プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック3/31:ニッチなブリティッシュ・ブルース・ロックを探求!

こんにちは。スタッフ増田です。

本場米国ブルースへの憧憬から発展したブリティッシュ・ブルース・ロック。本日はそんな英国産ブルース・ロックのニッチな名作をご紹介いたしましょう~。

CHICKEN SHACK/40 BLUE FINGERS FRESHLEY PACKED AND READY TO SERVE

まずは英三大ブルース・ロック・バンドの一つ、CHICKEN SHACKの名盤68年作。スタン・ウェッブの鋭く切れ込むギターの格好良さと来たら!フレディ・キングやバディ・ガイのカバーなど、本場ブルースへのひたむきな想いが伝わってきますよね。クリスティン・パーフェクトの姐御なヴォーカルにもやられます!

試聴 Click!

CLIMAX CHICAGO BLUES BAND/TIGHTLY KNIT

バンド名にも米国ブルースへの憧憬が現れている英国の好バンド。シカゴ・ブルースを土台に、英国らしい哀愁やリリシズムを加えたスケールの大きな作風を確立したいぶし銀の名作。痛快なジャケはヒプノシス!

試聴 Click!

JOHN DUMMER BLUES BAND/CABAL and JOHN DUMMER BAND

英国アンダーグラウンド・ブルース・ロックの雄といえばこのJOHN DUMMER BLUES BAND。DAVE KELLY在籍のファーストは得意のうねるスライド・ギターが炸裂したグルーヴィなブルース・ロックの名盤!

試聴 Click!

アレクシス・コーナー&スネイプ/アクシデンタリー・ボーン・イン・ニューオーリンズ

こちらはクリムゾンを去ったメル・コリンズ、ボズ・バレル、イアン・ウォーレスらが英ブルース・ロックの総帥アレクシス・コーナーと組んだ唯一作。クリムゾン色は全くありませんが、グルーヴィーで味わい深い米憧憬サウンドが楽しめる作品!スティーヴ・マリオット、マイク・パトゥ、オリー・ハルソールなどゲストも超豪華。

試聴 Click!

LOVE SCULPTURE/BLUES HELPING

アビーロード・スタジオにあまりブルース・ロックのイメージはありませんが、こんな作品もレコーディングされていたんですね。後にパブ・ロック・シーンで活躍する名手デイヴ・エドモンズ率いるバンド、68年作1st。

試聴 Click!

AYNSLEY DUNBAR RETALIATION/TO MUM FROM AYNSLEY AND THE BOYS

MARK-ALMONDやRIFF RAFFで知られる名key奏者によるくすんだハモンド、ブルージーかつクールに切り込むギター、ヘヴィなドラム、いぶし銀のヴォーカル…。男の色気に溢れた絶品英国ブルース・ロック。Vertigoオルガン・ロックのファンも是非。

試聴 Click!

TRAMLINE/SOMEWHERE DOWN THE LINE

キレのあるギターに哀愁のヴォーカル、ブルース・ハープも大活躍。後にJUICY LUCY~SNAFU~WHITESNAKEで活躍するギタリスト率いるマイナーな英ブルース・ロック・グループなのですが、ブルージーな英ロック・ファンにはかなりオススメです~。

試聴 Click!

こちらの記事もどうぞ!


ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

本場アメリカ南部で生まれたブルースがイギリスに輸入されて誕生したブリティッシュ・ブルース・シーンを特集。アコースティック・ブルースから、エレクトリック化、さらに「ロック」と融合してブルース・ロック・ムーヴメントへと発展した激動の50年代~60年代の流れを見ていくことにいたしましょう。


これが1970年!?オルタナティブな感性を持ったブリティッシュ・ブルース・ロック選

【関連記事】

これが1970年!?オルタナティブな感性を持ったブリティッシュ・ブルース・ロック選

英国ブルース・ロック恐るべし!?現代にリリースされても違和感がなさそうなほどクールで先進的なブリティッシュ・ブルース・ロックをセレクトいたしましたよ~。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CHICKEN SHACK / 40 BLUE FINGERS FRESHLEY PACKED AND READY TO SERVE

    スタン・ウェッブ率いる英ブルース・ロックの名グループ、68年作

    フリートウッド・マック、サヴォイ・ブラウンと並び英ブルース・ロックを代表するグループ、記念すべきデビュー作。リーダーStan Webbによる攻撃的に切り込むギター、Andy Silvesterのグルーヴィーなベース、そして紅一点Christine Perfectによる芳醇かつ繊細さの残るヴォーカルやピアノが織り成す、哀愁に満ちたブルース・サウンドは絶品。

  • LOVE SCULPTURE / BLUES HELPING

    Dave Edmunds率いる英ブルース・ロック・バンド、68年作1st

    Dave Edmundsが率いたLOVE SCULPTUREのアビー・ロード・スタジオで録音された1stアルバム。軽快で粘っこいブルージーなインスト、「STUMBLE」で幕を開ける本作は、全編に渡りトリオ編成による饒舌なまでのブルース・トラックが満載!Freddy King、BB King、Ray Charles、Elmore Jones等々、御大方の名曲群からGeorge Gershwin、「SUMMER TIME」等、ギター、ドラム、オルガン、ベース、ピアノと贅肉をそぎ落とした、ソリッドでタイトなブルース・チューンを聴かせてくれます。

  • AYNSLEY DUNBAR RETALIATION / TO MUM FROM AYNSLEY AND THE BOYS

    英国の実力派ドラマー率いるグループ69年作3rd、key奏者Tommy Eyreを迎えジャジーなオルガン・ブルース・ロックを聴かせる逸品、プロデューサーはJohn Mayall

    JOHN MAYALL’S BLUES BREAKERSやJEFF BECK GROUPを経、後にザッパ・バンドやJOURNEYを渡り歩く英国の名ドラマーAynsley Dunbar率いるブルース・ロック・バンド。69年の3rdにして実質的な最終作。プロデュースはJohn Mayallが務め、また本作からMARK-ALMONDやRIFF RAFFで知られるkey奏者Tommy Eyreが加入。ずっしりとしたドラム、低く囁くようなヴォーカル、タメの効いたブルージーなギター…重たく陰翳に富んだいぶし銀のブルース・ロックは前作の延長ながら、そこへEyreのメロウで流麗なハモンド&ピアノが加わって、よりジャジーな色合いを持った躍動感のあるアンサンブルを聴かせています。Eyreによるハモンド・ソロをこれでもかと全面に押し出したT3、荘厳な教会風のオルガンで幕を開けるT4、弾むベース&ギターがファンキーなT7など、混沌たる時代を反映するように多彩なジャンルを取り入れた作風もユニーク。Vertigoのジャジーなオルガン・ロック・ファンも気に入ること間違いなしの、聴き応えある名作です。

  • JOHN DUMMER BLUES BAND / CABAL and JOHN DUMMER BAND

    名ドラマーJohn Dummer率いる英国アンダーグラウンド・ブルース・ロック・バンド、69/69年作!

    英国アンダーグラウンド・ブルース・ロック・バンド、両69年作!二つの作品ともオリジナルの原盤はかなりのレア盤。1枚目は、DAVE KELLYのスライド・ギターが随所にウネリ、JOHN O’LEARYのハープの絡みも至極最高の極み!2枚目はよりそのスライド・ギターのリフがより全面に押し出されグルーヴィーかつ洗練されたブルース・ロックは重みもしっかりあり、愉快痛快…!

  • TRAMLINE / SOMEWHERE DOWN THE LINE

    後にJUICY LUCY〜SNAFU〜WHITESNAKEで活躍するギタリストMicky Moodyが率いるブルージーな英ロック・グループ、68年作

    John McCoy(Vo、Harmonica)、Mick Moody(G)を中心とする英ブルース・ロック・グループ。68年作の1stアルバム。John Mayall Blues BrakersやPeter Green’s Fleetwood Macタイプのブルース・ロック。

  • CLIMAX CHICAGO BLUES BAND / TIGHTLY KNIT

    71年作4th、ブルースをベースにしたスケールの大きなブリティッシュ・ロック

    イギリスのブルース・ロック・バンド、ハーヴェスト・レーベルより71年にリリースされた4th。左右に分かれた二本のギターがゴリっとソリッドなトーンでシャープなリフを応酬し、オブリガードやソロパートでは、ブルージーかつエッジの立ったリードが炸裂。リードギターにユニゾンでハミングを合わせるヴォーカルに痺れます。タイトかつリスナーの腰を揺らすグルーヴィーなリズム隊もカッコ良し。英国的な陰影を持ったヴォーカルと豊かなハーモニーもグッときます。シカゴ・ブルースを土台に、英国らしい哀愁やリリシズムを加えたスケールの大きなブリティッシュ・ロックを展開しています。エネルギッシュなブラスに引きつられてアンサンブル全体が熱く疾走するBS&Tにも比肩するブラス・ロックや、濃密なロバート・ジョンソンのブルース・カバーなど、表現の幅広さも特筆。渋いグループですが、サウンドはかなりの本格派。ブルース・ロック、ブラス・ロックのファンは是非!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。