プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

英米を中心に70年代初めの各国のヘヴィ・サイケをピックアップ!

こんにちは。今日はクリスマス・イブですが、クリスマス・ソングとはほど遠いヘヴィ・サイケをピックアップ・・・。
英米を中心に70年初めにリリースされた各国のヘヴィ・サイケをセレクトしました。どっぷり浸かってください!

HUMAN BEAST / VOLUME ONE

ジャケの不気味さではDECCAレーベル指折りですね。トリオとは思えぬ迫力で押し寄せるドロリと濃厚な演奏が堪らない、ブリティッシュ・ヘヴィ・サイケ盤!

試聴 Click!

WOODEN LION / WOODEN LION

70年代はじめにイギリスで活動していたツインギター編成の5人組ヘヴィ・サイケ・バンド。73年に録音されながらお蔵入りとなった幻の作品。英サイケJULYからサイケ・ポップ感をなくしてダウナーにした感じ!?アンダーグラウンド臭ぷんぷん。

試聴 Click!

THUNDERMOTHER / NO RED ROWAN

極限まで歪んだようなファズ・ギター、重厚かつドライヴ感のあるリズム隊、パンキッシュに雄叫びを上げるヴォーカル!凶暴性の中に覗くブルージーな憂いもたまらない英国アンダーグラウンド・ヘヴィ・サイケ極北!

試聴 Click!

V.A. / I’M A FREAK 2 BABY: A FURTHER JOURNEY THROUGH THE BRITISH HEAVY PSYCH & HARD ROCK UNDERGROUND SCENE 1968-73

英国アンダーグラウンド・ハード&ヘヴィ・サイケを俯瞰する人気のコンピBOX、第二弾が登場!BUDGIE、STRAYからWICKED LADY、IRON CLAWといったディープなバンドまで、前作以上に濃厚な内容となっています…!

SIR LORD BALTIMORE / KINGDOM COME

ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・トリオ、70年のデビュー作。サバスを凌駕するヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動。なんという音圧・・・。ずばり元祖ヘヴィ・メタル!

試聴 Click!

BLISS / BLISS

アリゾナ出身のヘヴィ・サイケ/ハード・トリオ、69年作。 ボコスカ・ドラムも鋭角なファズ・ギターもいいし、哀愁溢れる歌メロ、巧みなコーラスもいいなぁ。

試聴 Click!

LINCOLN STREET EXIT / DRIVE IT

メンバー全員がニューメキシコのスー族のインディアンという、スワンプ・ハード・サイケ・バンド!ツイン・ファズ・ギター、粘りのあるシャウト、独特のグルーヴ感が感じられるドラム等、インディアン特有の原初のアシッド(ペヨーテ)感覚も◎!

試聴 Click!

GONG / CONTINENTAL CIRCUS

ゴングといえば何と言ってもRadioGnome3部作だけど、その前夜に残された粗野なグルーヴで突き進むこの3rdもまた良いんだよね。剥き出しのエネルギーを注ぎ込んだヘヴィ・サイケデリックな傑作!

試聴 Click!

こちらの記事も合わせてご覧ください!


BLACK SABBATHファンにオススメの重量級ハード・ロック選!

【関連記事】

BLACK SABBATHファンにオススメの重量級ハード・ロック選!

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。本日はサバスばりのヘヴィなギター炸裂する重厚ハード・ロックをセレクト。


SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

【関連記事】

SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

「元祖ヘヴィ・メタル」SIR LORD BALTIMOREを起点に、壊れたジェットコースターのように暴走する世界のハード・ロックを集めました。

関連ジュークボックス

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SIR LORD BALTIMORE / KINGDOM COME

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!NYブルックリン産轟音ハード・ロックの大傑作、70年作1st

    ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・トリオ。70年のデビュー作。爆音で手数多く叩きまくるドラム、図太すぎるベースによるまさに「鉄壁」という言葉がぴったりのリズム隊、バキっと歪んだリズムと鋭角に切れ込むリードどもにエッジが半端ないギター、そして、金切り声でシャウトしまくるヴォーカル。ドラマー兼ヴォーカルなのですが、こんだけ叩きまくりながら、こんだけエネルギッシュに歌いまくってるの!?とびっくり仰天。とにかくオープニング・ナンバーから重さと切れ味が尋常ではありません!サバスを凌駕するヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動。なんという音圧・・・。唐突な高速リズム・チェンジ、高速ツイン・ギター・リードなどアレンジのキレも相当です。なんという名作!ずばり元祖ヘヴィ・メタル!

  • BLISS / BLISS

    CREAMを彷彿させる米ヘヴィ・サイケ/ハード・トリオ、69年作

    アリゾナ出身のヘヴィ・サイケ/ハード・トリオ。69年作。硬質なトーンで切れ味鋭いファズ・ギターと前のめりにアグレッシヴなリズム隊による塊のようなアンサンブルはCREAMを彷彿させます。ブルージーで哀愁溢れる歌メロ、巧みなコーラス・ワークも魅力的。

  • HUMAN BEAST / VOLUME ONE

    英国ヘヴィ・サイケの名作、70年唯一作

    70年にDeccaレーベルよりリリースされた本作は、ベース、ギター、ドラムがどこまでもダークに唸りを上げるヘヴィ・サイケの名作。演奏レベルは高く、その厚みのあるサウンドはトリオとは思えない迫力。時おり挿入されるアシッドなアコースティック・ギターも彼らのドロドロした雰囲気を増幅していてグッド。

  • GONG / CONTINENTAL CIRCUS

    映画サントラとして制作された知る人ぞ知る71年作3rd、ヘヴィ・サイケの傑作!

    ご存知サイケデリック・ジャズ・ロックの最高峰バンド。71年の3rdで、バイク・レースに関するドキュメンタリー映画用のサントラ。リリースは3rdですが、2nd『Camembert Electrique』のセッション最初期に録音されたもの。キーボードやシンセは使われておらず、アグレッシヴに暴走するリズムの中を、ファズ・ギターとサックスが渦を巻き、デヴィッド・アレンのフリーキーなヴォーカル、ジリ・スマイスのウィスパー・ヴォーカルが炸裂!クリムゾンやカンにも対抗できる、理性的かつ粗野なグルーヴに溢れたサウンドは圧巻のスケールです。スペース・ジャズ・ロック3部作も素晴らしいが、この初期の剥き出しのエネルギーも凄い。ヘヴィ・サイケデリック・ロックの傑作です!

  • THUNDERMOTHER / NO RED ROWAN

    HOLYGROUNDレーベルの名スプリット『ASTRAL NAVIGATIONS』に名を残す英国へヴィ・サイケ・バンド、70年〜71年の音源集、名盤!

    アンダーグラウンド・レーベルHOLYGROUNDのスプリット名盤『ASTRAL NAVIGATIONS』に収録されている事でも知られる英国ランカシャー州プレストンのヘヴィ・サイケ・バンド、70〜71年の音源発掘盤。メンバーはガレージ・バンドDAVID JOHN & THE MOODを率いたヴォーカリストのDavid John、元THE PUPPETSのギタリストDave Millen、元LITTLE FREE ROCKのベーシストFrank Newbold、そして後にRARE BIRDに参加するドラマーFred Kelly。これでもかと歪んだ超強烈なファズ・ギター、ジャック・ブルース並にゴリゴリとドライヴするベース、パワーのあるドラム、パンク・ヴォーカリスト並に雄叫びをあげるヴォーカル。ハード・ロックの重量感もありつつ、アンプが割れるほどの荒々しさで前のめりに突き進むラウド&ガレージーなナンバーが実に痛快!なおかつ凶暴なだけでなくタメの効いたブルース・ロック・ナンバーや憂いと繊細さを湛えたサイケ・フォーキーな楽曲もあったりと、表現力・演奏力ともにかなりハイレベル。コアなサイケ・ファンやブリティッシュ・アンダーグラウンド・ファンからの人気も納得の名作です。

  • WOODEN LION / WOODEN LION

    英ヘヴィ・サイケ・バンドが73年に録音しながらお蔵入りとなった幻の作品

    70年代はじめにイギリスで活動していたツインギター編成の5人組ヘヴィ・サイケ・バンド。73年に録音されながらお蔵入りとなった幻の作品。ゆったりと沈み込むように鳴らされるリズム・ギター、ファズをたっぷりにフリーキーに垂れ流されるリード・ギター、気だるいヴォーカルとメランコリックなメロディ。時折、レッド・ツェッペリンのオリエンタルな曲を彷彿させるリズムのキメも飛び出し印象的。英サイケJULYからサイケ・ポップ感をなくしてダウナーにした感じのアンダーグラウンド臭ぷんぷんのサウンドが特徴です。でも、時々、素っ頓狂だったり牧歌的だったり、愛嬌もある感じの愛すべき好盤です。

  • LINCOLN STREET EXIT / DRIVE IT

    ネイティブ・アメリカン・バンドXITの前身であるヘヴィ・サイケ・バンド、70年唯一作!

    ネイティブ・アメリカン・バンドXITの前身であるヘヴィ・サイケ・バンド、70年唯一作!レコード・ジャケによると、このサウンドは、ニュー・メキシコのインデアン・カルチャーに影響を受けているとの事。その後、XITにおいてより民俗色の強い作風を推し進めて行く過程に放たれた、最初の一歩とも言える力強い内容です。メンバーは全員、ニュー・メキシコのスー族のインディアン。64年の結成という事もあり、既に風格溢れるスワンプ・ハード・サイケデリック・ロックを展開!ツイン・ファズ・ギター、粘りのあるシャウト、独特のグルーヴ感が感じられるドラム等、インディアン特有の原初のアシッド(ペヨーテ)感覚を感じさせる、アクの強い、米先住サイケ戦士達のスピリットを是非…!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。