プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【新品棚お散歩隊】紅葉も進んできたことですし、「紅葉カラー」のジャケットで紅葉狩り!

ひとつのキーワードを頼りに新品棚前をお散歩し、メジャー盤、ニッチ盤を問わず、独断と多少の偏見まじりで新品タイトルをご紹介させていただいている新品棚お散歩隊、本日は「紅葉カラー」のジャケットで紅葉狩り!

 

■MARIAN HENDERSON / CAMEO

オーストラリアの女性SSWによる70年リリースの唯一作。深く沈み込むようなメランコリックな歌声は、まるで英国のブリジット・セント・ジョン。存在感あるギターの爪弾きに、ヴァイオリンやリコーダーなど管弦楽器が彩る荘厳なアンサンブルもまたブリジットに通じています。気品のある流麗な楽曲では、サンディ・デニーの歌声や楽曲も彷彿。彼女の名曲「Fotheringay」のカヴァーも絶品です。かきむしられるギターのバッキングに、単音のエレキがサイケデリックにたゆたう楽曲など、アシッド・フォークのファンも気に入るでしょう。これはフィメール・フォークのファンは必聴の名作!

試聴 Click!

 
 

■AKTUALA / TAPPETO VOLANTE

イタリアはローマで結成、中近東や北アフリカやアジアの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスも加えたオリエンタルなプログレ・グループが75年にリリースした3rd。ゆったりとイマジネーション豊かでオリエンタルなデビュー作、パーカッションによるリズムを強調しより器楽的でテンションを増した2nd、そしてこの3rdは、フリー・ジャズ/アヴァンのエッセンスを増し、悠久の民族音楽と硬質なフリー・ジャズとがブレンドした真にプログレッシヴなサウンドを聴かせています。キング・クリムゾン『太陽と戦慄』やオザンナ『パレポリ』のアコースティック版と言えるような個性的なサウンドは、プログレ・ファン必聴。名作!

試聴 Click!

 
 

■CZERWONE GITARY / SPOKOJ SERCA

ポーランド屈指の人気を誇ったビート・バンドの通算5作目となる71年作。キャチーなビートを期待したデビューからのファンからはソッポを向かれたものの、現在ではポーランド・ロックの名作として高く評価されているようです。オープニングからファズ・ギターが低く立ちこめて、混沌とした空気が渦巻きます。どこかモノトーンのクリーンなカッティング&メランコリックなアルペジオによるリズム・ギターを軸に、ファズ・ギターのリードが時にスリリングに切り込み、時にサイケデリックな音像を描きます。Vo&Gのメンバーにはヴァイオリンとピアノのクレジットもあって、ここぞでヴァイオリンが狂おしくむせいで痺れます。ビートルズの「Come Together」をサイケ・ハードに仕立てて、ポーランドならではの哀愁を注いだ感じ!?聴き所の多い好作品です。

試聴 Click!

 
 

■KORMORAN / FOLK AND ROLL

ハンガリーのグループ、84年作の記念すべきデビュー作。キレのある躍動的なリズム隊、エッジの立ったスリリングなギターによるロック的ダイナミズムと、ヴァイオリン、フルート、バクバイプなどによる哀愁とエキゾチズムが融合したアンサンブルは唯一無比。変拍子を軸にギターとヴァイオリンがユニゾンで絡むキメのパートは、爽快なほどに切れ味抜群。ハンガリーを代表するグループの記念すべき第一歩。さすがの名作です。

試聴 Click!

 
 

■GROUNDHOGS / THANK CHRIST FOR THE BOMB

ハンガリーのグループ、84年作の記念すべきデビュー作。キレのある躍動的なリズム隊、エッジの立ったスリリングなギターによるロック的ダイナミズムと、ヴァイオリン、フルート、バクバイプなどによる哀愁とエキゾチズムが融合したアンサンブルは唯一無比。変拍子を軸にギターとヴァイオリンがユニゾンで絡むキメのパートは、爽快なほどに切れ味抜群。ハンガリーを代表するグループの記念すべき第一歩。さすがの名作です。

試聴 Click!

 
 

たまには感性の赴くままにジャケ買いなんていかがでしょうか?

 
 
国内盤中古CDのジャケ買い一覧
輸入盤中古CDのジャケ買い一覧
新品CDのジャケ買い一覧
 
 

パラパラとアートワークを眺めているだけでも楽しかったりするんですよね~。

 

関連記事

深まる秋の夜にクラシックはいかが?プログレ・ミュージシャン達のクラシック・アルバムをご紹介!

【関連記事】

深まる秋の夜にクラシックはいかが?プログレ・ミュージシャン達のクラシック・アルバムをご紹介!

深まる秋の夜にクラシックはいかがでしょうか?クラシカル・ロックの名盤を取り上げつつ、そのバンドのメンバーがリリースしたクラシック作品をご紹介!


秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム。

【関連記事】

秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム。

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。今日は「秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム」です。

 

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MARIAN HENDERSON / CAMEO

    オーストラリアの女性SSWによる70年唯一作、サンディ・デニーやブリジット・セント・ジョンを彷彿させる歌声が絶品

    オーストラリアの女性SSWによる70年リリースの唯一作。深く沈み込むようなメランコリックな歌声は、まるで英国のブリジット・セント・ジョン。存在感あるギターの爪弾きに、ヴァイオリンやリコーダーなど管弦楽器が彩る荘厳なアンサンブルもまたブリジットに通じています。気品のある流麗な楽曲では、サンディ・デニーの歌声や楽曲も彷彿。彼女の名曲「Fotheringay」のカヴァーも絶品です。かきむしられるギターのバッキングに、単音のエレキがサイケデリックにたゆたう楽曲など、アシッド・フォークのファンも気に入るでしょう。これはフィメール・フォークのファンは必聴の名作!

  • KORMORAN / FOLK AND ROLL

    ハンガリーを代表するグループ、記念すべき84年デビュー作、プログレッシヴ・トラッドの名作

    ハンガリーのグループ、84年作の記念すべきデビュー作。キレのある躍動的なリズム隊、エッジの立ったスリリングなギターによるロック的ダイナミズムと、ヴァイオリン、フルート、バクバイプなどによる哀愁とエキゾチズムが融合したアンサンブルは唯一無比。変拍子を軸にギターとヴァイオリンがユニゾンで絡むキメのパートは、爽快なほどに切れ味抜群。ハンガリーを代表するグループの記念すべき第一歩。さすがの名作です。

  • AKTUALA / TAPPETO VOLANTE

    イタリア出身、エンブリヨやポポル・ヴーに通じるサイケデリック且つオリエンタルなサウンド、75年作3rd

    イタリアはローマで結成。中近東や北アフリカやアジアの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスも加えたオリエンタルなプログレ・グループで、フランコ・バッティアートに見いだされて、BLA BLAレコードと契約、75年にリリースされた3rd。ゆったりとイマジネーション豊かでオリエンタルなデビュー作、パーカッションによるリズムを強調しより器楽的でテンションを増した2nd、そしてこの3rdは、フリー・ジャズ/アヴァンのエッセンスを増し、悠久の民族音楽と硬質なフリー・ジャズとがブレンドした真にプログレッシヴなサウンドを聴かせています。キング・クリムゾン『太陽と戦慄』やオザンナ『パレポリ』のアコースティック版と言えるような個性的なサウンドは、プログレ・ファン必聴。名作!

  • GROUNDHOGS / THANK CHRIST FOR THE BOMB

    奇才ギタリストTony McPhee率いる英ブルース・ロック・グループ、70年作

  • CZERWONE GITARY / SPOKOJ SERCA

    ポーランド屈指のビート・バンドが71年にリリースしたサイケデリック&アート・ロックの好作品

    66年にデビューして以来、ポーランド屈指の人気を誇ったビート・バンド。3枚のビート名作を残した後にリード・ギタリストが脱退。トリオ編成となってからの2作目で、通算5作目となる71年作が本作。キャチーなビートを期待したデビューからのファンからはソッポを向かれたものの、現在ではポーランド・ロックの名作として高く評価されているようですが、なるほど納得。オープニングからファズ・ギターが低く立ちこめて、混沌とした空気が渦巻きます。どこかモノトーンのクリーンなカッティング&メランコリックなアルペジオによるリズム・ギターを軸に、ファズ・ギターのリードが時にスリリングに切り込み、時にサイケデリックな音像を描きます。ここぞでは、Vo&Gのメンバーにはヴァイオリンとピアノのクレジットもあって、ここぞでヴァイオリンが狂おしくむせいで痺れます。ビートルズの「Come Together」をサイケ・ハードに仕立てて、ポーランドならではの哀愁を注いだ感じ!?聴き所の多い好作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。