プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

フラワー・キングスの20年作『ISLANDS』から出発、ロイネ・ストルトばりのエモーショナルなギターを聴かせる各国プログレ探求!

スタッフ佐藤です。

カケレコ事務所がある埼玉寄居はここ数日は天気が崩れがちですが、少し晴れ間が覗くと一気に汗が吹き出してきます。まだまだ夏が終わる気配はありませんね。

こんな時期は少しひんやりした音が聴きたいな~ということでお世話になるのが、ロイネ・ストルトが素晴らしいギターを弾いているザ・フラワー・キングスのアルバム。

特に20年リリースの『ISLANDS』は、2CDにわたりロイネのクールさとエモーションが絶妙に融合したギタープレイが堪能できるオススメ盤です。

今日は、その『ISLANDS』を起点に、ロイネばりにエモーショナルかつイマジネーションに富んだギターが楽しめる作品を各国からチョイスします!

まずは、KAIPAファンにも聴いて欲しい彼らの20年作から!

FLOWER KINGS/ISLANDS

ロジャー・ディーンによるジャケットも目を惹く2枚組大作。

柔らかくも芯のあるシンセやオルガンと、ロイネの歌うように情感豊かなギターがエモーショナルに交歓する、ドリーミーな面を強く感じさせるシンフォニック・ロックが素敵。

KAIPAファンにもオススメの最新2020年作!

試聴 Click!

エモーショナルかつイマジネーションに富んだギタリストなら、先日待望の新作が届いたインドネシアのこのギタリストが一押し!!

DEWA BUDJANA/NAURORA

ロック色が強かった前作から再びフュージョン/ジャズロック路線に回帰した21年作。

このサウンド、例えるならPAT METHENY GROUPのステージにRoine Stoltが飛び入り参加した感じでしょうか。

アジア出身らしい、オリエンタルな香りも放つ色彩に富んだギタープレイが絶品!

試聴 Click!

ウクライナ出身の才人が率いるこちらのシンフォ・グループにもロイネばりに素晴らしいギタリストが!

KARFAGEN/MESSAGES FROM AFAR: FIRST CONTACT

この透明感、熱量、スケール。もうフラワーキングスに肩を並べてると言って何の問題もないでしょう。

ウクライナ出身の才人キーボーディストAntony Kaluginが率いるシンフォ・バンドの10作目ですが、ずばり全シンフォ・ファン必聴レベル。

Kaluginと同郷ウクライナ出身のMax Velychkoによる、ロイネ・ストルトと比べても遜色ない繊細かつ熱くフレーズを紡ぐギターに注目です!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
お時間ありましたら関連記事も合わせてお楽しみください☆


フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れるプログレ・セレクション☆

【関連記事】

フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れるプログレ・セレクション☆

フラワー・キングス・ファンにオススメのプログレ作品をご紹介します!


【新作追加】DISCUSに続け!インドネシア・プログレ特集

【関連記事】

【新作追加】DISCUSに続け!インドネシア・プログレ特集

NHK-FMの『プログレ三昧』でDISCUSが取り上げられ、プログレ・ファンにとって注目すべきエリアとなったインドネシア。DISCUSにも勝るとも劣らない硬派かつイマジネーション溢れるジャズ・ロック/プログレの名作が続々と届いておりますので、ピックアップ!


ウクライナ出身の才人Antony Kalugin率いる注目グループ、KARFAGEN特集!

【関連記事】

ウクライナ出身の才人Antony Kalugin率いる注目グループ、KARFAGEN特集!

ウクライナ出身のコンポーザー&ミュージシャンAntony Kaluginによるソロ・プロジェクトKARFAGENを特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KARFAGEN / MESSAGES FROM AFAR: FIRST CONTACT

    ウクライナ出身キーボーディストAntony Kalugin率いるプロジェクト、2017年作9thアルバム、ずばりTHE FLOWER KINGSにも肩を並べる完成度に達したシンフォ・ファン必聴作!

    ウクライナ出身、英国を拠点に活動する1981年生まれのキーボーディストAntony Kaluginによるソロ・プロジェクト。2017年作9thアルバム。冒頭から透明感溢れるシンセが美しく折り重なり桃源郷的サウンドを描き出していく展開に早くも耳を奪われます。ロイネ・ストルトと比べても遜色ない繊細かつ熱くフレーズを紡ぐギターも素晴らしすぎる。演奏の密度と熱量、スケールの大きさは間違いなくTHE FLOWER KINGSに匹敵します。エレクトロニクスも用いられていますが、バンド・アンサンブルの中に有機的に溶け込ませるセンスが抜群で、往年のプログレを意識しながらもスタイリッシュに聴かせるモダン・シンフォニックな音像を構築。また随所で聴ける東欧出身の彼らしい欧州トラッド的な荘厳な民族色を添えるプレイも感動的に響きます。ギターがエモーショナルなプレイで演奏を盛り上げ、キーボードが疾走感あるプレイで曲進行を牽引する、ユニークなスタイルも揺るぎない個性を生んでいて見事。前作までもリリースされるたびに完成度を上げてきましたが、9作目にしてかつてないステージへと進んだ感のある、シンフォファン必聴作に仕上がっています!

  • DEWA BUDJANA / NAURORA

    名実ともに現インドネシアを代表するギタリスト、21年作、Jimmy Johnson/Gary Husband/Simon Phillipsほかが参加!

    名実ともに現インドネシアを代表するギタリストである彼の21年作。前19年作はプログレ人脈が脇を固めたロック色の強い作風でしたが、今回はJimmy Johnson/Gary Husband/Simon Phillips/Dave Weckl/Paul McCandlessといった英米のスーパー・セッションマン達が参加、フュージョン/ジャズ・ロック路線へと回帰した印象です。名手たちによるシャープかつ重みある流石のリズムワークをバックにして、オリエンタルな香りが匂い立つテーマ演奏から色彩に富んだトーンでエモーショナルに紡ぐソロまで、彼にしか描き得ない優美かつクリエイティヴなギタープレイを楽しませてくれます。このサウンド、例えるならPAT METHENY GROUPのステージにRoine Stoltが飛び入り参加した感じと言えるでしょうか。抜群に洗練されたフュージョン/ジャズ・ロックに、自身のルーツを反映したオリエンタルなセンスをふんだんに織り込んだ素晴らしき逸品!

  • FLOWER KINGS / ISLANDS

    ギタリストRoine Stolt率いる人気グループ、KAIPAファンにもオススメのドリーミーでファンタジックな2枚組力作!

    ご存じプログレッシヴ・ロック界を代表するギタリストRoine Stolt率いる人気グループ、久々となる2枚組の2020年作。KAIPAのHans Lundinを思わせる柔らかくも芯のあるシンセやオルガンのプレイと、Roineによる歌うように情感豊かなギターがエモーショナルに交歓する、ハードさよりもドリーミーな面を強く感じさせるシンフォニック・ロックを繰り広げます。抜群の安定感でタイトにアンサンブルを支えるリズム隊もいつもながら素晴らしいし、ハスキーながら伸びのある歌声が魅力のHasse Frobergも、熱く歌い上げる力強い歌唱と囁くようにジェントルな歌唱を織り交ぜ、表現力豊かに歌っていてさすがの一言です。S. Hackett周辺で活動するサックス奏者Rob Townshendによるジャジーで軽やかなソプラノ・サックスをフィーチャーしたナンバーも聴き所。ロジャー・ディーンの幻想的なジャケット通りと言える、夢の世界を冒険するようなどこまでもファンタジックなサウンドが胸に迫る作品。KAIPAファンなら是非!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。