プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジェネシス『月影の騎士』から出発する、つややかに疾走するシンセサイザーが楽しめるプログレ探求☆

スタッフ佐藤です。

プログレのみならず、あらゆるロック作品でその音を聴かないことはないほどに使用されている鍵盤楽器と言えばシンセサイザー。

シンセサイザーの名演と言えば数多くありますが、中でも個人的に印象的なのがジェネシス『月影の騎士』収録の「CINEMA SHOW」で聴けるARPシンセサイザーのソロ。

ARP特有のカラフルでつややかな音色を生かし、美麗かつスリリングなフレーズを次々と紡いでいくプレイは、トニー・バンクスの才能が遺憾なく発揮された名演と言えるのではないでしょうか。

今回は、そんな『月影の騎士』を出発点にして、つややかなシンセサイザー・サウンドをたっぷり味わえるプログレを探求していきたいと思います。

それでは、改めてこの名盤から見てまいりましょう!

GENESIS/SELLING ENGLAND BY THE POUND

ガブリエル期ジェネシスの最高傑作との呼び声も高い73年作。

テクニカルだけど人懐っこさもあるファンタジックなアンサンブルとアクの強いシアトリカルなヴォーカルという唯一無二の組み合わせで、中世英国的世界観を鮮やかに描き出します。

アルバムのクライマックスと言えるロマンチックかつ劇的な名曲「CINEMA SHOW」をお聴きください~。

試聴 Click!

続いては、先日10周年リミックス・バージョンでリイシューされた、この注目新鋭の2ndをチョイス!

YESTERDAYS/COLOURS CAFFE

息をのむほどにつややかなトーンで疾走するシンセサイザー、フルートやメロトロンが彩るファンタスティック度120%のアンサンブルと、無垢な表情でポップに歌い上げる美声の女性ヴォーカル。

抜けの良い清涼感とヴィンテージな叙情性を兼ね備えたハンガリー新鋭による渾身の2nd!

試聴 Click!

最後は、南米アルゼンチンから美しいシンセサイザーの演奏が詰まった作品をピックアップ~。

LA MAQUINA DE HACER PAJAROS/PELICULAS

「アルゼンチン・ロックの父」CHARLY GARCIA率いる名プログレ・バンド。

ジャズ/フュージョン・タッチのテクニカルかつ洗練された演奏がカッコいいですが、GARCIAが奏でる極上のシンセサイザー・サウンドも聴き所。

このオープニング・ナンバー、ごくシンプルな曲調ながら、美しいメロディとそれを奏でる雄弁なシンセのプレイにじわじわと感動がこみ上げてきますよね。

試聴 Click!


いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


ソリーナの甘く美しい音色が堪能できるプログレ名盤セレクション☆

【関連記事】

ソリーナの甘く美しい音色が堪能できるプログレ名盤セレクション☆

優雅さの中に甘やかな丸みを帯びた出音が特徴的な、ストリングス・シンセサイザーの名器ソリーナ・ストリング・アンサンブル。そんなソリーナの音色が堪能できるプログレ作品を各国よりピックアップしてまいりましょう☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、これぞ初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

  • LA MAQUINA DE HACER PAJAROS / PELICULAS

    天才チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチン・ロックの代表グループ、77年2nd、スティーリー・ダンなどを想起させる洗練されたセンスが光る傑作

    チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチン・ロック・グループ。77年作の2nd。前作での穏やかで美しいメロディーはそのままに、ジャズ、フュージョン色が増し、より洗練されたテクニカルなアンサンブルが楽しめる作品。弦楽アレンジの大胆な導入によりリリカルなメロディーの魅力も最大限に引き出されています。演奏の切れはさすがで、静と動の部分のメリハリが強調された結果、完成度は増した印象。前作と並び、アルゼンチン・ロックを代表する傑作。

  • YESTERDAYS / COLOURS CAFFE

    ハンガリー期待の新鋭、2011年作2nd、フルートやメロトロンが彩るシンフォ・ファン必聴の逸品!

    ハンガリー出身でルーマニアを拠点に活動する新鋭グループ。シンフォ・ファンを魅了した07年の傑作デビュー作に続く、2011年作2ndアルバム。女性ヴォーカルは交代しましたが、新たに加わったヴォーカリストもまた透明感あって美声。フルートやメロトロンやムーグ・シンセが柔らかく彩るファンタスティックなアンサンブルはそのままに、爽やかなアコギや青空に溶けていきそうなメロディやコーラスなど、前作に比べ、ヌケが良く、たおやかになった印象。清涼感の中にヴィンテージな叙情美やしなやかなテクニックを絶妙にブレンドする感覚はさすがの一言です。前作を気に入った方は間違いなくこちらも堪らないでしょう。必聴盤です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。