プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.1 ー LED ZEPPELIN『LED ZEPPELIN』

こんにちは。スタッフ増田です。

早くも年明けから3か月が経ちましたが、今年は2019年。かの伝説的大型ロック・フェスティバル、ウッドストック・フェスティバルが行われ、ロックという音楽がさらに大きな変動を迎えようとしていた1969年からちょうど50年という記念すべき年ですね。

エルヴィスやビートルズ、そしてフラワー・ムーヴメントが生んだサイケデリック・ロックが世の中を席巻した60年代から、ハード・ロック、そしてプログレッシヴ・ロックの70年代へ。この1969年には、それまでの60年代には無かった革新的な音楽性を持ち、その後の70年代を象徴していく数多くのバンドが華々しいデビューを迎えた「誕生の年」でもあります。

そこで今年のカケレコでは「ロック黄金時代回想企画【1969】」と題した企画を開催!ここカケレコWEBマガジンにおいては、1969年にデビューした様々なバンドのデビュー・アルバムを毎月ご紹介してまいります。どうぞお楽しみ下さい♪

さて、第一弾となる今回のデビュー・アルバムは・・・米国で1969年1月12日、英国では同年3月28日にリリースされたレッド・ツェッペリンによる1st『LED ZEPPELIN』です。

デビューまでの経緯

大音量のバンド・サウンドが生み出すヘヴィさと華やかさ、そしてブルースからトラッド、東洋音楽までもを内包した高度な音楽性で、70年代を通して世界中で圧倒的な人気を誇ったブリティッシュ・ハード・ロックの王者、レッド・ツェッペリン。そんな彼らの核となるのが、ご存知エリック・クラプトンやジェフ・ベックと並びギタリストの頂点に挙げられるミュージシャン、ジミー・ペイジの存在ですね。

60年代から売れっ子セッション・ギタリストとして名を馳せ、活動時英国で録音されたレコードの6〜7割には彼が参加していると言われるほど膨大なキャリアを積み重ねていたペイジ。しかし次第にバンド活動への意欲が生まれ、1966年、それまで何度か勧誘を受けていたヤードバーズに正式加入。そこで彼はセッション・ミュージシャン時代に温めていた長いインプロヴィゼーションやヘヴィなサウンドの導入、ジェフ・ベックとのツイン・リード体制など新しい試みに取り組むも、ペイジとの熱量の差についていけずメンバーが続々と脱退してしまいます。

バンド存続のため、また自身の描く理想のバンドの実現のために、ペイジは新たなメンバーを招集しヤードバーズ再編を決意。そこで集められたのがペイジと同じくスタジオ・ミュージシャン出身でアレンジャーもこなすベーシストのジョン・ポール・ジョーンズ、バンド・オブ・ジョイで活動していたヴォーカリストのロバート・プラント、そしてプラントのバンドメイトでもあったドラマーのジョン・ボーナム。こうして68年、後のツェッペリンとなるニュー・ヤードバーズの布陣が揃ったのです。

初めて4人がスタジオで顔を揃え、リハーサルを行った時点でペイジは「ヤードバーズが最後に到達した次元を遥かに超えた」と確信。まもなく北欧ツアーを行った彼らはヤードバーズの名を捨てLED ZEPPELINと改名、68年10月にはロンドンのオリンピック・スタジオでファースト・アルバムの制作に入ります。ヤードバーズ時代に収録曲のほぼ全てが細かなアレンジに至るまで作り終わっていたという本作は、わずか30時間あまりで完成を迎えたそうです。

デビューまで順風満帆かと思いきや、かつてのヤードバーズのイメージが強く残っていた当時の英国では彼らの評判はあまり芳しくなかったとか。彼らは新たな活路を求め、英国でのデビュー前に渡米し米アトランティック・レーベルとの契約を果たします。VANILLA FUDGEやIRON BUTTERFLYといったヘヴィなバンドが人気を博していた米国ではツェッペリンへの期待はかなり高かったようで、契約金は新人としては破格の20万ドル(当時の日本円で約7,200万円)。こうして、期待の大型新人レッド・ツェッペリンのキャリアがスタートしたのです。

ジミー・ペイジの理想を具現化したデビュー作『LED ZEPPELIN』

さて、燃え落ちる飛行船ヒンデンブルク号を大きくあしらったこちらが彼らのデビュー作『LED ZEPPELIN』。それまでのブルース・ロックとは似て非なる圧倒的音圧、重い鉛のようなバンド・アンサンブルで、ハード・ロック時代の幕開けを飾った記念すべき第一作。

彼らの代表作にも挙げられる有名曲「Good Times Bad Times」や「Communication Breakdown」が収録されていることからも、既にその音楽性が完成の域に達している事が伺えますね。

♪Good Times Bad Times

– キャリアの最初を飾る記念すべき1曲目。イントロから華やかに鳴らされるキャッチーで力強いギター・リフ、ダイナミックかつ予測不能なリズムを叩き出すドラムにどこか親しみのあるヴォーカル&コーラス。サビ後にはベースのソロ・パートも用意されているなど、全員に見せ場が作られた構成が見事。ロックのワクワク感がこれでもかと詰め込まれた2分46秒です。

試聴 Click!

「Babe I’m Gonna Leave You」、「You Shock Me」、「I Can’t Quit You Baby」などフォーク、ブルース曲のカヴァーも多く、また既存の楽曲からの引用なども指摘されるものの、恐るべきは思いもよらないアレンジ、録音方法、そして独自の奏法や歌唱法を駆使して原曲とは全く異なるヘヴィな「ツェッペリン・サウンド」を生み出していること。

ジェーン・バエズの録音を原曲にし、アコギとブルージーな歌を主体したフォーク・バラードかと思いきや、突如破壊的なドラムによって雰囲気を一変させる「Babe I’m Gonna Leave You」、そしてヤードバーズ時代のレパートリーだったジェイク・ホルムズのカヴァー「I’m Confused」を更に改作した作中一のヘヴィ・ナンバー「Dazed And Confused」…。

既存のものを素材にしつつ、それらを吸収し自分たちのオリジナルな音に昇華する。後の『III』におけるトラッドやアコースティック・サウンド、『HOUSES OF THE HOLY』や『PHYSICAL GRAFFITI』におけるレゲエや東洋音楽など、多彩で多様な音楽性を巧みに導入していく彼らのスタイルは既にこの時から出来上がっていたと言えるでしょう。

♪Dazed And Confused

– 静謐なベースをバックにヴォーカルがソウルフルなフレーズを歌い上げたかと思えば、多重録音によるギター・アンサンブルが激しく切り込む。「静」と「動」の過剰なまでのコントラストが生み出すダイナミズム、そしてスリリングな速度で繰り広げられる長尺のインプロヴィゼーション…クリムゾン『宮殿』にも先んじたプログレの目覚めとも言えそうです。中盤ではペイジがギターの弦を「弓弾き」し奇妙な音響を創り上げています。

試聴 Click!

レッド・ツェッペリンはペイジが自身の理想の追求のため編成したバンドであり、よって本作も彼のイニシアティブによるところが大きいものの、そんな彼のアイディアを具現化させたのは紛れもなくメンバー全員の功績。

当時無名ながらも大音量のバンド・アンサンブルに全く見劣りしないパワフルな歌唱力を持ったロバート・プラント、未だかつてない暴力的なまでのドラミングで「ハード・ロック・サウンド」を確立したジョン・ボーナム、ベースにオルガンと持ち前のマルチな才能を発揮するジョン・ポール・ジョーンズ。彼ら3人の類稀なるプレイヤーがいたからこそ、ペイジが思い描いた新たなるサウンドが実現したことは間違いありません。

雄叫びのように上げられるシャウト、叩きつけるようなドラムに地を這うベース、そして掻き鳴らされるギター・リフ。ハード・ロックの伝説は、まさにここから始まったのです。


ブリティッシュ・ハード・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ハード・ロック特集

ビート・ブーム、サイケデリック革命、シンプルなバンド演奏へと回帰したブルース・ロック・ブームを経て、テクノロジーの発達とともに60年代末にいよいよ花開いた「ブリティッシュ・ハード・ロック」!胎動の67年からメジャーシーンを席巻した70年まで、年代を追って英ハード・ロックの名作をピックアップしながら、英ハードの進化と深化を探ってまいります。

LED ZEPPELINの在庫

  • LED ZEPPELIN / LATTER DAYS: BEST OF LED ZEPPELIN VOLUME 2

    00年編集、ジミー・ペイジ選曲による後期ベスト、全10曲

  • LED ZEPPELIN / HOW THE WEST WAS WON

    72年ライヴ音源

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN

    ハードロック時代の到来を告げた69年デビュー作!

    ブルース・ロックからハード・ロックへの流れの中で、圧倒的な音圧で他のバンドをなぎ倒し、一気にシーンの先頭へと躍り出た怪物デビュー作。冴え渡るJimmy Pageのギター・リフ、Robert Plantの超絶シャウト・ヴォーカル、鋼のようなリズム隊。たった4人で生み出しているとは信じられない鋼鉄のサウンドで迫る傑作。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II

    「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む傑作2nd、69年発表

    全米、全英で同時にチャート1位を獲得したセカンド・アルバム。ヘヴィかつメタリックなサウンドは、ハード・ロックの雛型と言われ、ビルボード・アルバム・チャート最高位は堂々の1位(69年)!セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つJimmy Pageのリフ、John Paul Jones、John Bonhamのリズムがとても奥深い作品です。轟音の「Whole Lotta Love」がトップ5入りするヒットとなりました。「Bring It on Home」は、イギリスの白人ブルースの激しさと迫力が鬼気迫る、英国ロックの歴史的大傑作です!

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN III

    70年発表、従来のハード・ロック・ナンバーをA面にアコースティックな楽曲をB面に配した、バンドの持つ豊かな音楽性を示す名作

    70年3rd。オープニングを飾る代表曲「移民の歌」から圧倒的なテンション。うねりを挙げるリズムとスリリングなギター・リフが互いのエネルギーをぶつけ合いながら強靱な渦を巻き起こし、聴き手を飲み込むサウンドの強度は圧巻の一言。シャウトだけで、その演奏に対抗するロバート・プラントのヴォーカルも凄みを増しています。対照的にアコースティックな旧B面も本作の魅力。フォーク、トラッドの要素を大胆に取り入れ、ペイジの幻想的なアコギが冴える美しい楽曲を多数収録しています。「混沌、まどろみ」という英国的な風情を醸し出すペダル・スティールの浮遊感も特筆。従来のブルースに根ざしたヘヴィ・ロックを土台に、メンバーの持つ幅広い素養が発揮されはじめた音楽性豊かな名作です。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

    ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」を収録した4th。71年作。ハードな側面と美麗な側面が絶妙なバランスを見せた傑作。

  • LED ZEPPELIN / PHYSICAL GRAFFITI

    72年リリースの2枚組大作、前作「聖なる館」を更に推し進めた、バンドの幅広い音楽性を見せつける傑作!

  • LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった5th。ジョンジーのカラーも感じさせる73年作

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなど冒険色が濃く出た5th。73年作。

  • LED ZEPPELIN / PRESENCE

    76年リリース、圧倒的ヘヴィ・チューン「アキレス最後の戦い」で幕を開ける後期ツェッぺリンの大傑作!

    「アキレス最後の戦い」に象徴される圧倒的なヘヴィ・サウンドがアルバム全編に緊張感を持たせた後期ツェッぺリンの傑作。76年作。

  • LED ZEPPELIN / SONG REMAINS THE SAME

    76年発表ライヴ作

  • LED ZEPPELIN / SOUNDTRACK FROM FILM THE SONG REMAINS THE SAME

    76年リリース

    • WPCR12781/2

      ペーパーケース仕様、2枚組、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価3480

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      解説無、帯無、カビあり

    • WPCR12781/2

      ペーパーケース仕様、2枚組、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価3480

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯中央部分に色褪せあり、ペーパーケースに若干圧痕あり

    • WPCR12781/2

      ペーパーケース仕様、2枚組、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価3480

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      1190円

      952円
      (税込1047円)

      262円お得!


      CD詳細ページへ

  • LED ZEPPELIN / SOUNDTRACK FROM THE FILM: THE SONG REMAINS THE SAME

    76年発表、映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』のサントラアルバム

  • LED ZEPPELIN / IN THROUGH THE OUT DOOR

    79年作、ジョンジーの才覚が光る最後のオリジナル・アルバム

    サンバ、カントリー、ダンス、バラード他、これまでにない様々なサウンド要素が詰まった最後のオリジナル・アルバム。

  • LED ZEPPELIN / CODA

    69-78年に録音されたアルバム未収録楽曲をジミー・ペイジが選曲、ボーナムへの追悼の意を込めた作品、82年リリース

    ドラマーのジョン・ボーナムが他界し、バンドの活動に終止符を打ったツェッペリン。69年〜78年に録音された楽曲をジミー・ペイジが選曲したボーナムへの追悼盤的作品。オリジナル・アルバムから漏れた未発表音源集ながら、各楽曲は驚異のクオリティ

  • LED ZEPPELIN / REMASTERS

    90年編集のベスト、26曲

  • LED ZEPPELIN / BBC SESSIONS

    69年と71年のBBCライヴ音源、24曲収録

  • LED ZEPPELIN / WHOLE LOTTA LOVE

    97年リリース、3曲入りシングル

  • LED ZEPPELIN / LIVE AT THE LOS ANGELES FORUM 1970

    70年9月4日のLAフォーラムでのライヴ音源

    70年9月4日のLAフォーラムでのライヴ音源。クリアなオーディエンス録音。各楽器、ヴォーカルともに音圧充分。

  • LED ZEPPELIN / LIVE AT WHISKY A GO GO JAN 1969

    70年12月のスウェーデンはストックホルムでのライヴ

    69年1月のLAはWhisky A Go Go公演を収めたライヴ。オーディエンス録音ながら、音はクリアで音圧たっぷり。「幻惑されて」のほか、「Lemmon Song」の原曲「Killig Floor」や、ヤードバーズ時代の「For Your Love」など全7曲収録。

  • LED ZEPPELIN / LIVE IN PARIS 1969

    69年10月10日のパリのオリンピア公演を収めたライヴ音源

    69年10月10日のパリのオリンピア公演を収めたライヴ音源。収録曲は、

    「Good Times Bad Times」
    「I Can’t Quit You Baby」
    「Heartbreaker」
    「Dazed And Confused」
    「White Summer/Black Mountain Side」
    「You Shook Me」
    「How Many More Times」

  • LED ZEPPELIN / SONG REMAINS THE SAME (映像)

    73年伝説のライヴ

    • HP11389

      DVD、帯元から無し、NTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価1575

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯-

      590円

      472円
      (税込519円)

      130円お得!


      CD詳細ページへ

    • HP11389

      DVD、帯元から無し、NTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価1575

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯-

      解説無

      590円

      472円
      (税込519円)

      130円お得!


      CD詳細ページへ

「LED ZEPPELINの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事