プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック3/6:爆音ベース選手権!

こんにちは。スタッフ佐藤です。

今日は、リズムワークを超えて主張しまくる爆音のベースプレイが堪能できる作品をチョイスしてみました!

リード楽器を食わんばかりに豪快に暴れまわるKYな名演の数々をお楽しみください♪

クリーム/クリームの素晴らしき世界

「リード・ベース」とも称される存在感みなぎるベースプレイは、この爆音だからこそ映えるというもの。R&Bが増幅してブルース・ロックとなり、そこにサイケやジャズのエッセンスを取り入れて進化&深化したブリティッシュ・ハード・ロックの一つの礎。英国が誇る最強トリオによる歴史的傑作ですね!

試聴 Click!

ザ・フー/ライヴ・アット・リーズ

爆音ならこの人ジョン・エントウィッスルも忘れてはなりません。一見4人の中でも比較的落ち着いた佇まいながら、出てくる音の強烈さはメンバー中屈指。相方キース・ムーンと共に、暴力的なまでに叩きつけてくる活気みなぎるビートにノックアウト。ニューヨーク・タイムズ誌に「史上最高のロック・ライブ・アルバム」と賞された伝説のライブ盤!

試聴 Click!

MOGUL THRASH/MOGUL THRASH

プログレ代表は、もちろんジョン・ウェットンです。プロデビュー翌年の彼が、遠慮会釈なしに爆音ベースを披露しまくってますね。元コロシアムのジェイムズ・リザーランドによるサイケな熱量を帯びたギターワーク、ド派手なブラスにも痺れるジャズ・ロック!

試聴 Click!

SIR LORD BALTIMORE/KINGDOM COME

アメリカで轟音ハード・ロックと言ったら、カケレコではこのバンドを一押し!サバスをも凌駕せんばかりのヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動。全楽器が爆音ですが、図太すぎるベースの音圧に注目。これぞずばり元祖ヘヴィ・メタル!

試聴 Click!

マグマ/未来からの鼓動(ウドゥ・ヴドゥ)

ユーロ・ロック・シーンにその名を轟かせる爆音ベーシストJanik Topが復帰し、従来以上の音圧で迫りくるMAGMAの76年作。B面すべてを使った大曲「De Futura」における、凶悪で破滅的な轟音の渦…!まさに戦慄。低音好きなら必聴です。

試聴 Click!

スピード・グルー&シンキ/前夜

我らが日本からはこの名盤をチョイス。噴煙を巻き上げ荒れ狂うような凶暴なファズに、地鳴りの如く歪みまくったベース&タイトに暴れ回るドラム!メンバー3人共が混血という出自のことを除いてみても、ある意味で日本人離れした、ケタ外れにヘヴィ&ブルージー&スモーキンな演奏が圧巻です。70年代初頭の日本でこれほどのサウンドが鳴らされたとは改めて驚き!

試聴 Click!

よろしければこちらの記事もどうぞ!


パワー・トリオ選手権!

【関連記事】

パワー・トリオ選手権!

最小単位だからこそ各楽器が最大級にぶつかり合うハード・ロック・トリオ、通称「パワー・トリオ」。そんなトリオ編成による名盤をピックアップ!


日本の「ニューロック」特集!

【関連記事】

日本の「ニューロック」特集!

GSの商業主義から脱却し、英米のサイケ/アート・ロックに影響を受けた「カウンター・カルチャー」のロック・ミュージックを指向した気骨ある若者たちの記録


【マグマ来日記念!】関連バンドや彼らに影響を受けたズール系グループを中心にフレンチ・プログレを探求♪

【関連記事】

【マグマ来日記念!】関連バンドや彼らに影響を受けたズール系グループを中心にフレンチ・プログレを探求♪

目前に迫ったMAGMA来日を記念して、メンバー参加作品やMAGMA影響下のサウンドを鳴らすグループたちをご紹介します!


聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • THE WHO / LIVE AT LEEDS

    70年2月14日、THE WHO最盛期の一瞬間を捉えたリーズ大学での名演!

    THE WHO最盛期の一瞬間を捉えた、70年2月14日、英国リーズ大学でのライヴ盤がこちら。かのニューヨーク・タイムズ誌に「史上最高のロック・ライブ・アルバム」とさえ賞された今作は、彼らのデ代表曲が猛烈な熱気と共に満載に披露されています。ビュー・シングル「I Can’t Explain」、『WHO SELL OUT』から「TATOO」、大人気曲「SUBSTITUTE-恋のピンチヒッター」、英国的旋律が優しい「HAPPY JACK」、間違った性に生まれてしまった少年の歌「I’M A BOY」、そして世代を超えた若者の永遠のアンセム「MY GENERATION」等々、世界最高級のロック・バンドの最盛期の熱狂的な演奏を永遠に封じ込めた、最高級のライヴ盤!

  • MAGMA / UDU WUDU

    76年発表の名作、18分に及ぶ「DE FUTURA」は必聴!

    Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ。非常にメンバーの出入りの激しいグループであり、そのファミリー・トゥリーを辿るだけでも一苦労と言う、まさにモンスター・バンドです。バンド変革期であった76年リリースの本作は、技巧派ベーシストJanik Topを再びバンドに呼び戻して録音された作品であり、一般的には過渡期のMAGMAサウンドという評価ですが、なんと言ってもアルバム最後に収められた代表曲であり、Janik TopがMAGMAへと戻ってくるきっかけになった「De Futura」の存在がこの作品を名盤として押し上げており、スリリングなヘヴィ・プログレが炸裂します。

  • SIR LORD BALTIMORE / KINGDOM COME

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、70年作1st

    ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・トリオ。70年のデビュー作。爆音で手数多く叩きまくるドラム、図太すぎるベースによるまさに「鉄壁」という言葉がぴったりのリズム隊、バキっと歪んだリズムと鋭角に切れ込むリードどもにエッジが半端ないギター、そして、金切り声でシャウトしまくるヴォーカル。ドラマー兼ヴォーカルなのですが、こんだけ叩きまくりながら、こんだけエネルギッシュに歌いまくってるの!?とびっくり仰天。とにかくオープニング・ナンバーから重さと切れ味が尋常ではありません!サバスを凌駕するヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動。なんという音圧・・・。唐突な高速リズム・チェンジ、高速ツイン・ギター・リードなどアレンジのキレも相当です。なんという名作!ずばり元祖ヘヴィ・メタル!

  • SPEED GLUE & SHINKI / EVE

    日本が誇るへヴィ・ロック・トリオ、記念すべき71年デビュー作

    陳信輝、加部正義、Joey Smithによって結成されたへヴィ・ロック・トリオ、71年リリースの記念すべき1st。噴煙を巻き上げ荒れ狂うようなブルージーでスモーキーで凶暴なファズ!地鳴りの如く歪みまくったベース&タイトに暴れ回るドラム!3人ともが混血という出自のことを除いてみても、ある意味で日本人離れをした、ケタ外れにヘヴィでブルージーなロックを響かせています。

  • CREAM / WHEELS OF FIRE

    スタジオ盤とライヴ盤を合わせた68年作、スタジオにおける実験性や革新性と、怒濤の如く白熱した演奏が詰まった傑作!

    68年8月発表の、スタジオ盤とライヴ盤を合わせた、彼らの唯一の二枚組みアルバムであり、最大の意欲作。スタジオにおける実験性や革新性と、怒濤の如く白熱した演奏が詰まったアルバムです。プロデュースは引き続きFelix Pappalardi。より脱ブルース色を狙ったロック・アルバムとなっており、時代の風を受けたカオスティックなジャケット共々、いかにも68年当時らしいサイケデリックな実験色の濃い楽曲を多く収録しています。今日においても決して解り易いとは言えない本作が、全米第1位を記録し得たことは、ロック史上特筆すべきことでしょう。内容の方はスタジオ編、ライヴ編が各1枚づつという2枚組。ライヴ感覚旺盛な後半ではERIC CLAPTONのギター・リフがカッコイイ超名曲「CROSSROAD」(伝説のブルースマン、ROBERTJOHNSON作)、前者のスタジオ編では人気曲「WHITE ROOM」が聴きどころ。ジャジーでブルージーなインプロヴィゼーションが冴え渡る屈指の大名盤です!

  • MOGUL THRASH / MOGUL THRASH

    元コロシアムのギタリスト、J.リザーランドを中心に結成、ジョン・ウェットン在籍のジャズ・ロック・グループ、71年唯一作

    元コロシアムのギタリスト、ジェイムズ・リザーランドを中心として結成。ジョン・ウェットンが参加していたことで知られるグループ。71年作の唯一作。サウンドは、ウェットンのゴリゴリとしたベースが印象的な骨太な演奏にブラスが乗った力強いジャズ・ロック。ポップなメロディー・ラインはキャラヴァンを想わせます。好盤。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。