プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

パワー・トリオ選手権!

こんにちは。スタッフ増田です。

クリーム、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス、ブルー・チアー・・・何の因果か、ハード・ロックやヘヴィ・メタルの礎を作り上げたとされるバンドはトリオ編成が目立ちますね。

バンドとして最小単位(2人組バンドもいるにはいますが)だからこそ各楽器が最大級の音を出し、最大限にぶつかり合うハード・ロック・トリオ、通称「パワー・トリオ」。今回はそんなトリオ編成によって生み出された名盤を辿ってまいりましょう。

クリーム/カラフル・クリーム(1967)

エリック・クラプトン&ジャック・ブルース&ジンジャー・ベイカーによる最強トリオ。ジャズやサイケ、ブルースを飲み込んだ強靭なインスト・バトルにキャッチーなメロディ。ハード・ロックの原型を築いた歴史的名盤!

試聴 Click!

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス/アクシス: ボールド・アズ・ラヴ(1967)

米国からやってきた天才黒人ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが英国人のノエル・レディング&ミッチ・ミッチェルと組んだ歴史的トリオ・グループ。ジミヘンの圧倒的ギター・プレイに耳を奪われがちですが、それをパワフル&グルーヴィーに支えるベース&ドラムの腕もかなりのものですよね。

試聴 Click!

BLUE CHEER/VINCEBUS ERUPTUM(1968)

HR/HMの源流の一つともされる、轟音渦巻くヘヴィ・サイケ大名盤。野太いベースにドラムがズシズシ響き、ファズ・ギターがうねる。68年とは、トリオとは思えないものすごい音圧!

試聴 Click!

ガン/悪魔天国(1969)

サイケデリック・ロックをラウド化し、さらにプログレッシヴ・ロックへの流れとも呼応した荘厳なサウンドは、69年とは思えない完成度。英国ハードの歴史を紐解く上での重要性はツェッペリン1stにも匹敵する元祖英ハードの名作!

試聴 Click!

SIR LORD BALTIMORE/KINGDOM COME(1970)

ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・トリオ、70年のデビュー作。サバスを凌駕するヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動・・・こちらも元祖HR/HMとして外せない大名盤!

試聴 Click!

GRAND FUNK RAILROAD/SURVIVAL(1971)

米国ハード・ロックを代表するトリオと言えばグランド・ファンク・レイルロード。こちらの4thは彼らの作品の中でも特に硬派でブルージーな一枚ですね。一切の無駄を省いた3ピースによる力強く生々しいアンサンブルが楽しめる好盤。

試聴 Click!

ベック・ボガート&アピス/ベック・ボガート&アピス(1973)

言わずと知れたギターの名手ジェフ・ベックと、ヴァニラ・ファッジ~カクタスで活躍した「米ロック界最強のリズム隊」ボガート&アピスが73年に残したアルバム。その化学反応たるや・・・凄まじすぎ!

試聴 Click!

ZZトップ/皆殺しの挽歌(1979)

69年から現在まで同メンバーで活動する、テキサス出身の名ハード・ロック・トリオ。豪快でブルージーな中にもどこか捻ったユーモアが炸裂していたり、メンバー全員がサックスを吹いていたりと、彼ららしい独特のサウンドが楽しめる79年の代表作。

試聴 Click!

RUSH/PERMANENT WAVES(1980)

カナダが誇る偉大なるプログレ・ハード・トリオといえばRUSH。ツェッペリン・スタイルの直球ハードでのデビューから、SFをモチーフにしたコンセプチャルなプログレ色を増しながら、さらに全米に轟くキャッチーなメロディという武器も手に入れた80年の名盤!

試聴 Click!

ここからはちょっぴりニッチなパワー・トリオ作品をご紹介してまいります。

WEST BRUCE & LAING/WHY DONTCHA(1972)

元クリームの天才ベーシストのジャック・ブルース、米ハード・ロックの雄マウンテンのレスリー・ウェスト&コーキー・レイングによる英米混声スーパー・トリオ。リリース時は高く評価されなかったようですが、ツェッペリンやジェフ・ベック・グループとタメを張れる重量級ハードの名作ですよ!

試聴 Click!

ベイカー・ガーヴィッツ・アーミー/エリジアン・エンカウンター(天上の戦い)(1975)

こちらはクリームのジンジャー・ベイカーとGUNのエイドリアン&ポール・ガーヴィッツ兄弟による夢のトリオ。ガーヴィッツ兄弟による鉄壁のアンサンブルに、あのベイカーのドラムが暴れまくるときたら、もう!

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第二十九回 ベイカー・ガーヴィッツ・アーミーの「アーティスト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二十九回 ベイカー・ガーヴィッツ・アーミーの「アーティスト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

TOAD/TOAD(1971)

カエルジャケが世界にどれだけあるのかは知りませんが、インパクトではNo,1ではないでしょうか。当時「クリームの再来」とも謳われたというスイスの名ハード・ロック・グループ!

試聴 Click!

SPEED GLUE & SHINKI/EVE(1973)

こちらは日本発のパワー・トリオ。といってもメンバー3人共が混血という出自なのですが、それを除いてみてもある意味で日本人離れした、ケタ外れにヘヴィ&ブルージー&スモーキンなサウンドが飛び出す名盤。70年代初頭にしてこの本格感ぷんぷんのサウンドは驚異的です…。

試聴 Click!

BADGE & COMPANY/BADGE AND COMPANY(1977)

原盤は激レアとして知られるオクラホマのブルース・ハード、77年唯一作。トリオ編成だけど2本のギターが録音されていて、バッキバキに歪んだ2本のギターが絡み合って炸裂してもうカッコ良し!

試聴 Click!

GUNNAR GRAPS & ORNAMENT/RAHATUVI

最後はなんと70年代エストニアの伝説的ハード・ロック・トリオ。ツェッペリンも思わせるブルージーな演奏を土台に、イタリアン・ロック彷彿のダイナミックさ、説得力あるエストニア語のヴォーカルを乗せた、哀愁ハード・ロック・ファンには堪らぬ逸品!

試聴 Click!


エストニア・プログレ特集!

【関連記事】

エストニア・プログレ特集!

今回ご紹介するのはバルト三国に属するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


ジミヘンよ、永遠なれ~彼の魂を継ぐフォロワー・ギタリスト特集~

【関連記事】

ジミヘンよ、永遠なれ~彼の魂を継ぐフォロワー・ギタリスト特集~

ジミヘンの命日にちなんで、彼の魂を受け継ぐ世界のフォロワー・ギタリスト&グループの作品をピックアップいたしました。


SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

【関連記事】

SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

「元祖ヘヴィ・メタル」SIR LORD BALTIMOREを起点に、壊れたジェットコースターのように暴走する世界のハード・ロックを集めました。


米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表の【スーパー・グループTOP10】

【関連記事】

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表の【スーパー・グループTOP10】

名だたるメンバーが集まったスーパー・グループ。米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表が選んだTOP10は?!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE / AXIS: BOLD AS LOVE

    67年発表の傑作2nd

  • SIR LORD BALTIMORE / KINGDOM COME

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、70年作1st

    ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・トリオ。70年のデビュー作。爆音で手数多く叩きまくるドラム、図太すぎるベースによるまさに「鉄壁」という言葉がぴったりのリズム隊、バキっと歪んだリズムと鋭角に切れ込むリードどもにエッジが半端ないギター、そして、金切り声でシャウトしまくるヴォーカル。ドラマー兼ヴォーカルなのですが、こんだけ叩きまくりながら、こんだけエネルギッシュに歌いまくってるの!?とびっくり仰天。とにかくオープニング・ナンバーから重さと切れ味が尋常ではありません!サバスを凌駕するヘヴィネスとガレージ・サイケ由来の初期衝動。なんという音圧・・・。唐突な高速リズム・チェンジ、高速ツイン・ギター・リードなどアレンジのキレも相当です。なんという名作!ずばり元祖ヘヴィ・メタル!

  • BECK BOGERT & APPICE / BECK BOGERT AND APPICE

    ジェフ・ベックが米ロック界最強のリズム隊ボガート&アピスと組んだトリオ、73年作

  • CREAM / DISRAELI GEARS

    ブリティッシュ・ハード・ロックの原型を築いた歴史的名盤、代表曲「SUNSHINE OF YOUR LOVE」収録、67年作2nd

    Eric Clapton、Jack Bruce、Ginger Bakerによる最強トリオ。67年作2nd。代表曲「Sunshine Love」など、ブルース、ジャズ、サイケが渦巻くインスト・バトルとキャッチーなメロディが共存した光り輝く名曲・佳曲揃い。ロック史に燦然と輝く名盤。

  • BADGE & COMPANY / BADGE AND COMPANY

    オクラホマ出身ブルース・ハード・トリオ、切れのあるギタープレイが素晴らしい77年唯一作!

    オクラホマ出身のブルース・ハード・トリオ。オリジナルは激レアとして知られる77年の唯一作。前のめりに突っ込むリズム隊、バキバキに歪んだスリリングに畳みかけるギターによるアンサンブルは、圧倒的なスピードとエネルギーアンサンブルの切れ味はかなりキてます。トリオですが、ギターが2本録音されていて、そのアグレッシヴな絡みはかなりの格好良さ。ギターは本当に気持ちよさそうです。

  • TOAD / TOAD

    スイス屈指のハード・ロック・グループ、71年の傑作デビュー作!

    スイス屈指のハード・ロック・バンドによる71年のデビュー作。ドイツのサイケデリック・ロック・バンドBRAINTICKETで活動していたベースのWerner FrohlichとドラムのCosimo Lampisを軸に、英サイケ/スペース・ロック・バンドHAWKWINDで活動していたギターのVittorio ‘Vic’ Vergeatが参加してスイスはバーゼルにて70年に結成。ヴォーカルには後にISLANDでも活躍するBenjamin “Beni” Jaegerを起用して制作されたのがこの71年1stアルバム。凶暴に歪んだギターがヘヴィに刻むリフを中心に、ジャック・ブルースばりに暴れまわるベースと、ジョン・ボーナムの重さとジンジャー・ベイカーの手数を合わせたようなドラムが重戦車の如く畳み掛けるアンサンブルは凄まじい音圧。ツェッペリンの重量感、パープルのスピード感とキレ、サバスの凶暴さが合わさった聴き手をなぎ倒さんばかりのハード・ロックをプレイします。ロッド・スチュワートやピーター・フレンチばりのしわがれヴォーカルも魅力的で、アコースティックなパートで聴かせる叙情性もまた一級品。これはスイスのみならずユーロが誇る、と言っても過言ではないハード・ロック傑作!

  • RUSH / PERMANENT WAVES

    80年作

    • WPCR13478

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、定価2580

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無、盤キズ多めにあり、圧痕あり

  • SPEED GLUE & SHINKI / EVE

    日本が誇るへヴィ・ロック・トリオ、記念すべき71年デビュー作

    陳信輝、加部正義、Joey Smithによって結成されたへヴィ・ロック・トリオ、71年リリースの記念すべき1st。噴煙を巻き上げ荒れ狂うようなブルージーでスモーキーで凶暴なファズ!地鳴りの如く歪みまくったベース&タイトに暴れ回るドラム!3人ともが混血という出自のことを除いてみても、ある意味で日本人離れをした、ケタ外れにヘヴィでブルージーなロックを響かせています。

  • BAKER GURVITZ ARMY / ELYSIAN ENCOUNTER

    Adrin & PaulのGurvitz兄弟とGinger Bakerが組んだグループ、75年2nd、冒頭の「People」は必聴!

    GUN、THREE MAN ARMYで活躍したAdrin & Paul Gurvitz兄弟にGinger Bakerが加わり結成されたグループ。ヴォーカルにSHARKSのSnipsを迎えて制作された2nd。75年作。スピード感いっぱいのキレのあるギター・リフを中心としたスリリングなハード・ロックだけでなく、叙情的なキーボードと哀愁のメロディーによる英国臭溢れるバラードやファンキーな楽曲など、バラエティーに富んだ好盤。

  • GUNNAR GRAPS & ORNAMENT / RAHATUVI

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカルGunnar Grapsが70年代に率いたハード・ロック・バンド、当時の音源をまとめアルバムにした18年リリース作、これは哀愁ハード・ロック・ファン必聴です!

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカリストGunnar Grapsが70年代に率いたギタートリオ編成のハード・ロック・バンド。70年代前半に録音された音源10曲を一枚のアルバムとして編集した18年リリース作品。変則的な内容ではあるものの、各曲にみなぎるエネルギーは並ではありません。イタリアのBIGLIETTO PER L’INFERNOやRACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO等を想起させる、幻想的なアコースティック・パートとゴリッとヘヴィなハード・ロック・パートで構築された1曲目から素晴らしく、イタリアン・ロック・ファンならここで早くもハートを鷲掴みにされそう。エッジの立ったスピーディなギターリフに乗ってヴォーカルがユーモラスに歌う2曲目、饒舌なギターとヴォーカルの絡みが絶品なけだるいブルース・ロックの4曲目も素晴らしく、エストニアということ忘れるほどのメインストリームな本格感が漂います。ブルースを土台に細かなニュアンスにまでこだわった高い表現力を持つギターはもちろん、テクニックに裏打たれた安定感と共にグイグイと演奏を引っ張る性急なビート感も持ち合わせたGunnarのドラミングも見事です。しかし最大の魅力と言うなら、Gunnarの全編にわたりこれでもかと哀愁たっぷりに歌い上げるエストニア語ヴォーカル。ヨレヨレのようでいて不思議な説得力を帯びた歌声には何か天性のものを感じさせます。辺境哀愁ハード・ロックとして、これは多分とんでもない発掘モノ!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。