プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

プログレ界のレジェンド・ギタリスト、スティーヴ・ハケットがゲスト参加するプログレ作品を探求!

スタッフ佐藤です。

60年代のプロキャリア開始から英国プログレの伝統を伝え続けているのが、元GENESISの名ギタリスト スティーヴ・ハケット。

今年開催予定だった来日公演がコロナの影響で来年6月に延期となり、その雄姿を生で目にするのを待ち遠しく感じてらっしゃる方も多いと思います。

そんなスティーヴ・ハケット、自身のソロ活動による活躍ぶりはもちろん素晴らしいですが、彼の功績の一つとして無視できないのが、世界各国のプログレ・グループの作品に積極的にゲスト参加していること。

今回は、そんな彼のゲスト参加作の中でも特に名演が楽しめる作品をご紹介いたしましょう。

まずは、今話題沸騰中のこの米シンフォ作品からスタート!

DAVID MINASIAN/SOUND OF DREAMS

CAMEL系シンフォの名作と言えた前作2ndから実に10年。持ち前のCAMEL系シンフォ・スタイルに、ハケット、アニー・ハズラム、ビリー・シャーウッド、ジャスティン・ヘイワードらゲストの持ち味を絶妙に溶け込ませた手腕が光る待望の2020年3rd!

試聴 Click!

ゲストとして自身の楽曲を演奏するという離れ業をやってのけているのがこのアルバム!

WATCH/SEVEN

現イタリアのジェネシス系シンフォ・バンドの筆頭格と言える彼らの17年作7th!3~7分台の楽曲にジェネシス憧憬の叙情美とドラマ性、ポップな聴きやすさをセンス良く詰め込む手腕はさすがの一言。

ハケットの1stソロ収録「THE HERMIT」のカバーには、なんとハケット本人がゲスト参加!古楽器のような典雅な調べを鳴らす12弦ギターでロマンティックに楽曲を彩っていて必聴です。

試聴 Click!

最後はとっておき、初代&二代目GENESISギタリストによる涙の共演が聴けるこの作品!!

ALGEBRA/DECONSTRUCTING CLASSICS

GENESIS/CAMEL/GG/ELPなどをカバーした伊プログレ19年作。カバーの完成度も素晴らしいですが、聴き所はゲスト参加するA.フィリップスとS.ハケットの共演!フィリップスの繊細な12弦ギターの上をハケットのエモーショナルなギターが飛翔するパートは感涙ものです~。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


プログレ界のリヴィング・レジェンド、スティーヴ・ハケット特集!

【関連記事】

プログレ界のリヴィング・レジェンド、スティーヴ・ハケット特集!

スティーヴ・ハケットを特集。70年代〜90年代の作品を一覧した潮流図、芹沢さんとカケレコ君による足跡と作品の解説、名演集、00年代以降の新鋭グループ作への参加作セレクション。


スティーヴ・ハケット 『GENESIS REVISITED 2013 JAPAN TOUR』 2日目ライヴ・レポート

【関連記事】

スティーヴ・ハケット 『GENESIS REVISITED 2013 JAPAN TOUR』 2日目ライヴ・レポート

6月8日にクラブ・チッタで行われた、スティーヴ・ハケット来日公演2日目に行ってまいりました。全曲がジェネシス・ナンバーというハケットファンにも往年のジェネシスファンにも嬉しい内容となっており、多くのプログレ・ファンからの注目が集まっている今回の公演。その模様を他国でのライヴ動画を交えてお伝えしてまいります!


特集 世界のジェネシス・フォロワーたち!

【関連記事】

特集 世界のジェネシス・フォロワーたち!

カケレコ棚に並ぶジェネシス・フォロワー作品より、一部を厳選してピックアップしてみたいと思います☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DAVID MINASIAN / SOUND OF DREAMS

    CAMELの映像作品制作にも関わる米key奏者、ハケット、アニー・ハズラム、ビリー・シャーウッド、ジャスティン・ヘイワード他をゲストに迎えひたすら美麗なシンフォ・プログレを紡ぐ20年3rd

    84年にデビュー作をリリース、『COMING OF AGE』などCAMELの映像作品制作にも関わった米key奏者。CAMEL系シンフォの傑作として名高い2nd『RANDOM ACTS OF BEAUTY』から10年ぶりにリリースされた20年作3rd。本作では、Steve Hackett、Annie Haslam、Billy Sherwood、MOODY BLUESで知られるJustin Haywardらを各曲にフィーチャー。CAMEL直系の叙情シンフォに各ゲストの持ち味をしっかり溶け込ませた美麗ナンバーがずらりと並びます。シンセが幻想的に広がる演奏をバックにJustinの語りかけるようにジェントルな歌声を響かせるナンバー、波打つような美しいピアノの調べとAnnieによる天上のソプラノ・ヴォイスが調和するナンバー。そしてこれでもかとメロディアスに飛翔するHackett渾身のギターソロがたっぷり味わえるナンバーと、どの曲もひたすら美しくて絶え間なく感動がこみ上げてきます。スリリングなシンセワークとスクワイア譲りのブンブン唸るベースの絡みが痛快なBilly Sherwood参加曲もカッコいいです。しかし何といってもゲストの名演を支えつつ、全編で印象的なキーボード・サウンドを奏でるこのDavid Minasianというミュージシャンの才能は底知れません。CAMELファン、キーボード主体のシンフォがお好きな方には是非聴いて欲しい名盤!

  • WATCH / SEVEN

    現イタリアのジェネシス系シンフォ・バンド筆頭格、ジェネシス憧憬に溢れつつもポップかつドラマチックに練られた楽曲の良さが光る力作、S.ハケットのカバーで本人がゲスト参加

    現イタリアのジェネシス系シンフォ・バンドの筆頭格と言える彼らの17年作7th。霧の中から立ち上がってくるようなメロトロンとオルガンが幻想的に揺らめき、相変わらずのピーガブそっくりのヴォーカルが耽美にメロディを歌い上げ、ギターは往年のハケットのプレイをなぞるかのようにデリケートな美旋律を紡ぎ出します。折り重なる柔らかなシンセのトーンも美しく、従来にも増して70年代憧憬のヴィンテージ感が強まっている印象。とは言え他の多くのジェネシス系バンドのように大仰には展開することはなく、3〜7分台の楽曲にドラマ性とポップな聴きやすさを詰め込んだWATCHならではのセンスが光っています。そしてスティーヴ・ハケットの1st収録「THE HERMIT」のカバーには、ハケット本人がゲスト参加!古楽器のような典雅な調べを鳴らす12弦ギターでロマンティックに楽曲を彩っており好演を披露。シンフォニック・ロック然とした長尺ナンバーで聴かせることが多いジェネシス憧憬の新鋭とは一線を画する、よく練り上げられた無駄のない構成でスタイリッシュに聴かせてくれる力作です。

  • ALGEBRA / DECONSTRUCTING CLASSICS

    80年から活動のイタリアン・シンフォ・バンド、プログレ名曲を全編カバーした19年3rd、1曲でアンソニー・フィリップスとスティーヴ・ハケットが共演!

    80年より活動、94年に1stアルバムをリリースしたイタリアン・シンフォ・グループ、09年2ndより10年ぶりとなる19年作3rdアルバム。GENESIS/CAMEL/GG/ELP/R.WYATT/F.BATTIATO/LE ORMEなど英伊プログレの名曲をカバーした力作となっています。1曲目「La cura」にはゲストとしてアンソニー・フィリップスとスティーヴ・ハケットという大物2人を迎えており、フィリップスの繊細な12弦ギターの上をハケットのエモーショナルなギターが飛翔するパートは感涙ものです。ヴァイオリンやサックスが躍動するGENESISの「Dusk」、色彩感に溢れたアレンジが素晴らしいGGの「Funny Way」、ジャジーなエッセンスも香る洒脱なLE ORME「Felona e Sorona」などなど、イタリアのバンドらしい地中海テイストも交えた好カバーが満載の一枚です!

STEVE HACKETTの在庫

  • STEVE HACKETT / GENESIS REVISITED: LIVE AT HAMMERSMITH

    英国プログレを代表するギタリスト、13年5月にロンドンのハマースミス・アポロにて行われたライヴを収録

    英国プログレを代表するギタリスト、13年5月にロンドンのハマースミス・アポロにて行われたライヴを収録。スペシャルゲストとしてジョン・ウェットン、ニック・カーショウ、スティーヴ・ロザリー(マリリオン)などが参加。

    • IEZP63

      紙ジャケット仕様、3HQCD+2DVDの5枚組、DVDはヨーロッパ制作、リージョンフリー、特典ボックス付き、定価5,714+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      盤キズ多めにあり

  • STEVE HACKETT / SPECTRAL MORNINGS(映像)

    78年のライヴ映像

    • MSIDV024/5

      DVD+ボーナスCDの2枚組、NTSC方式、リージョンフリー、帯元から無し、解説付仕様、定価3,500

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯-

      スレあり、圧痕あり

  • STEVE HACKETT / HUNGARIAN HORIZONS LIVE IN BUDAPEST

    2002年1月26日にブダペストでおこなったアコースティック・ライヴの音源を収録、全38曲

    02年にハンガリーのブダペストで行われたアコースティック・ライヴ。DVDとCD2枚の合計3枚組。

  • STEVE HACKETT / SOMEWHERE IN SOUTH AMERICA…LIVE IN BUENOS AIRES(DVD)

    99年作『ダークタウン』発表後のツアー、01年ブエノスアイレス公演

    • 693723652276CAMINO

      デジパック仕様(トールサイズ)、2CD+1DVDの3枚組、スリップケース付き仕様(画像はスリップケースです)、NTSC方式、リージョンフリー

      盤質:傷あり

      状態:不良

      ケース不良、デジパックトレーにヒビあり、若干いたみあり・目立つウォーターダメージあり

  • STEVE HACKETT / WILD ORCHIDS

    06年作

  • STEVE HACKETT / BEYOND THE SHROUDED HORIZON

    11年作

  • STEVE HACKETT / LIVE RAILS

    2009-2010年の欧州ツアーを収録した11年作、全20曲

  • STEVE HACKETT / THE MAN THE MUSIC

    これまでのキャリアを総括した15年制作のドキュメンタリー映像作品、本人のほかスティーヴン・ウィルソン/クリス・スクワイアなどのインタビューも収録

  • STEVE HACKETT / VOYAGE OF THE ACOLYTE

    ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

    英国プログレッシブ・ロックを代表するバンドGENESISの全盛期を支えたギタリストによる、GENESIS在籍中の75年ソロ・デビュー作。本家のGENESISはちょうど代表作である「幻惑のブロードウェイ」を発表した時期であり、Phil CollinsやMike Rutherfordのサポートを受け、Peter Gabrielに採用させることのなかったSteve Hackettの求めたGENESISの音が詰め込まれた傑作といえます。またGENESISを想起させるばかりではなく、最初期のKING CRIMSONにも通じるような荘厳なメロトロンの使用、Sally Oldfieldのソプラノ・ボーカルなどが豊かなバリエーションを描き、彼独自のシンフォニックな音像を形成しています。

  • STEVE HACKETT / PLEASE DON’T TOUCH

    ポップな作風になった78年2ndソロ、カンサスのスティーヴ・ウォルシュがヴォーカルを取る一曲目「NARNIA」が出色!

    言わずと知れたジェネシスの全盛期を支えたギタリスト。ジェネシス脱退後の78年にリリースされた2ndソロ。カンサスのヴォーカル、スティーヴ・ウォルシュが参加した楽曲がとにかく圧巻!英国の叙情と米国の突き抜けるエネルギーとが融合したサウンドは、ドラマティック&ダイナミック!

  • STEVE HACKETT / SPECTRAL MORNINGS

    初期の集大成と言える78年3rdソロ!

    英国プログレッシブ・ロックを代表するバンドGENESISの全盛期を支えたギタリストによる、初期の名盤と言われる78年3rd。前2作がゲストミュージシャンを迎えての録音であったのに対して、本作からは本格的にバンド体制を組みJohn Hackett、Nick Magnus、Pete Hicksらを従えた、音楽的にも統一感を持たせた作風となっています。GENESIS直系のファンタジックなシンフォニック・ロックから、クラッシック・ギターを響かせる楽曲、オリエンタルなエキゾチックさを醸し出す楽曲まで触れ幅に恵まれていますが、どの楽曲も一聴して彼と分かるオリジナリティーに脱帽してしまう名盤です。

  • STEVE HACKETT / DEFECTOR

    80年作

    元GENESISのギタリスト。80年にCHARISMAレーベルよりリリースされた4thソロ。前作の延長線上にあるメロウでプログレッシヴなサウンドですが、キーボードの比重が増し、プログレッシヴな楽曲ではよりテクニカルでダイナミックに、メロディアスな楽曲では、CAMELを想わせるたおやかで幻想的なキーボードにより、一層ドラマティックになった印象です。キーボード、フルート、ギターが次々にリリカルなフレーズを奏でる「JACUZZI」他、どの曲も完成度が高く、聴き所満載。名作です。

  • STEVE HACKETT / BAY OF KINGS

    83年作、珠玉のアコースティック・ギター・アルバム。

  • STEVE HACKETT / TILL WE HAVE FACES

    ブラジリアン・テイスト香る84年作

    84年発表の第8作目。初のクラシック・ギター作品である83年作『BAY OF KINGS』と、スティーヴ・ハウとのバンドGTRでの活動の間に位置する作品。本作の特徴がブラジリアン・リズムを大胆に取り入れたサウンドで、その意味で彼の作品の中でもとりわけ個性的な一枚と言えます。ラテン音楽の華やかで軽快なサウンドを基調に、R&B調のナンバーから、ジャズ/フュージョン・タッチのナンバーまで、そのすべてに表情豊かなプレイを乗せていくハケットの卓越したギターがやはり出色。異色作ながら、ハケットの個性的なギタープレイの魅力が存分に発揮された好作品です。

  • STEVE HACKETT / MOMENTUM

    88年リリース、ブラジリアン・テイストも取り入れた傑作アコースティック・アルバム

  • STEVE HACKETT / TIME LAPSE

    81年と90年の音源を収録した92年発表のライヴアルバム、ベスト選曲と言える全14曲

  • STEVE HACKETT / BLUES WITH A FEELING

    異色のブルース・アルバム、94年作

    言わずと知れたジェネシスのギタリスト。ブルースに真っ向から挑んだ94年の異色作。オープニングを飾る「Born In Chicago」からエネルギー全開で、雄弁なギターはもちろん、自身が奏でるブルース・ハープのなんと巧みなこと!円熟味のあるヴォーカルも魅力的です。クラプトンの出世作であるジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズの65年作を彷彿させる熱気むんむんのブルース・カヴァーをはじめ、英国的な陰影と叙情も織り交ぜたオリジナル・ナンバーなど、どの曲も伸びやかな演奏が良い感じです。ジェネシスで聴ける繊細なタッチとは別のスティーヴの魅力が堪能できる一枚です。

  • STEVE HACKETT / LIVE ARCHIVE 70 80 90’S

    70s〜90sのライヴ・アーカイヴ、全41曲

「STEVE HACKETTの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。