プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

40 BLUE FINGERS FRESHLEY PACKED AND READY TO SERVE

CHICKEN SHACK

4773572(COLUMBIA

評価:30 1件のレビュー

スタン・ウェッブの鋭く切れ込むギターのカッコよさと来たら。フレディ・キングやバディ・ガイのカバーなど、本場ブルースへのひたむきな想いが伝わってきますよね。クリスティン・パーフェクトの姐御なヴォーカルにもやられます!

スタン・ウェッブ率いる英ブルース・ロックの名グループ、68年作

フリートウッド・マック、サヴォイ・ブラウンと並び英ブルース・ロックを代表するグループ、記念すべきデビュー作。リーダーStan Webbによる攻撃的に切り込むギター、Andy Silvesterのグルーヴィーなベース、そして紅一点Christine Perfectによる芳醇かつ繊細さの残るヴォーカルやピアノが織り成す、哀愁に満ちたブルース・サウンドは絶品。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SOFT MACHINE / SOFT MACHINE の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SOFT MACHINE

サイケデリック・ジャズ・ポップと呼ぶべき革新的サウンドを繰り広げる68年1st!

1190円(+税)

SOFT MACHINE / SIX の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SIX

元ニュークリアスのカール・ジェンキンスを迎えて制作された73年作、オリジナルは2枚組の大作で、『3rd』にも負けないイマジネーション溢れる傑作

395円(+税)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TRILOGY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/TRILOGY

壮大な傑作組曲「ENDLESS ENIGMA」、コープランドをアレンジした華やかな「HOEDOWN」、ファンタジックな表題曲「TRILOGY」などバラエティに富んだサウンドを展開する72年作4th

990円(+税)

SOFT MACHINE / SEVEN の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SEVEN

洗練されたフュージョン的色合いが明確に現れた傑作7th、74年リリース

1090円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. The Letter
2. Lonesome Whistle Blues
3. When The Train Comes Back
4. San Ho Zay
5. King Of The World
6. See See Baby
7. First Time I Met The Blues
8. Webbed Feet
9. You Aint No Good
10. What You Did Last Night

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『1968年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップスVol.1】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    スタン・ウェッブ率いる英ブルース・ロックの名グループ、68年作

    スタン・ウェッブの鋭く切れ込むギターのカッコよさと来たら。フレディ・キングやバディ・ガイのカバーなど、本場ブルースへのひたむきな想いが伝わってきますよね。クリスティン・パーフェクトの姐御なヴォーカルにもやられます!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 40本の新鮮な指の缶詰(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

英国で短い間ブルーズ・ブームが起きたことは今となっては不思議な話です。2000年代になって、ホワイト・ストライプスはじめブルーズをリバイバルするムーブメントがありますが、2000年代のブルーズ・ロックは60年代英国のものとは明確に違います。とにかくこの時代の英国は、シカゴ・ブルーズを完コピするのがカッコよかった、ということにつきます。中でもチキン・シャックのデビューは、ほとんどがカバーであるという点で、ブルーズ教則に出てきそうな曲の並びです。

スタン・ウェッブのギターの特徴は、サステインをほとんど使わないところ。わたしは、かな釘流ソロと呼んでいます。指はよく動かしているのに、音を伸ばさない。だからぶっきらぼうなギターです。ボーカルも人を食っています。セカンドでは、吉本興業みたいな司会もやっていて、本来が人を食った人なんだろうと思います。加えてシャックの強みは、しっかりしたベースとピアノがサポートするところ。クリスティン・パーフェクトはピアニストとしても有能なのでした。

英国でブルーズ・ブームが起きたのは、逆に考えると米国にブルーズの新しいスターが出なかったせいだとわたしは考えています。マディ・ウォーターズにしろ、BBキングにしろ、チェック・ベリーにしろ、若者がヒーローにするには少し大人でしょ。シャックやマックがコピーすることで、米国ブルーズに橋渡しができたことは確実です。一方で、シカゴ・ブルーズ以降、米国に大きなブルーズの巨人は出ていません。

ブラスでジョニー・アーモンドやディック・ヘクトール・スミスが参加しています。

ナイスレビューですね!