プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『LED ZEPPELIN II』を起点に、世界のハード・ロックをセレクト!

こんにちは。スタッフ増田です。

10月22日、LED ZEPPELINの69年作2nd『LED ZEPPELIN II』がリリースされてちょうど50年を迎えました!

先ほど記念に本作を流していたのですが、本当に1stから間を開けずに製作されたとは信じがたいほど完成された一枚ですね。アルバム終盤の「Ramble On」〜「Moby Dick」〜「Bring It On Home」の流れは円熟の香りすら感じます。

あと攻撃的なナンバーが多い中で、ロバート・プラントが当時の妻に向けて歌詞を綴ったという「Thank You」の叙情的なサウンドが実に良い味を出していますね〜。ジョン・ポール・ジョーンズのハモンドの音色が沁みます…。

語り出すと止まらないのでこの辺で止めておいて、今日はLED ZEPPELINの2ndを起点に世界のハード・ロック・アルバムをカケハしてまいりましょう!

レッド・ツェッペリン/レッド・ツェッペリンII

英米両国でアルバム・チャート首位を記録した初期の傑作。ギターとベースのユニゾンによるヘヴィな轟音リフ、そして鬼気迫るテクニカルなドラム・ソロは全てのハード・ロック〜ヘヴィ・メタルのお手本と言っても過言ではありませんよね。

試聴 Click!

FREEDOM/AT LAST and THROUGH THE YEARS

ツェッペリンと同じ英国からは、プロコル・ハルムのオリジナル・ドラマーBobby Harrisonが結成したこちらのハード・ロック・バンドをご紹介。Vertigoからリリースされた70年1st/71年2nd。

ブルージーかつ骨太なリフを中心に、英国らしい叙情も詰まった正統派直球ハード・サウンドを聴かせます!

試聴 Click!

JODO/GUTS

英国のグループですが、アメリカでのみリリースされたという71年唯一作。

バキっと歪んだスリリングなギター、ツェッペリンばりにタイトでヘヴィ級のリズム隊、熱くシャウトするヴォーカル。バンド全体が塊となったソリッドなアンサンブルが見事な逸品。

試聴 Click!

BROTHER FOX & THE TAR BABY/BROTHER FOX AND THE TAR BABY

ツェッペリンのデビューと同じ69年に、米国でこんなハード・ロック作品が生まれていたとは!?

キレのあるギター、力強いシャウトを響かせるヴォーカル、そしてメロトロンやストリングスも導入したヴァラエティ豊かなナンバー。これは名作!

試聴 Click!

THUNDERMUG/STRIKES

(LED ZEPPELIN + BLACK SABBATH) × (BEATLES + KINKS) in カナダ!?

キレ良くヘヴィでアグレッシヴで、それでいてポップでキャッチー!視聴ぜひ。

試聴 Click!

EPITAPH/OUTSIDE THE LAW

ウィッシュボーン・アッシュの哀愁とツェッペリンの重量感を掛け合わせたようなこの音……英ハード・ファンならたまらんでしょう!

ジャーマン・ハードの名グループ、よりキャッチーさとハードな切れ味を増した74年作3rd。

試聴 Click!

NOVEMBER/EN NY TID AR HAR and 2:A NOVEMBER

スウェーデン初のハード・ロック・バンドと言えば?クリームからの影響を土台に、ツェッペリンやサバスら同時期の英国勢ともリンクした疾走感みなぎるハード・ロックに血が滾ります。

そこに神秘的な響きを加えるフルートも北欧らしくてまたいいなぁ。1st&2ndを収録!

試聴 Click!

FANNY ADAMS/FANNY ADAMS

マイナーですが、ツェッペリン好きにぜひ聴いてみていただきたいのがこちらのオージー産ブルース・ハード71年作。

重量級のハードなギターとソウルフルなヴォーカルに気だるげなアコギの音色を絡めたサウンドはかなりの本格派!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ。


<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.1 ー LED ZEPPELIN『LED ZEPPELIN』

【関連記事】

<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.1 ー LED ZEPPELIN『LED ZEPPELIN』

1969年からちょうど50年を記念して、70年代を代表する名バンドによる69年リリースのデビュー作をピックアップ。第一弾はハード・ロック時代の幕開けを告げた伝説のデビュー作、LED ZEPPELINの『LED ZEPPELIN』!


レッド・ツェッペリンを起点にめぐる世界のハード・ロック探求

【関連記事】

レッド・ツェッペリンを起点にめぐる世界のハード・ロック探求

エッジの立ったギターがスピーディーなリフを刻むスリリングなハード・ロックをテーマに、世界のロックを探求!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II

    「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む傑作2nd、69年発表

    全米、全英で同時にチャート1位を獲得したセカンド・アルバム。ヘヴィかつメタリックなサウンドは、ハード・ロックの雛型と言われ、ビルボード・アルバム・チャート最高位は堂々の1位(69年)!セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つJimmy Pageのリフ、John Paul Jones、John Bonhamのリズムがとても奥深い作品です。轟音の「Whole Lotta Love」がトップ5入りするヒットとなりました。「Bring It on Home」は、イギリスの白人ブルースの激しさと迫力が鬼気迫る、英国ロックの歴史的大傑作です!

  • JODO / GUTS

    英国出身グループのアメリカでのみリリースされた唯一作、圧倒的に堅く強くソリッドなハード・ロックの名作

    英国出身グループのアメリカでのみリリースされた71年唯一作。(録音もイギリス)バキっと歪んだスリリングなギター、ツェッペリンばりにタイトでヘヴィ級のリズム隊、熱くシャウトするヴォーカル。バンド全体が塊となったソリッドなアンサンブルは、本格感ぷんぷん。各パートそれぞれを見ても、演奏の切れ味抜群。それにしてももの凄い強度と疾走感です。ハード・ロック・ファンは必聴の名作。

  • NOVEMBER / EN NY TID AR HAR and 2:A NOVEMBER

    スウェーデン出身のハード・ロック・トリオ、70年作の1stと71年作の2ndをカップリング、どちらも北欧ハード屈指の名作

    スウェーデン初のハード・ロック・バンドで、スウェーデンのハード・ロック〜ヘヴィ・メタルのシーンの礎を築いたと高く評価され、英国でも人気があった名グループ。70年作の1st「EN NY TID AR HAR」と71年作の2nd「2:A」をカップリングした2in1CD。トリオ編成で、クリームからの影響を土台に、同時代のツェッペリンやサバスやパープルともリンクしたスピード感溢れるハード・ロックを指向したサウンドが持ち味。それとともに、スウェーデン語による独特の語感とハイトーン寄りのふくよかなヴォーカル、神秘的に響くフルートなど、ハードさの中に北欧らしい幻想性が滲み出てくるのが魅力です。1st/2ndともに北欧ハードのクラシックであるだけでなく、英ハードの名作にも劣らないワールドワイドなハード・ロック名作!特にクリーム時代のエリック・クラプトンにも負けない饒舌なフレーズが素晴らしい若きギタリスト、リヒャルト・ロルフのプレイはハード・ロック・ファン悶絶必至!

  • BROTHER FOX & THE TAR BABY / BROTHER FOX AND THE TAR BABY

    スケールの大きな、迫力と奥行きのある米ハード・ロック、おすすめ!

    アメリカのハード・ロック・グループ。69年の唯一作。メジャーなグループではありませんが、この完成度はすごいです。まずヴォーカルに圧倒されます。エモーショナルな歌声からパワフルなシャウトまで圧巻の表現力。演奏、アレンジ・センスも素晴らしく、Led Zepplin直系のブルージーかつソリッドなハード・ロックをベースに、スワンピーな土臭さやファンクのグルーヴ感など、アメリカン・ロックの旨味が加えられたサウンドはスケール大きいです。ストリングスをフィーチャーしたゴージャズな楽曲も魅力的。タメを効かせるパート、スピーディーに畳みかけるパートともに、バンドの息もぴったり。音圧があってクリアなサウンド・プロダクションも秀逸。アメリカン・ハードの奥深さを伝える隠れた名作。おすすめです!

  • THUNDERMUG / STRIKES

    キレ味抜群のハード・エッジな演奏とフックに飛んだメロディにグッとくるカナディアン・ハード、72年作

    カナダのハード・ロック・グループ、72年のデビュー作。ライナーには、LED ZEPPELIN、BLACK SABBATH、GRAND FUNKに影響を受けたハード・ロックを軸に、BEATLESやKINKSに通じるポップ感がある、と書いてありますが、まさにその通り!疾走するアグレッシヴなリズム隊、シャープに切れ込むキレ味抜群のギター、ちょっとハスキーな歌声がカッコ良いヴォーカルとフックに飛んだメロディとキャッチーなコーラス。ストレートでポップなハード・ロックが好きな方は間違いなくグッとくるでしょう。憂いのあるメロディは英国ファンにもたまらないはずです。後にRUSHのプロデューサーとして活躍するTerry Brownがエンジニアとして参加していて、パキっとヌケがよくスピーディーなサウンドも印象的。素晴らしい!

  • FANNY ADAMS / FANNY ADAMS

    本格感漂うオージー産ブルース・ハード、71年作

    オーストラリアのブルース・ロック・バンド。71年作の唯一のアルバム。切れのあるギター・リフを中心としたブルース・ハードを中心に、気だるいアコースティカルなパートを巧みに盛り込んだアンサンブルはかなりの完成度。アンダーグラウンドな雰囲気はなく、サウンドの隅々から「本物感」が漂っています。派手さはありませんが、いぶし銀の名作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事