プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【フシオーン紙ジャケ化記念】聴き手の予測を裏切る、屈折しまくりプログレ・セレクション!

スタッフ佐藤です。

10月24日リリースのマーキー・レーベルの紙ジャケは、フィンランドを代表するミュージシャン、ペッカ・ポーヨラのソロ3タイトルと、スペイン・バルセロナ出身のプログレ・バンド、フシオーンによる1stと2nd!

中でもフシオーンの2タイトルは、これまで紙ジャケ化はもちろん国内仕様でもリリースされていなかったので、注目度はかなり高いのではないかと思います。

試聴 Click!

試聴 Click!

クラシック・カバーの数々をジャズやイージーリスニング調も取り込んで屈折感満点のアート・ロック/プログレに仕立て上げた1st。そしてとぼけたジャケットそのままに、一流の技巧とセンスでユーモア満点のオルガン・ジャズ・ロックを展開する2nd。どちらも一筋縄ではいかぬサウンドが魅力です。

プログレ・シーンには、そんなフシオーンのように凝ったアレンジやトリッキーな展開で聴き手を翻弄する屈折しまくりの作品たちがたくさん存在しますよね。

今回は、そんな屈折プログレたちを世界各地より選りすぐって紹介してまいりましょう~♪


まずは、屈折プログレと言えば北欧のこのバンド!と言っていいでしょう。脱力ジャケにも注目☆

サムラ・ママス・マンナ/踊る鳥人間

スウェーデンが誇るアヴァン・プログレの雄、74年作3rd。

変拍子バリバリのテクニカルなパート、北欧トラッドに根差したおおらかなパート、そして奇声&変な音満載のユーモア全開のパートなどが脈絡無く放り込まれた、先の読めない展開に翻弄されっぱなしの一枚。

試聴 Click!

そのサムラに匹敵する屈折ぶりを聴かせるスペインのグループがこちら!

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA/L’ANGEL DE LA DANSA

バルセロナのジャズ・ロック・ムーブメント「Musica Laietana」を代表する名グループの76年作。

民族木管楽器テノーラによる素っ頓狂なチャルメラ風フレーズが暴れ回る、民族舞踏音楽とチンドン屋が出会ったようなサウンドをエネルギッシュに展開します。

SAMLA MAMAS MANNAともタメを張れる屈折プログレの快作!

試聴 Click!

かなりマイナーなバンドですが、この屈折っぷりはなかなかのものです。

AKROPOLIS/HALF A MILLION HOURS SYMPHONY

軸となるのはゴリゴリ疾走する熱くハードなジャズ・ロックなのですが、フュージョン~フォーク~中世風味のクラシカル・タッチまで、一曲の中でジャンルレスに展開していく変幻自在さも持ち合わせた実力派。

マイナーバンドながら、ユニークさではデンマークのみならず北欧でも屈指と言っていいかも!

試聴 Click!

最近のバンドにも凄いのがいます。孤高の境地に立つイタリアのグループ!

RUNAWAY TOTEM/MULTIVERSAL MATTER

現イタリアン・ロック・シーンきっての個性派バンドと言えばこちら。

ジャケからしてヤバげですが、AREAばりの強靭なアヴァン・プログレを土台にスペース・ロック、シアトリカル・ロック、インド音楽、地中海音楽などの要素が混ざり込んだ異次元サウンドは、軽く眩暈が起きそうな濃密さ!

どんな発想からこんな音楽が生まれるのか…。

試聴 Click!

ユーロを離れて、オセアニアへ!

AIRLORD/CLOCKWORK REVENGE

イングランドが『ガーデンシェッド』をリリースしたのと同じ77年に、オセアニアで生まれたプログレ怪作。

初期GENESIS+YESを2倍速したような、ギターや鍵盤が快速フレーズを弾き飛ばす忙しなくもファンタジックな演奏。そこに乗るピーガブを更にハイテンションにしたようなシアトリカルなヴォーカル!

ニュージーランドにこんなヘンテコGENESISフォロワーがいたとは驚きです。

試聴 Click!

南米からはこのマルチ・ミュージシャンがはなった名作をチョイス!

MIGUEL ABUELO & NADA/NADA

アルゼンチンのSSWが、軍事政権下の自国を離れ、亡命先のフランスのみでリリースした73年作。

アクの強いハード・ロックが不意にメロウなアシッド・フォークになったり、フルートがリリカルに彩るフォーク・ロックに続いて、チェンバロが響くクラシカルな前衛ナンバーが飛び出したりと、1曲の中でもコロコロとスタイルを変える作風がとにかく個性的です。

穏やかなジャケとは打って変わって、まるで万華鏡を覗いているような音世界が広がる逸品!

試聴 Click!

北上してアメリカへ到着。新鋭で素晴らしい屈折プログレがありますぞ~。

DELUGE GRANDER/OCEANARIUM

チェンバーロック、トラッド/舞曲、ジャズロック、クラシカルなシンフォなど目まぐるしく表情を変えていくアンサンブルには疾走感とキャッチーさが満載。現代アメリカの中では最もプログレッシヴなサウンドを聴かせているバンドでしょうね。この17年作、ずばり会心作!

試聴 Click!

ラストは、日米混成の老舗アヴァン・プログレ・バンドによる2020年作で締めましょう!

FRENCH TV/STORIES WITHOUT FINGERPRINTS

日本の技巧派ギタリストも参加するアメリカの老舗アヴァン・プログレ・バンドの20年作。

生き物のようにうねりながら予測不能な変態フレーズを応酬させるアンサンブルは、SAMLA MAMMAS MANNAやFRANK ZAPPAに通じる奇怪さと知性を兼ね備えていて圧巻です。

おまけにカンタベリー風味の芳醇な音色まで絡んできた日には…これはただただ凄まじいです。まさにプログレッシヴ!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品が見つかりましたら幸いです☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • FUSIOON / FUSIOON(1974)

    スペイン、オルガンをメインに展開するジャズ・ロック、74年作2nd

    74年作の2nd。様々な要素が雑然としていた(そこが魅力ですが)1stと異なり、本作で聴けるのはオルガンを中心としたジャズ・ロック。ただ、本格派という感じではなく、人を食ったようなジャケット通りのどこかコミカルさも感じる人懐っこいサウンドが特徴的。目指すところはデイヴ・スチュワート率いるEGGあたりと同じだと思いますが、EGGと比べちゃうとちょっとかわいそうかもしれません。でも、テクニックは安定してるし、曲も魅力的だし、ジャケ含めまさしく愛すべき作品という表現がぴったりです。

    • BELLE203381MARQUEE

      紙ジャケット仕様、2020年デジタル・リマスター、SHM-CD、ボーナス・トラック2曲、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】

  • DELUGE GRANDER / OCEANARIUM

    アメリカの新鋭プログレッシヴ・ロック・グループによる17年作4th、多彩な管弦楽器群とメロトロンを伴ったGGばりの奇想天外プログレ快作!

    06年デビュー、アメリカの新鋭プログレッシヴ・ロック・グループによる17年作4th。いやはや本作でも相変わらずの個性派ぶりを発揮しています!変拍子をタイトに叩き出すリズム・セクションを土台に、トランペット、オーボエ、サックス、フルート、クラリネット、トロンボーン、ヴァイオリン、チェロら多彩な管弦楽器がダイナミックに躍動し、メロトロンが噴き出し、GENTLE GIANTばりの先の読めない展開の妙で聴き手を翻弄する強力無比なプログレッシヴ・ロックを構築。チェンバーロック、トラッド、舞曲、ジャズ・ロック、クラシカル・シンフォなどなど目まぐるしく表情を変えていくアンサンブルは、疾走感とキャッチーさ満載。これだけの多彩な要素を含みながら、難解なサウンドに陥らず不思議なまでに聴きやすさのあるプログレに仕上げてしまうこのセンスは並ではありません。MAGMAをも彷彿させる肉感的なダイナミズムを持つ演奏やGENTLE GIANTばりの多彩なアイデアなどは確かに感じられるのですが、それらすら要素でしかなく、あくまでDELUGE GRANDERというバンドのサウンドとしか形容できない圧倒的なオリジナリティを誇っているのが凄いところ。現代のアメリカの中では最もプログレッシヴなサウンドを聴かせているバンドだと本作を聴いて確信。傑作です。

  • FUSIOON / FUSIOON (1972)

    ジャズ、クラシック、現代音楽の要素を散りばめたスペイン産プログレ、72年デビュー作

    キーボーディストMANEL CAMPを中心とするスペインはバルセロナのプログレッシヴ・ロック・グループ。1曲を除きクラシック古典や自国民謡などのカバーで構成された72年作の1st。しかしただのカバー集に終わっていないのがポイントで、ピアノ、オルガン、メロトロンなどを自在に操り、クラシックはもちろん、ジャズや現代音楽的な要素も散りばめた屈折感あるプログレッシヴなサウンドに仕立て上げています。フルート&弦楽器によるスペインらしい哀愁溢れるパートも魅力的です。早くもバルセロナきっての個性派バンドと云うべき一筋縄ではいかないサウンドを繰り広げている逸品!

    • BELLE203380MARQUEE

      紙ジャケット仕様、2020年デジタル・リマスター、SHM-CD、ボーナス・トラック2曲、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】、紙ジャケにスレがある場合がございます。予めご了承ください。

  • COMPANYIA ELECTRICA DHARMA / L’ANGEL DE LA DANSA

    スペインはバルセロナの名グループ、78年作、ジャズ/フュージョンと地中海民族音楽フレイヴァーとがブレンドしたサウンドは北欧サムラにも比肩する完成度!

    スペインはバルセロナ出身、ギター、サックス、ドラムのFortuny3兄弟を中心とするグループで、70年代半ばにバルセロナのライヴハウスZELESTEを中心に起こったジャズ/アヴァン・ロック・ムーヴメントの代表格。最高傑作とされる78年作の4th。初期のフュージョン色はいよいよ薄まり、サムラもびっくりな民族舞踏的&チンドン屋的ロックをエネルギッシュに展開。細かいリズムで切り返しまくるリズム隊、ツンツンと尖ったトーンでシャープに畳みかけるギター、そしてスペインの民族木管楽器テノーラによる素っ頓狂なチャルメラ風フレーズ。手工芸品のように温かな北欧のサムラとは違って、地中海の陽光溢れる快活さが溢れていてとにかく痛快。さすがにデビュー時にはマイルス・バンドもびっくりなジャズ/フュージョン・ロックをこなしていただけあって、演奏のキレ味は抜群。それにしても、アカデミックさと大道芸的ノリを併せ持つサウンドは唯一無比。もっともっと評価されるべきユーロ屈指のグループ。これは素晴らしいですよ〜。

  • AIRLORD / CLOCKWORK REVENGE

    まさかニュージーランドにこれほどまでのプログレ・ハードが生まれていたとは!ジェネシスを受け継ぎつつも何とも奇天烈な迷盤!

    76年〜78年に活動したニュージーランド出身のプログレ・ハード・バンド、77年の唯一作。ピーター・ガブリエルにちんどん屋&サーカス風味を加えたような演劇的かつ素っ頓狂なヴォーカルがいきなり強烈。演奏もテープを早回ししてるようにえらく焦燥感たっぷりで、切れこむ変拍子のキメはジェントル・ジャイアントばりだし、エッジの立ったトーンで忙しなく動きまわるベースはイエスを土台にしつつも何だか違う方向に突き抜けちゃってるし、子供の声みたいなコーラスも奇天烈感たっぷりだし、イングランドが『ガーデンシェッド』をリリースしたのと同じ77年に、南半球にて、ジェネシスとイエスのエッセンスを同じく継いだこんな名盤というか迷盤が生まれていたとは・・・。これは名づけて「大道芸プログレ」!痛快なるプログレ・ファン必聴の一枚です。

  • MIGUEL ABUELO & NADA / NADA

    アルゼンチンのSSW、ハード・ロック/サイケ/アシッド・フォーク/プログレなどが渾然一体となったサウンド当時フランスのみでリリースされた73年の名作

    Luis Alberto Spinettaの1stソロにも参加したアルゼンチン出身のSSWがバックバンドNADAと共に制作、政治的弾圧を逃れ亡命していたフランスでのみリリースされた73年作。歪んだギターがのたうつアクの強いハード・ロックで威勢よく飛び出したかと思うと、不意にアコギが繊細につま弾かれるアシッド・フォーク風パートへと切り替わり、お次はノリの良いサイケ・ハードへと変化、ラストはヴァイオリンとギターがユニゾンでダイナミックに突き進むという、一曲の中で目まぐるしく展開するオープニング・ナンバーで、すでに彼独自のスタイルに取り込まれます。フルートがリリカルにさえずる心地よいフォーク・ロック・パート、優雅に流れるチェンバロをバックにちょっと前衛的で不思議な緊張感を保ち進行するクラシカル/チェンバー風パートなど、その後も実に多彩なサウンドが出入りして、まるで万華鏡を覗いているかのような音世界が築かれていくのが特徴です。そんなコロコロと表情を変える演奏の中で唯一不変なのが、いかにもアルゼンチン的な柔らかく鼻に抜けるハイトーンのスペイン語ヴォーカル。時に鼻歌のように長閑に伸び伸びと、時に熱くドラマチックに歌い上げる天性のヴォーカル・パフォーマンスも聴き物です。古くよりアルゼンチン・ロックの名作として知られた作品ですが、その評判に違う事のない逸品です。

  • AKROPOLIS / HALF A MILLION HOURS SYMPHONY

    デンマーク出身のジャズ・ロック・バンドによる79年作、フュージョン〜フォーク〜中世風味のクラシカル調まで多彩に展開するユニークな快作!

    デンマーク出身のジャズ・ロック・バンドによる79年作。人の一生をテーマにしたと思われるコンセプトアルバム。細かくタイトに刻むジャジーなリズム隊に、フルピッキングで熱く弾き飛ばすギター、七色にトーンを変化させ豊かな色彩感をもたらすシンセ、そしてやや暑苦しくパワフルに歌い上げるヴォーカルらによる、熱量ある骨太なジャズ・ロックを展開します。ハード・ロック的なスピード感で疾走するパートではエネルギッシュな盛り上がりを見せますが、スッと熱が引きアコースティックギターやフルート、ストリングス・シンセなどが甘やかに交歓するロマンチックなパートへ、そのしなやかな切り替えが実に見事です。更に面白いのが、上記のジャズ・ロックをベースとしながらも、滑らかなフュージョン・タッチ〜フォーク・タッチ〜中世風味のクラシカル・タッチまで、一曲の中でもジャンルレスにどんどん展開していくコロコロと表情豊かな演奏で、とにかく痛快。ユニークさではデンマークのみならず、北欧でも屈指と言っていい一枚!

  • RUNAWAY TOTEM / MULTIVERSAL MATTER

    91年より活動するアヴァンギャルドなイタリアン・プログレ・バンド、19年作

    90年代初頭より活動するベテラン・イタリアン・プログレ・バンドによる 19年作。以前からイタリアン・ロックの枠組みを超えた個性派として知られてきましたが、本作でもその孤高のサウンドは全開。スペース・ロック、シアトリカル・ロック、インド音楽、地中海音楽などを、AREA風のアヴァン・ロックでつなぎ合わせたかのような異次元サウンドは軽く眩暈が起きそうなすさまじさ。冒頭30分にわたり続く「Dark Matter」でノックアウト必至です。前17年作でも思いましたが「どういう発想からこんな音楽が生まれてくるの?」と問いかけたくなる、圧倒的に濃密なサウンドに飲み込まれる強烈な一品です!

  • FRENCH TV / STORIES WITHOUT FINGERPRINTS

    アメリカの重鎮アヴァン・プログレ・バンド、2020年作13th、RIO系/レコメン系を愛するアヴァン・プログレ・ファンならずばり必聴!

    84年の結成以降、バンド創始者であるベーシストのMike Saryを中核に活動する米テクニカル・アヴァン・プログレの名バンドによる2020年作13th。16年作/17年作に続き参加するジャパニーズ・プログレ・バンドTEEのギタリスト米田克己とドラマーMark L. Perry(3曲でプレイ)、前作に参加した米ジャズ・ロック・バンドVOLAREのキーボーディストPatrick Strawser、そして00年代FRENCH TVの3作品でプレイしたJeff Gard、そしてMike Saryという布陣で制作。Disc1にはスタジオ録音を、Disc2には2018年にレコーディングされた疑似ライヴを収録。まず耳に飛び込んできるのが、パワフルに打ち下ろす硬質なドラミングと、生き物のようにうねりながら予測不能な変態フレーズを紡ぎ出すベースによる一癖も二癖もあるリズム・セクション。相変わらずリズムを追っているだけでも楽しくてしょうがない、一瞬一瞬で変化していくプレイが圧巻です。そのリズムと渡り合うのが、フュージョン的な滑らかさの中に少し緊張感を伴ったギター。シンセをメインとするキーボードはスペイシーな音を散らしてアンサンブルに絶妙な浮遊感を生み出します。そのサウンドは、スウェーデンのSAMLA MAMMAS MANNA、Frank Zappa、そしてカンタベリー・ミュージックを混ぜ合わせたような奇怪さと芳醇さを備えていて素晴らしいものです。RIO系/レコメン系を愛するアヴァン・プログレ・ファンならずばり必聴!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。