プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「ねずみジャケ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。来年はねずみ年ということで、今週は「ねずみジャケ」というテーマでFacebookに投稿してまいりました。

年明けには少し気が早いですが、年賀状のヒントになるかも…?どうぞご覧ください。

Facebook

12月16日(月):TRIUMVIRAT / SPARTACUS

最初にご紹介するのはドイツのプログレッシヴ・ロック・バンド、トリアンヴィラートの75年作『SPARTACUS』。

このバンドは前作『ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE』もねずみの写真を使っていてどちらにするか悩んだのですが、ちょっとだけヒプノシスっぽくてお洒落なのでこちらにしました。

内容はズバリ「ドイツのEL&P」と呼べる、クラシカルで溌剌としたキーボード・プログレ!
明るいトーンのシンセやオルガンが煌びやかに舞うEL&P直系のアンサンブルを聴かせつつ、EL&Pよりもさらに甘美でキャッチーな旋律が特色。
愛らしいジャケットに違わぬファンタスティックなサウンドを聴かせてくれる好盤です。(増田)

試聴 Click!

12月17日(火):SKIN ALLEY / TWO QUID DEAL ?

今日の作品は、イギリスのジャズ・ロック・グループSKIN ALLEYが72年にリリースした3rdアルバム『Two Quid Deal ?』を取り上げたいと思います。

一目見てわかるように、あの世界一有名なねずみのキャラクターを強烈に皮肉ったイラストがインパクト抜群。ジャケット裏面ではブタの警官に追いかけられて逃げる場面が描かれており、危ない橋を渡っている自覚はあったようです(?)。

差し出されたチーズと「ふた切れの取引」を意味するタイトルも何だか意味深。

サウンドの方は、スタジオ・ミュージシャン経験あるメンバーが集っただけあり、職人気質を感じさせるタイトでキレのあるいぶし銀な演奏がカッコいいジャズ・ロック。

ジャズの素養みなぎる緩急自在な音運びのギター、ワイルドに唸るオルガン、フルートらがスリリングに絡むアンサンブルが聴き物です。

一方でヴォーカルはハード・ロック魂を秘めた力強いハイトーンで、いぶし銀な演奏陣との対比がこれまた絶妙。ハード・ロック・ファンにも響くサウンドだと思います。(佐藤)

試聴 Click!

12月18日(水):FACES / FIRST STEP

今日はフェイセズの70年デビュー作『FIRST STEP』をピックアップ。

ジャケットにネズミ科のミッキーマウスが写っていますね!

ハンブル・パイを結成するためにスティーヴ・マリオットが脱退したスモール・フェイセズ。

ロン・ウッドとロッド・スチュワートが加わり、「フェイセズ」として再スタートしました。今作はその第一作です。

ロッドのソウルフルなヴォーカル、ロン・ウッドの弾きまくるスライドギター、カントリーやトラッドも持ち込んだ音楽性。まだまだ荒削りながら、泥臭くパワフルで、味わい深い作品です!(みなと)

試聴 Click!

12月19日(木):REACTION / REACTION

今日のねずみジャケはまたしてもドイツから、ブルース・ハード・ロック・グループREACTIONの72年唯一作『REACTION』。

スコーピオンズやルシファーズ・フレンドなど何気にハード・ロックの名グループが多いドイツ。
本作も知る人ぞ知るマイナー盤ではありますが、ジャリジャリ歪んだギターの重く引きずるようなリフが実に格好良く、ブルージーなハード・ロック好きの方には是非オススメの一枚となっております。

それにしてもこのジャケ、よくよく見ると動物愛護団体が激怒しそう。ドイツって、ちょっと趣味悪いジャケット多いんですよねえ…。(増田)

試聴 Click!

12月20日(金):RATS / FIRST LONG PLAYER RECORD

最後は、このニッチな一枚を取り上げてみましょう。英国のバンドその名もRATSによる74年作『FIRST LONG PLAYER RECORD』です。

69年にサイケ・ポップの秀作を残したバンドWORLD OF OZのメンバーにして、YES以前のパトリック・モラーツともバンドを組んでいたDavid Kubinecが率いたグラム・ロック・バンド。

というだけでニッチ度最高潮ですが、音のほうはバキっと歪んだトーンのストレートなギターリフを中心とするスピード溢れるロック・サウンドが痛快です。

キャッチーだけど哀愁にも富んだメロディがいかにも英国的で、「ジギー・スターダスト」好きからバッドフィンガー・ファンにもアピールしそうな好盤となっていますよ。

シンプルな構図のジャケですが、懐の深い音楽性を持った良いグループです。(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram


「平成のプログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「平成のプログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

日本で平成にあたるこの30年間に誕生した、プログレ作品を取り上げてまいります!


「演歌プログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「演歌プログレ」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

冬といえば北国、雪国、津軽海峡・冬景色…?という事で今週のfacebookのテーマは「演歌プログレ」。「哀愁」と「叙情」たっぷりで演歌的なプログレ曲をピックアップいたしました!

TRIUMVIRATの在庫

  • TRIUMVIRAT / MEDITERRANEAN TALES

    「ドイツのEL&P」と異名を取るグループ、72年1st

    あまたのEmerson Lake & Palmerフォロワーの中でも、Keith Emersonに強く影響を受けたスタイルで有名であるドイツのシンフォニック・ロックグループの73年作。冒頭15分を超える大曲からクラシカルなオルガン・ロックが炸裂し、タイトな演奏は現時点ではEmerson Lake & PalmerよりもPatrick Moraz率いるREFUGEEのような乾いたサウンドとなっています。まだ中期のようなシンセサイザー・サウンドへのアプローチはほとんどなく、ピアノやオルガン、ハープシコードなどを中心にした荒削りなクラシカル・ロックであり、彼らの作品の中でも最もスピード感に溢れた名盤です。

  • TRIUMVIRAT / ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE

    ドイツのELPとも呼ばれるキーボード・プログレ・グループ、74年に英ハーヴェストよりリリースした2ndアルバム

    「ドイツのEL&P」と異名を取るグループ、74年に英ハーヴェストよりリリースした2nd。前作においてすでに完成されていたユルゲン・フリッツによるkeyは、アグレッシヴな超絶プレイからリリカルな泣きフレーズまで更に表情豊か。彼の鮮やかなキーボード・ワークに引きずられるように、その他メンバーも聴きどころ満載な演奏を繰り広げています。曲の水準も非常に高く、メロディー、アレンジ、演奏力のすべてが高水準でまとまった傑作。

  • TRIUMVIRAT / SPARTACUS

    「ドイツのELP」の異名を取るグループ、75年作

    あまたのEmerson Lake & Palmerフォロワーの中でも、Keith Emersonに強く影響を受けたスタイルで有名であるドイツのシンフォニック・ロックグループの75年作。古代ローマの「スパルタカス」をテーマに掲げたコンセプト・アルバムとなっており、冒頭からEmerson Lake & Palmerの名盤である「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。彼らのディスコグラフィーの中でも最もドイツのシンフォニック・ロックらしいらしい、スペーシーな広がりが非常に個性的であり、キャッチーにまとめられた彼らの代表作と言える1枚です。

「TRIUMVIRATの在庫」をもっと見る

FACESの在庫

  • FACES / FIRST STEP

    70年デビュー作

  • FACES / A NOD IS AS GOOD AS WINK…TO A BLIND HOESE

    71年作3rd

    スティーヴ・マリオットが抜けたスモール・フェイセスに、ジェフ・ベック・グループからロッド・スチュワートとロン・ウッドが加わりフェイセズが誕生。彼らの最高傑作との声高いのが71年リリースの本作3rdです。フェイセズの真骨頂と言える酔いどれロックの佳曲ぞろいですが、中でも特筆なのが代表曲の「Stay With Me 」。ファズの効いたエレキが軽快にリフを刻むオープニングから、力強く響くドラムを合図に、太いベースとスライド・ギターが雪崩れ込み、軽快なピアノも重なって、フェイセズにしか出せない酔いどれグルーヴで突っ走ります。ロッドのソウルフルなヴォーカルもテンションみなぎっていてグッとくるし、「Guitar!」のシャウトに応えるように入ってくるロンのギターソロがまたカッコいい!ラストへ向けて上りつめる演奏はまるでライブの熱気と興奮。とことんグルーヴィーで愉快な酔いどれロック名盤です。

  • FACES / LONG PLAYER

    71年作2nd

  • FACES / OOH LA LA

    ラスト作にして初の全英1位を獲得した73年

  • FACES / SNAKES AND LADDERS

    76年編集ベスト、全12曲

「FACESの在庫」をもっと見る

RATSの在庫

  • RATS / RISE AND FALL OF BERNIE GRIPPLESTONE AND THE RATS FROM HULL

    ミック・ロンソンやウッディ・ウッドマンジー在籍のビート・バンド、12曲収録コンピ

「RATSの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。