンの大傑作!

    イギリスを代表するロック・バンドによる76年リリースの7thアルバム。本作は、ギター、ベース、ドラム以外の楽器がほとんど使われない非常に硬質な音造りとなっており、シンプルで荒々しい演奏が存分に味わえる作品となっています。初期作品の特徴でもあるブルースを主体とした攻撃的なロックは骨の髄まで響きます。パンク・ロックが流行し始め、時代の流れに翻弄され自分達を見失ってしまうバンドも多くあった中、迷いを捨て敢えて初期の作風に戻ることで、彼らが彼らたる所以をさらに強固なものとすることに成功しました。T1「Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)」ではこのような特徴が顕著に表れており、ゴリゴリと突き進むベースと硬く力強いドラム、幾重にオーバー・ダビングされたギターと時にしっとりと歌い上げるボーカルに、グッと心を掴まれます。75年11月に録音を開始したスタジオは12月からローリング・ストーンズによっておさえられていたそうなのですが、オーバー・ダビングが完了する直前に期限切れとなってしまい、ストーンズに頼み込みスタジオ使用期間を融通してもらったと言われています。ヒプノシスとジョージ・ハーディーが担当したジャケット・アートワークも印象的です。使用された計10枚の写真全てに、オベリスクと呼ばれる黒い物体が写り込んでいるのですが、これは彼らの持つパワーと存在感というテーマを視覚化したもので、彼らの存在感(Presence)を示す印象的なアートワークとなっています。

  • LED ZEPPELIN / SOUNDTRACK FROM FILM THE SONG REMAINS THE SAME

    76年発表、映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』のサントラアルバム

  • LED ZEPPELIN / IN THROUGH THE OUT DOOR

    79年作、ジョンジーの才覚が光る最後のオリジナル・アルバム

    サンバ、カントリー、ダンス、バラード他、これまでにない様々なサウンド要素が詰まった最後のオリジナル・アルバム。

    • WPCR11621

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、内袋付仕様、定価1800+税

      盤質:全面に多数傷

      状態:並

      帯有

      盤に研磨跡あり、帯に破れあり、若干カビあり

  • LED ZEPPELIN / CODA

    69-78年に録音されたアルバム未収録楽曲をジミー・ペイジが選曲、ボーナムへの追悼の意を込めた作品、82年リリース

    ドラマーのジョン・ボーナムが他界し、バンドの活動に終止符を打ったツェッペリン。69年〜78年に録音された楽曲をジミー・ペイジが選曲したボーナムへの追悼盤的作品。オリジナル・アルバムから漏れた未発表音源集ながら、各楽曲は驚異のクオリティ

  • LED ZEPPELIN / 1968 – 1980

    68-80年期のベスト盤、90年編集ボックス、全54曲

  • LED ZEPPELIN / REMASTERS

    90年編集のベスト、26曲

  • LED ZEPPELIN / BBC SESSIONS

    69年と71年のBBCライヴ音源、24曲収録

  • LED ZEPPELIN / EARLY DAYS: BEST OF LED ZEPPELIN VOLUME 1

    初期(1st-4th)ベスト、全13曲

  • LED ZEPPELIN / LIVE RECORDINGS

    9曲入り

「LED ZEPPELINの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。